That’s My Daddy (Praying Like Sons And Daughters) 僕のパパ(息子と娘のように祈る) (Luke 11:1-4) One day Jesus was praying in a certain place. When he finished, one of his disciples said to him, “Lord, teach us to pray, just as John taught his disciples.” (2) He said to them, “When you pray, say: “ ‘Father, hallowed be your name, your kingdom come. (3) Give us each day our daily bread. (4) Forgive us our sins, for we also forgive everyone who sins against us. And lead us not into temptation.’” (ルカ 11:1-4 ALIVE訳)ある日のこと――イエスは今日も1人で祈っていた。祈り終わって戻ってくると、一味の1人が前にでた。 「先生、洗礼者(バプティスト)ヨハネが弟子に教えたように、俺たちにも祈り方を教えてくれないか?」 (2)「ああ、こう祈れ。 父さん(神)、あなたの名がいつまでも誰よりも讃えられるように!あなたの王国(キングダム)よ、来い!(3)毎日必要な食糧の調達を!(4)俺たちを赦してくれ!俺たちも酷い人を赦した!どうか俺たちを誘惑から守ってくれ!」――【決して、神に命令しているのではなく、親子の関係を表した“祈り”を教えたのだった】 Our Father in heaven …. 「天の父さん」 -Praise 賛美 -Purpose 目的 -Provision 備え -Peace 平安 -Protection 守り 1.God as “Father” Foreshadowed in OT 15 times 旧約聖書では15回、神様が“お父さん”だと予示されている (Isaiah 9:6) For to us a child is born, to us a son is given, and the government will be on his shoulders. And he will be called Wonderful Counselor, Mighty God, Everlasting Father, Prince of Peace. (イザヤ 9:6)ひとりのみどりごがわれわれのために生れた、ひとりの男の子がわれわれに与えられた。まつりごとはその肩にあり、その名は、「霊妙なる議士、大能の神、とこしえの父、平和の君」ととなえられる。 (1 Chronicles 29: 10) David praised the Lord in the presence of the whole assembly, saying, “Praise be to you, Lord, the God of our father Israel, from everlasting to everlasting. (1 列王記 29:10)ダビデは全集団の目の前で主をほめたたえた。ダビデは言った。「私たちの父イスラエルの神、主よ。あなたはとこしえからとこしえまでほむべきかな。 (Isaiah 64:8) Yet you, Lord, are our Father. We are the clay, you are the potter; we are all the work of your hand. (イザヤ 64:8 JCB)しかし主よ、それでもなお、神は私たちの父です。私たちは粘土で、神は陶器師です。私たちはみな御手によって造られました。 (Malachi 2:10) Do we not all have one Father ? Did not one God create us? Why do we profane the covenant of our ancestors by being unfaithful to one another? (マラキ 2:10)私たちはみな、ただひとりの父を持っているではないか。ただひとりの神が、私たちを創造したではないか。なぜ私たちは、互いに裏切り合い、私たちの先祖の契約を汚すのか。 (John 5:17-18) In his defense Jesus said to them, “My Father is always at his work to this very day, and I too am working.” 18For this reason they tried all the more to kill him; not only was he breaking the Sabbath, but he was even calling God his own Father, making himself equal with God. (ヨハネ 5:17-18 JCB)ところが、イエスはお答えになりました。「わたしの父は、絶えず良い働きをしておられます。わたしはその模範にならっているのです。」(18)これを聞いたユダヤ人の指導者たちは、ますます、イエスを殺そうと思うようになりました。イエスが安息日のおきてを破ったばかりか、事もあろうに神を「父」と呼んで、自分を神と等しい者としたからです。 2.Invited into close relationship in NT by Jesus. 新約聖書ではイエスによって親密な関係に招かれている Jesus uses ‘The father” 120 times in John. ヨハネの書では120回イエスは「お父さん」という言葉を使っている Over 30 times Jesus describes self as “Son of God’ or ‘the son’ 30 times. 30回以上、イエスは自らを「神の息子」と説明し、30回「息子」と言った。 (John 5:17-18) In his defense Jesus said to them, “My Father is always at his work to this very day, and I too am working.” 18For this reason they tried all the more to kill him; not only was he breaking the Sabbath, but he was even calling God his own Father, making himself equal with God. (ヨハネ 5:17-18 JCB)ところが、イエスはお答えになりました。「わたしの父は、絶えず良い働きをしておられます。わたしはその模範にならっているのです。」(18)これを聞いたユダヤ人の指導者たちは、ますます、イエスを殺そうと思うようになりました。イエスが安息日のおきてを破ったばかりか、事もあろうに神を「父」と呼んで、自分を神と等しい者としたからです。 3.Paul invites us into in praying as sons パウロも息子のように祈ることへ私達を導いてくれている (Romans 8:14-17) For those who are led by the Spirit of God are the children of God. 15The Spirit you received does not make you slaves, so that you live in fear again; rather, the Spirit you received brought about your adoption to sonship. And by him we cry, “Abba, Father.” (16) The Spirit himself testifies with our spirit that we are God’s children. (17) Now if we are children, then we are heirs—heirs of God and co-heirs with Christ, if indeed we share in his sufferings in order that we may also share in his glory. (ローマ8:14-17 ALIVE訳)神の霊によって導かれる者はだれでも、神の子どもだからだ。(15)そこで私たちは、奴隷のように、いつもびくびく恐れる必要はもうないのだ。神の家族の中に、子どもとしてあたたかく迎え入れられたのだから。神の霊が私たちを実の子どもとし、神をアバ父さんと呼ばせてくれるのだ ――【アバ:アラム語で小さな子どもがお父さんを呼ぶとき「パパ」のように使われる】(16)というのは、神の霊が、私たちの心の奥底に、私たちはほんとうに神の子どもだよ、と語りかけてくれるからだ。(17)そして、私たちは神の子どもなのだから、神の財産を分け前にあずかる。神が一人子ひとりご・イエスキリストに与えたものは、今では私たちのものでもあるからだ。しかし、私たちが神の一人子の栄光を共に受けるのなら、当然、その苦難をも受けなければならない。 My prayer journey... 祈りの旅… 1.First Simple and personal まずは、シンプルで個人的 2.Then Complex and mystical そして、複雑で不思議なこと 3.Then Long and disheartening; or Early and impossible. 次に長くてがっかりするようなこと:まだ不可能なこと 4.Finally confident in Simple and personal (again). Start your prayer with “My father in heaven …”  最後に、(また)自信を持ってシンプルで個人的。「天の父さん」から祈りを始める -Achievable できる -Sustainable 続けやすい -Powerful パワフル