From ヤコブ To イスラエル

3:30PM, メッセージノート

(創世記 32:24b-30 リビング訳)ヤコブは一人で、もう一度テントに戻りました。もう全く一人きりです。と、そこへ一人の人が現れ、二人は明け方まで格闘を続けました。(25)なかなか勝負がつきません。その人はヤコブに勝てないとわかると、ヤコブの腰を打って関節をはずしてしまいました。(26)「もう行かせてくれ。じきに夜が明ける。」その人が頼みました。しかしヤコブは、はあはあと息を切らせながら答えました。「私を祝福してくださるまでは絶対に放しません。」 (27)「あなたの名前は何というのか。」「ヤコブです。」(28)「いや、もうヤコブではない。神と戦い、人と戦って強さを示したのだから、イスラエルと変えるがいい。」(29)「よろしければ、お名前を聞かせてください。」「いや、それはできない。」そう答えると、その人はその場でヤコブを祝福しました。(30)ヤコブはそこをペヌエル〔「神の顔」の意〕と名づけました。彼が、「神様と直接お会いしたのに、死なずにすんだ」と言ったからです。

 

古い名前から新しい名前へと変えられる

(創世記27:36 リビング訳)ヤコブときたら、全く名前どおりだ。『だます者』〔ヤコブという名には『つかむ人』(25・26)以外に、この意味もある〕とは、よく言ったものだ。 あいつは長男の権利も奪った。それだけでは足りず、今度は祝福までも盗んだってわけか。お父さん、念のため聞きますが、私のためには祝福を残してくれていないのですか。

(創世記 32:27-28 リビング訳) 「あなたの名前は何というのか。」「ヤコブです。」(28)「いや、もうヤコブではない。神と戦い、人と戦って強さを示したのだから、イスラエルと変えるがいい。」

(創世記35:10 リビング訳)「あなたの名はこれからヤコブ〔「つかむ者」の意〕ではなく、イスラエル〔「神に勝つ者」の意〕としなさい。

(2 コリント 5:17 リビング訳)だれでもクリスチャンになると、内側が全く新しくされます。もはや今までと同じ人間ではありません。新しい人生が始まったのです。

  

イエスの名によって可能になる

(マタイ12:21 リビング訳)彼の名は全世界の希望となる。

(イザヤ 61:1-3 リビング訳)神である主の霊が私の上にあります。苦しんでいる人や悩んでいる人にすばらしい知らせを伝えるために、主は私に油を注ぎました。心の傷ついた人を慰め、捕虜になった人に自由を、捕らわれていた人に釈放を告げるために、神は私を送りました。(2)嘆き悲しんでいる人に、神の恵みの時と敵が滅びる日のきたことを知らせるために、神は私を送りました。(3)嘆き悲しむすべてのイスラエル人に、神は与えます。灰の代わりに美しさを。悲しみの代わりに喜びを。重い心の代わりに賛美を。神はご自分の栄光のために、優雅で強い樫の木のように彼らを植えたのです。

(イザヤ43:1 ERVから直訳)ヤコブ、主があなたを造った。イスラエル、彼はあなたを造り、いまこう言う。「恐れるな。私があなたを救った。私があなたに名前をつけた。あなたは私のものだ。

(ヨハネ 14:13 リビング訳)わたしの名によって、父に願い求めなさい。どんなことでもかなえてあげましょう。父が子によってほめたたえられるためです。 わたしの名によって願い求めることは、必ずかなえられるのです。

楽しくて自由!!

5:30PM, メッセージノート

(ヨハネ 10:10 ALIVE訳)強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。しかし私が来たのは、生命(いのち)を、あふれるほど豊かに与えるためです。

 

楽しさを奪い返す!自由の身!!

