ロド プラマー牧師

すべてのスピーカーを表示

  • Jul 30 2017

    喜びをもって神様に仕える

    メッセンジャー:
    ロド プラマー牧師
    長さ:
    36:55
    (詩篇100:2) 喜びをもって主に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。
    パウロは汚い牢獄から手紙を書いているのに、それでもピリピの人たちの祝福を祈っている。
    (ピリピ1:9)私は祈っています。あなたがたの愛が真の知識とあらゆる識別力によって、いよいよ豊かになり…
    -まだ、もっと
    -もっと、もっと
    -もっと、もっと何?・・・豊かに!
    -知覚-異なるレベルや深さ、3Dのイメージが見える。
    識別する- かすんだ道徳価値を「切り開き」、本当のものを判断すること
    Q: どうして、偉大な愛が素晴らしい知覚(感じ方)に繋がるの?どうして、これが大切?
    A: 影響力と使命を持って、神様のために生きるため! -> (10節)
    (ピリピ1:10)あなたがたが、真にすぐれたものを見分けることができるようになりますように。またあなたがたが、キリストの日には純真で非難されるところがなく..
    -成功するために、試練に合う。
     エクセレンス – (最後まで)責任をもち続ける、優れたもの。
    -ピュア- 太陽光のように輝く – 霊的なビジョンで。
    -傷から自由、傷つけず、攻撃を発しない。
    (ピリピ1:11)イエス・キリストによって与えられる義の実に満たされている者となり、神の御栄えと誉れが現わされますように。
    -満たされている – もうすでに完了している
    -義の実 –全てはイエス!
    (ガラテヤ5章)愛、喜び、平安、困難と向き合う力。
    例) 1- 牢獄の中にいるパウロ(でも2000年後の私たちのために書物を書いている)
    (ピリピ1:12)さて、兄弟たち。私の身に起こったことが、かえって福音を前進させることになったのを知ってもらいたいと思います。
    例) 1- 牢獄の中にいるヨセフ(でも、3500年後の私たちのために模範となっている)
    (創世記50:20)あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。
    -結論:
    だから、愛そう・・・全ての状況でもっと大きなイメージが見れるように。
    だから、愛そう・・良いもので満たされるように、大変なときに、将来への準備ができるように。

    (Psalm 100:2) Worship the Lord with gladness; come before him with joyful songs.
    -Paul writing from filthy prison. Yet he is praying for Philippians blessing
    (Philippians 1:9 NHEB) This I pray, that your love may abound yet more and more in knowledge and all discernment;
    -still, more
    -more and more
    -More and more what? … abound!
    -perception – able to see levels, depths, 3D picture.
    -discernment which “cuts through” hazy moral values to really “size things up
    Q: Why does great love lead to great perception? And why is this important?
    A: Live for God with influence and destiny. —> (v.10)
    (Philippians 1:10 NEHB) so that you may approve the things that are excellent; that you may be sincere and without offense to the day of Christ;
    -to put to the test in order to succeed.
    -excellence – to take all the way through (i.e. to the end), excellence.
    -pure- shining like the sun’s rays – i.e. with spiritual vision
    -free from hurt, not offending and not causing offence.
    (Philippians 1:11 NEHB) being filled with the fruit of righteousness, which are through Jesus Christ, to the glory and praise of God.
    -having been filled – it’s a done deal
    -fruit of righteousness. It’s all Jesus!
    (Galatians 5) love, joy, peace, able to cope with difficulty.
    eg. 1 – Paul in prison (yet writing books for us 2,000 years later)
    (Philippians 1:12) Now I want you to know, brothers and sisters, that what has happened to me has actually served to advance the gospel.
    eg. 2 – Joseph in prison (yet able to be an example for us 3,500 years later)
    (Genesis 50:20) You intended to harm me, but God intended it for good to accomplish what is now being done, the saving of many lives.
    -Conclusion:
    So love … to able to see the big picture in every situation.
    So love … to be filled with good things – in the hard times – ready for the future.
  • Jul 30 2017

    祝福のバウンス

    メッセンジャー:
    ロド プラマー牧師
    長さ:
    43:24
    祝福のバウンス
    祝福のバウンス
    (ルカ18:15-16)イエスにさわっていただこうとして、人々がその幼子たちを、みもとに連れて来た。ところが、弟子たちがそれを見てしかった。(16)しかしイエスは、幼子たちを呼び寄せて、こう言われた。「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。
    -聖書では祝福が400回ほど使われている
    どういう意味?
    何かに対して良いことばを放つこと。
    「良い」+「ことば」
    弟子たちは罵っている:何かに対して悪いことばを放つ。
    1.神様はいつも祝福のバウンスを始める–それが神様!
    (創世記1:28)神は彼らを祝福された。神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。」
    2.アブラハムに祝福が飛び込んだ
    (創世記12:1-3)主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。(2)そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。(3)あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」
    3. 信じる人たちに祝福は飛び込む
    (ガラテヤ3:9)そういうわけで、信仰による人々が、信仰の人アブラハムとともに、祝福を受けるのです。
    (箴言10:22)主の祝福そのものが人を富ませ、人の苦労は何もそれに加えない。

    The Blessing Bounce
    (Luke 18:15-16) People were also bringing babies to Jesus for him to place his hands on them. When the disciples saw this, they rebuked them. (16) But Jesus called the children to him and said, “Let the little children come to me, and do not hinder them, for the kingdom of God belongs to such as these.
    -Blessing is used about 400 times in the Bible.
    What does it mean?
    To speak good words over something. 
    ‘good’ + ‘words’
    The opposite is cursing: speaking bad words over something.
    1.God always starts the blessing bounce – that’s who he is!
    (Genesis 1:28) God blessed them and said to them, “Be fruitful and increase in number; fill the earth and subdue it. Rule over the fish in the sea and the birds in the sky and over every living creature that moves on the ground.”
    2.The Blessing bounced into Abraham
    (Genesis 12:1-3) he Lord had said to Abram, “Go from your country, your people and your father’s household to the land I will show you. (2) “I will make you into a great nation, and I will bless you; I will make your name great, and you will be a blessing. (3) I will bless those who bless you, and whoever curses you I will curse;
    and all peoples on earth will be blessed through you.”
    3.The blessing bounces into believers
    (Galatians 3:9) So those who rely on faith are blessed along with Abraham, the man of faith.
    (Proverbs 10:22 NLT) The blessing of the Lord makes a person rich, and he adds no sorrow with it.