どんな方法でも

(ルカ 5:17-26 JCB)ある日、イエスが教えておられると、パリサイ人(特におきてを守ることに熱心なユダヤ教の一派)と律法の専門家たちもそばに座っていました〔ガリラヤやユダヤの村々、またエルサレムから来た人たちです〕。イエスには、病気を治す神の力がありました。(18-19)その時、数人の人がやって来ました。見ると、中風(脳出血などによる半身不随、手足のまひ等の症状)の男を、それも床のままかついでいます。彼らは何とか群衆をかき分けてイエスのところへ行こうとしましたが、人が多くて、とても近づけたものではありません。しかたなく彼らは屋根にのぼり、天井に穴をあけ、病人をふとんごと、人々の真ん中に立っておられるイエスの目の前につり降ろしました。(20)イエスはこれほどまでの信仰を見て、病人に、「あなたの罪は赦されました」と宣言なさいました。(21)すると、「なんと罰あたりなことばだ! いったい自分をだれだと思ってるのか。明らかに神への冒瀆だ! 罪を赦すことなど、神にしかできないことなのに」と、パリサイ人や律法の専門家たちは、心の中で強く反発しました。(22)それを見抜いたイエスは、「なぜ、わたしのことばが神を汚すことになるのですか。(23-24)この人に、『あなたの罪は赦されました』と言うのと、『起きて歩きなさい』と言うのと、どちらがむずかしいですか。わたしは病気を治す力も、罪を赦す権威も持っているのです。それを証明してみせましょう」と言い、中風の男に、「さあ、起きなさい。床をたたんで、家に帰りなさい」とお命じになりました。(25)男はすぐにはね起き、床をたたむと、並み居る人をしり目に、神を賛美しながら帰って行きました。(26)居合わせた人たちは、みな恐れに満たされて、「不思議だ。まるで考えられないことだ」と幾度もくり返しては、神をほめたたえました。

あなたにはどんな友だちがいる?
(ルカ 5:18 ALIVE訳)その頃――「はぁはぁ・・・あ、あそこだッ!」「もうすぐでよくなれっぞッ!」そこには、体が麻痺して寝たきりになった男を布団ふとんに乗せてせっせと運んでいる男たちがいた。イエスが教えていた家に入って、イエスに診てもらおうとしていたのだ。

(1 コリント 15:33 新改訳)思い違いをしてはいけません。友だちが悪ければ、良い習慣がそこなわれます。

壁にぶち当たった時こそ、ブレークスルーの時
(ルカ 5:19 JCB)彼らは何とか群衆をかき分けてイエスのところへ行こうとしましたが、人が多くて、とても近づけたものではありません。しかたなく彼らは屋根にのぼり、天井に穴をあけ、病人をふとんごと、人々の真ん中に立っておられるイエスの目の前につり降ろしました。

あきらめない心 – イエスのもとにはいつも希望が

(マタイ 12:21 JCB)彼の名こそ、全世界の希望となる。

-イエスは赦してくれる

1. 友だちを賢く選ぶ
2. 臨機応変にクリエイティブでいる
3. 友だちを担ぐ番
4. 感謝する心を持ち続ける