2017年 11月

  • Nov 19 2017

    変化は人生の一部

    メッセンジャー:
    ロド プラマー牧師
    長さ:
    -
    Change Is Part Of Life 変化は人生の一部
    {Discovering purpose in my sales days.
    “You were born to win, but to be a winner, you must plan to win, prepare to win, and expect to win.” Zig Ziglar
    “あなたは勝つために生まれて来た。しかし、勝つためには計画を立て、準備をし、勝利を期待しなくてはならない。”ジグ・ジグラー
    Read more at: https://www.brainyquote.com/authors/zig_ziglar}
    Change is part of life 変化は人生の一部
    {Wedding photo}
    Only Jesus stays the same! イエスだけが常に同じ
    (Hebrews 13:8 NIV) Jesus Christ is the same yesterday and today and forever.
    (ヘブル 13:8 JCB)イエス・キリストは、昨日も今日も、いつまでも変わることがありません。
    1.Change - (repent) = meta-noia - "change the mind" 変わる- (悔い改める) - 「考えを変える」
    -John the Baptist バプテスマのヨハネ
    (Matthew 3:2 NIV) and saying, "Repent, for the kingdom of heaven has come near.”
    (マタイ 3:2 JCB)「悔い改めて、神に立ち返れ。神の国が近づいたからだ。」
    - Jesus イエス
    (Matthew 4:17 NIV) From that time on Jesus began to preach, "Repent, for the kingdom of heaven has come near.”
    (マタイ 4:17 ALIVE訳)「心を入れ替え、生き方を改めろ!時は満ちた、神の王国はもうすぐだ・・・!!!」この頃を境に、イエスは自身の言葉を伝え始めた。
    - Peter ペテロ
    (Acts 3:19 WEB) "Repent therefore, and turn again, that your sins may be blotted out, so that there may come times of refreshing from the presence of the Lord,
    (使徒 3:19 JCB) ですから、すっかり心を入れ替えて、神に立ち返りなさい。そうすれば、神様は罪をきよめてくださいます。
    2.Change - Metamorphosis - Caterpillar to butterfly 変化 – 変身 – 幼虫から蝶々へ
    -sperm and egg to human - beautiful! 精子と卵子から人間へ – 美しい
    (Romans 12:1-2 MSG)
    (ローマ 12:1-2 ALIVE訳)そういうわけで教会のみなさんにお願いしたい。神の喜ぶいきいきとした供え物として自分の体を神に捧げるんだ!神がしてくれたことを思えば、これは、決してむりな注文ではないはずだ。(2)世間の人たちの生活態度や習慣をまねてはいけない。むしろ、すること考えることすべての面で、生き生きとした、全く新しい別人となるのだ。そうすれば、神の道がどんなに自分を満足させてくれるか、わかるようになる。
    -Don’t BE conformed … by the world 真似してはいけない – 世間の
    -BUT BE transformed (metamorphosis) … by The Holy Spirit in you! 新しい別人になる(変身)-聖霊の力により
    (2 Corinthians 3:17-18 NIV) Now the Lord is the Spirit, and where the Spirit of the Lord is, there is freedom. 18And we all, who with unveiled faces contemplate the Lord’s glory, are being transformed into his image with ever-increasing glory, which comes from the Lord, who is the Spirit.
    (2 コリント 3:17-18 JCB)主は、いのちを与えてくださる御霊です。御霊のおられるところには自由があります。(18)私たちには顔の覆いがありません。鏡のように、主の栄光をはっきり映すことができます。そして、主の御霊が私たちのうちで働いてくださるにつれ、私たちはますます主に似た者にされていくのです。
    3.How - renewal - anakainosis – どのように – 新しくされる
    - kainós – properly, new in quality (innovation), fresh in development or opportunity – because "not found exactly like this before.”
     カイノス – ちゃんとした、新しいクオリティ(イノベーション)、新しいチャンス – このようにはまだ見つかっていない
    *We’ve never been here before’. 「今までここに来たことがない」
    (Titus 3:5) he saved us, not because of righteous things we had done, but because of his mercy. He saved us through the washing of rebirth and renewal by the Holy Spirit,
    (テトス 3:5 JCB)神は、私たちの罪のよごれを洗い落とし、心に聖霊を遣わして、新しい喜びで満たし、以前の悲惨な生活から救い出してくださいました。それは、私たちに救われる資格があったからではなく、ただ、神のあわれみによるのです。
    Living according to your Word 聖書の言葉によって生きる
    (Psalm 119:9) How can a young person stay on the path of purity? By living according to your word.
    (詩篇 119:9)どのようにして若い人は自分の道をきよく保てるでしょうか。あなたのことばに従ってそれを守ることです。
    Knowing purpose in your life 人生の目的を知る
    (Proverbs 29:18) Where there is no revelation, people cast off restraint; but blessed is the one who heeds wisdom’s instruction.
    (箴言 29:18)幻がなければ、民はほしいままにふるまう。しかし律法を守る者は幸いである。
    Worship ワーシップ
    (2 Corinthians 3:17-18 NIV) Now the Lord is the Spirit, and where the Spirit of the Lord is, there is freedom. 18And we all, who with unveiled faces contemplate the Lord’s glory, are being transformed into his image with ever-increasing glory, which comes from the Lord, who is the Spirit.
    (2 コリント 3:17-18 JCB)主は、いのちを与えてくださる御霊です。御霊のおられるところには自由があります。(18)私たちには顔の覆いがありません。鏡のように、主の栄光をはっきり映すことができます。そして、主の御霊が私たちのうちで働いてくださるにつれ、私たちはますます主に似た者にされていくのです。

