Category Archives: メッセージノート

Happy Family, Happy Life

メッセージノート

(ローマ12:1-2 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。(2)この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。

尊敬の文化
(1テモテ4:4)神が造られた物はみな良い物で、感謝して受けるとき、捨てるべき物は何一つありません。

(ローマ12:4-5)一つのからだには多くの器官があって、すべての器官が同じ働きはしないのと同じように、大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なのです。

(マルコ6:4-5)そこで、イエスは言われました。「預言者はどこででも尊敬されます。 ただ、自分の故郷、親族、家族の中では別です。」(5)こうして、人々の不信仰のために、ほんのわずかの病人に手を置いて治されただけで、そこでは何一つ大きな奇蹟を行なえませんでした。

赦しの文化
(エペソ4:26-27)怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。(27)悪魔に機会を与えないようにしなさい。

(箴言 16:32)怒りをおそくする者は勇士にまさり、自分の心を治める者は町を攻め取る者にまさる。

(エペソ 4:3)聖霊様によって心を一つにされるよう常に努力し、互いに仲良く暮らしなさい。

愛の文化
(1 コリント 13:13)こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。

アガペー (無限の愛、無償の愛)
エロース (恋愛)
フィリア (友情愛)

コネクトグループでの質問と祈り
1. ハッピー家族にする上で何が大切だと思いますか?
2. 神の価値観の中で、自分のもっと必要な分野は何ですか?
3. 祈ろう!

山あり、谷あり、希望あり

メッセージノート

(エレミヤ 29:11 JCB) わたしは、おまえたちのために立てた計画をよく知っている。それは災いではなく祝福を与える計画で、将来と希望を約束する。

1.ベストの自分でいる -神様がいつもそばにいてくれる
(創世記39:2-5 JCB) ヨセフはこの主人となった人の家の仕事をさせられましたが、いつも主が助けてくださるので、何をしてもうまくいきました。(3)ポティファルの目に、主がヨセフに特別よくしておられることは明らかでした。(4)ヨセフは主人の気に入り、家の管理と業務のすべてを任されるようになったのです。(5)すると、ポティファルの家は祝福され、万事がスムーズに運びました。収穫も、羊の群れも増える一方でした。

(創世記39:21-23 JCB) しかし、主は監獄の中でさえヨセフとともにいて、何事にも心にかけてくださったので、ヨセフは看守長にとても気に入られました。(22)この男なら大丈夫と見抜いた看守長は、やがてすべての囚人の面倒を見るよう、監獄内の管理をいっさいヨセフに任せることにしました。(23)それからというもの、ヨセフが取り仕切ったので、看守長は何の心配もなくなりました。主がヨセフとともにおられるので、彼は何をしてもスムーズに事が運びました。

(ヘブル人への手紙11:1 JCB) 信仰とはいったい何でしょう。それは、望んでいることが必ずかなえられるという確信です。また、何が起こるかわからない先にも、その望んでいることが必ず待っていると信じて疑わないことです。

2.いま目の前にある誘惑から逃げる –正しさを選ぶ
(創世記39:12-13 JCB) 「ちょっと私の部屋に来ておくれ。」とんでもないと、ヨセフがその手を振り払って逃げようとしたところ、上着が脱げてしまいました。しかし彼はそのまま家の外へ逃げ出しました。(13)彼女はそのうしろ姿を、残された上着を手にしたままじっと見つめていましたが、

(1テサロニケ4:3 ALIVE) 神は、みんなに性的な過ちから身を避け、聖く純潔であってほしいのだ。

3.神様の計画は想像を超える
(創世記41:40-42 JCB) したがってわしは今、おまえをこの仕事全体の責任者に任命する。何でもおまえの命令どおりすることにしよう。この国でおまえの上に立つ者は、わしだけだ。」(41-42)王は自分の印のついた指輪を、権威のしるしとしてヨセフの指にはめ、美しい服を着せて、首には王がつける金の首飾りをかけました。「おまえをエジプトの総理大臣に任命する。王のわしがそう宣言する。

