• ダビデとゴリアテ
    (マタイ 21:21-22 ALIVE訳)「信じて疑わないなら、おまえたちにも俺がこの木にしたことができるさ。いや、もっとすごいことができる。この山に向かって “海に入ってこい!”と確信を持って命じるなら、そうなるさ。(22)信じて祈るなら、なんでも手にはいる!」
    (1 サムエル 17:28-51 リビング訳)ところが長兄エリアブは、ダビデがそんな話に首を突っ込んでいるのを聞いて、腹を立てました。「いったい、ここへ来て何をしようというのだ。羊の世話はどうした。とんでもないうぬぼれ屋め。戦見たさに、のこのこやって来たんだろう。」(29)「僕が何をしたっていうんです?ちょっと尋ねただけじゃありませんか。」(30)ダビデはほかの人のところへ行って、次々に同じ質問をして回りました。だれからも同じような答えが返ってきます。(31)そのうち、ダビデのことばの裏にある意図をくんだだれかが、そのことをサウル王に告げたので、王はダビデを呼びにやりました。(32)ダビデはきっぱりとサウルに言いました。「こんなことで何も心配には及びません。私が、あのペリシテ人を片付けましょう。」(33)サウルは言いました。「冗談を言うな!おまえみたいな小僧が、どうしてあんな大男と渡り合えるのだ。あいつは若い時から鍛え抜かれた戦士だぞ!」(34)「私は父の羊を飼っているのですが、ライオンや熊が現れて、群れの子羊を奪って行くことがよくあります。(35)そんな時、私は棒を持って追いかけ、その口から子羊を助け出すんです。もしそいつらが襲いかかって来たら、あごひげをつかんでたたきのめします。(36)ライオンも熊も、こうしてやっつけてきました。あの、神様を知らないペリシテ人だって、同じ目に会わせてやります。生ける神様の軍をばかにした男ですから。(37)ライオンや熊の爪や歯から守ってくださった神様は、あのペリシテ人の手からも、私を守ってくださるに違いありません。」サウルは、ついに首をたてに振りました。「よし、わかった。行きなさい。主がついておられるように。」(38-39)サウルは、自分の青銅のかぶととよろいをダビデに与えました。ダビデはそれをまとい、剣を持ち、試しに一、二歩、歩いてみました。そんなものを身に着けたことがなかったのです。しかし、「これじゃ、身動きがとれません」と言うや、脱ぎ、(40)川からなめらかな石を五つ拾って来ると、羊飼いが使う袋に入れました。そして、羊飼いの杖と石投げだけを持って、ゴリヤテに向かって行ったのです。(41-42)ゴリヤテは盾持ちを先に立て、ゆっくり近づいて来ましたが、まだ初々しい少年だとわかると、ふふんと鼻で笑い、大声で言いました。(43)「杖なんか持って来やがって、おれ様を犬っころ扱いする気か。」彼は自分の神々の名を挙げてダビデをのろい、(44)「さあ、来い。おまえの肉を鳥や獣にくれてやるわい!」と叫びました。(45)ダビデも負けずに答えました。「おまえは剣と槍で立ち向かって来るが、私は天地の主であり、おまえがばかにしたイスラエルの主のお名前によって立ち向かうのだ。(46)今日、主がおまえを打ち負かしてくださる。おまえの息の根を止め、首をはねてやるからな。そして、ペリシテ人らのしかばねを鳥や獣にくれてやる。すべての国々は、イスラエルに神様がおられることを知るのだ。(47)そしてイスラエルは、主が武器に頼らずにご計画を実現なさるということ、神様のなさることは人間の企てとは無関係だということを学ぶのだ。主はおまえたちを、私たちの手に渡してくださる。」(48-49)近づいて来るゴリヤテめがけて、ダビデは駆け寄りました。そして、袋から石を一つ取り出すと、石投げでビュンとそれを放ちました。石はゴリヤテの額にみごと命中し、額に食い込み、ゴリヤテの巨体は揺らいで、うつぶせに倒れました。(50-51)ダビデは石投げと石一つで、このペリシテ人の大男をしとめたのです。剣を持っていなかったダビデは、走り寄ってゴリヤテの剣を抜き、それでとどめを刺して、首をはねました。ペリシテ人は自分たちの代表戦士がやられてしまったので、しっぽを巻いて逃げ出しました。

