クリスマスの預言

1.悪魔の働きを踏み潰すために救世主がやってくる
(創世記 3:15 JCB) これからのち、おまえと女は敵対するようになる。おまえの子孫と女の子孫も同じだ。女はおまえを恐れるだろう。子孫同士も、互いに相手を敵視するようになる。おまえは彼(キリストを暗示する)のかかとにかみついて傷を負わせるが、彼に頭を踏み砕かれてしまうのだ。

(1 ヨハネ 3:8 ALIVE訳)でも、過ちを犯し続けるのなら、それは悪魔と手を組んだ証拠だ。悪魔はこの世が始まった時以来、過ちを犯し続けてきた。この悪魔の働きに終止符をうつために神の一人子はこの世にやって来たのだ!

2.アブラハムとその子孫を通して救世主がやってくる
(創世記 12:1-3 JCB)父テラが死んだ時、主はアブラムに命じました。「あなたは、ここを発ちなさい。あなたの親族も住み慣れた地も捨てて出かけるのです。行く先はわたしが教えるから、ただ示されたとおりに進みなさい。(2)そうすれば、あなたを偉大な国民の父にしよう。あなたを祝福し、その名を広めて、だれ一人知らぬ者がないようにしよう。あなたによって、ほかの多くの者も祝福されます。(3)わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、あなたをのろう者をのろう。アブラムによって、全世界が祝福されるのです。」

(ガラテヤ 3:14 JCB) 神様は、アブラハムへの約束と同じ祝福を外国人にも与えておられます。そして、私たちは信仰によって約束の聖霊を受けるのです。

3.イエスの誕生の際には光り輝く星が現れる
(民数記 24:17a 新改訳) 私は見る。しかし今ではない。私は見つめる。しかし間近ではない。ヤコブから一つの星が上り、イスラエルから一本の杖が起こり

(マタイ 2:9-11 JCB)彼らがさっそく出発すると、なんと、あの星がまた現れて、彼らをベツレヘムに導き、とある家の上にとどまりました。(11)その家に入ると、幼子と母マリヤがいました。彼らはひれ伏して、その幼子を拝みました。そして宝の箱を開け、黄金と乳香(香料の一種)と没薬(天然ゴムの樹脂で、古代の貴重な防腐剤)を贈り物としてささげました。

4.イスラエルのベツレヘムで救世主が生まれる
(ミカ 5:2 JCB) 「ベツレヘム・エフラテよ。あなたはユダの小さな村にすぎないが、永遠の昔から生きている、イスラエルの支配者が生まれる地となる。」

(マタイ 2:3-6 JCB) それを聞いたヘロデ大王は、ひどくうろたえ、エルサレム中がそのうわさで騒然となりました。(4)ヘロデはさっそくユダヤ人の宗教的指導者たちを召集し、「預言者たちは、メシヤ(ヘブル語で、救い主)がどこで生まれると告げているのか」と尋ねました。(5)彼らは答えました。「ユダヤのベツレヘムです。預言者ミカがこう書いております。(6)『ベツレヘムよ。 あなたはユダヤの中で、 決して小さな町ではない。 あなたから偉大な支配者が出て、 わたしの国民イスラエルを 治めるようになるからだ。』(ミカ5・2)」

5.イスラエルで救世主が処女から生まれる
(イザヤ 7:14 JCB)それならそれでいいでしょう。しるしは主が決めます。見ていなさい。処女が男の子を産みます。彼女は生まれた子にインマヌエル(「神が私たちとともにいる」の意)という名前をつけます。

(マタイ 1:18 JCB)イエス・キリストの誕生は次のとおりです。母マリヤはヨセフと婚約していました。ところが結婚する前に、聖霊によってみごもったのです。

6.救世主はパワフルで愛に溢れた神様
(イザヤ 61:1-3 JCB)神である主の霊が私の上にあります。苦しんでいる人や悩んでいる人にすばらしい知らせを伝えるために、主は私に油を注ぎました。心の傷ついた人を慰め、捕虜になった人に自由を、捕らわれていた人に釈放を告げるために、神は私を送りました。(2)嘆き悲しんでいる人に、神の恵みの時と敵が滅びる日のきたことを知らせるために、神は私を送りました。(3)嘆き悲しむすべてのイスラエル人に、神は与えます。灰の代わりに美しさを。悲しみの代わりに喜びを。重い心の代わりに賛美を。神はご自分の栄光のために、優雅で強い樫の木のように彼らを植えたのです。

(ルカ 4:18-19 JCB)「わたしの上に主の御霊がとどまっておられる。主は、貧しい人たちにこの福音(神の救いの知らせ)を伝えるために、わたしを任命された。主はわたしを遣わして、捕虜には解放を、盲人には視力の回復をお告げになる。踏みにじられている人を自由にし、主の恵みの年をお告げになる。」(イザヤ61・1―2)