  • Nov 19 2017

    イエスに触れる

    メッセンジャー:
    ロド プラマー牧師
    長さ:
    -
    Touching Jesus イエスに触れる
    (John 3:16 NIV) For God so loved the world that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life.
    (ヨハネ 3:16 ALIVE訳)実に神は、一人子をさえ惜しまず与えるほどに、世の人間を愛してくれた。つまり、神の一人子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠の命を得るためだ!!!
    (John 1:14 MSG) The Word became flesh and blood, and moved into the neighborhood. We saw the glory with our own eyes, the one-of-a-kind glory, like Father, like Son, Generous inside and out, true from start to finish.
    (ヨハネ 1:14 MSGからの直訳)言葉が肉と血になり、近所に移って来た。自らの目で栄光を見て、それは唯一無二の栄光であった。父のような、息子のような、内側も外側も寛大で、最初から最後まで真実であった。
    (John 3:17 NIV) For God did not send his Son into the world to condemn the world, but to save the world through him.
    (ヨハネ 3:17 ALIVE訳)神が一人子を遣わしたのは、この世を裁くためではなく、救うためだ!!!
    (Mark 5:24-34 NIV) So Jesus went with him. A large crowd followed and pressed around him. (25) And a woman was there who had been subject to bleeding for twelve years. (26) She had suffered a great deal under the care of many doctors and had spent all she had, yet instead of getting better she grew worse. (27) When she heard about Jesus, she came up behind him in the crowd and touched his cloak, (28) because she thought, “If I just touch his clothes, I will be healed.” (29) Immediately her bleeding stopped and she felt in her body that she was freed from her suffering. (30) At once Jesus realized that power had gone out from him. He turned around in the crowd and asked, “Who touched my clothes?” (31) “You see the people crowding against you,” his disciples answered, “and yet you can ask, ‘Who touched me?’ ” (32) But Jesus kept looking around to see who had done it. (33) Then the woman, knowing what had happened to her, came and fell at his feet and, trembling with fear, told him the whole truth. (34) He said to her, “Daughter, your faith has healed you. Go in peace and be freed from your suffering.”
    (マルコ 5:24-34 JCB)そこで、イエスはヤイロといっしょに出かけました。群衆は押し合いへし合い、イエスについて行きます。(25)その中に、出血の止まらない病気で十二年間も苦しみ続けてきた女がいました。(26)多くの医者にかかり、さんざん苦しい目に会い、治療代で財産をすっかり使い果たしてしまいましたが、病気はよくなるどころか、悪化する一方でした。(27)イエスがこれまでに行ったすばらしい奇跡を耳にした彼女は、人ごみにまぎれて近づき、背後からイエスの着物にさわりました。(28)「せめて、この方の着物にでも手を触れさせていただけば、きっと治る」と考えたのです。(29)さわったとたん、出血が止まり、彼女は病気が治ったと感じました。(30)イエスはすぐ、自分から病気を治す力が出て行ったのに気づき、群衆のほうをふり向いて、「今、わたしにさわったのはだれですか」とお尋ねになりました。(31)「こんなに大ぜいの人がひしめき合っているのです。それなのに、だれがさわったのかと聞かれるのですか。」弟子たちはけげんな顔で答えました。(32)それでもなおイエスは、あたりを見回しておられます。(33)恐ろしくなった女は、自分の身に起こったことを知り、震えながら進み出てイエスの足もとにひれ伏し、ありのままを正直に話しました。(34)イエスは言われました。「娘さん。あなたの信仰があなたを治したのです。もう大丈夫です。いつまでも元気でいるのですよ。」
    1.Woman healed physically - it was private, personal.. 体が癒された女性 – プライベートに - 個人的
    2.Woman healed emotionally -it was open - love, acceptance
     感情的に癒された女性 – オープン – 愛 - 受け入れられる
    3.Woman healed relationally - going home to a new future 関係が癒された女性 – 新しい将来へ向かっている
  • Nov 15 2017

