Category Archives: 7:15PM

イエスはいろんな状況に対応した

7:15PM, メッセージノート

Lifehouse Tokyo

April 26th, 2017

イエスは歓迎・感謝される場所に出向いた 

1.自分の価値を見出してくれないところには留まらない 

(箴言25:6-7a)王の前で横柄ぶってはならない。偉い人のいる所に立っていてはならない。高貴な人の前で下に下げられるよりは、「ここに上って来なさい」と言われるほうがよいからだ。

2.あなたの夢と才能そして情熱を守っていく

(創世記 37:5)あるとき、ヨセフは夢を見て、それを兄たちに告げた。すると彼らは、ますます彼を憎むようになった。

3.心配しない!イエスも故郷では理解されなかった

(マルコ6:4-6)イエスは彼らに言われた。「預言者が尊敬されないのは、自分の郷里、親族、家族の間だけです。」(5)それで、そこでは何一つ力あるわざを行うことができず、少数の病人に手を置いていやされただけであった。(6)イエスは彼らの不信仰に驚かれた。それからイエスは、近くの村々を教えて回られた。

 

4.足のチリを取り、次に行く!

(マタイ 10:14)もしだれも、あなたがたを受け入れず、あなたがたのことばに耳を傾けないなら、その家またはその町を出て行くときに、あなたがたの足のちりを払い落としなさい。

5.心を強くする! 

(1 ペテロ 5:10)あらゆる恵みに満ちた神、すなわち、あなたがたをキリストにあってその永遠の栄光の中に招き入れてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみのあとで完全にし、堅く立たせ、強くし、不動の者としてくださいます。 

 ライフグループの質問と祈り

. イエスが自分をベストは場所に導いてくれる事を信じますか?

2. 敵対するような人が現れた時に、何をしますか?

3. 祈ろう!

教会(神の家)での息子/娘となる

7:15PM, メッセージノート

Lifehouse Tokyo

April 20th, ​2016

 

あなたもリードできる Part 4
教会(神の家)での息子/娘となる

(エペソ 1:5 ALIVE訳)神の不変の計画。それは、イエス・救世主を遣わし、それによって、私たちを神の家族の一員として迎えることだった。それが、神の想い。そして喜んで行動に移してくれた。

(ガラテヤ 4:4-7 ALIVE訳)しかし、時が熟すと、神が女を通して1人子を遣わした。そして彼は完全に法律の下にあった。(5)それは、法律の奴隷になっていた私たちを買い戻し、自由の身とするためであり、神の子どもとして迎えてくれるためなのだ。(6)このように、父である神は、子である私たちの心に、神の魂を送ってくれた。そのおかげで、今では恐れ多くも神を父さんと呼ぶことができるのだ!(7)私たちは、もはや奴隷ではない。神の子ども。子どもであるからには、神の持っているものはすべて、私たちのもの。これが神の計画だ!

「ただ見る」のではなく「一部」になる
(ルカ 2:46-50 ALIVE訳)「すみません、このような子を見かけなかったでしょうか?」「悪いが、知らないねぇ~」「ちくしょう、無事でいてくれイエスッ!」エルサレム神殿――イ、イエスッ!!!3日かけてようやくイエスは見つかった。なんと神殿でモーセ法の専門家たちを相手どって難しい議論を繰り広げていたのだ。(47)(なんだこの青年は・・・)誰もがイエスの理解力と受け答えに圧倒された!――【神殿は学問の場として有名だった。過越際すぎこしさいの間は、各地方のもっとも偉大な教師たちが集まり、教えたり、大いなる真理について討論したりした。そのため、わずか12歳で教師を魅了したイエスのすごさが伺える】(48)(こんなことありえるのか・・・)両親は息子の姿を見て、とても信じられない様子だった。「イエス!なぜこんなことしたの?お父さんとお母さんがどれだけ心配したか分かる?すっごく探しまわったのよ」安心する間も無く、マリヤはイエスにつめよった。(49)「なぜ探す必要があったの?俺が父さんの仕事場にいなくちゃってことは知っておくべきだよ!」と少年イエス。(50)2人には、イエスの言葉の意味がさっぱりだった。

(ルカ 2:49 リビング訳)「ところがイエスは、「なぜ捜したの。ぼくがお父さんの家〔神殿〕にいるって、わからなかったのかなあ」とお答えになりました。」

(エペソ 4:12 ALIVE訳)なぜこのように、最善を尽くせる能力がそれぞれに与えられたのだろうか。それは、神の民となった人たちが、神のためにより良く働けるよう整え、救世主の体である教会を、完成した状態へと建て上げるためである。

他人事にはせず、父の心を運ぶ
(ピリピ 2:19-22 リビング訳)主のお許しがありしだい、テモテをそちらへやりたいと思っています。そうなれば、彼から、あなたがたのことや、そちらの様子を報告してもらい、元気づけられると期待しています。(20)テモテほど親身になって、あなたがたのことを心配している人はいません。(21)ほかの人はみな、自分の計画に心を奪われ、キリスト・イエスのことなど気にかけていないようです。(22)しかし、テモテは違います。 よくご存じのとおり、まるで私の息子のように、キリスト様の良い知らせを宣べ伝えるのを助けてくれました。

甘やかされるのではなく、責任を任されるようになる
(マタイ 16:22-24 ALIVE訳)――ちょっと、ちょっとイエス・・・道中、岩のペテロがイエスを連れてグループから少し離れた。「ダメだよイエス・・・神がそんな苦しみから救ってくれるさ!師匠、そんなことは起きやしないって!」(23)「下がれ!悪魔王サタン!!!そんな言葉など気休めにもならん!神の思いはそっちのけで、人間の欲につけ込みやがって・・・!」(24)そして仲間に対してイエスは続けた。「誰でも俺についてきたいなら、自分勝手な考えや欲を捨てろ!俺の後に続く代わりに渡される十字架を進んで背負え!

(ルカ 22:42 ALIVE訳)「父さん・・・あなたの意志にそぐわないなら、この苦しみの杯を飲ませないでくれ・・・だが俺じゃなく、あなたの思いどおりに・・・・・・」
ライフグループでの質問と祈り
1.あなたは神様に家族に迎え入れられたことを信じますか?
2. 家での息子/娘になっていきたいですか?
3. 祈りましょう!