    1.ネガティブな声を入れない

    2.信仰で行く

    3.イエスの名によって



    David And Goliath
    (Matthew 21:21-22 NLT) Then Jesus told them, “I tell you the truth, if you have faith and don’t doubt, you can do things like this and much more. You can even say to this mountain, ‘May you be lifted up and thrown into the sea,’ and it will happen. (22) You can pray for anything, and if you have faith, you will receive it.”
    (1 Samuel 17:28-50 NLT) But when David’s oldest brother, Eliab, heard David talking to the men, he was angry. “What are you doing around here anyway?” he demanded. “What about those few sheep you’re supposed to be taking care of? I know about your pride and deceit. You just want to see the battle!” (29) “What have I done now?” David replied. “I was only asking a question!” (30) He walked over to some others and asked them the same thing and received the same answer. (31) Then David’s question was reported to King Saul, and the king sent for him. (32) “Don’t worry about this Philistine,” David told Saul. “I’ll go fight him!” (33) “Don’t be ridiculous!” Saul replied. “There’s no way you can fight this Philistine and possibly win! You’re only a boy, and he’s been a man of war since his youth.” (34) But David persisted. “I have been taking care of my father’s sheep and goats,” he said. “When a lion or a bear comes to steal a lamb from the flock, (35) I go after it with a club and rescue the lamb from its mouth. If the animal turns on me, I catch it by the jaw and club it to death. (36) I have done this to both lions and bears, and I’ll do it to this pagan Philistine, too, for he has defied the armies of the living God! (37) The lord who rescued me from the claws of the lion and the bear will rescue me from this Philistine!” Saul finally consented. “All right, go ahead,” he said. “And may the lord be with you!” (38) Then Saul gave David his own armor—a bronze helmet and a coat of mail. (39) David put it on, strapped the sword over it, and took a step or two to see what it was like, for he had never worn such things before. “I can’t go in these,” he protested to Saul. “I’m not used to them.” So David took them off again. (40) He picked up five smooth stones from a stream and put them into his shepherd’s bag. Then, armed only with his shepherd’s staff and sling, he started across the valley to fight the Philistine. (41) Goliath walked out toward David with his shield bearer ahead of him, (42) sneering in contempt at this ruddy-faced boy. (43) “Am I a dog,” he roared at David, “that you come at me with a stick?” And he cursed David by the names of his gods. (44)“Come over here, and I’ll give your flesh to the birds and wild animals!” Goliath yelled. (45) David replied to the Philistine, “You come to me with sword, spear, and javelin, but I come to you in the name of the lord of Heaven’s Armies—the God of the armies of Israel, whom you have defied. (46) Today the lord will conquer you, and I will kill you and cut off your head. And then I will give the dead bodies of your men to the birds and wild animals, and the whole world will know that there is a God in Israel! (47) And everyone assembled here will know that the lord rescues his people, but not with sword and spear. This is the lord’s battle, and he will give you to us!” (48) As Goliath moved closer to attack, David quickly ran out to meet him. (49) Reaching into his shepherd’s bag and taking out a stone, he hurled it with his sling and hit the Philistine in the forehead. The stone sank in, and Goliath stumbled and fell face down on the ground. (50) So David triumphed over the Philistine with only a sling and a stone, for he had no sword.