    救いの兜

    メッセンジャー:
    モンティー・プラマー牧師
    長さ:
    -
    Helmet Of Salvation 救いの兜
    (Ephesians 6:13-17a NLT) Therefore, put on every piece of God’s armor so you will be able to resist the enemy in the time of evil. Then after the battle you will still be standing firm. (14) Stand your ground, putting on the belt of truth and the body armor of God’s righteousness. (15) For shoes, put on the peace that comes from the Good News so that you will be fully prepared. (16) In addition to all of these, hold up the shield of faith to stop the fiery arrows of the devil. (17) Put on salvation as your helmet..
    (エペソ 6:13-17a ALIVE訳)だから、悪の時代の攻撃にも対抗できるように、神の武具の1つ1つを役立てなさい。そうすれば、すべてが終わった時も、なおしっかり立てるだろう。(14)立って真理の帯を腰にしめ、義の胸当てを胸につけ、(15) 足には平和をもたらす最高の知らせを履き、(16)信仰の盾を手に、悪魔の火矢を消し止め、(17)救いのかぶとをかぶり、
    (Rom 10:9-10 NLT) If you openly declare that Jesus is Lord and believe in your heart that God raised him from the dead, you will be saved. (10) For it is by believing in your heart that you are made right with God, and it is by openly declaring your faith that you are saved.
    (ローマ 10:9-10 ALIVE訳) もし自分の口で――イエスは私の王だ――と宣言し、 “神がイエスを死から復活させた”と心から信じるなら救われるのだ!(10)そう、心の底からイエスを信じることで神に認められ、その確信を公(おおやけ)に認めるなら神が救ってくれる。
    We Need To Protect Our Minds! 考えを守る必要がある
    (Proverbs 4:23 NLT) Guard your heart above all else, for it determines the course of your life.
    (箴言 4:23 JCB)油断することなく、あなたの心を守れ、命の泉は、これから流れ出るからである。
    (Proverbs 4:23 ERV) Above all, be careful what you think because your thoughts control your life.
    (箴言 4:23 ERVからの直訳)とにかく、考え事には気をつけなさい。考えがあなたの人生をコントロールするから。
    (Romans 12:2 NLT) “Don’t copy the behavior and customs of this world, but let God transform you into a new person by changing the way you think. Then you will learn to know God’s will for you, which is good and pleasing and perfect.”
    (ローマ 12:2 ALIVE訳)世間の人たちの生活態度や習慣をまねてはいけない。むしろ、すること考えることすべての面で、生き生きとした、全く新しい別人となるのだ。そうすれば、神の道がどんなに自分を満足させてくれるか、わかるようになる。
    Recognize The Enemy 敵を認識する
    (John 10:10 NLT) The thief’s purpose is to steal and kill and destroy. My purpose is to give them a rich and satisfying life.
    (ヨハネ 10:10 ALIVE訳)強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。しかし私が来たのは、生命を、あふれるほど豊かに与えるためです。
    Listen To The Right Voice 正しい声を聞く
    (John 8:44b) He has always hated the truth, because there is no truth in him. When he lies, it is consistent with his character; for he is a liar and the father of lies.
    (ヨハネ 8:44b ALIVE訳)… 真理を嫌っているのですから。悪魔には真理のかけらもない。うそで、できているのですから。 そう、悪魔はうそつきであり、うその父です。
    (Philippians 4:7) Then you will experience God’s peace, which exceeds anything we can understand. His peace will guard your hearts and minds as you live in Christ Jesus.
    (ピリピ 4:7 ALIVE訳)そうすれば、神が安心と自信を注ぎ、精神的に安定させてくれる。 それは、人の考え方では実現不可能なレベルの自信と安心だ。
  • Nov 12 2017

    モーション

    メッセンジャー:
    渋谷 将史 牧師
    長さ:
    38:51
    モーションMotion︎
    ニュートン運動の第2法則 Newton’s second law = Law of motion = law of inertia
    F(力)  M(質量)  A(加速度) f=ma f-force, m-mass, a-acceleration
    1. Set In Motion! 動かす!
    (Acts 16:6-8 MSG) They went to Phrygia, and then on through the region of Galatia. Their plan was to turn west into Asia province, but the Holy Spirit blocked that route. So they went to Mysia and tried to go north to Bithynia, but the Spirit of Jesus wouldn’t let them go there either. Proceeding on through Mysia, they went down to the seaport Troas.
    (使徒 16:6-8 JCB)一行は聖霊によってアジヤ州(小アジヤの西部沿岸地方)へ行くことを止められたので、一行はフルギヤとガラテヤ地方を通ることにしました。(7)それからムシヤとの境に沿って進み、北のビテニヤ地方に行こうとすると、またも聖霊に禁じられたのです。(8)そこで、ムシヤ地方を通ってトロアスに行きました。
    2. Clarity クリアになる
    (Acts 16:9-10 MSG) That night Paul had a dream: A Macedonian stood on the far shore and called across the sea, “Come over to Macedonia and help us!” The dream gave Paul his map. We went to work at once getting things ready to cross over to Macedonia. All the pieces had come together. We knew now for sure that God had called us to preach the good news to the Europeans.
    (使徒 16:9-10 JCB)その夜、パウロは幻を見ました。幻の中で、海の向こうに住むマケドニヤ人が、「こちらに来て、私たちを助けてください」としきりに頼むのです。(10)事は決まりました。直ちにマケドニヤに向かうことになったのです。神様がそこへパウロと私たちを遣わし、福音を伝えようとしておられるのはまちがいありません。
    3. Keep It Moving 動かし続ける
    (Acts 16: 25-26 MSG) Along about midnight, Paul and Silas were at prayer and singing a robust hymn to God. The other prisoners couldn’t believe their ears. Then, without warning, a huge earthquake! The jailhouse tottered, every door flew open, all the prisoners were loose.
    (使徒 16:25-26 JCB)真夜中ごろ、パウロとシラスは、主に祈ったり、賛美歌をうたったりしていました。ほかの囚人たちもじっと聞き入っています。その時です。(26)突然、大地震が起こりました。牢獄は土台からぐらぐら揺れ動き、戸という戸は開き、囚人たちの鎖もはずれてしまいました。
    4. See The Miracle 奇跡を見る
    (Acts 16:15 MSG) After she was baptized, along with everyone in her household, she said in a surge of hospitality, “If you’re confident that I’m in this with you and believe in the Master truly, come home with me and be my guests.” We hesitated, but she wouldn’t take no for an answer.
    (使徒 16:15 JCB) 彼女は一家をあげてバプテスマ(洗礼)を受けると、「私を主に忠実な者とお思いくださるなら、どうぞ家にお泊まりください」としきりに言うので、私たちはその招待を受けることにしました。
    (Acts 16:32-34 MSG) They went on to spell out in detail the story of the Master—the entire family got in on this part. They never did get to bed that night. The jailer made them feel at home, dressed their wounds, and then—he couldn’t wait till morning!—was baptized, he and everyone in his family. There in his home, he had food set out for a festive meal. It was a night to remember: He and his entire family had put their trust in God; everyone in the house was in on the celebration.
    (使徒 16:32-34 JCB)こうして二人は、看守とその家の者たち全員に、主のことばを伝えたのです。(33)看守は二人を引き取り、彼らの打ち傷をていねいに洗って手当てをしたあと、家族そろってバプテスマ(洗礼)を受けました。(34)それから、二人を自宅に案内し、食事を出してもてなし、全家族がクリスチャンになったことを心から喜び合いました。
    - Obedience is up to us it’s our responsibility but the outcome is up to God

