2017年 9月

  • ピリピ 4:19 – 私の神は与えてくれる
    (ピリピ 4:19 ALIVE訳)私の神は、イエス・救世主(キリスト)をとおし、自身の偉大な富の中から、みんなに必要なものをすべて与えてくれる。
    1.「私の神」
    パウロの状況は神様の豊かさを表した良い状況ではなかった。
    2.必要なものを全て与えてくれる
    -希望の力
    -蒔いて刈り取る力
    (ルカ 6:38 JCB)与えなさい。そうすれば与えられます。彼らは、量りのますに、押し込んだり、揺すり入れたりしてたっぷり量り、あふれるばかりにして返してくれます。自分が量るそのはかりで、自分も量り返されるのです。
    (ガラテヤ 6:9 ALIVE訳)だから正しい行ないに疲れ果ててはならない!あきらめずに歩み続けるなら、やがて祝福を刈り取る日が来るからだ!
    (詩篇 23:1 JCB)主は私の羊飼いですから、必要なものはみな与えてくださいます。
    3.自身の偉大な富の中から
    神様は豊か
    悲しみの人
    (イザヤ 53:3)彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。
    (エペソ 3:16 ALIVE訳)どうか、父なる神が、その栄光に満ちた無限の富の中から、神の霊(ホーリースピリット)を通して人を内面から強くする力を、あなたがたに与えてくれるように。
    (2 コリント 8:9 ALIVE訳)あなたがたは我らの王なるイエス・キリストが、どんなに愛と恵みに満ちていたかを知っている。あれほど裕福だった王が、みんなを助けるために、あれほど貧しくなった。
    (エペソ 3:20 ALIVE訳)神の力が私たちの内に働くとき、神は私たちが求めるものや、考えることをはるかに上回ったことを行うことができる。

    Philippians 4:19 – My God Shall Supply

    (Philippians 4:19)And my God will meet all your needs according to the riches of his glory in Christ Jesus.
    ὁ δὲ Θεός μου πληρώσει πᾶσαν χρείαν ὑμῶν κατὰ τὸ πλοῦτος αὐτοῦ ἐν δόξῃ ἐν Χριστῷ Ἰησοῦ.
    1.”My God”
    -Paul’s situation wasn’t a good example of God’s riches was it?
    2.Will Supply All Your Needs
    -The power of hope
    -The power of sowing and reaping
    (Luke 6:38) Give, and it will be given to you. A good measure, pressed down, shaken together and running over, will be poured into your lap. For with the measure you use, it will be measured to you.”
    (Galatians 6:9) Let us not become weary in doing good, for at the proper time we will reap a harvest if we do not give up.
    (Psalm 23:1) The Lord is my shepherd, I shall not want
    3.According To His Riches
    God is rich
    Man of sorrows
    (Isaiah 53:3 NLT) He was despised and rejected— a man of sorrows, acquainted with deepest grief. We turned our backs on him and looked the other way. He was despised, and we did not care.
    (Ephesians 3:16) I pray that out of his glorious riches he may strengthen you with power through his Spirit in your inner being,
    (2 Corinthians 8:9) For you know the grace of our Lord Jesus Christ, that though he was rich, yet for your sake he became poor, so that you through his poverty might become rich.
    (Ephesians 3:20 NLT) Now all glory to God, who is able, through his mighty power at work within us, to accomplish infinitely more than we might ask or think.
  • Sep 3 2017

