2017年 6月

  • Jun 25 2017

    これは俺たちの家

    メッセンジャー:
    渋谷 将史 牧師
    長さ:
    -
    これは俺たちの家

    (詩篇 84:10 リビング訳)あなたの神殿で過ごす一日は、ほかで過ごす千日よりもすばらしいのです。悪の宮殿に住むよりは、神の家の門番になりたいと思います。
    (ネヘミヤ 8:10 リビング訳)ごちそうを食べてお祝いし、貧しい人には施しをする日なのだ。神である主を喜ぶことこそ、あなたがたの力なのだ。しょんぼりと悲しそうにしていてはいけない。」
    (エペソ2:10 NLTからの直訳)私達は神様の最高傑作です。神様が前から計画していた良い行いをするために、私たちはイエス・キリストによって新しくされました。
    家族
    (箴言 18:24 リビング訳)友人のふりをする「友人」もいれば、実の兄弟より親しい友人もいます。
    将来・種まき
    (詩篇 78:4-7 リビング訳)この真実の解き明かしを聞いたなら、あなたがたもまた、栄光に輝く主のわざを子どもたちに説明し、そのめざましい奇跡を語り伝えてほしい。(5)主はおきてをまずイスラエルに授け、私たちの先祖に、それを子孫にまでも伝えよとお命じになりました。(6)こうして、神のおきては順々に、子から孫へと伝えられていくのです。(7)こうすれば、すべての世代の人々が神のおきてを守り、神に希望を見いだし、その栄光に輝く奇跡を忘れることはありません。
    (ガラテヤ 6:7-9 ALIVE訳)もし神をあざむけるなどと思っていたら大間違い。あざむいて、被害を受けるのは自分自身だ。 蒔いた種は、必ず刈り取るからだ。(8)自己中な欲望を満たすために種をまく者は、霊的な滅びと死とを刈り取るはめになる。しかし、神の魂(ホーリースピリット)の種をまく者は、神の魂(ホーリースピリット)が与えてくれる永遠のいのち(エターナルライフ)を刈り取る。(9)だから正しい行ないに疲れ果ててはならない!あきらめずに歩み続けるなら、やがて祝福を刈り取る日が来るからだ!

    グループでの質問と祈り
    あなたはこの家が好きですか?
    教会でリラックスしながら、自分のことを発見できていますか?
    祈りましょう

    This Is Our House
    House
    (Psalm 84:10 NLT) A single day in your courts is better than a thousand anywhere else! I would rather be a gatekeeper in the house of my God than live the good life in the homes of the wicked.
    (Nehemiah 8:10 NLT) And Nehemiah continued, “Go and celebrate with a feast of rich foods and sweet drinks, and share gifts of food with people who have nothing prepared. This is a sacred day before our Lord. Don’t be dejected and sad, for the joy of the Lord is your strength!”
    (Ephesians 2:10 NLT) For we are God’s masterpiece. He has created us anew in Christ Jesus, so we can do the good things he planned for us long ago.
    Family
    (Proverbs 18:24 NLT) There are “friends” who destroy each other, but a real friend sticks closer than a brother.
    Future / Sowing
    (Psalm 78:4-7 NLT) We will not hide these truths from our children; we will tell the next generation about the glorious deeds of the Lord, about his power and his mighty wonders. (5) For he issued his laws to Jacob; he gave his instructions to Israel. He commanded our ancestors to teach them to their children, (6) so the next generation might know them— even the children not yet born— and they in turn will teach their own children. (7) So each generation should set its hope anew on God, not forgetting his glorious miracles and obeying his commands.

    (Galatians 6:7-9 MSG) (7-8)Don’t be misled: No one makes a fool of God. What a person plants, he will harvest. The person who plants selfishness, ignoring the needs of others—ignoring God!—harvests a crop of weeds. All he’ll have to show for his life is weeds! But the one who plants in response to God, letting God’s Spirit do the growth work in him, harvests a crop of real life, eternal life. (9-10) So let’s not allow ourselves to get fatigued doing good. At the right time we will harvest a good crop if we don’t give up, or quit.
    Lifegroup Questions and Prayer
    Do you like this house?
    Are you discovering yourself at church?
    Let’s pray!
  • Jun 25 2017