(ローマ8:28 JCB) 私たちは、神を愛し神のご計画のうちを歩んでいる人のためには、その身に起こることはすべて、神が益としてくださることを知っているのです。

(エペソ 3:20 ALIVE訳) 神の力が私たちの内に働くとき、神は私たちが求めるものや、考えることをはるかに上回ったことを行うことができる。

コネクトグループの質問と祈り
1.あなたの人生は今どうですか?山にいますか?谷にいますか?
2.どんな状況でも正しい態度を持ちたいですか?
3.神様の助けを祈りましょう。

足には平和をもたらす最高な知らせを履く

メッセージノート

(ローマ 10:15 ALIVE訳)また、だれかが遣わさなければ、どうして人のところへ出かけて教える人が出てくるだろうか?聖書に、神との平和を宣べ伝え、最高の知らせ(ゴスペル)をもたらす人の足は、なんとうるわしいことか――【聖書:イザヤ書52:7より引用】とあるのは、まさにこのことだ。つまり、神からの最高の知らせ(ゴスペル)を伝える人は、なんと歓迎されることか、というのだ。

(エペソ 6:15 ALIVE訳)足には平和をもたらす最高の知らせ(ゴスペル)を履き…

(エペソ 6:19-20 ALIVE訳)また、私のためにも祈っておくれ。私が恐れずに最高な知らせ(ゴスペル)についての秘密の真理を伝え、必要な時に神が必要なことばを与えてくれるように。(20)私は最高の知らせ(ゴスペル)を伝える使命があり、今もなお、この監獄の中で伝えている。これからも怖じけつけずに伝えられるよう、祈っておくれ。引くわけにはいかないからだ!

俺たちには戦いがある
(エペソ 6:12 ALIVE訳)私たちの戦う相手は、血や肉を持った人間ではなく、肉体のない闇の住人だ。私たちは天の立場から、目には見えない霊的な闇の支配者と権力と力と戦っているのだ。

(ローマ 10:14-15 ALIVE訳)しかし、王を信じていなければ、どうやって“救ってください”と求める事ができる? 王のことを一度も聞いたことがなければ、どうやって信じる? だれかが教えてくれなければ、どうやって王について聞ける? (15)また、だれかが遣わさなければ、どうして人のところへ出かけて教える人が出てくるだろうか? 聖書に、神との平和を宣べ伝え、最高の知らせ(ゴスペル)をもたらす人の足は、なんとうるわしいことか――【聖書:イザヤ書52:7より引用】 とあるのは、まさにこのことだ。つまり、神からの最高の知らせ(ゴスペル)を伝える人は、なんと歓迎されることか、というのだ。

踏み出そう
(1コリント 1:17-19 ALIVE訳)救世主(キリスト)が私を遣わせた目的は、洗礼(バプテスマ)を授けさせることではなく、最高の知らせ(ゴスペル)を伝え広めるためだ。それは、カッコつけたプレゼンではなくシンプルに伝える使命。救世主(キリスト)の十字架に込められた力とその意味が、なくならないように!(18)“イエスは私たちを救うために十字架で死んでくれた” ということばが、滅んでゆく人たちにはどれほどバカらしく響くか、私にはよくわかっている。しかし、救われている私たちは、これが神の力そのものであると認めるのだ。(19)なぜなら、神がこう言ったからである。わたしは、賢者の知恵を無意味なものにする。天才には理解ができないことをしよう――【聖書:イザヤ書29:14より引用】

寛大

メッセージノート

類語 – 他の言葉:大きい、寛容、自己中ではない、自由、親身、優しい、手が開いてる、慈善的、十分、多い、フル、溢れる。

反対語 – 反対なネガティブな言葉:自己中、欲深い、意地悪、惨め、ケチ、枯渇、欲しがる
女性と壺

(マタイ 26:6-13 JCB)さて、イエスはベタニヤへ行き、ツァラアトの人シモンの家にお入りになりました。(7)そこで食事をしておられると、非常に高価な香油のつぼを持った女が入って来て、その香油をイエスの頭に注ぎかけました。 (8)それを見た弟子たちは、腹を立てました。「なんてもったいないことを!(9)売ればひと財産にもなって、貧しい人たちに恵むこともできたのに。」(10)イエスはこれを聞いて言われました。「なぜ、そうとやかく言うのですか。この女はわたしのために、とてもよいことをしてくれたのです。(11)いいですか。貧しい人たちならいつも回りにいますが、わたしはそうではありません。(12)今、この女が香油を注いでくれたのは、わたしの葬りの準備なのです。(13)ですから、この女のことは、いつまでも忘れられないでしょう。そして御国のすばらしい知らせが伝えられる所ならどこででも、この女のしたことも語り継がれるでしょう。」