    1.Don’t Let Negative Voices In

    2.You Have To Go In Your Faith 

    3.In Jesus’ Name
  • Mar 12 2017

    God Graced Gifts

    Speaker:
    Ps Kirby Sato
    Duration:
    31:36
    神に恵まれた才
    (ローマ 12:1-8 ALIVE訳)そういうわけで教会かぞくのみなさんにお願いしたい。神の喜ぶいきいきとした供え物として自分の体を神に捧げるんだ!神がしてくれたことを思えば、これは、決してむりな注文ではないはずだ。(2)世間の人たちの生活態度や習慣をまねてはいけない。むしろ、すること考えることすべての面で、生き生きとした、全く新しい別人となるのだ。そうすれば、神の道がどんなに自分を満足させてくれるか、わかるようになる。(3)私は、神に特別な力を授かったからこそ、みなさん1人1人に警告しよう。自分を過大評価するのではない。ユニークに創られたありのままの自分を受け入れるのだ。すべての人がユニークなら、誰が上も下もない。つまり、比べる意味がないのだ。だから、自分がどんな人間か、まわりと比べえることで計るのではなく、自分は神になにを与えられたのか、を見て計るのだ。(4) なぜなら、1つのからだにたくさんのユニークな器官があり、それらの肢体がみな同じ働きをしてはいないように、(5) 私たちも数は多いが、救世主キリストにあって1つのからだであり、各部分を担いながら、形は違えど、同じ体なのだから、比べても意味がない。(6)神はすべての人に十人十色の、特別でユニークな能力を恵んでくれた。だから、預言することに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく預言するのだ!(7)仕えることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく快く仕えるのだ!教えることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく分かりやすく教えるのだ!(8) 鼓舞することに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく鼓舞するのだ!必要を満たすことに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく与えるのだ!人を率いることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく模範になって率いるのだ!慈善をすることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく喜んで慈善に励むのだ!
    信頼して
    (マタイ 6:25-26 ALIVE訳)「だから、食べ物や飲み物、格好のことでいちいち心配するな!人生には飲み食いする以上の価値があり、あなたには格好以上の価値がある。(26)鳥を見てみろ!種も蒔かず、刈り入れもせず、収穫を収おさめる蔵くらもないって言うのに、ゆうゆうとしていられるのは、神が養っているからだ。神にとっては、そんな鳥たちより、あなたたちのほうがはるかに大切だ。
    あなたは唯一無二
    (マタイ 7:6 ALIVE訳)野良犬に聖書をやっても振り返って噛みつく。ブタに真珠をやっても踏みつぶされる」

    あなたらしくベストになろう
    (2 コリント 9:7-8 ERVからの直訳)各自が心で与えると決めたものを与えるべきである。強制的に与えなきゃいけないと感じたり、不満になるのであれば与えるべきではない。(8)神様は自分たちが必要する以上に祝福を与えてくれる。だから、いつもすべてのものを十分に持つことができるだろう。そして、すべての良い働きのために、自分たちが十分に与えることができるようになる。
    グループでの質問と祈り
    あなたは自分に才能があることを信じますか?
    その才能を知るためには誰に向く必要がありますか?
    唯一の希望であるイエスに祈りましょう。 

