羊飼いの声 (詩篇23:1-3)主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。(2)主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。(3)主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。 羊飼い –導く –養う –守る –羊飼いの声(知らない人の声じゃない)- 関係、食事、導き、守り。 1.「良い羊飼いの声」 (良いものしかもたらさない- ヨハネ10:10) (ヨハネ10:10)盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。 2.個人的な声 3. 内側の声 a.-子どもに聞こえる(サムエル) (1サムエル3:8)主が三度目にサムエルを呼ばれたとき、サムエルは起きて、エリのところに行き、「はい。ここにおります。私をお呼びになったので」と言った。そこでエリは、主がこの少年を呼んでおられるということを悟った。 b.王様に聞こえる(クロス) (2歴代誌36:22-23)ペルシヤの王クロスの第一年に、エレミヤにより告げられた主のことばを実現するために、主はペルシヤの王クロスの霊を奮い立たせたので、王は王国中におふれを出し、文書にして言った。(23)「ペルシヤの王クロスは言う。『天の神、主は、地のすべての王国を私に賜った。この方はユダにあるエルサレムに、ご自分のために宮を建てることを私にゆだねられた。あなたがた、すべて主の民に属する者はだれでも、その神、主がその者とともにおられるように。その者は上って行くようにせよ。』」 c.- ノンクリスチャンに聞こえる(アブラハム) (創世記12:1)主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。 – 種をまく人のたとえ話 (ルカ8:5-8)「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。蒔いているとき、道ばたに落ちた種があった。すると、人に踏みつけられ、空の鳥がそれを食べてしまった。(6)また、別の種は岩の上に落ち、生え出たが、水分がなかったので、枯れてしまった。(7)また、別の種はいばらの真中に落ちた。ところが、いばらもいっしょに生え出て、それを押しふさいでしまった。(8)また、別の種は良い地に落ち、生え出て、百倍の実を結んだ。」イエスは、これらのことを話しながら「聞く耳のある者は聞きなさい。」と叫ばれた。 d.-逃げ出したクリスチャンに聞こえる (1列王記19:9,12)彼はそこにあるほら穴に入り、そこで一夜を過ごした。すると、彼への主のことばがあった。主は「エリヤよ。ここで何をしているのか」と仰せられた。(12)地震のあとに火があったが、火の中にも主はおられなかった。火のあとに、かすかな細い声があった。 e.クリスチャンは聞き続ける –聖霊– 語り、教え、正し、真理をもたらす (ヨハネ14:26)しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、また、わたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。 どのように? –神様のことば – 良心 –人生で先を歩むクリスチャンの良い友だち –静かな小さな声 –夢やビジョン –ジャーナル Voice of the Shepherd (Psalm 23:1-3) The Lord is my shepherd, I lack nothing. (2) He makes me lie down in green pastures, he leads me beside quiet waters, (3) he refreshes my soul. He guides me along the right paths for his name’s sake. The shepherd -leads -feeds  -protects  -It’s the shepherd’s voice – (not a strangers voice) about relationship, food, guidance, protection. 1.It’s ‘the good shepherd’s voice’ (It brings only good – John 10:10) (John 10:10) The thief comes only to steal and kill and destroy; I have come that they may have life, and have it to the full. 2.It’s a personal voice I know 3.It’s a voice within a.-Children hear it (Samuel) (1 Samuel 3:8) A third time the Lord called, “Samuel!” And Samuel got up and went to Eli and said, “Here I am; you called me.” Then Eli realized that the Lord was calling the boy. b.-Kings hear it (Cyrus) (2 Chronicles 36:22-23) In the first year of Cyrus king of Persia, in order to fulfill the word of the Lord spoken by Jeremiah, the Lord moved the heart of Cyrus king of Persia to make a proclamation throughout his realm and also to put it in writing: (23) “This is what Cyrus king of Persia says:“‘The Lord, the God of heaven, has given me all the kingdoms of the earth and he has appointed me to build a temple for him at Jerusalem in Judah. Any of his people among you may go up, and may the Lord their God be with them.’” c.-Non-christians can hear it – (Abraham) (Genesis 12:1) The Lord had said to Abram, “Go from your country, your people and your father’s household to the land I will show you. -Parable of the sower (Luke 8:5-8) “A farmer went out to sow his seed. As he was scattering the seed, some fell along the path; it was trampled on, and the birds ate it up. (6) Some fell on rocky ground, and when it came up, the plants withered because they had no moisture. (7) Other seed fell among thorns, which grew up with it and choked the plants. (8) Still other seed fell on good soil. It came up and yielded a crop, a hundred times more than was sown.” When he said this, he called out, “Whoever has ears to hear, let them hear.” d.-Runaway christians hear it (1 Kings 19:9,12) There he went into a cave and spent the night. And the word of the Lord came to him: “What are you doing here, Elijah?” (12) After the earthquake came a fire, but the Lord was not in the fire. And after the fire came a gentle whisper. e.Christians continually hear it -The Holy Spirit – speaks, teachers ,corrects, brings truth. (John 14:26) But the Advocate, the Holy Spirit, whom the Father will send in my name, will teach you all things and will remind you of everything I have said to you. How? -The Word of God – conscience  -good christian friends ahead of you in the journey of life -“Still small voice’ -dreams and visions -journal