最悪な日を生き抜く方法

最悪な日を生き抜く方法

(マタイ 27:46b 新改訳)わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか。

神様の性質に信頼する

(2 コリント 1:3 新改訳)私たちの主イエス・キリストの父なる神、慈愛の父、すべての慰めの神がほめたたえられますように。

(1 ヨハネ 4:8a ALIVE訳)神は愛だ。

神様の約束に信頼を置く

(2 コリント 1:20 ALIVE訳)神のあらゆる約束に“はい”と言い、ことごとく実行するのは、この救世主だ。 だからこそ、救世主の名によって神の栄光に“アーメン”と言っているのだ。

(ヘブル 13:5b 新改訳)「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。」

(ローマ 8:28b 新改訳)神がすべてのことを働かせて益としてくださる

神様の最終目的地に信頼する

(2 コリント 4:16-18 ALIVE訳)だから、私たちは決して落胆しない。肉体はしだいに衰おとろえるが、うちにある力は日ごとに強くなってゆく。(17)今の私たちの試練は、永遠の栄光と比べれば、束の間であり、取るに足りないものだ。 また、 この試練が永遠の財産を増し加えてくれている。(18)だから私たちは、いま見えるもの、すなわち、身の回りの苦しみには目をとめない。むしろ、今は見えない天にある財宝を望み見るのだ。 見えるものは、はかなく消え、見えないものは永遠に続く!


(イザヤ 63:9 JCB)(私)が苦しむとき、神はいつもいっしょに苦しみ、(私)を救い出しました。神は、ご自分の愛によって(私)を買い戻し、(私)を高く掲げ、これまでずっと(私)を導きました。

1.理由を求めながら学ぶ

(ヘブル 5:8 口語訳)彼は御子であられたにもかかわらず、さまざまの苦しみによって従順を学び

2.理由を求めながら愛する

(2 コリント 1:4 ALIVE訳)試練にぶつかるたびに神は私たちに愛情と力を注いでくれる。それは、他の人が試練にぶつかったとき、私たちが神と同じ愛情を注ぎ、強めるためだ。

3.理由を求めながら賛美をする
(ヘブル 12:28-29 新改訳)こういうわけで、私たちは揺り動かされない御国を受けているのですから、感謝しようではありませんか。こうして私たちは、慎みと恐れとをもって、神に喜ばれるように奉仕をすることができるのです。(29)私たちの神は焼き尽くす火です。