(マタイ 26:10 JCB)イエスはこれを聞いて言われました。「なぜ、そうとやかく言うのですか。この女はわたしのために、とてもよいことをしてくれたのです。

寛大=親切な行動だけではない:大きく生きる決断

(箴言 11:24 MSGからの直訳)寛大な人の世界はどんどん大きく広がっていくが、ケチな人の世界はどんどん小さくなっていく。

態度の変化:「全部自分のもの(欲)」から「与えるために生きる」

(ルカ 12:16-21 JCB)それからイエスは、たとえ話を一つなさいました。「ある金持ちが、良い作物のとれる肥えた畑を持っていました。(17)倉はいっぱいで、収穫物を全部納めきれないほどです。あれこれ考えたあげく、うまい考えを思いつきました。(18)『こうすればいい。あの倉を取りこわして、もっと大きいのを建てる。そうすれば、作物を全部納められる。』(19)ひとり満足した金持ちは、われとわが身に言い聞かせたのです。『もう何も心配はいらないぞ。これから先何年分もの食料がたっぷりある。さあ、食べて、飲んで、楽しくやろう。』(20)しかし神は、こう言われました。『愚か者よ!あなたのいのちは、今夜にもなくなる。そうしたら、ここにある物は、いったいだれのものになるのか。』(21)いいですか。この地上でいくらため込んでも、天国に財産を持っていない者は、愚か者なのです。」
もっと与え、もっと蓄える、消費を減らす=幸せ

(使徒 20:35b ALIVE訳)“受けるよりも、与える方が最高だ”
寛大:
-自分のため
-他の人のため
-永遠のため(レガシーを残す)
どのように寛大に生きるか?

(2 コリント 9:5-7 ALIVE訳)そこで、みんなが約束した寛大な贈り物の準備が、整っているかどうかを確かめるため、先にこの同志たちを送る。 そうすれば、私たちが着くころには、強いられたからではなく、祝福として受け取ることができる。あなたがたの手によって整えられた贈り物だからだ。(6)しかし、次のことは心にとめておいてもらいたい。つまり、少ししか与えない者は、少ししかもらえないということだ。少ししか種を蒔かない農夫は、わずかの収穫しかあげられない。たくさん蒔けば、たくさん刈り取る。(7)いくらささげたらよいかは、各自が決めるべきだ。自分はこれだけささげようと思っている人に、もっとたくさんささげるように強制してはいけない。神にとって大事なのは、喜んで与えるかどうかだ。

1.計画をする
2.計算する(いくら?)
3.指定する(どこに?)
4.自由にする(罪悪感や後悔なしに)
簡単にしてくれる

コネクトグループでの質問
1.私は寛大?
2.関係あるかな?
3.寛大に生きれるように祈りましょう。

この世を変えるための教会

メッセージノート

(へブル 11:1 ALIVE訳)信仰とは、願い事が必ずかなえられるという、不動の確信のことだ。また、どうやって起こるかわからない行く手にも、望みどおりのことが必ず待ち受けていると信じて、疑わないことである。

(ルカ 7:9 ALIVE訳)感心したイエスは、後を追う者に向かって振り返った。「俺はこれ以上の確信を持った人をイスラエルの民からでさえ見たことがない・・・!!!」

(ヨハネ 3:16-17 ALIVE訳)実に神は、一人子(ひとりご)をさえ惜しまず与えるほどに、世の人間を愛してくれた。つまり、神の一人子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠の命(エターナルライフ)を得るためだ!!!(17)神が一人子を遣わしたのは、この世を裁くためではなく、救うためだ!!!

最高な知らせでこの世を照らすため
(マタイ 10:34 ALIVE訳)俺がこの世に平和をもたらすために来たと思ったか?違う、刀でこの世を真っ二つにしに来た!!!