(ローマ 7:18-20 ALIVE訳)そう、私自身の中に良いものは全くないのだ。どんなにもがいても、自分で自分に、正しいことを行なわせることができない。そうしたいのだが、できないのだ。(19)良いことをしたいと思っても行なわず、悪いことをしないように努めても、どうしてもそれをしてしまう。(20)自分ではしたくないことをしているとすれば、それをしているのは、私ではない。つまり、私に住みついている過ちの力がしているのだ。

 

(ローマ 7:25 ALIVE訳)でも神に感謝している!王なるイエス・救世主(キリスト)によって、私は解放された。心では、喜んで神に従う召使でありたいと願いながら、実際には、人間の弱さゆえに過ちの奴隷となっている。

 

(ヨハネ 8:32 ALIVE訳)あなたがたは真理を悟り、その真理があなたを自由にする!!!

 

戦い続ける!

(ガラテヤ 5:1 ALIVE訳)このように、救世主(キリスト)は私たちを自由の身にしてくれた。 だから、この自由をしっかり握っていなさい。もう二度と、モーセ法や儀式に束縛された奴隷とならないよう、細心の注意を払いなさい。

 

(詩篇 118:5-9 MSGからの直訳)追い込まれ、神様に助けを求めた。広大にオープンなところから、神様は答えた。神様は私の味方だ!もう恐くない;誰が私に触れることができる?神様は私の力強いチャンピオンだ;敵はハエみたいに払い落とせる。人に信頼をおくより、神様におくほうが格段と良い。セレブに信頼をおくより神様におくほうが格段と良い。

 

 

グループでの質問と祈り

  1. あなたは自由を噛み締めていますか?
  2. 日々、どんなチャレンジがありますか?
  3. 祈りましょう

負けるが勝ち! 勝利への道

11AM, メッセージノート

-私たちの立ちふさがる戦いには、戦うべき戦いと、戦うべきではない戦いがある。

(ヨハネ13:6-8)こうして、イエスはシモン・ペテロのところに来られた。ペテロはイエスに言った。「主よ。あなたが、私の足を洗ってくださるのですか。」(7)イエスは答えて言われた。「わたしがしていることは、今はあなたにはわからないが、あとでわかるようになります。」(8)ペテロはイエスに言った。「決して私の足をお洗いにならないでください。」イエスは答えられた。「もしわたしが洗わなければ、あなたはわたしと何の関係もありません。」

(ヨハネ 13:13-15)あなたがたはわたしを先生とも主とも呼んでいます。あなたがたがそう言うのはよい。わたしはそのような者だからです。(14)それで、主であり師であるこのわたしが、あなたがたの足を洗ったのですから、あなたがたもまた互いに足を洗い合うべきです。(15)わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしはあなたがたに模範を示したのです。

 

1. 勝利とはいったい何?

(ルカ 9:23-24)イエスは、みなの者に言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。(24)自分のいのちを救おうと思う者は、それを失い、わたしのために自分のいのちを失う者は、それを救うのです。

 

2. 本当の勝利って?

(マタイ20:25-26)そこで、イエスは彼らを呼び寄せて、言われた。「あなたがたも知っているとおり、異邦人の支配者たちは彼らを支配し、偉い人たちは彼らの上に権力をふるいます。(26)あなたがたの間では、そうではありません。あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。

(ピリピ2:6-8)キリスト様は神様なのに、神様としての権利を要求したり、それに執着したりはなさいませんでした。(7)かえって、その偉大な力と栄光を捨てて、奴隷の姿をとり、人間と同じになられました。(8)そればかりか、さらに自分を低くし、まさに犯罪人同様、十字架上で死なれたのです。

– クリスチャンの成長とは?

 

A. 誰の国を建て上げているのか明確にしよう

(マタイ6:33)だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。

 

3. 手放すことから得られる大勝利を受け取ろう!

(エペソ4:31-32)意地悪、不きげん、怒りを捨てなさい。けんか、とげのあることば、えこひいきが日常生活に巣くっていてはなりません。(32)むしろ、互いに親切にし、心のやさしい人になりなさい。そして、あなたがたを、キリストのものとなったということで赦してくださった神様にならい、お互いに赦し合いなさい。

(詩篇 34:19)正しい者の悩みは多い。しかし、主はそのすべてから彼を救い出される。

(詩篇 14:5)見よ。彼らが、いかに恐れたかを。神は、正しい者の一族とともにおられるからだ。

ライフグループの質問と祈り

1、あなたにとって勝利とはなに?