    グーからパーに

    メッセンジャー:
    中岡太助
    長さ:
    37:40
    グーからパーに
    グーからパーに: 神様を1番にする- 青年はしがみついた
    (ルカ18:22-23 リビング訳)「でも、あなたには一つだけ欠けたところがあります。財産を全部売り払って、貧しい人たちに分けてあげなさい。天に宝をたくわえるのです。それから、わたしについて来なさい。」(23)このイエスのことばに、その人は肩を落として立ち去りました。たいへんな金持ちだったからです。
    (マタイ10:39 リビング訳)自分のいのちを一生懸命守ろうとする者は、それを失いますが、 わたしのためにいのちを捨てる者は、それを自分のものとします。
    (ルカ18:29-30 リビング訳)「そうです。あなたがたのように、神の国のために、家、妻、兄弟、両親、子どもを捨てた者はだれでも、 この世ではその何倍もの報いを受け、やがて来る世では、永遠のいのちまでいただけるのです。」
    グーからパーに:寛大さ – ザアカイは救いを示した
    (ルカ19:8-10 リビング訳)しかし、ザアカイは主の前でこう告白しました。「先生。今からは、財産の半分を貧しい人たちに分けてあげます。税金を取り過ぎた人たちには、四倍にして払い戻します。」(9)イエスは言われました。「その告白こそ、今日この家に救いが来たことのあかしです。この人も迷い出たアブラハムの子どもの一人なのだから。(10)メシヤ(救い主)のわたしは、このような人を捜し出して救うために来たのです。」
    (2コリント9:11-12 リビング訳)そうです。神様から十分いただいたあなたがたは、人にもたくさん贈ることができるのです。そして、私たちがそれを必要としている人々に届ける時、そこには感謝が満ちあふれ、神への賛美がわき上がるのです。(12)そういうわけで、その贈り物は、二つのすばらしい結果を生み出します。すなわち、困っている人々が助けられること、そして、神に対する感謝の念が彼らに満ちあふれることです。

    3.正しい(と思っている)人のためではなく、罪人のためにイエスは来た
    (ルカ5:31-32 ALIVE訳)「医者を必要とするのは、健康な人ではなく、病人だ。俺は正しい人のためではなく、過ちを犯した人たちに生き方を改めたいかを問いに来た・・・!!!」
    (ルカ18:27 リビング訳)「人にはできません。だが、神にはできるのです。」

    Rock (Cling) to Paper (Release)
    ]Rock (Cling) To Paper (Release): Put God First – Young Man Clinged On To His Possession
    (Luke 18:22-23 NLT) When Jesus heard his answer, he said, “There is still one thing you haven’t done. Sell all your possessions and give the money to the poor, and you will have treasure in heaven. Then come, follow me.” (23) But when the man heard this he became very sad, for he was very rich.
    (Matthew 10:39 NLT) If you cling to your life, you will lose it; but if you give up your life for me, you will find it.
    (Luke 18:29-30 NLT) “Yes,” Jesus replied, “and I assure you that everyone who has given up house or wife or brothers or parents or children, for the sake of the Kingdom of God, (30) will be repaid many times over in this life, and will have eternal life in the world to come.”
    Rock (Cling) To Paper (Release) : Generosity – Zacchaeus Showed Salvation
    (Luke 19:8-10 NLT) Meanwhile, Zacchaeus stood before the Lord and said, “I will give half my wealth to the poor, Lord, and if I have cheated people on their taxes, I will give them back four times as much!” (9) Jesus responded, “Salvation has come to this home today, for this man has shown himself to be a true son of Abraham. (10) For the Son of Man came to seek and save those who are lost.”
    (2 Corinthians 9:11-12 NLT) Yes, you will be enriched in every way so that you can always be generous. And when we take your gifts to those who need them, they will thank God. (12) So two good things will result from this ministry of giving—the needs of the believers in Jerusalem will be met, and they will joyfully express their thanks to God.
    3. Jesus Came For The Sinners, Not The Self-Righteous
    (Luke 5:31-32 NLT) Jesus answered them, “Healthy people don’t need a doctor—sick people do. (32) I have come to call not those who think they are righteous, but those who know they are sinners and need to repent.”
    (Luke 18:27 NLT) He replied, “What is impossible for people is possible with God.”
  • Jun 25 2017

