メッセージノート

聖霊が初期クリスチャンの上に来た

メッセージノート

イエスの約束-聖霊の力は全ての人のため

(使徒1:5,8 ALIVE訳)洗礼者(バプティスト)ヨハネは水で洗礼(バプテスマ)を授けたが、おまえたちはもうすぐ神の霊(ホーリースピリット)による洗礼(バプテスマ)を受けるからだ・・・!!!」(8)だがな、神の霊(ホーリースピリット)が注がれ、おまえたちが力を受ける時、ここエルサレムからユダヤ全土、そしてサマリヤ地方から地の果てまで、俺の死と復活を伝える証人となる!

 

新しく信じた人たちが聖霊の存在と力で満たされた-異言と預言

(使徒2:1-4, 11, 13 JCB)さて、イエスの死と復活から、七週間が過ぎました。五旬節(ユダヤ教の祭りの一つ)の日のことです。信者たちが一堂に集まっていると、(2)突然、天からものすごい音がしました。まるで、激しい風が吹きつけるような音です。それが、家全体にごうごうと響き渡ったのです。(3)そして、めらめら燃える炎の舌のようなものが現れ、みなの頭上にとどまりました。(4)するとどうでしょう。その場にいた人たちは、みな聖霊に満たされ、知りもしない外国語で話し始めたではありませんか。聖霊が、それだけの力を与えてくださったのです。(11)それに、クレテ人やアラビヤ人もいる。それがどうだ。それぞれの出身地のことばで、神のすばらしい奇跡の話を聞くとは……。(13)しかし中には、「何、彼らは酔っぱらっているだけさ」と、あざける者たちもいました。

 

ヨエルが聖霊について預言したことが全うされたとペテロは言う

(使徒2:15-21 JCB)皆さんの中には、私たちが酒に酔っているのだとおっしゃる方もいますが、そんなことはありません。酒に酔うには時間が早すぎます。朝の九時から酒を飲む人はいないでしょう。(16)いま見ていることは、何世紀も前に、まさに預言者ヨエルが預言したことなのです。(17)『神は言われる。終わりの日に、わたしはすべての人にわたしの霊を注ぐ。その時、あなたがたの息子、娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。(18)聖霊は、男女を問わず、わたしに仕える者たちに注がれる。すると、彼らは預言をする。(19)また、わたしは天と地に不思議なしるしを現す。血と火と煙の雲だ。(20)主の恐るべき日が来る前に、太陽は暗くなり、月は血のように赤くなる。(21)しかし、主にあわれみを求める者はみな、あわれみを受けて救われる。』(ヨエル2・28-32)

 

聖霊からの確信のメッセージが3000人の心に触れた

(使徒2:37-41)人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、「兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか。」と言った。(38)そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。(39)なぜなら、この約束は、あなたがたと、その子どもたち、ならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、私たちの神である主がお召しになる人々に与えられているからです。」(40) ペテロは、このほかにも多くのことばをもって、あかしをし、「この曲がった時代から救われなさい。」と言って彼らに勧めた。(41)そこで、彼のことばを受け入れた者は、バプテスマを受けた。その日、三千人ほどが弟子に加えられた。

 

初代教会のメンバーが「教会」として初めて集まった

(使徒2:42-47 ALIVE訳) 神殿の都エルサレム――イエスの信者(クリスチャンたち)は使徒たちの教えを毎日聞いて過ごした。 時間だけでなく、何から何までも分かち合い、パンを割さき、一緒に祈る日々。(43)使徒たちを通して多くのキセキを目の当たりにし、全ての人が神の偉大さに感動するばかりだった。(44)神を信じる仲間たちは、愉快に過ごし、なんでも分かち合った。(45)自分の土地や財産を売り払っては、必要な人たちに分け与えた。分かち合える広い心を持っていたのだ。(46)彼らは同じ志(こころざし)を持ち、1日のほとんどを教会で過ごした。また、家でも共に食卓を囲い、喜んでごはんを分け合った。(47)仲間たちはそろって神を讃(たた)え、確固たる信心を持っていたために、どんな人からも尊敬された。そんな彼らの姿を見て、多くの人が救われた。そう、王・イエスが次々に仲間に加えていったのだ。

 