2、その勝利が引き起こす影響は?

3、祈ろう!

思っている以上に

1PM, メッセージノート

(コロサイ 1:15 MSGからの直訳)私たちは息子を見て、目に見えない神様のことを見る。この息子を見るときに、神様が創ったすべての物の目的を見ることができる。

(ヘブル 1:3a リビング訳)御子は神の栄光を受けて、まばゆいばかりに輝いています。また、その人格と行動すべてにおいて神であることを示し、力あることばによって万物を治めておられます。

(ヨハネ 11:32-45 リビング訳)マリヤはイエスのところまで来ると、くずおれるように足もとにひれ伏し、涙ながらに言いました。「ああ、先生。あなたさえいてくださったら、ラザロは、ラザロはまだ生きていたでしょうに。」(33)イエスは、目の前でマリヤが泣き伏し、ユダヤ人たちもいっしょに嘆き悲しんでいるのに強く心を動かされ、(34)「ラザロはどこですか」とお聞きになりました。「来て、ごらんください。」(35)イエスの目に涙があふれました。(36)そこで、ユダヤ人たちはこう言い合いました。「お気の毒に。どんなにラザロを愛しておられたことだろう。」(37)しかし、「盲人の目を開けたこの人が、ラザロを生かしておくことはできなかったのかね」と、非難めいて言う人もいました。(38)これを聞いたイエスは、またも心に深い憤りを感じながら、墓に着きました。それはほら穴で、入り口には重い石が立てかけてありました。(39)「さあ、石をわきにどけなさい。」イエスは人々をうながされました。マルタがあわてて止めました。「でも、もうひどいにおいがしています。なにしろ、死んでから今日で四日ですもの。」(40)イエスはマルタにおっしゃいました。「もし信じるなら神のすばらしい奇跡を見る、と言ったはずです。」(41)人々は言われるままに石を取りのけました。イエスは天を見上げ、「父よ。願いを聞いてくださってありがとうございます。(42)あなたがいつもわたしの願いを聞いてくださることはわかっています。ただ、あなたがわたしをお遣わしになったことを、ここに立っているみんなが信じるように、こう申し上げたのです」と祈られました。(43)それから、大声で、「ラザロよ。出て来なさい!」とお命じになりました。

 

神様は私たちのことを心の底から思ってくれている

(出エジプト 34:6 リビング訳)それから彼の前を通り過ぎ、ご自分の名によって宣言しました。「わたしは主である。あわれみと情けに富み、怒るのに遅く、恵み深い神である。わたしは愛と真実の神である。

(ルカ 15:20 リビング訳)決心がつくと、彼は父親のもとに帰って行きました。ところが、家まではまだ遠く離れていたというのに、父親は息子の姿をいち早く見つけたのです。『あれが帰って来た。かわいそうに、あんなみすぼらしいなりで。』こう思うと、じっと待ってなどいられません。走り寄って抱きしめ、口づけしました。 

 

神様は私たちのために、パワフルに働いてくれる

(エペソ 3:20 リビング訳)どうか、私たちの祈り、願い、考え、望みをはるかに超えたすばらしいことを、その偉大な力でなされる神に、栄光がありますように。

パートナーにどういうことを求めれば良い?

7:15PM, メッセージノート

(マルコ12:30-31 ALIVE訳)心、魂、思い、ちからを尽くして神を愛すんだ。(31)次に!周りの人間を自分事のように愛すんだ。以上2つが最も重要な掟だ!!!」 真実の愛を持ってなければ、愛を渡せない、愛せない。

 

(詩篇 92:12-14 リビング訳)しかし、神を信じて従う人は、なつめやしの木のように青々と茂り、レバノン杉のようにそびえ立ちます。(13)主の農園に移植され、神ご自身が世話をしてくださるからです。(14)その木々は、老木となっても実を結び、青々と茂ることができるのです。 

(ガラテヤ 5:22-23a ALIVE訳)しかし、神の魂ホーリースピリットに人生の主導権をわたすなら、このような結果が生まれる。それは、愛、喜び、精神的安定、辛抱強さ、親切心、善意、律儀、(23)穏やかさ、冷静さである。