    ブーメラン

    メッセンジャー:
    ロド プラマー牧師
    長さ:
    35:00
    ブーメラン
    (ルカ 6:37-39 リビング訳)人のあら捜しをしたり、悪口を言ったりしてはいけません。自分もそうされないためです。人には広い心で接しなさい。そうすれば、彼らも同じようにしてくれるでしょう。(38)与えなさい。そうすれば与えられます。彼らは、量りのますに、押し込んだり、揺すり入れたりしてたっぷり量り、あふれるばかりにして返してくれます。自分が量るそのはかりで、自分も量り返されるのです。」(39)イエスはさらに、もう一つのたとえを話されました。「盲人が盲人の道案内をしたら、どうなるでしょう。一人が穴に落ち込めば、もう一人も巻き添えになるでしょう。
    1. .赦しから始め、手放す
    –赦すレッスン
    –寛大になる
    –そこから始める
    2.増え続ける円の中で与え受け取り続ける
    (箴言 11:24 MSGからの直訳)寛大な人の世界はどんどん大きく広がっていくが、ケチな人の世界はどんどん小さくなっていく。
    3.戻ってくるけど…
    1. 誰からかわからない
    2.どのようにかはわからない
    3.いつかはわからない
    4.何かはわからない…
    でも大きく強く戻ってくる
    「男の名前はフレミング。スコットランドの貧しい農夫だったある日、いつものように家族の一日の糧を求めて外に出た時、近くの沼地から助けを求める叫びを聞いた。すぐに手に持った道具を放すと、彼は沼地に走った。そこには黒い泥に腰まで浸かって少年がそこから抜け出そうと叫びもがき、顔には恐怖の色が浮かんでいた。誰にも気づいてもらえなければ、ゆっくりだが恐ろしい死が待っているのみだった。フレミングは少年を助けあげた。翌日スコットランドの人影まばらなこの土地に派手な馬車がやって来た。上品な服装の貴族が降り立ち、自分の名前を名乗った。フレミングが昨日助けた少年の父親だという。「昨日、息子を助けて頂いた。ご恩を返さなければならない。」「そんな。私は当然のことをしたまでです。お金など受け取れません。」と農夫は申し出を断った。その時、農夫の息子が粗末な家から出てきた。「あなたの息子かね?」「そうです」とフレミングは誇らしげに答えた。「では、こうしよう。息子を私のところによこしなさい。教育を受けさせてあげよう。もしこの青年があなたに似ているところがあるなら、立派な男に成長するだろう。」事はそのように運んだ。後に農夫フレミングの息子はロンドンにあるセントメリー病院の医学部を卒業しペニシリンの発見者サー・アレクサンダー・フレミングとして世界中に知られる存在となった。その後第二次世界大戦中イギリスの首相になっていた貴族の息子が肺炎にかかった彼を救ったものは…ペニシリンであった。その貴族の名前は、ロード・ランドルフ・チャーチル。そしてその息子は…サー・ウィンストン・チャーチル。農夫が助けた少年だった。」
    4.ブーメランの一部になろう!タネを蒔こう!
    タネを蒔くか蒔かないか
    (ガラテヤ 6:7 リビング訳)思い違いをしてはいけません。神を無視することなどできません。人は種をまけば必ずその刈り取りもすることになるのです。


