中岡太助

すべてのスピーカーを表示

  • Feb 4 2018

    コネクトの力

    メッセンジャー:
    中岡太助
    長さ:
    35:13
    Power Of Connecting コネクトの力
    神様とコネクト Connect With God
    (ヨハネ15:4-5 JCB)ですから、わたしのうちに生きるよう心がけなさい。またわたしが、あなたがたのうちに生きられるようにしなさい。枝は幹につながっていなければ、実を結べないでしょう。同じようにあなたがたも、わたしから離れたら、実を結ぶことはできません。 わたしはぶどうの木で、あなたがたはその枝です。人がわたしのうちに生き、わたしもその人のうちに生きているなら、その人は多くの実を結びます。わたしを離れては何もできません。
    (John 15:4-5 NLT) Remain in me, and I will remain in you. For a branch cannot produce fruit if it is severed from the vine, and you cannot be fruitful unless you remain in me. (5) “Yes, I am the vine; you are the branches. Those who remain in me, and I in them, will produce much fruit. For apart from me you can do nothing.

    人々とコネクト Connect With People
    (1コリント12:12-13 ALIVE)人の体には多くの部分や器官があるが、その各部分が結び合わされて、1つの体が成り立っている。 救世主の教会についても、同じことが言える。 私たちの中にはユダヤ人もいれば、そうでない人もいる、奴隷もいれば、そうでない者もいる。 しかし、私たちはみんな、同じ神の霊 によって1つの体にされたのだ。
    (1 Corinthians 12:12-13 NLT) The human body has many parts, but the many parts make up one whole body. So it is with the body of Christ. (13) Some of us are Jews, some are Gentiles, some are slaves, and some are free. But we have all been baptized into one body by one Spirit, and we all share the same Spirit.
    (ヘブル10:24-25 ALIVE)神が成し遂げてくれた、すべてのことにこたえて、私たちも互いに助け合い、親切にし合い、善行に励もうではないか! 教会を離れる人に習わず、教会に集い続けるのだ!この世の終わりが近づけば近づくほど、互いの励ましが必要となるからだ!
    (Hebrews 10:24-25 NLT) Let us think of ways to motivate one another to acts of love and good works. (25) And let us not neglect our meeting together, as some people do, but encourage one another, especially now that the day of his return is drawing near.

    目的とコネクト Connect With Purpose
    (エペソ2:10 ALIVE)私たちをこのように造り、イエス・救世主によって新しくしてくれたのは、神だ。この新しい生活は、神がずっと以前から計画してくれたものであり、私たちが良い働きを行うためのものなのだ。
    (Ephesians 2:10 NLT) For we are God’s masterpiece. He has created us anew in Christ Jesus, so we can do the good things he planned for us long ago.
    (エペソ3:7-8 JLB)「神は、そのことをすべての人に伝える光栄ある特権を私に与えてくださいました。また、その務めを果たすに十分な、神の力と賜物をも与えてくださったのです。 私はそのような資格の全くない者で、クリスチャンの中で最も役立たずの人間です。それにもかかわらず、キリストのうちにある無限の富が外国人にも与えられるという計画を伝える者として、こんな私が選ばれたのです。」
    (Ephesians 3:7-8 NLT) By God’s grace and mighty power, I have been given the privilege of serving him by spreading this Good News. (8) Though I am the least deserving of all God’s people, he graciously gave me the privilege of telling the Gentiles about the endless treasures available to them in Christ.
    (黙示録3:20 ALIVE)ごらんなさい。 私は戸の外で、しきりにたたいている。 その呼びかけにこたえて戸を開ける人なら、だれとでも、私は中に入って、楽しく食事をしよう。
    (Revelation 3:20 NLT) “Look! I stand at the door and knock. If you hear my voice and open the door, I will come in, and we will share a meal together as friends.
  • Feb 4 2018

    メッセンジャー:
    中岡太助
    長さ:
    -
    Poetry 詩
    Poetry- 33% (1/3rd of all Bible is this form) ジャンル – 33%(聖書の3分の1はこのタイプ)
    -New way of thinking 新しい考え方

    1. Style - (not rhyme) but metaphors (pictures), songs, memory aids (acrostics)
     スタイル – (韻ではない) 比喩(光景)、曲、覚えやすい(折句)
    a. Imagery –e.g. light and dark, spirit brooding, God speaking. イメージ- 例:光と闇、
    b. Repetition 繰り返し
    c. Comparison 比較

    Poetry includes: Songs, rhythmic lines (like poetry and rap music), prayers
    詩はこれらも含む:曲、リズミカル(詩やラップのように、祈り

    There are themes including: テーマとして、他には:
    -Sad Songs (laments) 悲しい曲(哀歌)
    -Thanksgiving and Praise 感謝と賛美
    -History and salvation/overcoming 歴史と救い・乗り越え
    -Celebration 祝い
    -Messianic promises 救世主的な約束

    2. Hebrew poetry was ヘブル語の詩は
    -imagery イメージ
    -musical ミュージカル
    -emotive 感情的
    -memorable 覚えやすい
    -unifying 団結

    3. Hebrew context is important ヘブルの文脈が重要

    4. It was theological truth, but in picture form 神学的な真理、だけどイメージの形式で
    (Psalm 23:1 NKJV) The Lord is my shepherd; I shall not want.
    (詩篇 23:1 新改訳)主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。
    -Poetry didn't need to explain the ‘how', but the ‘what' and the ‘why’.
    詩は「どのように」を説明する必要はなく、「なに」と「なぜ」を説明するため。
    (e.g. Genesis Chapters 1-2) (例: 創世記1-2章)

    5. It was learning about us and God 私たちと神様のことを学ぶため
    -Worship ワーシップ
    -Relate honestly to him and seek him 素直に神様と関係を持ち求める
    -Reflect on lessons, thoughts and journey レッスン、考え、旅路について考える
    -The Main point メインのポイント
    -The point of Who is God? what is he like? What is his focus?
     神様は誰なのか?どのような存在なのか?フォーカスは何なのか?

    Journal: ジャーナル
    (Ps 23) The Lord is my shepherd; I shall not want. (2) He makes me to lie down in green pastures; He leads me beside the still waters. (3) He restores my soul; He leads me in the paths of righteousness For His name’s sake. (4) Yea, though I walk through the valley of the shadow of death, I will fear no evil; For You are with me; Your rod and Your staff, they comfort me. (5) You prepare a table before me in the presence of my enemies; You anoint my head with oil; My cup runs over. (6) Surely goodness and mercy shall follow me All the days of my life; And I will dwell in the house of the Lord Forever.
    (詩篇 23)主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。(2)主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。(3)主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。 (4)たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。(5)私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。私の杯は、あふれています。(6)まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。