(1 サムエル 16:7 リビング訳)しかし、主は言いました。「容貌や背の高さで判断してはいけない。彼ではない。わたしの選び方は、あなたの選び方とは違う。人は外見によって判断するが、わたしは心と思いを見るからだ。 

(1 ペテロ 3:3-4 ALIVE訳)あなたを真に美しくするのは、宝石や、ブランド品、ヘアスタイルや体形ではない。(4)花は心から咲く!だからやさしく、おだやかな心を持ち、いつまでも色あせることのない魅力で、内側を美しく飾りなさい。神の目に価値あるのは、これだ。

旅をイエスと二人三脚で走りきる

メッセージノート

(2ペテロ 1:3-4 ALIVE訳)偉大な力を持つイエスと関係を築くことで、神に認められ、神に誇りとされる道を歩むために必要なすべてが与えられる。私たちは、イエスの栄光と、偉大な力によって選抜された!(4)また、そのおかげで究極かつ最高峰の祝福が贈られた。この約束されし祝福は、人の魂をダメにする欲望から解放し、神がかった人間にさえもしてくれる!

 

イエスとの距離は

(1 ヨハネ 3:1 リビング訳)天の父は、どんなに私たちを愛しておられることでしょう。私たちを、ご自分の子どもとして受け入れてくださったほどです。考えてもごらんなさい。神の子どもとされたのです。ところが、神を知らない多くの人は、当然、私たちが神の子どもであることを理解できません。

(ルカ 11:11-13 ALIVE訳)子持ちはいるか?子どもが魚を食べたいと言ったのに、蛇を出す親はいるか? 卵が欲しいと言われて、サソリを出すか?んなことあるか! こん中で1番の悪党だろうと、子どもには良いものをあげるだろうよ!ならなおさら、天の父さんを求める者に神の霊を含め、良いものを与えないなんて事があるか!!!

(エレミヤ書 29:11 リビング訳)わたしは、おまえたちのために立てた計画をよく知っている。それは災いではなく祝福を与える計画で、将来と希望を約束する。

 

イエスとの旅はサプライズがいーーーーっぱい

(伝道者の書 11:5 リビング訳)神のすることは風の通り道と同様に神秘的です。それはまた、母親の胎内の赤ん坊にたましいが吹き込まれるのと同じように不思議なものです。

(1コリント 1:4 ALIVE訳)神がイエス・救世主を通してみなさんに与えてくれた素晴らしい贈り物を思うと、感謝が止まない。

 

二人三脚

(箴言 16:3 リビング訳)自分でしようと思わず、神様に任せなさい。 そうすればうまくいきます。

(ヨハネ 16:23 ALIVE訳)その時には、俺に何1つ求める必要はない。俺の名によって直接父さんに求めれば何でも、与えてくれる!

教会の頭はイエス

メッセージノート

(コロサイ 1:18 ERVからの直訳)彼が体の頭であり、それが教会である。彼が全ての始まりで、誰よりも先に、死から復活した人である。だからこそ、全てにおいて、彼が一番重要なのである。

(1コリント 12:27ALIVE訳)そこで、私は次のことを言いたいのだ。つまり、あなたがたは共に、救世主という1つの体であり、1人1人が、なくてはならない部分である、と。

 

