Ps Noboru Koga

View all speakers

  • 見えるもの?見えないもの?Something You Can See? Or Cannot See?
    (2コリント4:18)私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。
    (2 Corinthians 4:18 NLT) So we don’t look at the troubles we can see now; rather, we fix our gaze on things that cannot be seen. For the things we see now will soon be gone, but the things we cannot see will last forever.
    -何故、神は見えないものに目を置くように言うのか? Why is God telling us to see the unseen?
    (マタイ13:3-8)イエスは多くのことを、彼らにたとえで話して聞かされた。「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。(4)蒔いているとき、道ばたに落ちた種があった。すると鳥が来て食べてしまった。(5)また、別の種が土の薄い岩地に落ちた。土が深くなかったので、すぐに芽を出した。(6)しかし、日が上ると、焼けて、根がないために枯れてしまった。(7)また、別の種はいばらの中に落ちたが、いばらが伸びて、ふさいでしまった。(8)別の種は良い地に落ちて、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結んだ。
    (Matthew 13:3-8 NLT) He told many stories in the form of parables, such as this one: “Listen! A farmer went out to plant some seeds. (4) As he scattered them across his field, some seeds fell on a footpath, and the birds came and ate them. (5) Other seeds fell on shallow soil with underlying rock. The seeds sprouted quickly because the soil was shallow. (6) But the plants soon wilted under the hot sun, and since they didn’t have deep roots, they died. (7) Other seeds fell among thorns that grew up and choked out the tender plants. (8) Still other seeds fell on fertile soil, and they produced a crop that was thirty, sixty, and even a hundred times as much as had been planted!
    -何が、どんなことが、根をはる行為なのか? What and how can we be rooted?

    1. 信仰で話す Speak In Faith
    (ヘブル11:1)信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。
    (Hebrews 11:1 NLT) Faith shows the reality of what we hope for; it is the evidence of things we cannot see.
    (ヘブル11:6)信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。
    (Hebrews 11:6 NLT) And it is impossible to please God without faith. Anyone who wants to come to him must believe that God exists and that he rewards those who sincerely seek him.

    2. 神との個人的な関わり Your Personal Relationship With God
    (マルコ1:35)さて、イエスは、朝早くまだ暗いうちに起きて、寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。
    (Mark 1:35) Before daybreak the next morning, Jesus got up and went out to an isolated place to pray.
    (イザヤ1:18)神様はこうもお語りになります。さあ、大いに話し合おう。おまえたちの罪のしみがどんなに頑固でも、わたしはそれをきれいにし、降ったばかりの雪のように真っ白にする。たとい紅のような真っ赤なしみでも、羊毛のように白くする。
    (Isaiah 1:18 NLT) “Come now, let’s settle this,” says the Lord. “Though your sins are like scarlet, I will make them as white as snow. Though they are red like crimson, I will make them as white as wool.
    (マルコ10:21)イエスは彼を見つめ、その人をいつくしんで言われた。「あなたには、欠けたことが一つあります。帰って、あなたの持ち物をみな売り払い、貧しい人たちに与えなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。そのうえで、わたしについて来なさい。
    (Mark 10:21 NLT) Looking at the man, Jesus felt genuine love for him. “There is still one thing you haven’t done,” he told him. “Go and sell all your possessions and give the money to the poor, and you will have treasure in heaven. Then come, follow me.”
    -神はあなたとの個人的な関係を築きたいと思っている God wants to build a personal relationship with you

    3. 世の中での利益より、神に喜ばれる正しい行動 Not Worldly Profit, But Actions That Pleases God
    -正しい行動とは? What’s the right thing to do?
    -皮肉にも、この世の中では、正しいことは評価されにくい。Ironically, people might not appreciate it.
    (ローマ7:21-25 JCB)正しいことをしたいと思っているのに、どうしても悪いことをしてしまう、これが人生の現実であるように思えます。(22)新しい性質をいただいた私としては、神様の意志どおり行ないたいのです。ところが、(23-25)心の奥深くに潜む低劣な性質には、何か別のものがあって、それが私の心に戦いをいどみます。 そして、ついに私を打ち負かし、いまだに私のうちに住みついている罪の奴隷にしてしまうのです。私は、心では、喜んで神様に従う召使でありたいと願いながら、実際には、相変わらず罪の奴隷となっている自分に気づくのです。これで、私の実情がおわかりいただけたでしょう。すなわち、新しいいのちは、「正しいことをせよ」と命じているのに、いまだに住みついている古い性質が、罪を犯したがるのです。ああ、私はなんとみじめで哀れな人間でしょう。いったいだれが、このひどい低劣な性質の奴隷状態から解放してくれるのでしょうか。ただ神様に感謝します!主イエス・キリストによって、私は解放されました。この方が自由の身にしてくださったのです。
    (Romans 7:21-25 NLT) I have discovered this principle of life—that when I want to do what is right, I inevitably do what is wrong. (22) I love God’s law with all my heart. (23) But there is another power within me that is at war with my mind. This power makes me a slave to the sin that is still within me. (24) Oh, what a miserable person I am! Who will free me from this life that is dominated by sin and death? (25) Thank God! The answer is in Jesus Christ our Lord. So you see how it is: In my mind I really want to obey God’s law, but because of my sinful nature I am a slave to sin.
    (1 テサロニケ 5:18)すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。
    (1 Thessalonians 5:18 NLT) Be thankful in all circumstances, for this is God’s will for you who belong to Christ Jesus.