    Boomerang
    (Luke 6:37-39) “Do not judge, and you will not be judged. Do not condemn, and you will not be condemned. Forgive, and you will be forgiven. (38) Give, and it will be given to you. A good measure, pressed down, shaken together and running over, will be poured into your lap. For with the measure you use, it will be measured to you.” (39) He also told them this parable: “Can the blind lead the blind? Will they not both fall into a pit?
    1. Starts with forgiveness and release.
    -The lesson of forgiveness.
    -Be generous.
    -Start there! 
    2.Continues with giving and receiving in ever increasing circles.
    (Proverbs 11:24 MSG) The world of the generous gets larger and larger; the world of the stingy gets smaller and smaller, ; the world of the stingy gets smaller and smaller’
    3.It’s Coming Back But…
    1.Don’t know who
    2.Don’t know how
    3.Don’t know when
    4.Don’t know what.
    but it’s coming back bigger and stronger
    “His name was Fleming, and he was a poor Scottish farmer. One day, while trying to carve out a living for his family, he heard a cry for help coming from a nearby bog. He dropped his tools and ran to the bog. There, mired to his waist in black muck, was a terrified boy, screaming and struggling to free himself. Farmer Fleming saved the lad from what could have been a slow and terrifying death. The next day, a fancy carriage pulled up to the Scotsman’s sparse surroundings. An elegantly dressed nobleman stepped out and introduced himself as the father of the boy Farmer Fleming had saved. “I want to repay you,” said the nobleman. “You saved my son’s life.” “No, I can’t accept payment for what I did,” the Scottish farmer replied, waving off the offer. At that moment, the farmer’s own son came to the door of the family hovel. Is that your son?” the nobleman asked. “Yes,” the farmer replied proudly. “I’ll make you a deal. Let me take him and give him a good education. If the lad is anything like his father, he’ll grow to a man you can be proud of.” And that he did. In time, Farmer Fleming’s son graduated from St. Mary’s Hospital Medical School in London , and went on to become known throughout the world as the noted Sir Alexander Fleming, the discoverer of Penicillin. Years afterward, the nobleman’s son was stricken with pneumonia. What saved him? Penicillin. The name of the nobleman? Lord Randolph Churchill. His son’s name? Sir Winston Churchill.”
    4.Be part of the Boomerang! Sow your seeds!
    Me sowing seeds – or not.
    (Galatians 6:7) Do not be deceived: God cannot be mocked. A man reaps what he sows.
  • Jun 18 2017

    収穫を分かち合おう!

    メッセンジャー:
    アレックス・ワースリング
    長さ:
    41:27

    収穫を分かち合おう!
    (2コリント9:10-11 MSGからの直訳)農夫に種を与え、あなたがたの食事となるパンを作り出すこの最も寛大な神様は、あなたがたにも大胆に気前よく与えてくれる。神様は、あなたがたが誰かに与えることが出来るものを与えてくれる。それは、完全ないのちとして成長し、神様の中にしっかりと留まり、全ての面で豊かになる。その結果、あなたがたな全ての面で寛大になり、神様への大きな賛美がわき上がるようになるのだ。

    デッカイ収穫のための計画!!
    (レビ記 23:22 リビング訳)刈り入れのときは、畑の隅々まで刈り取ってはならない。落ち穂を拾ってはいけない。貧しい人や土地を持たない在留外国人のために残しておきなさい。
    (出エジプト記 23:11 リビング訳)七年目は土地を休ませ、貧しい者が自然に生えたものを刈り取れるようにする。あとは、野の動物たちが自由に食べられるように残しておきなさい。この規定はぶどう畑とオリーブ畑にも当てはまる。

    2. 収穫を分かち合う機会を探し求める!!
    (2 列王記 4:8-10 リビング訳)ある日、エリシャがシュネムの町へ行くと、裕福な婦人が彼を食事に招きました。その後も、そこを通るたびに、彼は立ち寄って食事をするようになりました。(9)女は夫に話しました。「お通りになるたびに立ち寄られるあの方は、きっと神の預言者に違いありません。(10)あの方のために、屋上に小さなお部屋を造って差し上げたいと思います。中には、寝台、机、いす、それに燭台を置きましょう。そうすれば、おいでになるたびに、そこでゆっくりお休みになれますから。」
    (2 列王記 4:11-16 リビング訳)ある日、エリシャはその部屋で休んでいましたが、しもべのゲハジを呼び、「奥様にちょっとお話ししたいことがあると伝えてくれ」と頼みました。彼女が来ると、(13)エリシャはゲハジに言いました。「まず、いつも親切にしてくださることのお礼を言ってくれ。それから、何かして差し上げられることがないか聞いてほしい。王様か将軍にでも、何か伝えてもらいたいことがあるかもしれないから。」 ところが、彼女は答えました。「私は今のままで満足しております。」(14)それでもエリシャは、「彼女のために何かしてやれることはないだろうか」と、あとでゲハジに尋ねました。ゲハジは言いました。「あの女には子どもがありません。それに、ご主人もかなりの年ですし……。」 (15-16)「ではもう一度、奥さんを呼んでくれ。」 彼女が来ると、エリシャは、入口に立っている彼女に言いました。「来年の今ごろ、あなたに男の子が生まれます。」 「ご冗談はよしてください。預言者ともあろうお方が、私をからかわれるのですか。」彼女は思わず答えました。
    (2 列王記 4:17 リビング訳)しかし、それはほんとうのことでした。女はやがてみごもり、エリシャの言ったとおり、翌年の同じころに男の子を産んだのです。