    God Graced Gifts
    (Romans 12:1-8 NLT) So I beg you, brothers and sisters, because of the great mercy God has shown us, offer your lives as a living sacrifice to him—an offering that is only for God and pleasing to him. Considering what he has done, it is only right that you should worship him in this way. (2) Don’t change yourselves to be like the people of this world, but let God change you inside with a new way of thinking. Then you will be able to understand and accept what God wants for you. You will be able to know what is good and pleasing to him and what is perfect. (3) God has given me a special gift, and that is why I have something to say to each one of you. Don’t think that you are better than you really are. You must see yourself just as you are. Decide what you are by the faith God has given each of us. (4) Each one of us has one body, and that body has many parts. These parts don’t all do the same thing. (5) In the same way, we are many people, but in Christ we are all one body. We are the parts of that body, and each part belongs to all the others. (6) We all have different gifts. Each gift came because of the grace God gave us. Whoever has the gift of prophecy should use that gift in a way that fits the kind of faith they have. (7) Whoever has the gift of serving should serve. Whoever has the gift of teaching should teach. (8) Whoever has the gift of comforting others should do that. Whoever has the gift of giving to help others should give generously. Whoever has the gift of leading should work hard at it. Whoever has the gift of showing kindness to others should do it gladly.
    Trust
    (Matthew 6:25-26 ERV) “So I tell you, don’t worry about the things you need to live—what you will eat, drink, or wear. Life is more important than food, and the body is more important than what you put on it. (26) Look at the birds. They don’t plant, harvest, or save food in barns, but your heavenly Father feeds them. Don’t you know you are worth much more than they are?
    You Are One And Only
    (Matthew 7:6 ERV) “Don’t give something that is holy to dogs. They will only turn and hurt you. And don’t throw your pearls to pigs. They will only step on them.
    Be The Best You
    (2 Corinthians 9:7-8 ERV) Each one of you should give what you have decided in your heart to give. You should not give if it makes you unhappy or if you feel forced to give. God loves those who are happy to give. (8) And God can give you more blessings than you need, and you will always have plenty of everything. You will have enough to give to every good work.
    Lifegroup Questions & Prayer
    Do you believe that you are gifted?
    Who do you need to look towards to know your gifts?
    Let’s pray to our only hope Jesus.
  • 困難な時、良い羊飼いはどこにいるの?(羊と羊飼い パート3)
    (詩篇23:4)たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。
    (ヨハネ10:10-14 ALIVE訳)強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。しかし私が来たのは、生命(いのち)を、あふれるほど豊かに与えるためです。(11)私はまた、良い羊飼いです。良い羊飼いは羊のために人生を捧げます。(12)ただ雇われた人であれば、狼が来るなり、羊のことなど見向きもせず、自分だけ、真っ先に逃げ出します。 羊の持ち主でも、羊飼いでもないからです。こうして狼は羊にとびかかり、群れを追い散らしてしまうのです。(13)雇い人は、ただ、お金で雇われており、羊になんの想いいれもないので、平気で逃げてしまうのです。(14)私は良い羊飼いであり、自分の羊を知っていますし、羊も私を知っています

    1.世の中では危ないことがいっぱい
    – 盗人(v.1,8,10)
    (ヨハネ 10:1,8,10 ALIVE訳)「羊の囲いの中に、門から入らず、柵さくを乗り越えて忍び込む者は、強盗に違いありません。(8)私より前に来た人はみな、どろぼうか強盗。 本当の羊は、彼らの言うことに耳を貸しませんでした。(10)強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。しかし私が来たのは、生命(いのち)を、あふれるほど豊かに与えるためです。
    –見知らぬ人 (v.5)
    (ヨハネ 10:5 ALIVE訳)知らない人にはついて行きません。聞き覚えのない声を聞くと、逃げ出します」
    – 狼 (v.12)
    (ヨハネ 10:12 ALIVE訳)ただ雇われた人であれば、狼が来るなり、羊のことなど見向きもせず、自分だけ、真っ先に逃げ出します。羊の持ち主でも、羊飼いでもないからです。
    – 雇われ人(コミットしていないリーダー)(v.12-13)
    (ヨハネ 10:12-13 ALIVE訳)ただ雇われた人であれば、狼が来るなり、羊のことなど見向きもせず、自分だけ、真っ先に逃げ出します。羊の持ち主でも、羊飼いでもないからです。こうして狼は羊にとびかかり、群れを追い散らしてしまうのです。(13)雇い人は、ただ、お金で雇われており、羊になんの想いいれもないので、平気で逃げてしまうのです。
    2.私たちは困難を理解するために呼ばれているのではなく、乗り越えるために呼ばれている
    (2 コリント 4:17 ALIVE訳) 今の私たちの試練は、永遠の栄光と比べれば、束の間であり、取るに足りないものだ。 また、 この試練が永遠の財産を増し加えてくれている。
    「時には成功するために逆境に直面する必要がある」ジグ・ジグラー
    「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」トーマス・エジソン
    「人生の10%は私に起こったこと、残りの90%は私がそれにどう反応したかである。」ジョン・マクスウェル
    3. 困難な時もイエスの近くにいる
    –イエスに触れてもらう。イエスに正してもらう。
    (申命記 31:6 リビング訳)心を強くもち、勇敢に戦いなさい。恐れてはいけません。おじけづいてはいけません。主が味方なのです。主は絶対に、あなたを裏切ったり見捨てたりなさいません。」
    砂に残る足跡
    –「タフな状況はずっとは続かない。でもタフな人は長続きする」ロバート・シュラー牧師
    –「離れるのではなく、近づいていく」杖と鞭を感じる
    – 暖かさと強い訂正
    ライフグループでの質問と祈り
    経験上、困難な状況はどんな時ですか?
    困難な時イエスに寄りかかりますか?それとも離れてしまいますか?
    祈りましょう!