    神に仕えし者

    メッセンジャー:
    佐藤カービー牧師
    長さ:
    36:18
    (ルカ 1:26b-32a ALIVE訳)ゆけッ 神はガリラヤ地方にある“丘の上のナザレ村”に行くようにと、天使ガブリエルに命じた。そこに住むマリヤという処女に良い知らせを伝えるためであった。 ——幸のマリヤ—— (27)彼女はダビデ大王の子孫であるヨセフの婚約者であった。(28)ビュンッ 「やあ、天の王は君と共にいる!王にとって君はとっても特別なんだ」(29)(え、なに・・・どういうこと・・・)マリヤは混乱していた。(30)「恐れないで!神は君を誇らしく思っている。(31)いい?君はこれから男の子を産む。その子の名前を ——イエス—— と名付けるんだ!(32)その子は偉大になる。すべての上に立つ神の子と呼ばれるッ! 神は彼を偉大な王にする・・・!!!
    (ルカ 1:34-38 ALIVE訳) 「で、でも、どうすれば?!あたしはまだ・・・処女ですよ?!!」(35)「君のもとへ神の霊が下り、いと高き神の力が君を包む。だから生まれてくる子どもは聖別されし神の子と呼ばれる。(36)あ、それと君と歳が離れた親戚のエリサベツ婆がみごもった。不妊の女と偏見を持たれていたが、すでに妊娠して6ヵ月。(37)分かった?神に不可能はないッ!!!」(38)「あ、あたしは神様の召使いッ!どうか仰せの通りにッ!!!」 ——ビュンッ—— すると、天使ガブリエルは姿を消した。


    仕えし者の心
    (ルカ 1:39,41-45 ALIVE訳)ユダにある山里—— そうと分かれば、いても立ってもいられない幸のマリヤは、急いで南に90㎞ほど離れたユダの山里へ向かった。(41)トンットンットン 「エリサベツ婆!ナザレのマリヤです!」 「ッ!」 「あーら!マリヤ!!!」 「エリサベツ婆!!!」 幸のマリヤが挨拶をした瞬間にエリサベツ婆の胎内の赤ちゃんがぴょんと飛んだ! ——ブオンッ—— それと同時にエリサベツ婆は神の霊に満たされた。(42)エリサベツ婆は大声で、 「マリヤ!あなたは誰よりも幸せな女よ!!!お腹の子も神様に祝福された!(43)あなたはわたしの王の母!そんなあなたがわざわざ会いにきてくれるだなんて・・・こんなわたしに・・・こんなわたしに・・・なぜここまで素晴らしいことばかり起きるのッ!!!(44)あなたの声を聞いたと同時に、お腹の子どもが喜んで踊ったの!(45)天の王があなたに告げたことが必ず起きると信じたから、あなたは祝福を授かった!あなたが信じたからこそよ!!!」
    (ルカ 17:33 ALIVE訳)この世の一生にしがみつく者はそれを失い、生涯を喜んで差し出す者はそれを手にする。 この世のために生きる者は、命を無駄にし、 神のために生きる者は、命をものにする。


    どうか仰せの通りにッ!
    (ローマ 8:8 ALIVE訳)だから、なおも古い自己中な自分に支配されて、過ちの性質に従い続ける人は、決して神が求めることを成し得ないのだ。
    (ピリピ 2:1-4 ALIVE訳)救世主にどれだけのものを与えられたか考えてみてほしい。どれだけ励まされたか、どれだけ愛と安らぎを注いでくれたか、神の霊を与えてくれ、どれだけ、情けをかけ、親切にしてくれたか。これほど祝福されたのだったら、(2)互いを愛し、心からうちとけ合い、心と思いと目的とを1つにして、私の気を晴らしておくれ。(3)何があっても、何をするにしても、自己中心的な思いや、プライドが動機にならないように。むしろ、謙虚に、他人を優先するんだ。(4)自分にとって何がベストかではなく、人にとって何がベストかを考えるんだ。
    (マルコ 10:44 ALIVE訳)1番になりたいなら、召使いのように彼らに仕えるんだ。

