イエス・キリスト – 聖霊のミニストリーが始まる(パート4)

聖霊が鳩のようにイエスの上に来た

(マタイ 3:16-17 JCB)イエスが、バプテスマを受けて水から上がって来ると、突然天が開け、イエスは、神の御霊が鳩のようにご自分の上に下るのをごらんになりました。(17)その時、天から声が聞こえました。「これこそ、わたしの愛する子。わたしは彼を心から喜んでいる。」

イエスは聖霊に満たされて来た

(ルカ 4:1 JCB)さて、イエスは聖霊に満たされ、ヨルダン川をあとにすると、聖霊に導かれるまま、ユダヤの荒野に向かわれました。

聖霊の力によるミニストリー

(ルカ 4:14 JCB)イエスが聖霊の力に満たされてガリラヤに戻られると、まもなくその地方一帯にイエスの評判が広まりました。

聖霊の力による教え

(ルカ 4:15-17 JCB)あちこちの会堂で教えを語るイエスは、人々の賞賛の的でした。(16)それからイエスは、少年時代を過ごしたナザレに帰り、いつものように土曜日(安息日)に会堂へ行かれました。聖書を朗読しようと席を立つと、(17)預言者イザヤの書が手渡されたので、次の箇所をお開きになりました。

イエスがイザヤ61:1-3に書かれているメシヤを実現した

(ルカ 4:18-21 JCB)(18-19)「わたしの上に主の御霊がとどまっておられる。主は、貧しい人たちにこの福音(神の救いの知らせ)を伝えるために、わたしを任命された。主はわたしを遣わして、捕虜には解放を、盲人には視力の回復をお告げになる。踏みにじられている人を自由にし、主の恵みの年をお告げになる。」(イザヤ61・1―2)(20)イエスは朗読を終えると、聖書を閉じ、係の者に返して、腰をおろされました。みんなの目はいっせいにイエスに注がれました。(21)それにこたえるように、イエスはこう言われました。「この聖書のことばは、今日、実現したのです。」