    Connect Group Questions & Prayer コネクトグループの質問と祈り
    1. 今どのようなことを語られていますか?What is God speaking to you about?
    2. どのようにステップを踏めますか?How can you be obedient?
    3. 祈ろう!Let’s pray!
  • That’s My Daddy (Praying Like Sons And Daughters)
    僕のパパ(息子と娘のように祈る)
    (Luke 11:1-4) One day Jesus was praying in a certain place. When he finished, one of his disciples said to him, “Lord, teach us to pray, just as John taught his disciples.” (2) He said to them, “When you pray, say: “ ‘Father, hallowed be your name, your kingdom come. (3) Give us each day our daily bread. (4) Forgive us our sins, for we also forgive everyone who sins against us. And lead us not into temptation.’”
    (ルカ 11:1-4 ALIVE訳)ある日のこと――イエスは今日も1人で祈っていた。祈り終わって戻ってくると、一味の1人が前にでた。 「先生、洗礼者(バプティスト)ヨハネが弟子に教えたように、俺たちにも祈り方を教えてくれないか?」 (2)「ああ、こう祈れ。 父さん(神)、あなたの名がいつまでも誰よりも讃えられるように!あなたの王国(キングダム)よ、来い!(3)毎日必要な食糧の調達を!(4)俺たちを赦してくれ!俺たちも酷い人を赦した!どうか俺たちを誘惑から守ってくれ!」――【決して、神に命令しているのではなく、親子の関係を表した“祈り”を教えたのだった】
    Our Father in heaven …. 「天の父さん」
    -Praise 賛美
    -Purpose 目的
    -Provision 備え
    -Peace 平安
    -Protection 守り

    1.God as “Father” Foreshadowed in OT 15 times 旧約聖書では15回、神様が“お父さん”だと予示されている
    (Isaiah 9:6) For to us a child is born, to us a son is given, and the government will be on his shoulders. And he will be called Wonderful Counselor, Mighty God, Everlasting Father, Prince of Peace.
    (イザヤ 9:6)ひとりのみどりごがわれわれのために生れた、ひとりの男の子がわれわれに与えられた。まつりごとはその肩にあり、その名は、「霊妙なる議士、大能の神、とこしえの父、平和の君」ととなえられる。
    (1 Chronicles 29: 10) David praised the Lord in the presence of the whole assembly, saying, “Praise be to you, Lord, the God of our father Israel, from everlasting to everlasting.
    (1 列王記 29:10)ダビデは全集団の目の前で主をほめたたえた。ダビデは言った。「私たちの父イスラエルの神、主よ。あなたはとこしえからとこしえまでほむべきかな。
    (Isaiah 64:8) Yet you, Lord, are our Father. We are the clay, you are the potter; we are all the work of your hand.
    (イザヤ 64:8 JCB)しかし主よ、それでもなお、神は私たちの父です。私たちは粘土で、神は陶器師です。私たちはみな御手によって造られました。
    (Malachi 2:10) Do we not all have one Father ? Did not one God create us? Why do we profane the covenant of our ancestors by being unfaithful to one another?
    (マラキ 2:10)私たちはみな、ただひとりの父を持っているではないか。ただひとりの神が、私たちを創造したではないか。なぜ私たちは、互いに裏切り合い、私たちの先祖の契約を汚すのか。
    (John 5:17-18) In his defense Jesus said to them, “My Father is always at his work to this very day, and I too am working.” 18For this reason they tried all the more to kill him; not only was he breaking the Sabbath, but he was even calling God his own Father, making himself equal with God.
    (ヨハネ 5:17-18 JCB)ところが、イエスはお答えになりました。「わたしの父は、絶えず良い働きをしておられます。わたしはその模範にならっているのです。」(18)これを聞いたユダヤ人の指導者たちは、ますます、イエスを殺そうと思うようになりました。イエスが安息日のおきてを破ったばかりか、事もあろうに神を「父」と呼んで、自分を神と等しい者としたからです。

    2.Invited into close relationship in NT by Jesus. 新約聖書ではイエスによって親密な関係に招かれている
    Jesus uses ‘The father” 120 times in John. ヨハネの書では120回イエスは「お父さん」という言葉を使っている
    Over 30 times Jesus describes self as “Son of God’ or ‘the son’ 30 times.
    30回以上、イエスは自らを「神の息子」と説明し、30回「息子」と言った。
    (John 5:17-18) In his defense Jesus said to them, “My Father is always at his work to this very day, and I too am working.” 18For this reason they tried all the more to kill him; not only was he breaking the Sabbath, but he was even calling God his own Father, making himself equal with God.
    (ヨハネ 5:17-18 JCB)ところが、イエスはお答えになりました。「わたしの父は、絶えず良い働きをしておられます。わたしはその模範にならっているのです。」(18)これを聞いたユダヤ人の指導者たちは、ますます、イエスを殺そうと思うようになりました。イエスが安息日のおきてを破ったばかりか、事もあろうに神を「父」と呼んで、自分を神と等しい者としたからです。