(イザヤ書 60:1-5 JCB, 5のみERVから直訳)”「わたしの民よ、起き上がれ。神の栄光があなたから輝き始めた。すべての民に見えるように、その光を輝かせるのだ。(2)夜のような暗闇が地上に住む者全部を覆うが、主の栄光があなたから輝き出る。(3)国々の民は、あなたの光を慕って来る。力ある王たちは、その上に輝く主の栄光を見るために来る。(4)目を上げて回りを見よ。息子や娘が遠い国から帰って来るからだ。(5)その時、あなたは民を見て、顔が喜びに輝く。初めは恐れても、心は踊ることになる。世界中の富があなたの前に運ばれ、国々の財宝はあなたのもとに来る。

(イザヤ書 60:19-22 JCB) “もはや太や月の光はいらない。あなたの神であるわたしが、あなたの永遠の光、あなたの栄光となるからだ。(20)あなたの太陽は永久に沈まず、その月は欠けない。わたしが永遠の光となり、悲しみの日は終わるからだ。(21)民は一人の例外もなく正しい人となり、いつまでもその他を継ぐ。わたしが自分の手で彼らをそこに植えるからだ。これは、わたしの栄光を現す。(22)最小の家族が大氏族となり、弱小の群れが強大な国家となる。時がきたら、主であるわたしは、 これらのことをみな実現する。”

コネクトグループでの質問と祈り
1. まだ目に見えないもので、必ず見ると確信してるものは何?
2. そのために今するべきことは?
3. 神の霊から力を受けるように祈ろう。

寛大

メッセージノート

類語 – 他の言葉:大きい、寛容、自己中ではない、自由、親身、優しい、手が開いてる、慈善的、十分、多い、フル、溢れる。
反対語 – 反対なネガティブな言葉:自己中、欲深い、意地悪、惨め、ケチ、枯渇、欲しがる
女性と壺

(マタイ 26:6-13 JCB)さて、イエスはベタニヤへ行き、ツァラアトの人シモンの家にお入りになりました。(7)そこで食事をしておられると、非常に高価な香油のつぼを持った女が入って来て、その香油をイエスの頭に注ぎかけました。 (8)それを見た弟子たちは、腹を立てました。「なんてもったいないことを!(9)売ればひと財産にもなって、貧しい人たちに恵むこともできたのに。」(10)イエスはこれを聞いて言われました。「なぜ、そうとやかく言うのですか。この女はわたしのために、とてもよいことをしてくれたのです。(11)いいですか。貧しい人たちならいつも回りにいますが、わたしはそうではありません。(12)今、この女が香油を注いでくれたのは、わたしの葬りの準備なのです。(13)ですから、この女のことは、いつまでも忘れられないでしょう。そして御国のすばらしい知らせが伝えられる所ならどこででも、この女のしたことも語り継がれるでしょう。」

(マタイ 26:10 JCB)イエスはこれを聞いて言われました。「なぜ、そうとやかく言うのですか。この女はわたしのために、とてもよいことをしてくれたのです。

寛大=親切な行動だけではない:大きく生きる決断

(箴言 11:24 MSGからの直訳)寛大な人の世界はどんどん大きく広がっていくが、ケチな人の世界はどんどん小さくなっていく。

態度の変化:「全部自分のもの(欲)」から「与えるために生きる」

(ルカ 12:16-21 JCB)それからイエスは、たとえ話を一つなさいました。「ある金持ちが、良い作物のとれる肥えた畑を持っていました。(17)倉はいっぱいで、収穫物を全部納めきれないほどです。あれこれ考えたあげく、うまい考えを思いつきました。(18)『こうすればいい。あの倉を取りこわして、もっと大きいのを建てる。そうすれば、作物を全部納められる。』(19)ひとり満足した金持ちは、われとわが身に言い聞かせたのです。『もう何も心配はいらないぞ。これから先何年分もの食料がたっぷりある。さあ、食べて、飲んで、楽しくやろう。』(20)しかし神は、こう言われました。『愚か者よ!あなたのいのちは、今夜にもなくなる。そうしたら、ここにある物は、いったいだれのものになるのか。』(21)いいですか。この地上でいくらため込んでも、天国に財産を持っていない者は、愚か者なのです。」
もっと与え、もっと蓄える、消費を減らす=幸せ

(使徒 20:35b ALIVE訳)“受けるよりも、与える方が最高だ”

寛大:
-自分のため
-他の人のため
-永遠のため(レガシーを残す)
どのように寛大に生きるか?