    3.収穫のマスター!!
    (イザヤ 1:3 リビング訳)犬や猫でさえ飼い主の顔を覚えていて、その恩に感謝するというのに、わたしの民イスラエルは違う。どんなに尽くしても、知らん顔なのだ。
    (1コリント 3:5-GWからの直訳)アポロは誰?パウロは誰?彼らはあなたが信仰を持つことを手助けしてくれたしもべ。それぞれ主に与えられたことをした。わたしは植えて、アポロは水を注いだが、成長させたのは神。神だけが成長をさせるからこそ、植える者も水を注ぐ者も重要ではない。
    (1テモテ6:18-19 MSGからの直訳)彼らに神様の後を追うように伝えよう。神様は、私たちが扱いきれないほどの富を山積みにしている。それは、良いことをして、周りを助けることに豊かになり、大胆に気前よく寛大になることだ。このようにするなら、彼らは永遠に残る宝を積むことになり、真のいのちを得ることになる。

    Share The Harvest! 
    (2 Corinthians 9:10-11 (MSG) “This most generous God who gives seed to the farmer that becomes bread for your meals is more than extravagant with you. He (God) gives you something you can then give away, which grows into full-formed lives, robust in God, wealthy in every way, so that you can be generous in every way, producing with us great praise to God.”
    Plan For HUGE Harvest!!
    (Leviticus 23:22 GW) “When you harvest the grain in your land, don’t harvest the grain in the corners of your fields or gather what is left after you’re finished. Leave it for poor people and foreigners. I am the Lord your God.”
    (Exodus 23:11 GW) “but in the seventh year you must leave the land unplowed and unused. In that way the poor among your people will have food to eat, and wild animals may eat what the poor people leave. You must do the same with your vineyards and olive groves.”
    2.Seek Opportunities To Share HARVEST!!
    (2 Kings 4:8-10 GW) “One day Elisha was traveling through Shunem, where a rich (great) woman lived. She had invited him to eat ⌊with her⌋. So whenever he was in the area, he stopped in to eat. She told her husband, “I know he’s a holy man of God. And he regularly travels past our house. Let’s make a small room on the roof and put a bed, table, chair, and lamp stand there for him. He can stay there whenever he comes to visit us.”
    (2 Kings 4:11-16 (GW) One day he came ⌊to their house⌋, went into the upstairs room, and rested there. He told his servant Gehazi, “Call this Shunem woman.” Gehazi called her, and she stood in front of him. Elisha said to Gehazi, “Ask her what we can do for her, since she has gone to a lot of trouble for us. Maybe she would like us to speak to the king or the commander of the army for her.” She answered, “I’m already living among my own people.” “What should we do for her?” Elisha asked. Gehazi answered, “Well, she has no son, and her husband is old.” Elisha said, “Call her.” So Gehazi called her, and she stood in the doorway. Elisha said, “At this time next spring, you will hold a baby boy in your arms.” She answered, “Don’t say that, sir. Don’t lie to me. You’re a man of God.”
    2 Kings 4:17 (GW) “But the woman became pregnant and had a son at that time next year, as Elisha had told her.”
    3.Master Of The Harvest!!
    (Isaiah 1:3 GW) “Oxen know their owners, and donkeys know where their masters feed them. But Israel doesn’t know ⌊its owner⌋. My people don’t understand ⌊who feeds them⌋.”
    (1 Corinthians 3:5-7 GW) “Who is Apollos? Who is Paul? They are servants who helped you come to faith. Each did what the Lord gave him to do. I planted, and Apollos watered, but God made it grow. So neither the one who plants nor the one who waters is important because only God makes it grow.
    (1 Timothy 6:18-19 MSG) “Tell them to go after God, who piles on all the riches we could ever manage—to do good, to be rich in helping others, to be extravagantly generous. If they do that, they’ll build a treasury that will last, gaining life that is truly life.”
  • Jun 18 2017