成功への道のり

メッセージノート

(エレミヤ 29:11 JCB)わたしは、おまえたちのために立てた計画をよく知っている。 それは災いではなく祝福を与える計画で、ばら色の将来と希望を約束する。

(マタイ13:3-8)イエスは多くのことを、彼らにたとえで話して聞かされた。「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。蒔いているとき、道ばたに落ちた種があった。すると鳥が来て食べてしまった。(5)また、別の種が土の薄い岩地に落ちた。土が深くなかったので、すぐに芽を出した。(6)しかし、日が上ると、焼けて、根がないために枯れてしまった。(7)また、別の種はいばらの中に落ちたが、いばらが伸びて、ふさいでしまった。(8)別の種は良い地に落ちて、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結んだ。

-成功するための道とは? 何が成功なのか?

 

明らかに他と違いがある道 

(1コリント 12:7 MSGからの直訳)一人ひとりに神の性質が現われる何かが与えられています:誰でもそれに加わります、また誰でも利益を受けます。全てのもは聖霊によってありとあらゆる人に与えられます。

(ローマ12:4-5)私たちの体に多くの器官があるのと同様、キリスト様の体にも、多くの器官があります。 私たちはみな、キリスト様の体の各器官です。キリスト様の体が完全になるには、私たちが必要です。 というのは、それぞれが異なった役目を果たすからです。 ですから、私たちは互いに依存し合っており、だれもが、ほかのすべての人を必要としているのです。

 

自分に与えられた道で前を向く

(ピリピ3:13-14)兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕らえたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、(14)キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。

-前を向く姿 = 全力で生きている姿

 

責任を負う道

(ルカ 9:23-24)イエスは、みなの者に言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。(24)自分のいのちを救おうと思う者は、それを失い、わたしのために自分のいのちを失う者は、それを救うのです。

 

成功者への道のりでは、正しい犠牲がある

-犠牲を取るべきものと、犠牲を取るべきではないものをきちんと区別する

(箴言 4:23)何よりも、心を見守りなさい。心は生活全体に影響を与えます。

 

コネクトグループでの質問と祈り

  1. 他人とは違うあなたの成功の姿はどんな感じ?
  2. 正しい犠牲とはあなたにとって何?
  3. 成功の姿を神様に委ね、導いてもらおう!

絶えず追い求める

メッセージノート

(ピリピ 3:12 ALIVE訳)なにも、自分が完全な人間になったと言っているわけではない。これは一生の課題だ。イエス・キリストが私を救ったのも、一生をかけて彼を目指してほしいからだ。

(ピリピ 3:17 ALIVE訳)兄弟姉妹よ。みんなで私を見本にし、私を手本として生きる人から学べ!

(ピリピ 3:13-14 ALIVE訳)兄弟姉妹よ。私もまだまだイエスまではほど遠いと知っている。私はただ、過去に捕らわれず、目の前の目標を達成するため全力前進している。(14)最終地点であるイエスを目指し、そこにある私の宝めがけて全力をあげているんだ!

 

  1. 過去を忘れる
  2. 前に突き進む
  3. 賞を得るため

(ピリピ 3:12 ALIVE訳)なにも、自分が完全な人間になったと言っているわけではない。これは一生の課題だ。イエス・救世主キリストが私を救ったのも、一生をかけて彼を目指してほしいからだ。

なぜイエスはあなたのことを一目置いているのですか?

コネクトグループの質問と祈り

  1. なぜイエスはあなたの人生に一目置いているのですか?
  2. 邪魔してくるものは何がありますか?
  3. 祈りましょう!

求めて、求めて、求めて! / 真のワーシップ!

メッセージノート

求めて、求めて、求めて!

(マタイ 7:7 ALIVE訳)求めろ、そうすりゃ与えられる。探せ、そうすりゃ見つかる。叩け、そうすりゃ扉は開く。

(マルコ 11:24 ALIVE訳)また、求めていることを神に祈り求め、それがすでに与えられたと確信するなら、その通りになる!!!

 

真のワーシップ!