(2 コリント 9:5-7 ALIVE訳)そこで、みんなが約束した寛大な贈り物の準備が、整っているかどうかを確かめるため、先にこの同志たちを送る。 そうすれば、私たちが着くころには、強いられたからではなく、祝福として受け取ることができる。あなたがたの手によって整えられた贈り物だからだ。(6)しかし、次のことは心にとめておいてもらいたい。つまり、少ししか与えない者は、少ししかもらえないということだ。少ししか種を蒔かない農夫は、わずかの収穫しかあげられない。たくさん蒔けば、たくさん刈り取る。(7)いくらささげたらよいかは、各自が決めるべきだ。自分はこれだけささげようと思っている人に、もっとたくさんささげるように強制してはいけない。神にとって大事なのは、喜んで与えるかどうかだ。

1.計画をする
2.計算する(いくら?)
3.指定する(どこに?)
4.自由にする(罪悪感や後悔なしに)
簡単にしてくれる

コネクトグループでの質問
1.私は寛大?
2.関係あるかな?
3.寛大に生きれるように祈りましょう。

それはいらない!

メッセージノート

何を持ってるの?
(ローマ 8:28 ALIVE訳)そして私たちは、人が神を愛し、神の計画どおりに歩んでいるなら、自分の身に起こるすべてのことが益となると知っている!

もうどうでもいい?
(2 コリント 5:17 ALIVE訳)だれでも、クリスチャンになると、神によってその世界が新しくされる。今までの世界観はなくなり、新しいものを得る。

(エゼキエル 36:26 JCB)わたしはあなたがたに新しい心を与える。それで、あなたがたは正しい願いを抱くようになる。また、あなたがたに新しい霊を授ける。それで、石のように堅い罪の心が取り除かれて、愛に満ちた新しい心が生じる。

自由になろう!
(ヨハネ 8:36 JCB)だから、神の子が自由にしてあげたなら、それでほんとうに自由の身になるのです。

コネクトグループの質問と祈り
1. 何か傷・失望・苦みなど抱えていますか?
2. 自由になりたいですか?
3. 祈ろう!

神の鎧 – 義の胸当て

メッセージノート

(エペソ 6:10-17 ALIVE訳)最後に、覚えておいてほしいことがある。あなたがたは、自分のうちにあるイエス様の力によって強められるべきだということだ。(11)悪魔のどんな戦略や策略にも立ち向かえるように、神の武具で全ての身をかためなさい。(12)私たちの戦う相手は、血や肉を持った人間ではなく、肉体のない闇の住人だ。私たちは天の立場から、目には見えない霊的な闇の支配者と権力と力と戦っているのだ。(13)だから、悪の時代の攻撃にも対抗できるように、神の武具の1つ1つを役立てなさい。そうすれば、すべてが終わった時も、なおしっかり立てるだろう。(14) 立って真理の帯を腰にしめ、義の胸当てを胸につけ、(15)足には平和をもたらす最高の知らせ(ゴスペル)を履き、(16) 信仰の盾を手に、悪魔の火矢を消し止め、(17)救いのかぶとをかぶり、 神のことばである神の魂(ホーリスピリット)の刀を手にとれ!

義の胸当て
(エペソ 6:14 ALIVE訳) 立って真理の帯を腰にしめ、義の胸当てを胸につけ

心と内側のものを守る
(箴言 4:23 JCB)何よりも、あなたの心を守りなさい。心は生活全体に影響を与えるからです。
-癒される
-強くなる

(ローマ 12:1-2 JCB)愛する皆さん。そういうわけですから、あなたがたにお願いします。あなたがたの体を、神に喜んでいただける、生きた、きよい供え物としてささげてください。それが神への礼拝となるのです。(2)この世の人々の生活や考え方をまねてはいけません。むしろ、神に喜ばれることは何かを思いながら、なすこと考えることすべての面で生き生きとした、全く新しい人となりなさい。
-神様の素晴らしさを知る
-神様を求める
-考えを新しくする

1 + 1 = ?