    近いお父さん

    メッセンジャー:
    マーク・ブレイクリー
    長さ:
    33:51
    近いお父さん
    (1コリント 13:13 ALIVE訳) 永遠に残るものは3つ。信仰、希望、そして愛。 その中で一番偉大なのが愛だ。
    1.父さんを敬う
    (マタイ 19:19 ALIVE訳) 両親を敬う。そして周りの人間を自分事のように愛す)――【聖書:出エジプト記20:12-16、申命記5:16-20、レビ記19:18からの引用】
    (エペソ 6:1-3 ALIVE訳)子どもはイエス様が求めるかたちで両親に従いなさい。正しいことだからだ。(2)“あなたの父と母とを敬え”これは、神の命令の中で、初めて約束とともに綴(つづ)られたものである。(3)その約束は、“父母を敬うなら、物事がうまくいき、長生きする”というもの。
    2.次世代を引き止めるのではなく、引き上げる父さんになろう
    (エペソ 6:4 ALIVE訳)父親は子どもを怒らせないように、イエス様に教えられ、指導されたとおり、愛をもって育てなさい。
    (ルカ 11:11-13 ALIVE訳)子持ちはいるか?子どもが魚を食べたいと言ったのに、蛇を出す親はいるか?(12)卵が欲しいと言われて、サソリを出すか?んなことあるか!(13)こん中で1番の悪党だろうと、子どもには良いものをあげるだろうよ!ならなおさら、天の父さんを求める者に神の霊を含め、良いものを与えないなんて事があるか!!!
    3.他の人に対しても父さんになろう
    (1コリント 4:15 ALIVE訳)たとえ、救世主にある教師が万人いたとしても、父は1人しかいない。最高な知らせをもたらしてみんなの信仰の父となったのはこの私だ。
    (2コリント 1:3-4 ALIVE訳)王なるイエス・救世主の父である神に称賛があらんことを!神は心が広く、私たちが苦難の中にいる時の深い愛情の源だ!(4)試練にぶつかるたびに神は私たちに愛情と力を注いでくれる。それは、他の人が試練にぶつかったとき、私たちが神と同じ愛情を注ぎ、強めるためだ。

    Close Father
    (1 Corinthians 13:13 NIV) “And now these three remain: faith, hope and love. But the greatest of these is love.”
    1.Honor your Father
    (Matthew 19:19 NIV) “honor your father and mother,’ and ‘love your neighbor as yourself.’ ”
    (Ephesians 6:1-3 NLT) “Children, obey your parents because you belong to the Lord, for this is the right thing to do. (2)“Honor your father and mother.” This is the first commandment with a promise: (3)If you honor your father and mother, “things will go well for you, and you will have a long life on the earth.”
    2.Be a Father who lifts the next generation, not holding them back
    (Ephesians 6:4 NLT) “Fathers, do not provoke your children to anger by the way you treat them. Rather, bring them up with the discipline and instruction that comes from the Lord.”
    (Luke 11:11-13 NLT) “You fathers—if your children ask for a fish, do you give them a snake instead? (12)Or if they ask for an egg, do you give them a scorpion? Of course not! (13)So if you sinful people know how to give good gifts to your children, how much more will your heavenly Father give the Holy Spirit to those who ask him.”
    3.Be a Father to Others
    (1 Corinthians 4:15 NLT) “For even if you had ten thousand others to teach you about Christ, you have only one spiritual father. For I became your father in Christ Jesus when I preached the Good News to you.”
    (2 Corinthians 1:3-4 NLT) “All praise to God, the Father of our Lord Jesus Christ. God is our merciful Father and the source of all comfort. (4)He comforts us in all our troubles so that we can comfort others. When they are troubled, we will be able to give them the same comfort God has given us.”
  • Jun 18 2017

