Poetry 詩 Poetry- 33% (1/3rd of all Bible is this form) ジャンル – 33%(聖書の3分の1はこのタイプ) -New way of thinking 新しい考え方 1. Style - (not rhyme) but metaphors (pictures), songs, memory aids (acrostics)  スタイル – (韻ではない) 比喩(光景)、曲、覚えやすい(折句) a. Imagery –e.g. light and dark, spirit brooding, God speaking. イメージ- 例:光と闇、 b. Repetition 繰り返し c. Comparison 比較 Poetry includes: Songs, rhythmic lines (like poetry and rap music), prayers 詩はこれらも含む:曲、リズミカル(詩やラップのように、祈り There are themes including: テーマとして、他には: -Sad Songs (laments) 悲しい曲(哀歌) -Thanksgiving and Praise 感謝と賛美 -History and salvation/overcoming 歴史と救い・乗り越え -Celebration 祝い -Messianic promises 救世主的な約束 2. Hebrew poetry was ヘブル語の詩は -imagery イメージ -musical ミュージカル -emotive 感情的 -memorable 覚えやすい -unifying 団結 3. Hebrew context is important ヘブルの文脈が重要 4. It was theological truth, but in picture form 神学的な真理、だけどイメージの形式で (Psalm 23:1 NKJV) The Lord is my shepherd; I shall not want. (詩篇 23:1 新改訳)主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。 -Poetry didn't need to explain the ‘how', but the ‘what' and the ‘why’. 詩は「どのように」を説明する必要はなく、「なに」と「なぜ」を説明するため。 (e.g. Genesis Chapters 1-2) (例: 創世記1-2章) 5. It was learning about us and God 私たちと神様のことを学ぶため -Worship ワーシップ -Relate honestly to him and seek him 素直に神様と関係を持ち求める -Reflect on lessons, thoughts and journey レッスン、考え、旅路について考える -The Main point メインのポイント -The point of Who is God? what is he like? What is his focus?  神様は誰なのか?どのような存在なのか?フォーカスは何なのか? Journal: ジャーナル (Ps 23) The Lord is my shepherd; I shall not want. (2) He makes me to lie down in green pastures; He leads me beside the still waters. (3) He restores my soul; He leads me in the paths of righteousness For His name’s sake. (4) Yea, though I walk through the valley of the shadow of death, I will fear no evil; For You are with me; Your rod and Your staff, they comfort me. (5) You prepare a table before me in the presence of my enemies; You anoint my head with oil; My cup runs over. (6) Surely goodness and mercy shall follow me All the days of my life; And I will dwell in the house of the Lord Forever. (詩篇 23)主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。(2)主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。(3)主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。 (4)たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。(5)私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。私の杯は、あふれています。(6)まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。