Category Archives: 7:15PM

まず、祈ろう

7:15PM, メッセージノート

Lifehouse Tokyo

June 21st, 2017

まず、祈ろう

どうしたらいい?- 全てが手に負えないように思えるとき

(ピリピ4:6-7)何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。(7)そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。

ピリピの箇所が方式を教えてくれた

(ピリピ4:6)何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。

祈り

神様に何かを申し入れる 「神様、こんなこと起きてる」

 願い(懇願)

– 謙虚に心からの願い「神様、これに対して、あなたに本当にお願いしたい」

 感謝

お祝い「信仰で、前もってありがとう」

そのように祈るとき、そこには約束がある

(ピリピ4:7)そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。

 

 

教会(神の家)での息子/娘となる

7:15PM, メッセージノート

Lifehouse Tokyo

April 20th, ​2016

 

あなたもリードできる Part 4
教会(神の家)での息子/娘となる

(エペソ 1:5 ALIVE訳)神の不変の計画。それは、イエス・救世主を遣わし、それによって、私たちを神の家族の一員として迎えることだった。それが、神の想い。そして喜んで行動に移してくれた。

(ガラテヤ 4:4-7 ALIVE訳)しかし、時が熟すと、神が女を通して1人子を遣わした。そして彼は完全に法律の下にあった。(5)それは、法律の奴隷になっていた私たちを買い戻し、自由の身とするためであり、神の子どもとして迎えてくれるためなのだ。(6)このように、父である神は、子である私たちの心に、神の魂を送ってくれた。そのおかげで、今では恐れ多くも神を父さんと呼ぶことができるのだ!(7)私たちは、もはや奴隷ではない。神の子ども。子どもであるからには、神の持っているものはすべて、私たちのもの。これが神の計画だ!

「ただ見る」のではなく「一部」になる
(ルカ 2:46-50 ALIVE訳)「すみません、このような子を見かけなかったでしょうか?」「悪いが、知らないねぇ~」「ちくしょう、無事でいてくれイエスッ!」エルサレム神殿――イ、イエスッ!!!3日かけてようやくイエスは見つかった。なんと神殿でモーセ法の専門家たちを相手どって難しい議論を繰り広げていたのだ。(47)(なんだこの青年は・・・)誰もがイエスの理解力と受け答えに圧倒された!――【神殿は学問の場として有名だった。過越際すぎこしさいの間は、各地方のもっとも偉大な教師たちが集まり、教えたり、大いなる真理について討論したりした。そのため、わずか12歳で教師を魅了したイエスのすごさが伺える】(48)(こんなことありえるのか・・・)両親は息子の姿を見て、とても信じられない様子だった。「イエス!なぜこんなことしたの?お父さんとお母さんがどれだけ心配したか分かる?すっごく探しまわったのよ」安心する間も無く、マリヤはイエスにつめよった。(49)「なぜ探す必要があったの?俺が父さんの仕事場にいなくちゃってことは知っておくべきだよ!」と少年イエス。(50)2人には、イエスの言葉の意味がさっぱりだった。

(ルカ 2:49 リビング訳)「ところがイエスは、「なぜ捜したの。ぼくがお父さんの家〔神殿〕にいるって、わからなかったのかなあ」とお答えになりました。」

(エペソ 4:12 ALIVE訳)なぜこのように、最善を尽くせる能力がそれぞれに与えられたのだろうか。それは、神の民となった人たちが、神のためにより良く働けるよう整え、救世主の体である教会を、完成した状態へと建て上げるためである。

他人事にはせず、父の心を運ぶ
(ピリピ 2:19-22 リビング訳)主のお許しがありしだい、テモテをそちらへやりたいと思っています。そうなれば、彼から、あなたがたのことや、そちらの様子を報告してもらい、元気づけられると期待しています。(20)テモテほど親身になって、あなたがたのことを心配している人はいません。(21)ほかの人はみな、自分の計画に心を奪われ、キリスト・イエスのことなど気にかけていないようです。(22)しかし、テモテは違います。 よくご存じのとおり、まるで私の息子のように、キリスト様の良い知らせを宣べ伝えるのを助けてくれました。

甘やかされるのではなく、責任を任されるようになる
(マタイ 16:22-24 ALIVE訳)――ちょっと、ちょっとイエス・・・道中、岩のペテロがイエスを連れてグループから少し離れた。「ダメだよイエス・・・神がそんな苦しみから救ってくれるさ!師匠、そんなことは起きやしないって!」(23)「下がれ!悪魔王サタン!!!そんな言葉など気休めにもならん!神の思いはそっちのけで、人間の欲につけ込みやがって・・・!」(24)そして仲間に対してイエスは続けた。「誰でも俺についてきたいなら、自分勝手な考えや欲を捨てろ!俺の後に続く代わりに渡される十字架を進んで背負え!

(ルカ 22:42 ALIVE訳)「父さん・・・あなたの意志にそぐわないなら、この苦しみの杯を飲ませないでくれ・・・だが俺じゃなく、あなたの思いどおりに・・・・・・」
ライフグループでの質問と祈り
1.あなたは神様に家族に迎え入れられたことを信じますか?
2. 家での息子/娘になっていきたいですか?
3. 祈りましょう!