「アロハ」みんなを祝福する

アロハ=2 パーツ

1.「アロ」- 顔の近く、シェアする近さ、愛と慈悲
2.「ハ」 – 息
アガペ – 神の愛

(1 コリント 13:4-8a ALIVE訳)愛はきわめて辛抱強く、親切。 愛は決してねたまず、自慢をせず、見下さない。(5) 愛はうぬぼれず、自分の利益を求めず、短気にならない。愛は自分のやり方を押し通そうとはせず、いらいらすることも無ければ、腹を立てることも無い。人に恨みをいだかず、被害者意識をもたない。(6)過ちを喜ばず、真理を喜ぶ。 (7)愛は人に見切りをつけることがない。愛はどんな時も希望を捨てず、あきらめず、最善を信じる。(8)才能や力はいつか尽きるが、愛に終わりはない。

(ルカ 18:15-17 JCB)ある日のことです。イエスにさわって祝福していただこうと、人々が子どもたちを連れて来ました。ところが弟子たちはそれを見て、じゃまだとしかりました。(16)するとイエスは、子どもたちを呼び寄せ、弟子たちに言われました。「いいから、子どもたちを自由に来させなさい。追い返してはいけません。(17)神の国は、この子どもたちのように、素直に信じる心を持っている人たちのものなのです。」

(ルカ 18:15)ある日のことです。イエスにさわって祝福していただこうと、人々が子どもたちを連れて来ました。ところが弟子たちはそれを見て、じゃまだとしかりました。
-常にイエスのもとに連れて来た
-イエスが触れるだけで十分
-弟子たちは常に追い払っていた

(ルカ 18:16 JCB)するとイエスは、子どもたちを呼び寄せ、弟子たちに言われました。「いいから、子どもたちを自由に来させなさい。追い返してはいけません。
-子どもたちを呼んだ
-来て祝福されるように
-呼んだのは彼らのためとイエスのため
-神様は私たちが祝福されるときに祝福される。神様は良いお父さん
-邪魔をしない
-常に、反復的に
-行かせてあげる。
-神様の王国はこのため(彼らに示してあげること)

(ルカ 18:17 JCB)神の国は、この子どもたちのように、素直に信じる心を持っている人たちのものなのです。」
-本当に、アーメン、ねぇねぇ!わかった!もう一回言うよ!

***神様の王国は子どものような信仰と心に惹きつけられる
***そのようになりたい!あなたの家族をアロハする!
教会をアロハする
神様と神様のやり方をアロハする
アロンの祝福

(民数記 6:23) 続けて主はモーセに告げました。「アロンとその子らに、人々を祝福させなさい。
(民数記 6:24)『どうか神様があなたを祝福し、守られるように。
(民数記 6:25)あなたを喜んでくださるように。
(民数記 6:26)あなたに優しく親切にし、平安を与えてくださるように』と。