イエスの代わりに送られた神の霊(助け主)

(ヨハネ 14:23-26 AMPからの直訳)イエスは答えた。誰でもわたしを[本当に]愛するなら、わたしのことば(教え)を守る。わたしの父はその人を愛し、わたしはその人の元へいき、その人と一緒に住む。(24)わたしを[本当]に愛さない者は、わたしのことばを守らない。あなたがたの聞いていることば(教え)は、わたしを遣わした父のことばであり、わたしではない。(25)「あなたと一緒にいた時、これらのことをわたしはあなたにに伝えた。(26)しかし、父がわたしの名によって(代わりに、代理として、代表して)遣わす助け主(慰める者、代弁者、仲裁者–相談役、強める者、代役)は、神の霊であり、あなたに全てのことを教える。そして、わたしが伝えた全てのことを思い起こせるように助けてくれる。

(ヨハネ 16:7 AMPからの直訳)しかし、真実を伝えよう。わたしが去っていくことが、あなたがたにとってアドバンテージになるのだ。わたしが去らなければ、助け主(慰める者、代弁者、仲裁者–相談役、強める者、代役)はあなたの元に来ない。しかし、わたしが去るなら、彼(神の霊)をあなたに遣わそう[あなたの近い存在になるように]。

(エペソ 1:17 ERVからの直訳)私はいつも偉大な栄光なる父、私たちの主、イエス・キリストの神に祈っている。あなたがたに神の霊が与えられるように祈っている。神の霊が、あなたがたに真理を教え、理解出来るように助けてくれるからこそ、あなたがたが神様のことをもっと知ることが出来る。

神の霊は助け主 (慰める者、代弁者、仲裁者–相談役、強める者、代役)
(ルカ 4:1 ALIVE訳)神の霊に満たされたイエスは、ヨルダン川から神の霊に導かれるまま、荒野へ出かけた。

(ルカ 4:14 ALIVE訳)ガリラヤ地方—— 試練を乗り越えたイエスは神の力をまとって戻ってきた。そんな彼の評判は、ガリラヤ地方一帯に広まった。

イエスも神の霊が必要だったなら、俺らはどれだけ必要?
(ローマ 8:26-27 ERVからの直訳)神の霊は私たちを助ける。私たちは弱いが、弱みも霊は助けてくれる。祈るべき方法が分からなくても、神の霊が私たちのために神様に話してくれる。神の霊は、私たちのために、神様に頼み、言葉に表せないほどの深い感情も伝えてくれる。(27)神様はすでに私たちの考えを知っている。そして、神様は神の霊が語っていることを理解してくれる。なぜなら、神の霊は、神様の求めているものに同意する形で、神様に語ってくれるからだ。