    父さんの愛

    メッセンジャー:
    モンティー・プラマー牧師
    長さ:
    33:03
    父さんの愛
    (ルカ 15:17-24 ALIVE訳) ここまで来て、次男は自分の過ちに気付き、こう思った。“あーあ、親父の召使いでさえ、今頃腹いっぱい食ってるってのに俺ときたら、飢え死にしかけてる。情けねぇ。(18)そうだ、親父のもとへ帰ってこう言おう。‘俺は神様にも、父さんにも、取り返しのつかないことをしてしまった。(19)もう息子と呼ばれる資格なんてないことぐらい分かっている。だからお願いします。俺を雇ってください’”(20)決心がつくと、父親のもとへ帰った「ところが、家までは、まだ遠くはなれていたというのに、父親は息子の姿を、いち早く見つけた。そして、ボロボロに弱った姿を見て、父親の心はしめつけられるような思いになった。じっとしてはいられず、走り寄ってぎゅっと抱きしめ、頬に口づけした。(21)“父さん、俺は神様にも、父さんにも取り返しのつかないことをした・・・もう息子と呼ばれる資格なんてない・・・(22)ところが父親は、使用人たちに言った。“さあさあ、何をぼやぼやしている!急いでせがれに一張羅を着せてやれ!我が一家の指輪と丈夫なくつもだ!(23)そうだ!それから最高級の黒毛和牛をありったけふるまってみんなで宴だ!!(24)死んだものだとあきらめていた息子が生き返り、行方知れずの息子が見つかったのだ!!!” こうして、宴は始まった!」

    彼があなたを造った
    (詩篇‬ 139:13‬ リビング訳)神様は、精巧に私の体の各器官を造り、母の胎内で組み立ててくださいました。

    あなたが父さんを知るときに、自分が誰なのかを知る
    (ローマ 8:15 MSGからの直訳) 神の霊が私たちの霊に触れて、本当の自分を確証させる。彼が誰なのかを私たちは知り、自分たちが誰なのかも知る:父さんと子どもたち。

    彼の無条件の愛を受け取る
    (ローマ 5:8 ALIVE訳)しかし、神の偉大な愛は違った。 私たちがまだ、自己中だったとき、つまり神の敵だったときに、救世主は私たちのために死んでくれたのだ。

    The Father’s Love
    (Luke 15:17-24 NLT) “When he finally came to his senses, he said to himself, ‘At home even the hired servants have food enough to spare, and here I am dying of hunger! (18) I will go home to my father and say, “Father, I have sinned against both heaven and you, (19) and I am no longer worthy of being called your son. Please take me on as a hired servant.”’ (20) “So he returned home to his father. And while he was still a long way off, his father saw him coming. Filled with love and compassion, he ran to his son, embraced him, and kissed him. (21) His son said to him, ‘Father, I have sinned against both heaven and you, and I am no longer worthy of being called your son. (22) “But his father said to the servants, ‘Quick! Bring the finest robe in the house and put it on him. Get a ring for his finger and sandals for his feet. (23) And kill the calf we have been fattening. We must celebrate with a feast, (24) for this son of mine was dead and has now returned to life. He was lost, but now he is found.’ So the party began.
    He made you
    (Psalm 139:13 NLT) You made all the delicate, inner parts of my body and knit me together in my mother’s womb.
    When you know the father, you know who you are
    (Romans 8:15 MSG) “God’s Spirit touches our spirits and confirms who we really are. We know who he is, and we know who we are: Father and children.”
    Receive his unconditional love
    (Romans 5:8 NLT) “But God showed his great love for us by sending Christ to die for us while we were still sinners”
  • Jun 18 2017

