(創世記 32:22-31 JCB)(22-24)しかし、やはり心配でなかなか眠れません。まだ夜中だというのに起き出し、二人の妻と二人のそばめ、十一人の子どもたちを連れてヨルダン川を越えました。全員が無事にヤボクの渡しを渡り終えるのを見届けると、ヤコブは一人で、もう一度テントに戻りました。もう全く一人きりです。と、そこへ一人の人が現れ、二人は明け方まで格闘を続けました。(25)なかなか勝負がつきません。その人はヤコブに勝てないとわかると、ヤコブの腰を打って関節をはずしてしまいました。 (26)「もう行かせてくれ。じきに夜が明ける。」その人が頼みました。しかしヤコブは、はあはあと息を切らせながら答えました。「私を祝福してくださるまでは絶対に放しません。」(27)「あなたの名前は何というのか。」「ヤコブです。」(28)「いや、もうヤコブではない。神と戦い、人と戦って強さを示したのだから、イスラエルと変えるがいい。」(29)「よろしければ、お名前を聞かせてください。」「いや、それはできない。」そう答えると、その人はその場でヤコブを祝福しました。(30)ヤコブはそこをペヌエル〔「神の顔」の意〕と名づけました。彼が、「神様と直接お会いしたのに、死なずにすんだ」と言ったからです。(31)さあ、出発です。日も昇りました。しかし、腰の関節がはずれていたので、足を引きずらなければなりませんでした。(32)イスラエル人が今でも腰のすじ肉を食べないのは、ここに由来があります。 (Genesis 32:22-31 NIV) That night Jacob got up and took his two wives, his two female servants and his eleven sons and crossed the ford of the Jabbok. (23)After he had sent them across the stream, he sent over all his possessions. (24)So Jacob was left alone, and a man wrestled with him till daybreak. (25)When the man saw that he could not overpower him, he touched the socket of Jacob’s hip so that his hip was wrenched as he wrestled with the man. (26)Then the man said, “Let me go, for it is daybreak.” But Jacob replied, “I will not let you go unless you bless me.” (27)The man asked him, “What is your name?” “Jacob,” he answered. (28)Then the man said, “Your name will no longer be Jacob, but Israel, because you have struggled with God and with humans and have overcome.” (29)Jacob said, “Please tell me your name.” But he replied, “Why do you ask my name?” Then he blessed him there. (30)So Jacob called the place Peniel, saying, “It is because I saw God face to face, and yet my life was spared.” (31)The sun rose above him as he passed Peniel, and he was limping because of his hip. (32)Therefore to this day the Israelites do not eat the tendon attached to the socket of the hip, because the socket of Jacob’s hip was touched near the tendon. (ヘブル 4:15-16 ALIVE訳) この大祭司は、私たちと同じ試練に会ったので、人間の弱さをよく知っている。 しかし、ただの一度も、誘惑に負けて過ちを犯したことはない。(16)だから、迷わず、思いきって、神の王座に近づいて情けを求め、必要な時に必ず与えられる恵みを、いただこうではないか! (Hebrews 4:15-16 ERV) Jesus, our high priest, is able to understand our weaknesses. When Jesus lived on earth, he was tempted in every way. He was tempted in the same ways we are tempted, but he never sinned. (16)With Jesus as our high priest, we can feel free to come before God’s throne where there is grace. There we receive mercy and kindness to help us when we need it. (2コリント 12:7-10 口語訳) そこで、高慢にならないように、わたしの肉体に一つのとげが与えられた。それは、高慢にならないように、わたしを打つサタンの使なのである。(8)このことについて、わたしは彼を離れ去らせて下さるようにと、三度も主に祈った。(9)ところが、主が言われた、「わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」。それだから、キリストの力がわたしに宿るように、むしろ、喜んで自分の弱さを誇ろう。(10)だから、わたしはキリストのためならば、弱さと、侮辱と、危機と、迫害と、行き詰まりとに甘んじよう。なぜなら、わたしが弱い時にこそ、わたしは強いからである。 (2 Corinthians 12:7-10 ESV) So to keep me from becoming conceited because of the surpassing greatness of the revelations, a thorn was given me in the flesh, a messenger of Satan to harass me, to keep me from becoming conceited. (8)Three times I pleaded with the Lord about this, that it should leave me. (9)But he said to me, "My grace is sufficient for you, for my power is made perfect in weakness." Therefore I will boast all the more gladly of my weaknesses, so that the power of Christ may rest upon me. (10)For the sake of Christ, then, I am content with weaknesses, insults, hardships, persecutions, and calamities. For when I am weak, then I am strong. 弱さはギフト! Weakness is the Gift! (2コリント 12:7-10 メッセージ訳からの直訳) それらの素晴らしい啓示で、私が頭でっかちにならないために、自分の限界が常にわかるよう、このハンディキャップがギフトとして与えられた。サタンの天使は私を引きずり落とそうとベストを尽くしたが、逆に私をひざまずかせてくれた。そうすれば高慢に歩く危険がない!初めはそれをギフトとしては考えることできなかったので、神に取り除いてくれるようにお願いした。私は三度もお願いをしたが、神は言った。あなたの必要はすべて備えた、私の恵みで十分だ。私の強さが自ら、あなたの弱さに入ってくる。それを聞いた時、私はその状態であることを喜んだ。だからこのハンディキャップにフォーカスするのをやめて、ギフトとして感謝をしはじめた。これがキリストの強さを、自分の弱さに働かせる真相だった。今では自分の限界を喜び、大きな歩幅となるように、これらの制限が自分を小さくしてくれる(侮辱、危機、迫害、失態)。私はただキリストに引き継いでもらう!そうして私が弱くなればなるほど、私は強くなる。 (2 Corinthians 12:7-10 MSG) Because of the extravagance of those revelations, and so I wouldn’t get a big head, I was given the gift of a handicap to keep me in constant touch with my limitations. Satan’s angel did his best to get me down; what he in fact did was push me to my knees. No danger then of walking around high and mighty! At first I didn’t think of it as a gift, and begged God to remove it. Three times I did that, and then he told me, My grace is enough; it’s all you need. My strength comes into its own in your weakness. Once I heard that, I was glad to let it happen. I quit focusing on the handicap and began appreciating the gift. It was a case of Christ’s strength moving in on my weakness. Now I take limitations in stride, and with good cheer, these limitations that cut me down to size—abuse, accidents, opposition, bad breaks. I just let Christ take over! And so the weaker I get, the stronger I become. 弱さに感謝し、イエスを誇ろうや! Give Thanks for Your Weakness and Boast About Jesus!