(ローマ 12:1 ALIVE訳)そういうわけで教会かぞくのみなさんにお願いしたい。神の喜ぶいきいきとした供え物として自分の体を神に捧げるんだ!神がしてくれたことを思えば、これは、決してむりな注文ではないはずだ。

持っておいで

メッセージノート

(マタイ 14:15-17 JCB)夕方になったので、弟子たちはイエスのところに来て、「先生。もうとっくに夕食の時間も過ぎています。こんな寂しい所では食べ物もないですし、みんなを解散させてはどうでしょう。村へ行けば、めいめいで食べる物を買えますから」と勧めました。(16)しかし、イエスはお答えになりました。「それにはおよびません。あなたがたで、みんなに食べる物をあげなさい。」(17)弟子たちはイエスに言いました。「先生、今手もとには、小さなパンが五つと、魚が二匹あるだけです。」

(マタイ14:18-21 JCB)ところがイエスは、「そのパンと魚とを持って来なさい」と言われました。(19)それから群衆を草の上に座らせると、五つのパンと二匹の魚を取り、天を見上げて神の祝福を祈り求め、パンをちぎって、弟子たちに配らせました。(20)こうしてみんなが食べ、満腹したのです。あとで余ったパン切れを拾い集めると、なんと十二のかごにいっぱいになりました。(21)そこには、女性や子どもを除いて、男だけでも五千人ぐらいの人がいました。 

イエスは良いものを与えたい

 

心配・悩み

(マタイ 11:28-30 ALIVE訳)イエスは続けた――「世の中の重荷を背負わされて疲れたなら俺のもとに来いッ!その重荷、俺が降ろしてやろう!!!(29)俺の荷を背負うなら心安らぐ。俺は優しく包み込むが、何かを押しつけるようなまねはしないからだ。(30)そう、俺が背負わせる荷は軽く、心にゆとりを与える」

 

病気

(マタイ 15:30 ALIVE訳)たくさんの人がそこへやって来た。「もうすぐだ・・・!」彼らは、病気を持った人たちをイエスの前に連れてきたのだ。連れてこられたのは、歩けない人、目の見えない人、体の不自由な人、耳の聞こえない人、そのほかにもいろいろな人がいた。イエスはどんな人であれ治してあげた。

 

才能、スキル、能力

 

イエス・キリスト – 聖霊のミニストリーが始まる(パート4)

メッセージノート

聖霊が鳩のようにイエスの上に来た

(マタイ 3:16-17 JCB)イエスが、バプテスマを受けて水から上がって来ると、突然天が開け、イエスは、神の御霊が鳩のようにご自分の上に下るのをごらんになりました。(17)その時、天から声が聞こえました。「これこそ、わたしの愛する子。わたしは彼を心から喜んでいる。」

イエスは聖霊に満たされて来た

(ルカ 4:1 JCB)さて、イエスは聖霊に満たされ、ヨルダン川をあとにすると、聖霊に導かれるまま、ユダヤの荒野に向かわれました。

聖霊の力によるミニストリー

(ルカ 4:14 JCB)イエスが聖霊の力に満たされてガリラヤに戻られると、まもなくその地方一帯にイエスの評判が広まりました。

聖霊の力による教え

(ルカ 4:15-17 JCB)あちこちの会堂で教えを語るイエスは、人々の賞賛の的でした。(16)それからイエスは、少年時代を過ごしたナザレに帰り、いつものように土曜日(安息日)に会堂へ行かれました。聖書を朗読しようと席を立つと、(17)預言者イザヤの書が手渡されたので、次の箇所をお開きになりました。

イエスがイザヤ61:1-3に書かれているメシヤを実現した

(ルカ 4:18-21 JCB)(18-19)「わたしの上に主の御霊がとどまっておられる。主は、貧しい人たちにこの福音(神の救いの知らせ)を伝えるために、わたしを任命された。主はわたしを遣わして、捕虜には解放を、盲人には視力の回復をお告げになる。踏みにじられている人を自由にし、主の恵みの年をお告げになる。」(イザヤ61・1―2)(20)イエスは朗読を終えると、聖書を閉じ、係の者に返して、腰をおろされました。みんなの目はいっせいにイエスに注がれました。(21)それにこたえるように、イエスはこう言われました。「この聖書のことばは、今日、実現したのです。」

聖霊のガイダンス

メッセージノート

助けてくれる存在

(ヨハネ 14:16-17 ALIVE訳)おれが父さんに頼むから、父さんはもう1人の助け主を送ってくれる。彼は、おまえたちを決して離れず、永遠の助け主となる!(17)助け主とは、すべての真理へと導いてくれる神の霊。世に属す人間は、彼を見たことがなければ、知りもしないため、彼を認めようとしない。だが、おまえたちは彼を知っている。彼はおまえたちと共に住んでおり、おまえたちの内に住んでくれる。

