Category Archives: 東京ウェウスト

信仰で進行

メッセージノート, 東京ウェウスト

Lifehouse Tachikawa

April 27th, 2017

信仰で進行

(へブル 11:1-3 ALIVE訳) 信仰とは、願い事が必ずかなえられるという、不動の確信のことだ。また、どうやって起こるかわからない行く手にも、望みどおりのことが必ず待ち受けていると信じて、疑わないことである。(2)神を信じた昔の人たちは、この信仰で伝説となった。(3)信仰、すなわち神を信じることによって、私たちは、この世界と宇宙のすべてが神のことばによって創られ、しかもそれらはみな、見えないものから創造されたことを知るのだ。

(へブル 11:6 ALIVE訳) 信仰なしに神を喜ばすことは出来ない。神のもとへ行きたければ、神の存在を信じ、熱心に神を求めるなら必ず報われることを信じなければならない。

 

  1. 止まるな!前に進み続けろ

(ヨハネ 10:27リビング訳) わたしの羊はわたしの声を聞き分けます。わたしは彼らを知っているし、彼らもわたしにはついて来ます。

(エペソ 6:10-11 ALIVE訳) 最後に、覚えておいてほしいことがある。あなたがたは、自分のうちにあるイエス様の力によって強められるべきだということだ。 悪魔のどんな戦略や策略にも立ち向かえるように、神の武具で全ての身をかためなさい。

 

  1. 俺らは前進し続ける

(へブル 11:13-16 ALIVE訳) 彼らは死ぬまで信じ抜きました。 神の民への約束は、彼らの時代には起きなかったが、将来起こるのを見て、心から喜んだ。 この世に居場所はなく、自分がほんのつかの間、流浪人として滞在する場所にすぎないことを自覚していたのだ。(14)それを受け入れた彼らは、将来自分の国となる場所を心から待ち望んだ。(15)もし彼らが去った故郷を恋しく思っているなら、いつでも戻れた。(16)しかしそこに目がくれなかったのは、そこをはるかに勝る国を待ち望んだからだ。それはまさに永遠卿たる天の国。 だから神は、彼らの神と呼ばれることを誇りとされ、彼らのために天の都を用意したのだ。

 

 

なんで…?

メッセージノート, 東京ウェウスト

Lifehouse Tokyo

November 3rd, 2016

なんで? 

(ルカ10:3842 Alive訳)神殿の都みやこエルサレムへの旅の途中、イエスは村へ立ち寄った。その村のマルタという婦人が宿代わりに彼女の家へと迎えてくれた。(39)マルタにはマリヤという妹がいた。マリヤはイエスのそばに座り込んで、イエスの教えに聞き入っている。(40)一方、姉・マルタは――(どうおもてなししようかしら・・・あれ、それともこれ、いやいや、あれとこれ・・・あ゙〰〰)接待に気をつかって、てんてこ舞の忙しさ。「も゙〰!」遂にマルタは声をあげた。「先生ッ!妹が私に接待を任せっきりなのになんとも思わないんですかッ!!手伝うように言って下さい!!!」(41)「マルタ、マールータ!あーれこれ心配しすぎだぞ!(42)心配すべきことは“ひとつ”だ!それをマリヤは選んだんだ・・・絶対、取り上げさせやしない・・・!!!」 

1.どうしてそれをやってるの?

(ルカ10:40a Alive訳)一方、姉・マルタは――(どうおもてなししようかしら・・・あれ、それともこれ、いやいや、あれとこれ・・・あ゙〰〰)接待に気をつかって、てんてこ舞の忙しさ。「も゙〰!」遂にマルタは声をあげた。 

. マルタのような決断?それともマリア?

(ルカ10:40b-41 Alive訳)「先生ッ!妹が私に接待を任せっきりなのになんとも思わないんですかッ!!手伝うように言って下さい!!!」(41)「マルタ、マールータ!あーれこれ心配しすぎだぞ!(42)心配すべきことは“ひとつ”だ!それをマリヤは選んだんだ・・・絶対、取り上げさせやしない・・・!!!」

 

.神の心をきいてする決断

(マタイ26:39 Alive訳)イエスは少しだけ離れ、その場にひれ伏して祈り始めた。「父さん・・・俺がこの苦しみの杯サカズキを飲まなくても、すむようにしてほしい・・・が、俺じゃあなく、父さんの思いのままにしてくれ・・・」――【苦しみの杯サカズキはこれから通る苦しみを象徴している】

ライフグループでの質問と祈り

  1. いまあなたが行っていることは、どうしてやっているのでしょうか?
  2. 喜びをもってやれていますか?
  3. 祈りましょう!