自分を頭にしようとする

(マルコ 12:1-9,12 ALIVE訳)イエスはなぞかけを用いて、ユダヤ指導者をはじめ、そこにいる群衆に教えた——「ある人がぶどう園を造り、ビジネスを始めた。まず、園の周りに垣根を造り、ワインを作るための穴を掘り、その上に見張り用のやぐらを建てた。彼は、何人かの農夫を雇い、そのぶどう園を任せてから旅に出た。(2)やがて、収穫の時期が来ると、園長は自分の分け前を取らせに、雇われ農夫たちのところへ使いにだした。(3)雇われ農夫は、到着した使いに分け前をわたし、敬うべきところだが、使いを袋叩きにし、手ぶらで送り返した。(4)そこで園長は別の使いを遣わしたが、結果は変わらず、農夫たちは使いの顔をぶん殴って、侮辱した。(5)それでもこらえた園長は、また別の使いを遣わしたが、今度は殺されてしまった!園長は農夫たちのもとへ、何度も何度も使いたちを遣わしたが、彼らはことごとく袋叩きにしたり、殺したりと残忍極まりないことを続けた・・・(6)もはや園長に使いは残っていなかった。 こうなったら!と最終手段をとることにした。それは、最愛の一人息子を送り出すことだった・・・。(非情な農夫たちもわが息子なら敬意を払ってくれるはずだ・・・)との考えからだ。(7)ところが・・・雇われ農夫たちはとんでもないことをたくらみ始めた。“こいつぁ、驚いた。園長のガキじゃあねぇか!いいこと思いついた!このぶどう園はいつか、跡取りのこいつのものになる。ならいっその事、こいつを殺しちまえばいいじゃあねぇか。そうすりゃあ、このぶどう園は俺たちのもんよ!!ガハハハハ——”(8)農夫たちは彼を捕えて殺害し、その遺体をぶどう園の外に放り捨ててしまったのだ!(9)この後、園長はどうすると思う・・・?さすがの園長も堪忍袋の緒は切れ、ぶどう園にすっ飛んで農夫たちを殺す。そして、他の人を雇うだろう。 (12)(ッ!あやつ、もしや・・・んぬ゙ぅぅぅ・・・)ユダヤ人権力者たちの顔が真っ赤になった。この例え話の悪い農夫は自分たちを指しているのだと気付いたからだ。それからどうやったらイエスを逮捕できるか、必死に良い口実を探っていたが、途端に民衆の反感を買うことを恐れ、イエス拘束を諦めることにした。その場を立ち去る背中はなんと小さいことか・・・。

 

教会を頭にしようとする        

(マルコ 11:28-33 ALIVE訳)「答えなさいッ!! あなたにどんな権限があるのですか、えェ? 誰の権限でこれらのことをしているのかと聞いているのですよッ!!!」(29)「・・・その前に質問がある。答えるなら、誰の権限で動いているか、私も教えましょう。(30)教えてくれ、洗礼者ヨハネが人に洗礼を授けていた時、彼の権限が神から来たのか、人から来たのか答えなさい」(31)ユダヤ権力者たちはイエスの質問についてヒソヒソ相談し始めた—— 「もし“ヨハネの洗礼は神から来たもの”だなんて答えてみなさい、やつはきっと“ではなぜ、ヨハネを信じなかった?”なんてほざくに違いありません・・・。(32)くっ、しかし、ヨハネの洗礼が人の権限によるものだなんて、言いたくても言えませんね・・・・・・」 大多数の人が洗礼者ヨハネは神に召された預言者だと信じていたのを知っていたお偉いさん方は、民衆を敵にまわすことを恐れていたのだ。(33)「ゴホッ、ゴホン。えぇ、我々は存じておりませぬ」 「そうですか!では、私も答えるまい!」

 

イエスが頭になるとき、全てが健康になる

(エペソ 4:15-16 ALIVE訳) むしろ、誠実に語り、誠実にふるまい、誠実に生きて、常に真理に従うのを喜び、あらゆる点で、救世主のように、すなわち、教会の頭である方にますます似た者となるのだ。(16)このイエスの指揮下で、体全体がみごとに組み合わされ、各器官はそれぞれ特別な方法で他を助ける。それは、体全体が健康になり、成長して、愛にあふれるためである。

 

(コロサイ 3:15-17 ALIVE訳)救世主からくる調和で心と生活を満たすんだ。調和によってあなたはイエスの体と繋ぎ合わされているからだ。どんな時も感謝を忘れずに。(16)救世主の教訓を心の根底に植え、知恵を尽して教え合い、助言し合い、心から神に感謝し、詩篇の歌でもイエスを讃える歌でも神の霊から来た歌でもいいからとりあえず讃えるんだ!(17)口を動かすにしても、足を動かすにしても、ただ王・イエスのためにあるべきであり、いつでもどこでもイエスの名によって父なる神に感謝するんだ!