    Where Is The Good Shepherd In The Tough Times? (Sheep and Shepherd, Part 3)
    (Psalm 23:4) Even though I walk through the darkest valley, I will fear no evil, for you are with me; your rod and your staff, they comfort me.
    (John 10:10-14) The thief comes only to steal and kill and destroy; I have come that they may have life, and have it to the full. (11) “I am the good shepherd. The good shepherd lays down his life for the sheep. (12) The hired hand is not the shepherd and does not own the sheep. So when he sees the wolf coming, he abandons the sheep and runs away. Then the wolf attacks the flock and scatters it. (13) The man runs away because he is a hired hand and cares nothing for the sheep. (14) “I am the good shepherd; I know my sheep and my sheep know me—
    1.The World Is Full Of Dangers
    -The Thief (v.1,8,10)
    (John 10:1,8,10) “Very truly I tell you Pharisees, anyone who does not enter the sheep pen by the gate, but climbs in by some other way, is a thief and a robber. (8) All who have come before me are thieves and robbers, but the sheep have not listened to them. (10) The thief comes only to steal and kill and destroy; I have come that they may have life, and have it to the full.
    -The Stranger (v.5)
    (John 10:5) But they will never follow a stranger; in fact, they will run away from him because they do not recognize a stranger’s voice.”
    -The Wolf  (v.12)
    (John 10:12) The hired hand is not the shepherd and does not own the sheep. So when he sees the wolf coming, he abandons the sheep and runs away. Then the wolf attacks the flock and scatters it.
    -The hired hand (uncommitted leader) (v.12-13)
    (John 10:12-13) The hired hand is not the shepherd and does not own the sheep. So when he sees the wolf coming, he abandons the sheep and runs away. Then the wolf attacks the flock and scatters it. (13) The man runs away because he is a hired hand and cares nothing for the sheep.
    2.We Are Not Called To Understand The Tough Times, But We Are Called To Overcome Them
    (2 Corinthians 4:17) For our light and momentary troubles are achieving for us an eternal glory that far outweighs them all.
    “Sometimes adversity is what you need to face in order to become successful.” – Zig Ziglar
    “I have not failed. I’ve just found 10,000 ways that won’t work.” ― Thomas A. Edison
    “Life is 10% of what happens to me and 90% of how I react to it.” – John Maxwell
    3.Stay Close To Jesus In The Tough Times
    -Let Him Touch You. Let Him Correct You
    (Deuteronomy 31:6) Be strong and courageous. Do not be afraid or terrified because of them, for the Lord your God goes with you; he will never leave you nor forsake you.”
    Footprints In The Sand 砂に残る足跡
    -‘tough times never last, but tough people do.’ Ps Robert Shuller
    -Don’t step away from him. Step into him -Feel both his rod and his staff
    -Warm touch and strong correction.
    Lifegroup Questions & Prayer
    What do tough times look like in your experience?
    Do you lean into Jesus, or lean away from Jesus when this happens?
    Let’s Pray! 
  • 神様に触れられた – 12年間も問題を抱えた女性
    (ルカ8:42b-43)イエスがお出かけになると、群衆がみもとに押し迫って来た。(43)ときに、十二年の間長血をわずらった女がいた。だれにも直してもらえなかったこの女は..
    状況:「だれにも直してもらえなかった」– 12年間。
    このストーリーが大好きな理由!