    あなたの天の父さんより

    メッセンジャー:
    佐藤カービー牧師
    長さ:
    29:11
    あなたの天の父さんより
    (ローマ 8:29-30 ALIVE訳)というのは、神はあらかじめ、だれが自分のもとに来るかを知っていて、そのような人たちが自分の息子と同じくしようと、最初から定めていたからだ。(30)それは、一人子を大ぜいのイエスに属する兄弟姉妹たちの中の長男とするためだった。神は彼らが、自分の息子のようになるよう計画し、息子と共に正しくなるように選んだ。そして、それから神の微笑みを受ける者としてくれたのだ。
    (マタイ 3:16-17 ALIVE訳)――ざぶんッ・・・ イエスが水から上がった瞬間。 カッ!空が引き裂かれたように明るくなり、神の霊が自分の上に舞い降りてくるのがイエスの目には見えた。それはパタパタとまるでハトのように・・・(17)――むすこよ・・・愛しているぞ・・・おまえは私の誇りだ――!!!その声は天から響き渡った。
    あなたの将来を助けさせて
    (ヘブル12:7-11 MSGからの直訳)神様はあなたに教えているんだ。だから絶対に諦めてはいけない。神様はあなたを自らの子どものように扱っている。今、あなたがたいる問題は罰ではなく、トレーニングだ。子どもが経験する普通のことだ。無責任な親だけが子どもを放っておく。あなたは神様に無責任であってほしいか?私たちは、自分の親が甘やかさずに、自分たちをトレーニングをしてくれたことを尊敬している。それならば、なぜ神様からのトレーニングを受けいれ、真の生活をしようとしないのか?幼いとき、私たちの親は、子どもである私たちにとってベストだと思うことをしてくれた。しかし、神様は、私たちに本当にベストなことをしてくれている。神様の用意してくれた聖なるベストな生活が出来るためにトレーニングしているのだ。しつけを受けているときは、何も楽しいことはない。居心地も決してよくない。しかし、後になって全てがよく分かるんだ。しっかり教育を受けている人こそ、神様との関係の中で成長していくことが出来る。
    あなたを祝福させて
    (マルコ 10:13-14,16 ALIVE訳))ある時、どこからともなく子ども連れの親御さんたちが集まって来た――「しっし、だめだめぇー!先生は忙しいのッ!」イエスから自分の子どもに手を置いてもらい、祝福を祈ってもらおうとしたが、イエスの一味が止めた。――「!」「止めるなッ!!!」(14)イエスの目からは火が立ちのぼるようだった。「子どもたちを通せ・・・まるで神の国民のようである子どもたちを。(16)そう言うと、イエスは子どもたちを抱きかかえ、彼らの上に手を置いて祝福されるように祈ったのであった。
    自分の心を守って
    (1コリント 13:7 ALIVE訳))愛は人に見切りをつけることがない。愛はどんな時も希望を捨てず、あきらめず、最善を信じる。
    (マタイ 3:17 ALIVE訳)――むすこよ・・・愛しているぞ・・・おまえは私の誇りだ――!!!その声は天から響き渡った。
    ライフグループでの質問と祈り
    1.天の父さんの声は、あなたにとってどういう声ですか?
    2.天の父さんはあなたをどう受け入れてると思いますか?
    3.最高な父さんに祈りましょう

    From Your Dad In Heaven
    (Romans 8:29-30 NLT) For God knew his people in advance, and he chose them to become like his Son, so that his Son would be the firstborn among many brothers and sisters. (30) And having chosen them, he called them to come to him. And having called them, he gave them right standing with himself. And having given them right standing, he gave them his glory.
    (Matthew 3:16-17 NLT) After his baptism, as Jesus came up out of the water, the heavens were opened and he saw the Spirit of God descending like a dove and settling on him. (17) And a voice from heaven said, “This is my dearly loved Son, who brings me great joy.”
    Let Me Help You With Your Future
    (Hebrew 12:7-11 MSG) God is educating you; that’s why you must never drop out. He’s treating you as dear children. This trouble you’re in isn’t punishment; it’s training, the normal experience of children. Only irresponsible parents leave children to fend for themselves. Would you prefer an irresponsible God? We respect our own parents for training and not spoiling us, so why not embrace God’s training so we can truly live? While we were children, our parents did what seemed best to them. But God is doing what is best for us, training us to live God’s holy best. At the time, discipline isn’t much fun. It always feels like it’s going against the grain. Later, of course, it pays off handsomely, for it’s the well-trained who find themselves mature in their relationship with God.
    Let Me Bless You
    (Mark 10:13-14, 16 NLT) One day some parents brought their children to Jesus so he could touch and bless them. But the disciples scolded the parents for bothering him. (14) When Jesus saw what was happening, he was angry with his disciples. He said to them, “Let the children come to me. Don’t stop them! For the Kingdom of God belongs to those who are like these children. (16) Then he took the children in his arms and placed his hands on their heads and blessed them.
    Protect Your Heart
    (1 Corinthians 13:7 NLT) Love never gives up, never loses faith, is always hopeful, and endures through every circumstance.
    (Matthew 3:17 NLT) And a voice from heaven said, “This is my dearly loved Son, who brings me great joy.

    Life Group Questions & Prayer
    1.What kind of voice is Father’s voice for you?
    2. How do you think our Heavenly Father views towards you?
    3.Let’s pray to our amazing Father.