    グループでの質問と祈り
    マリヤの心からは何を学べますか?
    神様は今あなたを何に呼んでいますか?
    祈りましょう。


    (Luke 1:26b-32a ERV) God sent the angel Gabriel to a virgin girl who lived in Nazareth, a town in Galilee. (27)She was engaged to marry a man named Joseph from the family of David. Her name was Mary. (28)The angel came to her and said, “Greetings! The Lord is with you; you are very special to him.”(29)But Mary was very confused about what the angel said. She wondered, “What does this mean?”(30)The angel said to her, “Don’t be afraid, Mary, because God is very pleased with you. (31)Listen! You will become pregnant and have a baby boy. You will name him Jesus. (32)He will be great. People will call him the Son of the Most High God, and the Lord God will make him king
    (Luke 1:34-38 ERV) Mary said to the angel, “How will this happen? I am still a virgin.”(35)The angel said to Mary, “The Holy Spirit will come to you, and the power of the Most High God will cover you. The baby will be holy and will be called the Son of God.(36)And here’s something else: Your relative Elizabeth is pregnant. She is very old, but she is going to have a son. Everyone thought she could not have a baby, but she has been pregnant now for six months.(37)God can do anything!”(38)Mary said, “I am the Lord’s servant. Let this thing you have said happen to me!” Then the angel went away.

    Heart of A Servant
    (Luke 1:39,41-45 ERV) Mary got up and went quickly to a town in the hill country of Judea.(41) When Elizabeth heard Mary’s greeting, the unborn baby inside her jumped, and she was filled with the Holy Spirit.(42)In a loud voice she said to Mary, “God has blessed you more than any other woman. And God has blessed the baby you will have.(43)You are the mother of my Lord, and you have come to me! Why has something so good happened to me?(44)When I heard your voice, the baby inside me jumped with joy.(45)Great blessings are yours because you believed what the Lord said to you! You believed this would happen.”
    (Luke 17:33 ERV) “Whoever tries to keep the life they have will lose it. But whoever gives up their life will save it.

    Let this thing you have said happen to me!
    (Roman 8:8 ERV) Those who are ruled by their sinful selves cannot please God.
    (Philippians 2:1-4 ERV) Think about what we have in Christ: the encouragement he has brought us,the comfort of his love, our sharing in his Spirit,and the mercy and kindness he has shown us.If you enjoy these blessings, (2)then do what will make my joy complete: Agree with each other, and show your love for each other. Be united in your goals and in the way you think.(3)In whatever you do,don’t let selfishness or pride be your guide.Be humble, and honor others more than yourselves.(4)Don’t be interested only in your own life,but care about the lives of others too.
    (Mark 10:44 ERV) Whoever wants to be first must serve the rest of you like a slave.

    Lifegroup Questions and Prayer
    What can you learn from Mary’s heart?
    What is God calling you to now?
    Let’s pray.
  • Sep 3 2017

    喜びを奪われないで! – ピリピ3

    メッセンジャー:
    古賀 登牧師
    長さ:
    32:29
    (ピリピ3:1)最後に、私の兄弟たち。主にあって喜びなさい。前と同じことを書きますが、これは、私には煩わしいことではなく、あなたがたの安全のためにもなることです。
    (箴言 17:22)喜びを抱く心はからだを養うが、霊が沈みこんでいると骨まで枯れる。
    (2 テモテ 4:3)なぜなら、人々が真理のことばは耳ざわりだと敬遠し、自分につごうのよい話をする教師を求めて歩き回る時代が来るからです。
    -実際、ピリピの教会で何が起きていたのか?(何故この忠告をしたのか?)
    (ピリピ3:2-3 リビング訳)救われるためには割礼(男子の生殖器の包皮を切り取る儀式)を受ける必要があると教える、あの悪い連中を警戒してください。危険な犬ですから。肉体の一部を切り取りさえすれば、神様の子供になれるのではありません。霊をもって神様を礼拝する者こそ、神様の子供なのです。その礼拝こそが、ただ一つの真の「割礼」です。クリスチャンの誇れることと言ったら、キリスト・イエスが成し遂げてくださったわざだけです。自分で自分を救うことなどとてもできないと、よく知っているはずです。
    – どんな敵があったのか?