    Connect Group Questions & Prayer コネクトグループでの質問と祈り
    1. 信仰で話せない分野はありますか? Which area do you have trouble speaking in faith?
    2. みんながいないところでの自分の態度はどうですか? How’s your attitude when you’re around people?
    3.感謝して祈ろう!Let’s pray and be thankful!
  • Happy Family, Happy Life
    (ローマ12:1-2 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。(2)この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。
    (Romans 12:1-2 NLT) And so, dear brothers and sisters, I plead with you to give your bodies to God because of all he has done for you. Let them be a living and holy sacrifice—the kind he will find acceptable. This is truly the way to worship him. (2) Don’t copy the behavior and customs of this world, but let God transform you into a new person by changing the way you think. Then you will learn to know God’s will for you, which is good and pleasing and perfect.
    尊敬の文化 Culture Of Respect
    (1テモテ4:4)神が造られた物はみな良い物で、感謝して受けるとき、捨てるべき物は何一つありません。
    (1 Timothy 4:4 NLT) Since everything God created is good, we should not reject any of it but receive it with thanks.
    (ローマ12:4-5)一つのからだには多くの器官があって、すべての器官が同じ働きはしないのと同じように、大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なのです。
    (Romans 12:4-5 NLT) Just as our bodies have many parts and each part has a special function, (5) so it is with Christ’s body. We are many parts of one body, and we all belong to each other.
    (マルコ6:4-5)そこで、イエスは言われました。「預言者はどこででも尊敬されます。 ただ、自分の故郷、親族、家族の中では別です。」(5)こうして、人々の不信仰のために、ほんのわずかの病人に手を置いて治されただけで、そこでは何一つ大きな奇蹟を行なえませんでした。
    (Mark 6:4-5 GNB) Jesus said to them, “Prophets are respected everywhere except in their own home town and by their relatives and their family.” (5) He was not able to perform any miracles there, except that he placed his hands on a few sick people and healed them.
    赦しの文化 Culture Of Forgiveness
    (エペソ4:26-27)怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。(27)悪魔に機会を与えないようにしなさい。
    (Ephesians 4:26-27) If you become angry, do not let your anger lead you into sin, (27) and do not stay angry all day.
    (箴言 16:32)怒りをおそくする者は勇士にまさり、自分の心を治める者は町を攻め取る者にまさる。
    (Proverbs 16:32) He who is slow to anger is better than the mighty, And he who rules his spirit than he who takes a city.
    (エペソ 4:3)聖霊様によって心を一つにされるよう常に努力し、互いに仲良く暮らしなさい。
    (Ephesians 4:3 NLT) Make every effort to keep yourselves united in the Spirit, binding yourselves together with peace.
    愛の文化 Culture Of Love
    (1 コリント 13:13)こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。
    (1 Corinthians 13:13 NLT) Three things will last forever—faith, hope, and love—and the greatest of these is love.
    ギリシャ語の愛には、 Greek For Love
    アガペー (無限の愛、無償の愛) AGAPE (Unconditional Love, Unlimited Love)
    エロース (恋愛) EROS (Relationship)
    フィリア (友情愛) Philia (Friendship)

    Connect Group Questions & Prayer コネクトグループでの質問と祈り
    1. ハッピー家族にする上で何が大切だと思いますか? What do you think is important to have a happy family?
    2. 神の価値観の中で、自分のもっと必要な分野は何ですか?
    What do you need more of in God’s perspective of value?
    3. 祈ろう! Let’s pray!