クリスマスのお祝い

By 12月 21, 2017 ブログ
Celebrating Christmas

クリスマスのお祝い

世界のクリスマス。あなたの家庭では、どのようにクリスマスを過ごしますか?
ライフハウスの特別な要素の1つは、国際的であること。私たちは、全国各地から集まった日本人と世界中のいろんな文化や伝統を持つ国から来た素敵な人たちがたくさんいるコミュニティーです。
クリスマスがいよいよ近づいてきたので、ライフハウスに来ている人たちにクリスマスをどのようにお祝いするかを聞いてみました。

ブレイクリー家


我が家はニュージーランドと日本の国際結婚ファミリーです。クリスマスは旦那さんの故郷の伝統を受け継いでいて、クリスマスの朝にみんなでプレゼントを開けながら、ぶどうやイチゴ、アーモンドチョコを楽しみます。クリスマスの日中は教会で、たくさんの仲間たちと盛大にお祝いして、夜は家族でパーティ☆イチゴとクリームたっぷりのクリスマスケーキも欠かせないアイテムです。その後は、家族でムービーナイト!家族で楽しめるクリスマス映画をチョイスします。この日ばかりは子供達も夜更かしOK! 冬は寒いけど、家族や友達と一緒に、これからも心がホカホカするようなクリスマスの思い出を作っていきたいです。

デビッド・ペレット


日本に住むオーストラリア人(気づいたらもう7年!)として、僕にはクリスマスの時期を2つの家族と楽しめる特権があります 。クリスマス当日はオーストラリアに住む自分の家族と過ごし、その前の期間はライフハウスの教会の家族と一緒に。毎年12月前半は友達とのハウスパーティーや、とっても綺麗なイルミネーションを見に行きます。また、この時期には少なくとも1回はサンタの格好にもなります。そしてクリスマス直前にオーストラリアへ帰り、残りの12月を暖かいゴールドコーストで家族との時間を楽しみます。オーストラリアの家族には感謝しかありません。だって今のホームである東京に移る事を全面的にサポートしてくれたから!

バーンド家


私たちが毎年クリスマスに楽しみにしていることは、アドベントカレンダー(クリスマスまでのカウントダウンをするカレンダー)です。12月は毎晩子どもたちが交代しながら、馬小屋シーンのカレンダーを開けていきます。中には紙が入っていて、そこには絵本になった聖書の章が一つ書かれてあるので、その章を子どもたちと読みます。絵本として子どもたちにも分かりやすいその聖書には21のストーリーを通して、イエスの誕生までのお話が描かれています。これは我が家に救い主の誕生を思い出させてくれ、お祝いの心を準備させてくれます。読み終わった後は、その日カレンダーの窓を開けた子がご褒美として、みんなと食べるチョコレートの場所のヒントをもらい、見つけに行きます。24日は子どもたちが可愛いクリスマスの柄のパジャマをもらい、それを着て次の日のクリスマス当日にプレゼントを開けることになっています。

西島かずしげ&かな


毎年クリスマスは教会に行って、教会のファミリーとクリスマスを祝います。家族や友達を家に招いて、パーティーをしたり、一緒に食事もします。ケーキとチキンは外せません!お互いにプレゼントを贈り合って、クリスマスカラーの服を着るのも毎年恒例ですね。そしてもちろん、毎年感謝できる事を話し合って、イエス・キリストが私たちのためにしてくれた事を思い出しています。

アドリアン&キャサリン・ファン・セール


私たちは教会のクリスマス礼拝に行った後、家族でみんなが楽しんでシェアできる特別なものを1人ずつ持ち寄って大きな宴会をします!毎年恒例の楽しみの1つは、クレイジーな写真を撮ることでもあります。一年ごとに写真がどんどんクレイジーになっていってます。良い思い出を作るのに最適です。

シラング家


フィリピンではクリスマスシーズンが早ければ9月から始ります。みんな家をパロルというランタンでデコレーションしたり、イルミネーションを飾ります。プレゼント交換をするMonito-Monitaという時間も子ども達の楽しみです。子どもたちはお小遣いをもらったり、親しい家族の友人からプレゼントをもらいます。25日は家族みんなで集まって、盛大に祝うので、豪華なディナー抜きでは語れません!私たちの家族はクリスマスの日中は、毎年違ったことをすることが大好きです。出かけたり、ホテルでのんびりしたり、ショッピングをしたり。同じことを繰り返すだけではなく、家族揃って時間を過ごし、クリスマスはイエスの誕生をお祝いする時だとういことを、子ども達に話すことは、毎年欠かしません!

皆さんは、どのようにクリスマスをお過ごしですか?このクリスマスのお祝い、そして年末年始のシーズンに、ぜひ皆さんをライフハウスへ招待したいです!詳しい情報は、ホームページもしくはSNSでご確認ください。