    1.方法(やり方)という敵
    (ピリピ3:14)キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。
    2.疑いという敵
    – 信じることに力がある
    (エペソ 1:19)また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あなたがたが知ることができますように
    (ピリピ3:20)けれども、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいます。

    ライフグループの質問と祈り
    1、喜びを持ち続けるために何ができる?
    2、ピリピ3から何を学べる?
    3、祈ろう!

    (Philippians 3:1) Further, my brothers and sisters, rejoice in the Lord! It is no trouble for me to write the same things to you again, and it is a safeguard for you.
    (Proverbs 17:22 NLT) A cheerful heart is good medicine, but a broken spirit saps a person’s strength.
    (2 Timothy 4:3 NLT) For a time is coming when people will no longer listen to sound and wholesome teaching. They will follow their own desires and will look for teachers who will tell them whatever their itching ears want to hear.
    What was actually happening in Philippian Church? (Why was he giving this warning?)
    (Philippians 3:2-3) Watch out for those dogs, those evildoers, those mutilators of the flesh. 3For it is we who are the circumcision, we who serve God by his Spirit, who boast in Christ Jesus, and who put no confidence in the flesh—
    – What kinds of enemies were there?

    1.The Enemy Of Methods (How To)
    (Philippians 3:14) I press on toward the goal to win the prize for which God has called me heavenward in Christ Jesus.
    2.The Enemy Of Doubt
    – There’s a power in believing
    “I also pray that you will understand the incredible greatness of God’s power for us who believe him. This is the same mighty power”
    ‭‭Ephesians‬ ‭1:19‬ ‭NLT‬‬
    “But we are citizens of heaven, where the Lord Jesus Christ lives. And we are eagerly waiting for him to return as our Savior.”
    ‭‭Philippians‬ ‭3:20‬ ‭NLT‬

    Lifegroup Questions & Prayer
    1、What can you do to keep your joy?
    2、What can you learn from Philippians 3?
    3、Let’s Pray!
  • (Philippians 1:27a NLT) Above all, you must live as citizens of heaven, conducting yourselves in a manner worthy of the Good News about Christ.
    (Philippians 3:17) Join together in following my example, brothers and sisters, and just as you have us as a model, keep your eyes on those who live as we do.
    (Philippians 2:25-30 NLT) Meanwhile, I thought I should send Epaphroditus back to you. He is a true brother, co-worker, and fellow soldier. And he was your messenger to help me in my need. (26) I am sending him because he has been longing to see you, and he was very distressed that you heard he was ill. (27) And he certainly was ill; in fact, he almost died. But God had mercy on him—and also on me, so that I would not have one sorrow after another. (28) So I am all the more anxious to send him back to you, for I know you will be glad to see him, and then I will not be so worried about you. (29) Welcome him in the Lord’s love and with great joy, and give him the honor that people like him deserve. (30) For he risked his life for the work of Christ, and he was at the point of death while doing for me what you couldn’t do from far away.

    Be a brother
    (1 John 3:16-18 NLT) We know what real love is because Jesus gave up his life for us. So we also ought to give up our lives for our brothers and sisters. If someone has enough money to live well and sees a brother or sister in need but shows no compassion—how can God’s love be in that person? Dear children, let’s not merely say that we love each other; let us show the truth by our actions.
    Be a worker
    (Philippians 1:5 NLT) for you have been my partners in spreading the Good News about Christ from the time you first heard it until now.
    (Philippians 2:2 NLT) Then make me truly happy by agreeing wholeheartedly with each other, loving one another, and working together with one mind and purpose.
    (Ephesians 2:10) For we are God’s handiwork, created in Christ Jesus to do good works, which God prepared in advance for us to do.

    God has given us the church a great mission … the mission requires a lot of work!
    This is amazing work!
    Work which God equips and empowers us to do.
    But we all have work to do!