    1. 神様に触れた
    (44節)彼女がイエスを触った

    2.神様に触れられた
    -すぐに彼女の出血が止まった。

    3.女性はイエスに触れた
    (45節)誰がわたしに触ったのか? -群衆の中でも、イエスにとって個人的なことになった。
    (46節)「だれかが、わたしにさわったのです。わたしから力が出て行くのを感じたのだから。」女性
    (47節)女性は姿を表した「それは私です!」と証言。

    4. 必ずもっとある
    (47節)「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して行きなさい。」
    奇跡はこのようなときに起きるかも:
    1.ニーズが私たち自身の力(と資源)を上回ったとき
    2.必死さが私たち自身の面目の意識を上回ったとき
    3.周りの意見よりも自分の癒しのニーズが上回ったとき
    4.(そして愛する人たち)のためにに神様に求め叫ぶとき
    5.正直に自分の秘めていた生活を神様の前で伝えるとき
    癒しや平安は受け取るべき祝福

    TOUCHED by God – Woman with a 12 year problem
    (Luke 8:42b-43) As Jesus was on his way, the crowds almost crushed him. (43) And a woman was there who had been subject to bleeding for twelve years, but no one could heal her.
    (The situation: “no-one could heal her” – 12 years.
    Why I love this story!
    1.TOUCHED GOD
    (v44) She touched him
    2.TOUCHED BY GOD
    -immediately her bleeding stopped.
    3.JESUS TOUCHED BY WOMAN
    (v.45) Who touched me? – It gets personal for Jesus in the crowd.
    (v.46) ‘Someone touched me; I know that power has gone out from me’.
    (v.47) Woman reveals herself. ‘it was me!’ testifies.
    4.THERE’S ALWAYS MORE
    (v48) “Daughter, your faith has healed you. Go in peace’.

    *Miracles may happen when:
    1.Our need outweighs our personal strength (and resource)
    2.Our desperation outweighs your sense of personal honour
    3.Our need to be healed outweighs what people think about you
    4.We cry to God for ourselves (and our loved ones)
    5.We honestly present our secret lives to God 
    Healing and peace are blessings to be received
  • もし、レモンの様なすっぱい経験をしても…
    レモンの様なすっぱく、苦い思いをするときもある
    (ヨハネ 16:33 ALIVE訳)お前たちも、心配せずに、安心するんだ。こんなにも、念には念を入れて話したのは、そのためなのだから。 確かに、この世では苦難や悲しいことが山ほどある。でも、勇気を出せ!わたしはすでに世に勝ったのだ!!!」
    –文句を言ってすっぱくならない
    レモンもレモネードに変われる 
    (ローマ 8:28 ALIVE訳)そして私たちは、人が神を愛し、神の計画どおりに歩んでいるなら、自分の身に起こるすべてのことが益となると知っている!
    (1 ペテロ 2:24-25 ALIVE訳)救世主(キリスト)は、終止符を打つために、人間の過ちを着て十字架にかかった。人類が悪魔のためではなく、神のために生きられるようにと!救世主(キリスト)が負った傷で、私たちの傷は癒いえた。(25)みなさんは、飼い主からはぐれた羊のように、人生をさまよっていた。だが、今では、 どんな敵からも守る飼い主の元へ戻った羊のように、魂は守られ、心安らぐことができる。
    レモンより見るべきものがある
    (エレミヤ 29:11 リビング訳)わたしは、おまえたちのために立てた計画をよく知っている。それは災いではなく祝福を与える計画で、将来と希望を約束する。
    (エペソ 2:10 NLTからの直訳)私達は神様の最高傑作です。神様が前から計画していた良い行いをするために、私たちはイエス・キリストによって新しくされました。
    グループでの質問と祈り
    文句を言ってしまいがちなエリアはありますか?
    イエスはあなたの人生をどのように変えてくれましたか?
    祈りましょう!


    When Life Throws You Lemons…
    Sometimes It Feels Sour Or Bitter
    (John 16:33 NLT) I have told you all this so that you may have peace in me. Here on earth you will have many trials and sorrows. But take heart, because I have overcome the world.”
    – Don’t Complain and Turn Sour
    Make It Into Lemonade
    (Romans 8:28) And we know that in all things God works for the good of those who love him, who have been called according to his purpose.
    (1 Peter 2:24-25 NLT) He personally carried our sins in his body on the cross so that we can be dead to sin and live for what is right. By his wounds you are healed. (25) Once you were like sheep who wandered away. But now you have turned to your Shepherd, the Guardian of your souls.
    Look Past The Lemons
    (Jeremiah 29:11 NLT) For I know the plans I have for you,” says the lord. “They are plans for good and not for disaster, to give you a future and a hope.
    (Ephesians 2:10 NLT) For we are God’s masterpiece. He has created us anew in Christ Jesus, so we can do the good things he planned for us long ago.
    Lifegroup Questions and Prayer
    Is there any area that it’s so easy to complain?
    How has Jesus changed your life?
    Let’s pray!