    3.Paul invites us into in praying as sons パウロも息子のように祈ることへ私達を導いてくれている
    (Romans 8:14-17) For those who are led by the Spirit of God are the children of God. 15The Spirit you received does not make you slaves, so that you live in fear again; rather, the Spirit you received brought about your adoption to sonship. And by him we cry, “Abba, Father.” (16) The Spirit himself testifies with our spirit that we are God’s children. (17) Now if we are children, then we are heirs—heirs of God and co-heirs with Christ, if indeed we share in his sufferings in order that we may also share in his glory.
    (ローマ8:14-17 ALIVE訳)神の霊によって導かれる者はだれでも、神の子どもだからだ。(15)そこで私たちは、奴隷のように、いつもびくびく恐れる必要はもうないのだ。神の家族の中に、子どもとしてあたたかく迎え入れられたのだから。神の霊が私たちを実の子どもとし、神をアバ父さんと呼ばせてくれるのだ ――【アバ:アラム語で小さな子どもがお父さんを呼ぶとき「パパ」のように使われる】(16)というのは、神の霊が、私たちの心の奥底に、私たちはほんとうに神の子どもだよ、と語りかけてくれるからだ。(17)そして、私たちは神の子どもなのだから、神の財産を分け前にあずかる。神が一人子ひとりご・イエスキリストに与えたものは、今では私たちのものでもあるからだ。しかし、私たちが神の一人子の栄光を共に受けるのなら、当然、その苦難をも受けなければならない。
    My prayer journey... 祈りの旅…
    1.First Simple and personal まずは、シンプルで個人的
    2.Then Complex and mystical そして、複雑で不思議なこと
    3.Then Long and disheartening; or Early and impossible. 次に長くてがっかりするようなこと:まだ不可能なこと
    4.Finally confident in Simple and personal (again). Start your prayer with “My father in heaven …”
     最後に、(また)自信を持ってシンプルで個人的。「天の父さん」から祈りを始める
    -Achievable できる
    -Sustainable 続けやすい
    -Powerful パワフル
  • Nov 8 2017

    信仰の盾を構えて、前に進もう

    メッセンジャー:
    中岡太助
    長さ:
    -
    信仰の盾を構えて、前に進もう Hold Up The Shield Of Faith And Go Forward
    (エペソ6:13-17 JCB)ですから、いつどんな攻撃にも対抗できるように、神のすべての武具を用いなさい。そうすれば、すべてが終わった時も、なおしっかり立てるでしょう。しかし、そのためには、腰に真理の帯をしめ、神の承認という胸当てをつけなければなりません。次に、平和の福音を伝えるために直ちに出発できる、丈夫なくつをはきなさい。どんな戦いにも、守りの盾として必要なのは信仰です。これがあれば、サタンが射かけてくる火矢を消し止めることができます。また、救いのかぶとをかぶり、御霊の下さる剣である神のことばを手にしなさい。
    (Ephesians 6:13-17 NLT) "Therefore, put on every piece of God’s armor so you will be able to resist the enemy in the time of evil. Then after the battle you will still be standing firm. (14)Stand your ground, putting on the belt of truth and the body armor of God’s righteousness. (15)For shoes, put on the peace that comes from the Good News so that you will be fully prepared. (16) In addition to all of these, hold up the shield of faith to stop the fiery arrows of the devil. (17) Put on salvation as your helmet, and take the sword of the Spirit, which is the word of God."
    (エペソ 6:12 ALIVE訳) 私たちの戦う相手は、血や肉を持った人間ではなく、肉体のない闇の住人だ。私たちは天の立場から、目には見えない霊的な闇の支配者と権力と力と戦っているのだ。
    (Ephesians 6:12 ERV) "Our fight is not against people on earth. We are fighting against the rulers and authorities and the powers of this world’s darkness. We are fighting against the spiritual powers of evil in the heavenly places."
    1. サタンが射かけてくる火矢 The Fiery Arrows Of The Devil
    (ヨハネ10:10 JCB) 強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。しかしわたしが来たのは、いのちをあふれるほど豊かに与えるためです。
    (John 10:10 NLT) The thief’s purpose is to steal and kill and destroy. My purpose is to give them a rich and satisfying life.
    (1ペテロ5:8 JCB) 最大の敵である悪魔の攻撃に備えて、警戒しなさい。悪魔は、飢えてほえたけるライオンのように、引き裂くべき獲物を求めてうろつき回っているのです。
    (1 Peter 5:8 NLT) Stay alert! Watch out for your great enemy, the devil. He prowls around like a roaring lion, looking for someone to devour.
    2. 信仰-火矢を消し止めるための大盾 Shield of Faith To Stop The Fiery Of Arrows
    (ヘブル11:1 JCB) 信仰とはいったい何でしょう。それは、望んでいることが必ずかなえられるという確信です。また、何が起こるかわからない先にも、その望んでいることが必ず待っていると信じて疑わないことです。
    (Hebrews 11:1 NLT) Faith shows the reality of what we hope for; it is the evidence of things we cannot see.
    (ローマ10:17 JCB) 信仰は、キリストについてのことばに耳を傾けることから始まる。
    (Romans 10:17 NLT) So faith comes from hearing, that is, hearing the Good News about Christ.
    3. 前に進む Go Forward
    (ヘブル12:1 JCB) このように、数えきれないほどの多くの証人たちが、競技場の観覧席で私たちを見つめているのです。だから、うしろへ引き戻そうとする力や、まとわりつく罪をふり捨てて、神の用意された競走を忍耐をもって走り抜こうではありませんか。
    (Hebrews 12:1 NLT) Therefore, since we are surrounded by such a huge crowd of witnesses to the life of faith, let us strip off every weight that slows us down, especially the sin that so easily trips us up. And let us run with endurance the race God has set before us.
  • Nov 5 2017