声に集中し、聞くこと

(1 サムエル‬ ‭3:4-11‬ ‭JCB‬‬)“すると主が、「サムエル、サムエル」と呼びました。サムエルは、「はい。ここにいます」と答えて、「どうしたのだろう」と思って飛び起きると、エリのもとへ走って行き、「サムエルです。何かご用ですか」と尋ねました。エリはけげんな顔で、「呼んだりしていないよ。さあ、戻ってお休み」と答えました。そのとおりにすると、(6)主がまたも、「サムエル」と呼んだのです。サムエルはまた飛び起きて、エリのもとへ駆けつけました。「はい。何かご用でしょうか。」「いいや、呼んだりしていないよ。いいから、帰ってお休み。」(7)サムエルはまだ、主からおことばを頂いたことがなかったのです。(8)ですから三度目に呼ばれた時も、またエリのもとへ駆けつけました。「はい。ご用でしょうか。」この時エリは、主が少年に語ったのだということを悟りました。(9)そこで、彼はサムエルに言い聞かせました。「さあ、もう一度帰ってお休み。今度呼ばれたら、『はい、主よ。しもべは聞いております』と申し上げるのだよ。」サムエルは寝床に引き返しました。(10)すると主が来られて、さっきのように、「サムエル、サムエル」と呼びました。そこでサムエルは、「はい。しもべは聞いております」と申し上げました。(11)主はサムエルに告げました。「わたしは、イスラエルに衝撃的なことを行うつもりだ。”

(ヨハネ 10:1-4 ALIVE訳)「羊の囲いの中に、門から入らず、柵を乗り越えて忍び込む者は、強盗に違いありません。 (2)羊飼いなら、堂々と門から入って来ます。(3)門番も羊飼いには門を開けてくれます。羊飼いの声を聞くと、羊は回りに駆け寄って来ます。羊飼いは自分の羊の名を一匹一匹呼んで連れ出すのです。(4)
羊飼いが先頭に立ち、羊はそのあとについて行きます。羊飼いの声を知っているからです。

一歩を踏み出す
(詩篇‬ ‭119:105‬ ‭JCB)あなたのおことばは、つまずかないように道を照らしてくれる明かりです。‭‭ ‬‬

(ガラテヤ 5:22-23 ALIVE訳)しかし、神の霊に人生の主導権をわたすなら、このような結果が生まれる。それは、愛、喜び、精神的安定、辛抱強さ、親切心、善意、律儀、(23)穏やかさ、冷静さである。ここに、掟に反するものは何ひとつない。

力を解放する

メッセージノート

(ピリピ 4:6-7 ALIVE訳)何事も心配するな。心配を祈りに変えるんだ。すでに持っているものに感謝したうえで神に願うのだ!(7)そうすれば、神が安心と自信を注ぎ、精神的に安定させてくれる。それは、人の考え方では実現不可能なレベルの自信と安心だ。

心配しない

祈り

感謝

(ヘブル 11:1 ALIVE訳)信仰とは、願い事が必ずかなえられるという、不動の確信のことだ。また、どうやって起こるかわからない行く手にも、望みどおりのことが必ず待ち受けていると信じて、疑わないことである。

ピリピ 4:19 – 私の神は与えてくれる

メッセージノート

(ピリピ 4:19 ALIVE訳)私の神は、イエス・救世主(キリスト)をとおし、自身の偉大な富の中から、みんなに必要なものをすべて与えてくれる。

1.「私の神」
パウロの状況は神様の豊かさを表した良い状況ではなかった。

2.必要なものを全て与えてくれる
-希望の力
-蒔いて刈り取る力

(ルカ 6:38 JCB)与えなさい。そうすれば与えられます。彼らは、量りのますに、押し込んだり、揺すり入れたりしてたっぷり量り、あふれるばかりにして返してくれます。自分が量るそのはかりで、自分も量り返されるのです。

(ガラテヤ 6:9 ALIVE訳)だから正しい行ないに疲れ果ててはならない!あきらめずに歩み続けるなら、やがて祝福を刈り取る日が来るからだ!