  • 羊飼いの声
    (詩篇23:1-3)主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。(2)主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。(3)主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。
    羊飼い
    –導く
    –養う
    –守る
    –羊飼いの声(知らない人の声じゃない)- 関係、食事、導き、守り。

    1.「良い羊飼いの声」
    (良いものしかもたらさない- ヨハネ10:10)
    (ヨハネ10:10)盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。

    2.個人的な声
    3. 内側の声
    a.-子どもに聞こえる(サムエル)
    (1サムエル3:8)主が三度目にサムエルを呼ばれたとき、サムエルは起きて、エリのところに行き、「はい。ここにおります。私をお呼びになったので」と言った。そこでエリは、主がこの少年を呼んでおられるということを悟った。
    b.王様に聞こえる(クロス)
    (2歴代誌36:22-23)ペルシヤの王クロスの第一年に、エレミヤにより告げられた主のことばを実現するために、主はペルシヤの王クロスの霊を奮い立たせたので、王は王国中におふれを出し、文書にして言った。(23)「ペルシヤの王クロスは言う。『天の神、主は、地のすべての王国を私に賜った。この方はユダにあるエルサレムに、ご自分のために宮を建てることを私にゆだねられた。あなたがた、すべて主の民に属する者はだれでも、その神、主がその者とともにおられるように。その者は上って行くようにせよ。』」
    c.- ノンクリスチャンに聞こえる(アブラハム)
    (創世記12:1)主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。
    – 種をまく人のたとえ話
    (ルカ8:5-8)「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。蒔いているとき、道ばたに落ちた種があった。すると、人に踏みつけられ、空の鳥がそれを食べてしまった。(6)また、別の種は岩の上に落ち、生え出たが、水分がなかったので、枯れてしまった。(7)また、別の種はいばらの真中に落ちた。ところが、いばらもいっしょに生え出て、それを押しふさいでしまった。(8)また、別の種は良い地に落ち、生え出て、百倍の実を結んだ。」イエスは、これらのことを話しながら「聞く耳のある者は聞きなさい。」と叫ばれた。
    d.-逃げ出したクリスチャンに聞こえる
    (1列王記19:9,12)彼はそこにあるほら穴に入り、そこで一夜を過ごした。すると、彼への主のことばがあった。主は「エリヤよ。ここで何をしているのか」と仰せられた。(12)地震のあとに火があったが、火の中にも主はおられなかった。火のあとに、かすかな細い声があった。

    e.クリスチャンは聞き続ける
    –聖霊– 語り、教え、正し、真理をもたらす
    (ヨハネ14:26)しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、また、わたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。
    どのように?
    –神様のことば
    – 良心
    –人生で先を歩むクリスチャンの良い友だち
    –静かな小さな声
    –夢やビジョン
    –ジャーナル