    山あり、谷あり、希望あり

    メッセンジャー:
    中岡太助
    長さ:
    39:07
    山あり、谷あり、希望あり We Have Ups and Down’s, But There Is Always Hope
    (エレミヤ 29:11 JCB) わたしは、おまえたちのために立てた計画をよく知っている。それは災いではなく祝福を与える計画で、将来と希望を約束する。
    (Jeremiah 29:11 NLT) For I know the plans I have for you,” says the LORD. “They are plans for good and not for disaster, to give you a future and a hope.

    1.ベストの自分でいる -神様がいつもそばにいてくれる Be The Best You –God Will Always Be With You
    (創世記39:2-5 JCB) ヨセフはこの主人となった人の家の仕事をさせられましたが、いつも主が助けてくださるので、何をしてもうまくいきました。(3)ポティファルの目に、主がヨセフに特別よくしておられることは明らかでした。(4)ヨセフは主人の気に入り、家の管理と業務のすべてを任されるようになったのです。(5)すると、ポティファルの家は祝福され、万事がスムーズに運びました。収穫も、羊の群れも増える一方でした。
    (Genesis 39:2-5 NLT) The LORD was with Joseph, so he succeeded in everything he did as he served in the home of his Egyptian master. (3)Potiphar noticed this and realized that the LORD was with Joseph, giving him success in everything he did. (4)This pleased Potiphar, so he soon made Joseph his personal attendant. He put him in charge of his entire household and everything he owned. (5)From the day Joseph was put in charge of his master’s household and property, the Lord began to bless Potiphar’s household for Joseph’s sake. All his household affairs ran smoothly, and his crops and livestock flourished.
    (創世記39:21-23 JCB) しかし、主は監獄の中でさえヨセフとともにいて、何事にも心にかけてくださったので、ヨセフは看守長にとても気に入られました。(22)この男なら大丈夫と見抜いた看守長は、やがてすべての囚人の面倒を見るよう、監獄内の管理をいっさいヨセフに任せることにしました。(23)それからというもの、ヨセフが取り仕切ったので、看守長は何の心配もなくなりました。主がヨセフとともにおられるので、彼は何をしてもスムーズに事が運びました。
    (Genesis 39:21-23 NLT) But the LORD was with Joseph in the prison and showed him his faithful love. And the LORD made Joseph a favorite with the prison warden. (22)Before long, the warden put Joseph in charge of all the other prisoners and over everything that happened in the prison. (23)The warden had no more worries, because Joseph took care of everything. The LORD was with him and caused everything he did to succeed.
    (ヘブル人への手紙11:1 JCB) 信仰とはいったい何でしょう。それは、望んでいることが必ずかなえられるという確信です。また、何が起こるかわからない先にも、その望んでいることが必ず待っていると信じて疑わないことです。
    (Hebrews 11:1 NLT) Faith shows the reality of what we hope for; it is the evidence of things we cannot see.

    2.いま目の前にある誘惑から逃げる –正しさを選ぶ Flee From Temptation In Front Of You –Choose What is Right
    (創世記39:12-13 JCB) 「ちょっと私の部屋に来ておくれ。」とんでもないと、ヨセフがその手を振り払って逃げようとしたところ、上着が脱げてしまいました。しかし彼はそのまま家の外へ逃げ出しました。(13)彼女はそのうしろ姿を、残された上着を手にしたままじっと見つめていましたが、
    (Genesis 39:12-13 NLT) She came and grabbed him by his cloak, demanding, “Come on, sleep with me!” Joseph tore himself away, but he left his cloak in her hand as he ran from the house. (13)When she saw that she was holding his cloak and he had fled,
    (1テサロニケ4:3 ALIVE) 神は、みんなに性的な過ちから身を避け、聖く純潔であってほしいのだ。
    (1 Thessalonians 4:3 ERV) God wants you to be holy. He wants you to stay away from sexual sins.


    3.神様の計画は想像を超えるGod’s Plan Is Beyond Our Imagination
    (創世記41:40-42 JCB) したがってわしは今、おまえをこの仕事全体の責任者に任命する。何でもおまえの命令どおりすることにしよう。この国でおまえの上に立つ者は、わしだけだ。」(41-42)王は自分の印のついた指輪を、権威のしるしとしてヨセフの指にはめ、美しい服を着せて、首には王がつける金の首飾りをかけました。「おまえをエジプトの総理大臣に任命する。王のわしがそう宣言する。
    (Genesis 41:40-42 NLT) You will be in charge of my court, and all my people will take orders from you. Only I, sitting on my throne, will have a rank higher than yours. (41)”Pharaoh said to Joseph, “I hereby put you in charge of the entire land of Egypt. (42)”Then Pharaoh removed his signet ring from his hand and placed it on Joseph’s finger. He dressed him in fine linen clothing and hung a gold chain around his neck.
    (ローマ8:28 JCB) 私たちは、神を愛し神のご計画のうちを歩んでいる人のためには、その身に起こることはすべて、神が益としてくださることを知っているのです。
    (Romans 8:28 NLT) And we know that God causes everything to work together for the good of those who love God and are called according to his purpose for them.
    (エペソ 3:20 ALIVE訳) 神の力が私たちの内に働くとき、神は私たちが求めるものや、考えることをはるかに上回ったことを行うことができる。
    (Ephesians 3:20 ERV) "With God’s power working in us, he can do much, much more than anything we can ask or think of."