(詩篇 23:1 JCB)主は私の羊飼いですから、必要なものはみな与えてくださいます。

3.自身の偉大な富の中から
神様は豊か
悲しみの人

(イザヤ 53:3)彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。

(エペソ 3:16 ALIVE訳)どうか、父なる神が、その栄光に満ちた無限の富の中から、神の霊(ホーリースピリット)を通して人を内面から強くする力を、あなたがたに与えてくれるように。

(2 コリント 8:9 ALIVE訳)あなたがたは我らの王なるイエス・キリストが、どんなに愛と恵みに満ちていたかを知っている。あれほど裕福だった王が、みんなを助けるために、あれほど貧しくなった。

(エペソ 3:20 ALIVE訳)神の力が私たちの内に働くとき、神は私たちが求めるものや、考えることをはるかに上回ったことを行うことができる。

夢抱く者と神様の目的

メッセージノート

(エペソ 3:20 ALIVE訳)神の力が私たちの内に働くとき、神は私たちが求めるものや、考えることをはるかに上回ったことを行うことができる。

(創世記 37:3-7 JCB)イスラエルはヨセフを、どの息子よりもかわいがっていました。年をとってからの子だったからです。それで、彼には飾りつきの特別仕立ての服を作ってやりました。(4)こうあからさまにえこひいきされては、兄たちもおもしろくありません。ヨセフが憎らしくて、優しいことばなどかけられないのです。(5)そんなある晩、ヨセフは夢を見ました。その話をさっそく事細かに話したものですから、ますます兄たちに嫌われてしまいました。(6)「聞いてよ。僕、こんな夢を見たんだ。」得意げに、ヨセフは言いました。(7)「みんなが畑で束をたばねていたんだ。そうしたら僕の束が、いきなりすっくと立ち上がった。それからどうなったと思う?兄さんたちの束が回りに集まって来て、僕の束におじぎをするんだ。」

1.夢は誰もが持つことができる
-育った家庭の環境は関係ない
-自分の過去も関係ない
-今持っているものも関係ない
-年齢、性別は関係ない

(使徒 2:17 ALIVE訳)神は言われる。私は終わりの日、私の魂をすべての人に注ぐ。おまえたちの息子、娘は預言をし、青年は聖なる幻(ビジョン)を見、老人は特別な夢を見る。

2.神様から来る夢は私たちを引き上げてくれる。支えてくれる。前進させてくれる。
ペテロ:岩で私の教会をこの岩に建て上げる

(マタイ 16:18 ALIVE訳)だから、岩であるペテロ。俺はこの岩の上に教会を建ちあげよう!!!死の力でさえも、俺の教会を倒すことはできない。

3.信仰が溢れた場所で夢は広がる
-ヨセフの父・ヤコブもビジョンを持っていた

4.夢は将来のことを表している。今ではない。

(ハバクク 2:3 JCB)だが、わたしが計画しているこのことは、今すぐには起こらない。ゆっくりと、着実に、確かに、幻が実現する時が近づいている。遅いように思えても、失望してはならない。これらのことは必ず起こる。忍耐していなさい。ただの一日も遅れることはない。

5. 終わりは始まりと光景が違う。しかし、私たちがそれを見るとき、空にある星のように見る

(創世記15:5 JCB)それから主はアブラムを外へ連れ出し、満天の星空の下に立たせました。「空を見なさい。あの星を全部数えられますか? あなたの子孫はあの星のようにとても数えきれないほどの数になる。」

6.責任感を持つことによって夢がふくらむ
-ジャケットを着る 
(箴言 29:18)幻がなければ、民はほしいままにふるまう。しかし律法を守る者は幸いである。

7.ネガティブなことよって夢が奪われる場合がある
-しかし、真のビジョナリーは夢を手放さない

8.神様から来る夢はいつも神様の目的と繋がっている
a.神様を知る
b.イエスの愛を人々に伝える
C.違いを生む

(エペソ1:4)神はこの世界をお造りになる前から、私たちを、ご自分のものとして選んでくださいました。そして、神は私たちを、ご自分の目から見て、何一つ欠点のない、きよい者にしようとお定めになりました。

(エペソ2:10私たちは神の作品であって、良い行ないをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行ないに歩むように、その良い行ないをもあらかじめ備えてくださったのです。