水分補給しっかり!

メッセージノート

(ヨハネ4:7-18 リビング訳)まもなくサマリヤ人の女が一人、水を汲みに来ました。イエスは、「すみませんが、水を一杯下さい」と声をおかけになりました。(8)そのとき弟子たちは、村に食べ物を買いに行っており、ほかにはだれもいませんでした。(9)女はびっくりして言いました。「まあ、あなたはユダヤ人ではありませんか。サマリヤ人の私に、どうして水をくれなどと頼むのですか。」当時、ユダヤ人はサマリヤ人を見下し、口をきこうとさえしなかったのです。(10)「もし、神があなたにどんなにすばらしい贈り物を用意しておられるか、また、わたしがだれなのかを知っていれば、あなたのほうから、いのちの水を下さいと願ったでしょう。」(11)「そんなこと言っても、あなたは水を汲むおけも綱も持っていないのですよ。この井戸はとても深いのです。そのいのちの水を、いったいどこから汲むのですか。(12)あなたは、私たちの先祖ヤコブ様よりも偉いと言うのですか。ヤコブ様はこの井戸を私たちにくれました。ヤコブ様も、その子孫も家畜もみんな、この井戸の水を喜んで飲んだのです。これより良い水をくれると言うのですか。」(13)イエスは言われました。「この水を飲んでも、すぐにまた、のどが渇きます。(14)けれども、わたしがあげる水を飲めば、絶対に渇くことはありません。わたしがあげる水は、それを飲む人のうちで永久にかれない泉となり、いつまでもその人を永遠のいのちで潤すのです。」 (15)「先生。そのような水があるなら、私に下さい。そうすればのども渇かないし、毎日こんな遠くまで歩いて、水汲みに来なくてすむもの。」(16)「帰って、夫を連れて来なさい。」(17-18)「……。私、結婚なんかしていません。」「そうですね。あなたは五回も結婚したけれど、今いっしょに暮らしている男は、確かに夫ではありません。」

 

井戸の水VSいのちの水

(ヨハネ7:37-38 リビング訳)祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。(38)わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」

 

いのちの水は絶えることのない川!

(詩篇89:2 リビング訳)あなたの愛と恵みと真実は、永遠に絶えることがありません。

(1コリント13:8a 口語訳)愛はいつまでも絶えることがない。

 

乾ききったところに、いのちの水の川は開く

(イザヤ43:19 リビング訳)わたしは新しいことをしようとしている。いや、すでに手をつけた。あなたがたの目には見えないか。わたしの民が故国へ戻るために、荒野に道を造り、彼らの飲み水として荒野に川を開く。

 

ライフグループでの質問と祈り

  1. あなたは何で心を満たそうとしていますか? 
  2. 最悪の日でも、どんな時でもいのちの水の川にアクセスできると信じますか?
  3.  祈りましょう。

止まれない、止まらない

メッセージノート

(1 ペテロ 4:7-11 ALIVE訳)世の終わりは近いのだから、マインドをセットし、自分の言いなりにならないように!(8)何よりも互いへの深い愛を持て。この愛によって多くの欠点や過ちを赦ゆるす心の豊かさを与えられるからだ。(9)家を互いに解放し、イエスの信者クリスチャンなら誰でも歓迎体制で、ごはんに困っているなら文句を言わずに分かちあうのだ。(10) 神は1人1人に、何らかの特別な能力、才能、力、環境などを与えている。それは、互いに助け合うために与えられたのだから、教会の助けになる一番の方法でそれを使いなさい。(11)話す才能があるなら、神の言語で話せ!奉仕の才能があるなら、神が与える力とエネルギーに満たされて奉仕しろ!そうすれば、イエス・救世主キリストを通して、神がほめたたえられる!間違いなく栄光と力はいついつまでもイエスとともにある!