    Connect Group Questions & Prayer コネクトグループの質問と祈り
    1. あなたの人生は今どうですか?山にいますか?谷にいますか?
    How’s your life right now? Are you on Mountain or in Valley?
    2. どんな状況でも正しい態度を持ちたいですか? Do you want to have a right attitude in any situation?
    3.神様の助けを祈りましょう。 Let’s pray for Gods help.
  • Nov 5 2017

    最高な知らせにちゅうもーく

    メッセンジャー:
    佐藤カービー牧師
    長さ:
    -
    最高な知らせにちゅうもーく Pay Attention to the Good News
    (ピリピ 1:27 ALIVE訳) しかし、たとえ私の身にどんなことが降りかかろうと、救世主(キリスト)が与えてくれた最高な知らせ(ゴスペル)が注目されるような、立派な生き方をするんだ。 そうすれば、もう一度会えるにしても、会えないにしても、みんなについて、いつでもうれしい報告を聞けるだろう。より多くの人が救世主(キリスト)についての最高の知らせ(ゴスペル)を信じられるように、この1つの目的に心を合わせ、チームとして一致団結しているとね。
    (Philippians 1:27 ERV) Just be sure you live as God’s people in a way that honors the Good News of Christ. Then if I come and visit you or if I am away from you, I will hear good things about you. I will know that you stand together with the same purpose and that you work together like a team to help others believe the Good News.

    1. ジーザスはあなたを愛してる Jesus Loves You
    (ローマ 5:7-8 ALIVE訳) 人のために死ねる人は少なくとも、いるだろう。だが、敵のために死ぬ人はいない。(8)しかし、神の偉大な愛は違った。私たちがまだ、自己中だったとき、つまり神の敵だったときに、救世主(キリスト)は私たちのために死んでくれたのだ。
    (Romans 5:7-8 ERV) Very few people will die to save the life of someone else, even if it is for a good person. Someone might be willing to die for an especially good person. (8)But Christ died for us while we were still sinners, and by this God showed how much he loves us.
    (1ヨハネ 4:10-11 ALIVE訳) 本当の愛とは、神に対する私たちの愛ではなく、私たちに対する“神の愛”なのだ!われわれ人類の過ちをぬぐい去るために神は一人子を送りだした。(11)友よ!神はこうしてその偉大な愛を私たちに示してくれた。だからこそ、私たちも、互いに愛し合うべきだ!
    (1 John 4:10-11 ERV) True love is God’s love for us, not our love for God. He sent his Son as the way to take away our sins. (11)That is how much God loved us, dear friends! So we also must love each other.

    2. ジーザスはあなたのために死に復活した Jesus Died And Rose From The Dead For You
    (ローマ 6:4-8 ALIVE訳) 我欲を愛する古い性質は、私たちが洗礼(バプテスマ)を受けた時、イエスと共に葬り去られ、彼とともに死んだ。そして、父なる神が、栄光の力でイエスを復活させてくれたように、みなさんは、イエスの新しくすばらしい生命(いのち)を神に与えられたおかげで新たな人生を歩めるようになったのだ。(5)私たちは、イエスが死なれた時、彼と1つになった。そして、やがてイエスと同じように復活する。(6)私たちの古い邪悪な欲望は、イエスといっしょに十字架につけられた。過ちを愛する部分は、致命傷を負った。それは、過ちを愛する体が、もはや過ちの支配を受けず、今後一切、過ちの奴隷にならないためだ。(7)一度死んだ人は誰でも、罪の支配から解放されたということだ!(8)救世主(キリスト)といっしょに自分の罪が死んだのだから、救世主(キリスト)と一緒に復活すると信じているのだ。
    (Romans 6:4-8 ERV) So when we were baptized, we were buried with Christ and took part in his death. And just as Christ was raised from death by the wonderful power of the Father, so we can now live a new life. (5)Christ died, and we have been joined with him by dying too. So we will also be joined with him by rising from death as he did. (6)We know that our old life was put to death on the cross with Christ. This happened so that our sinful selves would have no power over us. Then we would not be slaves to sin. (7)Anyone who has died is made free from sin’s control. (8)If we died with Christ, we know that we will also live with him.
    (ローマ 6:10-11 ALIVE訳) 過ちの力に永遠のとどめを刺すために、救世主(キリスト)は一度死んだ。 そして今では、神の力で生きる、新たな人生を送っているのだ。(11)だから、みなさんの古い自己中な性質は死んだもの、過ちの力に反応しなくなったものとみなしなさい。そして、その代わりに、イエス・救世主(キリスト)によって、神の心に敏感に応答して生きるものとみなすのだ。
    (Romans 6:10-11 ERV) Yes, when Christ died, he died to defeat the power of sin one time—enough for all time. He now has a new life, and his new life is with God. In the same way, you should see yourselves as being dead to the power of sin and alive for God through Christ Jesus.