メッセージノート

1.結婚とはそもそも何?
(マルコ 10:6-9a ALIVE訳)・・・真にあるべき姿ではない。神がこの世界を創ったとき、人を男と女とに創った。(7)男は父と母を離れ、自分の妻と結ばれる。(8)こうして、夫と妻はひとつになる!(9)神がひとつに結び合わせたんだ、誰も引き離してはならない!)——【聖書:創世記2:24より引用】

2. 2つが1つになる時の力強さ
(伝道者の書‬ ‭4:9-12‬ ‭JCB‬‬)二人が手を組めば、一人の人の倍以上のことができます。結果から見れば、二人のほうがずっといいのです。(10)二人なら片方が倒れても、もう一方が起こせます。ところが、一人のときに倒れてしまうと、だれにも起こしてもらえず、何とも惨めです。(11)また、寒い夜、二人が一枚の毛布でもかぶって寝れば、お互いの体温で暖かくなります。しかし一人では、どうにも暖まることができません。(12)一人では、攻撃を受けると負けてしまいます。しかし二人なら、背中合わせになって戦うことができ、相手に勝つことができます。三人なら、なおいいのです。三つ撚りの糸は、めったなことでは切れないからです。

神と時間を過ごす

メッセージノート

(黙示録 3:20 ALIVE訳)ごらんなさい。私は戸の外で、しきりにたたいている。その呼びかけにこたえて戸を開ける人なら、だれとでも、私は中に入って、楽しく食事をしよう。

(黙示録3:19-20 AMPからの直訳)私は[心から、深く、やさしく]愛する者を、叱り、躾する[彼らの欠点を示し、指導する]。だから、心を入れ替え、熱くいよう[内側の自分を変え—以前の考え方、悪い態度から–神の思いを求める]。(20)~”見て” 私は(教会の)扉の外に立ち、しきりにたたいている。誰でも私の呼びかけにこたえて扉を開けるなら、私は中に入って彼と食事をしよう(彼を回復させよう)。私と一緒。

(ルカ 5:16 ALIVE訳)イエスは、常に人に囲まれていたが、かかさず、しかも頻繁に1人で祈りに出かけたのであった。

ある時は朝
(マルコ 1:35-37 ALIVE訳)翌朝——一人っきりで祈るためにイエスは家を出た。外はまだ暗くて涼しい。イエスがいなくなってからだいぶ時間がたったが、一向に戻ってこない。何の音沙汰もなかったので、シモンは仲間を連れてイエスを探しに出た——「い、いたぞー!」「こぉ—んなとこにいたんスかッ!みんな探してたんスよー!」

ある時は夜
(マルコ 6:45-46 ALIVE訳)それからイエスは、先に小舟に乗って湖の向こう側にあるベツサイダの町に行くようにと一味に指示した。1人残ったイエスは、周りにいた人たちにも家に帰るようにと言い聞かせ、みんなにさよならをすると、1人で祈るため、山に登って行った。

1. 優先意識
2. 1人っきり
3. 祈りは父さんとの時間だった

どうやって過ごせばいいの?
(マタイ ‭6:6‬ ‭JCB)‬‬祈る時には、一人で部屋に閉じこもり、父なる神に祈りなさい。隠れたことはどんな小さなことでもご存じのあなたの父から、必ずごほうびがいただけます。

(マタイ 6:9-13 ALIVE訳)こう祈れ! 天の父さん(神)、 あなたの名がいつまでも誰よりも讃えられるように! (10)あなたの王国(キングダム)よ、来い! あなたの思いどおりになる天のように、ここでも実現されよ! (11)毎日必要な食料の調達を! (12)俺たちが赦したように赦して! (13)どうか俺たちを誘惑から守り、 悪から救ってくれ!――【決して神に命令しているのではなく、親子の関係を表した祈りだった】

決まった言い方じゃなく、親子の関係

考えるだけじゃなく、話そう
話すだけじゃなく、尋ねよう
尋ねるだけじゃなく、聞こう
聞くだけじゃなく、信頼しよう

(ヘブル 11:6 ALIVE訳)信仰なしに神を喜ばすことは出来ない。神のもとへ行きたければ、神の存在を信じ、熱心に神を求めるなら必ず報われることを信じなければならない。

コネクトグループでの質問と祈り
1あなたは天の父さんを親密に感じていますか?
2. 天の父さんと、どうやって時間を過ごしてますか?
3. 最高な仲間と神に感謝して祈りましょう!