 

自信に溢れた祈り

(1 ヨハネ 5:14 ALIVE訳)私たちは堂々と神に願い求め、神の求めることであれば、必ずとりあってくれる自信がある。

 

慣れには注意

(1 コリント 11:26b MSGからの直訳)このことを決して当たり前なものにするな。

(哀歌 3:22-23 口語訳)主のいつくしみは絶えることがなく、そのあわれみは尽きることがない。(23)これは朝ごとに新しく、あなたの真実は大きい。

 

シェアする / 愛

(使徒 2:47 ALIVE訳)仲間たちはそろって神を讃(たた)え、確固たる信念を持っていたために、どんな人からも尊敬された。そんな彼らの姿を見て、多くの人が救われた。そう、王・イエスが次々に仲間に加えていったのだ。

 

進み続ける!

(ピリピ 3:14 ALIVE訳)最終地点であるイエスを目指し、そこにある私の宝めがけて全力をあげているんだ!それは神がイエス・救世主キリストをとおして私を天に呼びよせたからだ。

(ピリピ 1:6 リビング訳)あなたがたのうちに良い働きを始められた神は、必ずそれを恵みのうちに成長させ、やがてキリスト・イエスが帰って来られる日までに、それを完成してくださると、私は堅く信じています。

 

グループでの質問と祈り

  1. 新しいものを毎日受け取っていますか?
  2. 今、前に進んでいますか?
  3. 祈りましょう

シングルのうちに、最高のライフスタイルを築こう!

メッセージノート

(ローマ 12:2 ALIVE訳)世間の人たちの生活態度や習慣をまねてはいけない。むしろ、すること考えることすべての面で、生き生きとした、全く新しい別人となるのだ。そうすれば、神の道がどんなに自分を満足させてくれるか、わかるようになる。

 

 

自分の体と心をピュアに守る

(1コリント6:15-20)あなたがたの体は、キリストの体の一部であることがわからないのですか。キリストの体の一部と売春婦とを結びつけるようなことをしてよいでしょうか。とんでもないことです。(16)もし人が売春婦と結びつくなら、その人と彼女は一心同体になることがわからないのですか。というのは、聖書の中で言われるとおり、神の目に、二人の者は一人とみなされるからです。(17)しかし自分を主にささげるなら、その人とキリストは、一人の人として結び合わされるのです。(18)性的な罪とは無縁になりなさいと私が言うのは、そのためです。この罪を犯すことは、自分の体に対して罪を犯すのです。(19)体は、神様があなたがたに与えてくださった聖霊の家であって、聖霊がそこに住んでおられるのです。あなたがたの体は、自分のものではありません。(20)神様が多額の代価を払って、あなたがたを買い取ってくださったのです。ですから、あなたがたの体のどの部分も、神の栄光を現すために用いなさい。その所有者は神だからです。

(1コリント10:13 リビング訳)このことを覚えていてください。あなたがたの生活の中に入り込む誘惑は、別に新しいものでも、特別なものでもないということです。ほかにも多くの人たちが、あなたがたよりも先に、同じ問題にぶつかってきたのです。どんな誘惑にも抵抗するすべはあります。神様は決して、とてもたち打ちできないような誘惑や試練に会わせたりはなさいません。神様がそう約束されたのであり、その約束は必ず実行されるからです。神様は、あなたがたが誘惑や試練に忍耐強く立ち向かえるように、それから逃れる方法を教えてくださいます。         

(2コリント5:17リビング訳)だれでもクリスチャンになると、内側が全く新しくされます。もはや今までと同じ人間ではありません。新しい人生が始まったのです。

 

 

今、自分の心の問題を神様と一緒に解決する

(ルカ6:45良い人は、良い心から良い行いを生み出します。悪い人は、隠された悪い心から悪い行いを生み出します。心に秘めたことが、ことばになってあふれ出るからです。

(エペソ 4:31-32 ALIVE訳)人に対する苦みと怒りを捨てなさい。怒り爆発することがないように。怒鳴ったり、暴言を吐かないように。(32)むしろ、互いに親切に、愛し合い、救世主をとおして赦してくれた神にならい、赦し合いなさい。

(詩篇139:23-24 リビング訳)ああ神よ。私の心を探り、内面を調べ上げてください。(24)あなたを悲しませるようなものがあるなら、教えてください。私が永遠のいのちへの道からそれないようにお導きください。。