    Voice of the Shepherd
    (Psalm 23:1-3) The Lord is my shepherd, I lack nothing. (2) He makes me lie down in green pastures,
    he leads me beside quiet waters, (3) he refreshes my soul. He guides me along the right paths for his name’s sake.
    The shepherd
    -leads
    -feeds 
    -protects 
    -It’s the shepherd’s voice – (not a strangers voice) about relationship, food, guidance, protection.
    1.It’s ‘the good shepherd’s voice’
    (It brings only good – John 10:10)
    (John 10:10) The thief comes only to steal and kill and destroy; I have come that they may have life, and have it to the full.
    2.It’s a personal voice
    I know
    3.It’s a voice within
    a.-Children hear it (Samuel)
    (1 Samuel 3:8) A third time the Lord called, “Samuel!” And Samuel got up and went to Eli and said, “Here I am; you called me.” Then Eli realized that the Lord was calling the boy.
    b.-Kings hear it (Cyrus)
    (2 Chronicles 36:22-23) In the first year of Cyrus king of Persia, in order to fulfill the word of the Lord spoken by Jeremiah, the Lord moved the heart of Cyrus king of Persia to make a proclamation throughout his realm and also to put it in writing: (23) “This is what Cyrus king of Persia says:“‘The Lord, the God of heaven, has given me all the kingdoms of the earth and he has appointed me to build a temple for him at Jerusalem in Judah. Any of his people among you may go up, and may the Lord their God be with them.’”
    c.-Non-christians can hear it – (Abraham)
    (Genesis 12:1) The Lord had said to Abram, “Go from your country, your people and your father’s household to the land I will show you.
    -Parable of the sower
    (Luke 8:5-8) “A farmer went out to sow his seed. As he was scattering the seed, some fell along the path; it was trampled on, and the birds ate it up. (6) Some fell on rocky ground, and when it came up, the plants withered because they had no moisture. (7) Other seed fell among thorns, which grew up with it and choked the plants. (8) Still other seed fell on good soil. It came up and yielded a crop, a hundred times more than was sown.” When he said this, he called out, “Whoever has ears to hear, let them hear.”
    d.-Runaway christians hear it
    (1 Kings 19:9,12) There he went into a cave and spent the night. And the word of the Lord came to him: “What are you doing here, Elijah?” (12) After the earthquake came a fire, but the Lord was not in the fire. And after the fire came a gentle whisper.
    e.Christians continually hear it
    -The Holy Spirit – speaks, teachers ,corrects, brings truth.
    (John 14:26) But the Advocate, the Holy Spirit, whom the Father will send in my name, will teach you all things and will remind you of everything I have said to you.
    How?
    -The Word of God
    – conscience 
    -good christian friends ahead of you in the journey of life
    -“Still small voice’
    -dreams and visions
    -journal
  • ジョン・マックスウェル – リーダーシップ LIFT – リーダーシップの価格 – 今、プランしよう!
    (エレミヤ29:11 リビング訳)わたしは、おまえたちのために立てた計画をよく知っている。それは災いではなく祝福を与える計画で、将来と希望を約束する。
    (箴言29:18 リビング訳)幻がなければ、民はほしいままにふるまう。しかし律法を守る者は幸いである。

    計画を立てる!計画にそって働く。
    「辛い仕事とは、先延ばしにしてしまった簡単な仕事が積み重なった結果の産物だ。」

    –早く始める 
    –小さなことから始める 
    –今始める
    –オーガナイズする

    1.優先順位をたてる
    2.カレンダーに書き込む
    3.自分のアプリやシステムをオーガナイズする
    4. 自分がいつ、どのようにベストに働けるのかを知る –全力を注ぎ込む
    5.どんな結果が必要なのか(例:ミーティングやスローガンではなく、成果として)
    6.責任を受け入れる(他の人が何をするしないに関係なく)
    「高い地位の代償は責任だ」ウィンストン・チャーチル
    「今、遊んで、後で支払う。今、支払って、後で遊ぶ。」ジグ・ジグラー

    John Maxwell – Leadership Lift – The price tag of Leadership – Plan now!
    (Jeremiah 29:11) For I know the plans I have for you,” declares the Lord, “plans to prosper you and not to harm you, plans to give you hope and a future.
    (Proverbs 29:18) Where there is no revelation, people cast off restraint; but blessed is the one who heeds wisdom’s instruction.

    Get a plan. Work your plan.
    ‘Hard work is the accumulation of easy things you didn’t do when you should have’.
    -Start early 
    -Start small  
    -Start now
    -Organize

    1.Set priorities 
    2.Place them in your calendar 
    3.Organize your apps, systems 
    4.Know how and when you work the best – and put your best into it.
    5.What is the result you need. (e.g. not meetings, or slogans, but outcomes).
    6.Welcome responsibility (no matter what others do or don’t do).
    ‘The price of greatness is responsibility’. Winston Churchill.
    ‘Play now, pay later. Pay now, play later’. Zig Ziglar.