    Be a soldier
    (Philippians 1:27 NLT) Above all, you must live as citizens of heaven, conducting yourselves in a manner worthy of the Good News about Christ. Then, whether I come and see you again or only hear about you, I will know that you are standing together with one spirit and one purpose, fighting together for the faith, which is the Good News.
    (John 1:12 NLT) But to all who believed him and accepted him, he gave the right to become children of God.

    (ピリピ1:27b JCB)あなたがたは、いつもキリストの福音にふさわしく生活するよう心がけてください。
    (ピリピ3:17 JCB)愛する皆さん。どうか私の生き方を見ならってください。また、私を手本として生きている人たちに目をとめてください。
    (ピリピ2:25-30)それはさておき、エパフロデトを、あなたがたのもとに帰さなければ、と考えています。よくぞ、困っていた私を助けるために、エパフロデトをよこしてくれました。彼と私は、血を分けた兄弟のように手を取り合って働き、戦ってきました。(26)いま彼に、そちらへ帰ってもらいます。彼は、あなたがた一同のことを思ってホームシックにかかっており、その上、自分の病気のことがそちらに知れたのをひどく気にしているからです。(27)病気のことはほんとうです。実際、危うくいのちを落とすところでした。しかし神は、エパフロデトをあわれんでくださったのです。もうこれ以上、悲しみが重ならないようにとの、私へのあわれみでもありました。(28)それで、エパフロデトを帰してやりたいと、心から願っています。あなたがたが彼に会って、感謝にあふれる姿が目に浮かぶからです。それは私にもうれしいことですし、心配も軽くなります。(29)どうか喜びにあふれ、主にあって迎えてやってください。また、その労をねぎらい、感謝の気持ちを表してください。(30)なぜなら、彼はいのちがけでキリストのために働き、今にも死にそうな目に会ったからです。彼は離れているあなたがたに代わって、私に尽くしてくれたのです。

    兄弟になる
    (1ヨハネ3:16-18)キリストは、私たちのために進んでいのちを捨ててくださいました。そのことによって、私たちは愛を知ったのです。ですから、私たちも兄弟のために、いのちを捨てるべきです。(17)自分ではぜいたくに暮らしていながら、困っている兄弟がいても、見て見ぬふりをするとしたらどうでしょう。どうして、その人に神の愛があると言えるでしょう。(18)子どもたちよ。口先だけで人を愛するのではなく、真実をこめて愛し、実践によって神の愛を示そうではありませんか。

    働く者になる
    (ピリピ1:5)それは、あなたがたが福音(イエス・キリストによる救いの知らせ)を初めて聞いた日から今日まで、全力をあげて、その知らせを宣べ伝える働きに協力してくれたからです。

    (ピリピ2:2)もしそうなら、互いに愛し合い、心から打ち解け合い、思いと目的とを一つにして共に働き、私を心から喜ばせてください。
    (エペソ2:10)私たちをこのように造り変え、キリスト・イエスによる新しい生活に入れてくださったのは神です。この新しい生活は、神がずっと以前から計画してくださったものであり、私たちが互いに助け合って過ごすためでした。

    神様は私たち教会に素晴らしいミッションを与えてくれた – ミッションには沢山の働きが必要!
    素晴らしい働き!
    神様との働きは私たちを整え、それが出来るように強めてくれる!
    でも私たちみんなにすることがある!

    戦士になる
    (ピリピ1:27 JB)しかし、たとえ私の身にどんなことが降りかかろうと、あなたがたは、いつもキリストの福音にふさわしく生活するよう心がけてください。そうすれば、もう一度会えるにしても、会えないにしても、あなたがたについて、いつでもうれしい報告を聞けるでしょうから。つまり、あなたがたが、キリストの福音を宣べ伝えるという一つの目標に向かって、しっかり一つとなり…
    (ヨハネ 1:12 ALIVE訳)しかし、中には“彼”を受け入れ、信じる人もいた。そんな人に“彼”は、神の子どもとなる権利を与えた。