    3. 心から知ることで、心から生きれる Know With Your Heart And Live With Your Heart
    (ヨハネ 17:3 ALIVE訳) 唯一で、まことの神であるあなたと、この地上にあなたが遣わした俺を心から知ること、それが永遠の命(エターナルライフ)への道だ。
    (John 17:3 ERV) And this is eternal life: that people can know you, the only true God, and that they can know Jesus Christ, the one you sent.
    (1ヨハネ 2:15-17 ALIVE訳) この世とその中にあるものに心を奪われないように。世を愛すのは、父さん神の愛を受けとっていない証拠。(16)邪欲じゃよく、我欲やプライド。これらは、世の不正が生み出したものであり、神が生んだものではない。(17)人が憧れたものは人生と共に消え去る。しかし、神の意志を受け継いで生きる者は永遠だ。
    (1 John 2:15-17 ERV) Don’t love this evil world or the things in it. If you love the world, you do not have the love of the Father in you. (16)This is all there is in the world: wanting to please our sinful selves, wanting the sinful things we see, and being too proud of what we have. But none of these comes from the Father. They come from the world. (17)The world is passing away, and all the things that people want in the world are passing away. But whoever does what God wants will live forever.
    (ローマ 1:17 ALIVE訳) そう、最高な知らせ(ゴスペル)によって神が慈善(じぜん)にあふれ、義理堅いことが示された。1人の完璧な忠誠心が多くの忠誠へとつなげられた。“神を信頼することで認められた者は、生きる”――【聖書:ハバクク書2:4より引用】と、聖書にあるとおりだ。
    (Romans 1:17 ERV) The Good News shows how God makes people right with himself. God’s way of making people right begins and ends with faith. As the Scriptures say, “The one who is right with God by faith will live forever.”


    コネクトグループでの質問と祈り Connect Group Questions & Prayers
    1. 最高な知らせに心から感謝することはあなたにとって何ですか? What are you thankful about the Good News?
    2. 最高な知らせが注目されるために、どう生きたいですか? How can we live in a way that honors the Good News?
    3. 彼の恵みが助けてくれるように祈りましょう。Let’s pray for his grace to help us.

  • Nov 5 2017

    Happy Family, Happy Life

    メッセンジャー:
    古賀 登牧師
    長さ:
    36:48
    Happy Family, Happy Life
    (ローマ12:1-2 そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。(2)この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。
    (Romans 12:1-2 NLT) And so, dear brothers and sisters, I plead with you to give your bodies to God because of all he has done for you. Let them be a living and holy sacrifice—the kind he will find acceptable. This is truly the way to worship him. (2) Don’t copy the behavior and customs of this world, but let God transform you into a new person by changing the way you think. Then you will learn to know God’s will for you, which is good and pleasing and perfect.
    尊敬の文化 Culture Of Respect
    (1テモテ4:4)神が造られた物はみな良い物で、感謝して受けるとき、捨てるべき物は何一つありません。
    (1 Timothy 4:4 NLT) Since everything God created is good, we should not reject any of it but receive it with thanks.
    (ローマ12:4-5)一つのからだには多くの器官があって、すべての器官が同じ働きはしないのと同じように、大ぜいいる私たちも、キリストにあって一つのからだであり、ひとりひとり互いに器官なのです。
    (Romans 12:4-5 NLT) Just as our bodies have many parts and each part has a special function, (5) so it is with Christ’s body. We are many parts of one body, and we all belong to each other.
    (マルコ6:4-5)そこで、イエスは言われました。「預言者はどこででも尊敬されます。 ただ、自分の故郷、親族、家族の中では別です。」(5)こうして、人々の不信仰のために、ほんのわずかの病人に手を置いて治されただけで、そこでは何一つ大きな奇蹟を行なえませんでした。
    (Mark 6:4-5 GNB) Jesus said to them, “Prophets are respected everywhere except in their own home town and by their relatives and their family.” (5) He was not able to perform any miracles there, except that he placed his hands on a few sick people and healed them.
    赦しの文化 Culture Of Forgiveness
    (エペソ4:26-27)怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。(27)悪魔に機会を与えないようにしなさい。
    (Ephesians 4:26-27) If you become angry, do not let your anger lead you into sin, (27) and do not stay angry all day.
    (箴言 16:32)怒りをおそくする者は勇士にまさり、自分の心を治める者は町を攻め取る者にまさる。
    (Proverbs 16:32) He who is slow to anger is better than the mighty, And he who rules his spirit than he who takes a city.
    (エペソ 4:3)聖霊様によって心を一つにされるよう常に努力し、互いに仲良く暮らしなさい。
    (Ephesians 4:3 NLT) Make every effort to keep yourselves united in the Spirit, binding yourselves together with peace.
    愛の文化 Culture Of Love
    (1 コリント 13:13)こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。
    (1 Corinthians 13:13 NLT) Three things will last forever—faith, hope, and love—and the greatest of these is love.
    ギリシャ語の愛には、 Greek For Love
    アガペー (無限の愛、無償の愛) AGAPE (Unconditional Love, Unlimited Love)
    エロース (恋愛) EROS (Relationship)
    フィリア (友情愛) Philia (Friendship)

    Connect Group Questions & Prayer コネクトグループでの質問と祈り
    1. ハッピー家族にする上で何が大切だと思いますか? What do you think is important to have a happy family?
    2. 神の価値観の中で、自分のもっと必要な分野は何ですか?
    What do you need more of in God’s perspective of value?
    3. 祈ろう! Let’s pray!