Jesus reveals his heart for all people Getting ready for Easter -Jesus, the good shepherd reveals the plans for his death (John 10:10,15,17-18) The thief comes only to steal and kill and destroy; I have come that they may have life, and have it to the full.(15) just as the Father knows me and I know the Father—and I lay down my life for the sheep. (17) The reason my Father loves me is that I lay down my life—only to take it up again. (18) No one takes it from me, but I lay it down of my own accord. I have authority to lay it down and authority to take it up again. This command I received from my Father. The last supper – in 3 dramatic scenes 1.Scene 1: The foot-washing reveals his heart for his disciples (John 13:1-5,15) It was just before the Passover Festival. Jesus knew that the hour had come for him to leave this world and go to the Father. Having loved his own who were in the world, he loved them to the end. (2) The evening meal was in progress, and the devil had already prompted Judas, the son of Simon Iscariot, to betray Jesus. (3) Jesus knew that the Father had put all things under his power, and that he had come from God and was returning to God; (4) so he got up from the meal, took off his outer clothing, and wrapped a towel around his waist. (5) After that, he poured water into a basin and began to wash his disciples’ feet, drying them with the towel that was wrapped around him. (15) I have set you an example that you should do as I have done for you. -The good shepherd loves us, washes us, knows us, shows us. 2.Scene 2: Jesus’ offer reveals hope for the betrayer (John 13:2,18,21-27) The evening meal was in progress, and the devil had already prompted Judas, the son of Simon Iscariot, to betray Jesus. (18) “I am not referring to all of you; I know those I have chosen. But this is to fulfill this passage of Scripture: ‘He who shared my bread has turned against me. (21) After he had said this, Jesus was troubled in spirit and testified, “Very truly I tell you, one of you is going to betray me.” (22) His disciples stared at one another, at a loss to know which of them he meant. (23) One of them, the disciple whom Jesus loved, was reclining next to him. (24) Simon Peter motioned to this disciple and said, “Ask him which one he means.” (25) Leaning back against Jesus, he asked him, “Lord, who is it?” (26) Jesus answered, “It is the one to whom I will give this piece of bread when I have dipped it in the dish.” Then, dipping the piece of bread, he gave it to Judas, the son of Simon Iscariot. (27) As soon as Judas took the bread, Satan entered into him. So Jesus told him, “What you are about to do, do quickly.” -The good shepherd offers all communion (including Judas) -The sad truth not all with be in heaven 3.Scene 3: The communion meal reveals his heart for the sinner (1 Corinthians 11:23-26 The Message) Let me go over with you again exactly what goes on in the Lord’s Supper and why it is so centrally important. I received my instructions from the Master himself and passed them on to you. The Master, Jesus, on the night of his betrayal, took bread. Having given thanks, he broke it and said, This is my body, broken for you. Do this to remember me. After supper, he did the same thing with the cup: This cup is my blood, my new covenant with you. Each time you drink this cup, remember me. What you must solemnly realize is that every time you eat this bread and every time you drink this cup, you reenact in your words and actions the death of the Master. You will be drawn back to this meal again and again until the Master returns. You must never let familiarity breed contempt. -the power of the body of Jesus. -the power f the blood of Jesus.  *The promise of death and then resurrection. (John 12:23-24, 32,33 The Message) Jesus answered, “Time’s up. The time has come for the Son of Man to be glorified. (24) “Listen carefully: Unless a grain of wheat is buried in the ground, dead to the world, it is never any more than a grain of wheat. But if it is buried, it sprouts and reproduces itself many times over. (32) And I, as I am lifted up from the earth, will attract everyone to me and gather them around me.” (33) He put it this way to show how he was going to be put to death. Lifegroup Questions & Prayer 1..How does this story impact your life? 2.How thankful are we for his death and resurrection?  3.Let’s pray with joy and thanks. イエスは全ての人に対する思いを明らかにした もうすぐイースター –イエス-良い羊飼いは自分の死にある計画を明らかにした (ヨハネ10:10, 15, 17-18 リビング訳)強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。しかしわたしが来たのは、いのちをあふれるほど豊かに与えるためです。(15)わたしの父がわたしを知っておられ、わたしも父を知っているのと同じです。わたしは羊のためにいのちを捨てるのです。(17)わたしが再びいのちを得るためにいのちを投げ出すからこそ、父はわたしを愛してくださいます。(18)だれもわたしの意に反して、わたしを殺すことはできません。わたしが、自分から進んでいのちを捨てるのです。わたしには、いのちを自由に捨て、もう一度それを得る権威と力があるからです。父がこの権威を下さったのです。 最後の晩餐–ドラマチックな3シーン 1.足を洗うことで弟子たちへの思いを明らかにした (ヨハネ13:1-5,15 リビング訳)過越の祭りの前に、イエスは、いよいよこの世を去って父のもとに帰る最後の時が来たことを知り、弟子たちに対する愛を余すところなく示されました。(2)夕食の間のことです。悪魔はすでに、シモンの子イスカリオテのユダに、「今夜こそ、かねてからの計画を実行に移す絶好の時だ」という思いを吹き込んでいました。(3)イエスは、父がすべてのものを与えてくださったことと、自分が神のもとから来て、また神のもとに帰ろうとしていることを知り、(4)夕食の席からゆっくり立ち上がり、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰に巻かれました。(5)そしてたらいに水を入れ、弟子たち一人一人の足を洗い、腰の手ぬぐいでふき始められたのです。(15)わたしは模範を示したのです。わたしがしたとおりに、あなたがたもしなさい。 –良い羊飼いは私たちを愛し、私たちを洗い、私たちを知り、私たちに示してくれる。 2.イエスのオファーは裏切り者に対する希望を明らかにした (ヨハネ13:2,18.21-27)夕食の間のことです。悪魔はすでに、シモンの子イスカリオテのユダに、「今夜こそ、かねてからの計画を実行に移す絶好の時だ」という思いを吹き込んでいました。(18)あなたがた全員にこう言っているのではありません。あなたがたを選んだのは、このわたしです。ですから、一人一人がどんな人間かよく知っています。聖書には、『わたしと食事を共にしている者が、わたしを裏切る』(詩篇41・9)とはっきり書いてあるでしょう。いいですか。まもなく、そのとおりのことが起こるのです。(21)ここでイエスは、込み上げる霊の悲しみを抑え、言われました。「あなたがたに言います。あなたがたのうちの一人が、わたしを裏切ります。」(22)弟子たちは、だれのことを言われたのか見当もつきません。困惑して顔を見合わせるばかりです。(23)イエスに愛された弟子の私(筆者の使徒ヨハネ)は、食卓では先生の隣に座っていました。(24)シモン・ペテロが私に、「そんな恐ろしいことをしでかすのは、いったいだれか聞いてくれ」と合図を送ってきました。(25)そこで私は先生に、「主よ。だれがそんなことを?」と尋ねました。(26)「わたしの手でスープに浸したパンを与える者がそうです。」こう言うと、イエスはパンを浸し、イスカリオテのシモンの子ユダに与えられたのです。(27)ユダがそのパンを口に入れたその時、サタンがユダの心に入り込みました。そこでイエスはユダに、「さあ、急いで、することをしなさい」と言われました。 – 良い羊飼いは全ての人に聖餐を与えた(ユダも) –悲しい真実は全ての人が天国に行くわけではない 3.Scene 3: 聖餐式は罪人に対するイエスの心を明らかにした (1コリント11:23-26 メッセージ訳からの直訳)聖餐式で何が起こり、なぜ最も重要なのかということをもう一度伝えよう。私はイエスご自身から、指示を受け、それをあなたたちに伝えた。主イエスは、裏切られた夜、パンと取った。感謝をして、割き、言った。「これは、あなたがたのために砕かれたわたしのからだ。わたしのことを思い出すために食べて。食事の後、同じように杯を持った。これは、あなたがたと結ぶ新しい契約であるわたしの血。これを飲む度に、わたしのことを思い出すように。心から、はっきりと理解すべきことは、このパンを食べ、この杯を飲む度に、あなたは自分のことばと行動を通して、イエスの死を示しているということだ。イエスが戻ってくるまで、何度も何度もあなたは、この食事に戻ってくるだろう。このことを決して当たり前なものにするな。 –イエスの身体にある力 –イエスの血にある力 死と復活の約束 (ヨハネ12:23-24, 32, 33 メッセージ訳からの直訳)イエスは答えた。「もう時間だ。人の子が栄光に輝くときがやってきた。(24)しっかり聞いてほしい。小麦の粒は、土に埋めて、死ななければ、ただの一粒の麦でしかない。しかし、埋めると、芽を出し、自ら何度も何度も小麦を産み出す。(32)そして、わたしが、この地上から引き上げられるとき、わたしは全ての人を引きつけ、人々がわたしの元へ集まる。」(33)イエスは、このようにして、自分が死ぬことを示した。 ライフグループでの質問と祈り 1.このストーリーは、あなたの人生にどんな影響を与えますか? 2.私たちはイエスの死と復活にどれほど感謝していますか? 3.喜びと感謝を持って一緒に祈ろう!