VISION SUNDAY 2019

ブログ

ヨハネの福音書 7:37-39 JLB
祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。 わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」 〔イエスは聖霊のことを言われたのです。聖霊は、イエスを信じる人すべてに与えられることになっていましたが、この時はまだ与えられていませんでした。イエスが天にある栄光の座に戻っておられなかったからです。〕

信じて、受け取って、飢え渇こう!
2019年はOVERFLOW(溢れ出す)の年です。私とヴィヴは、神様の生きる水を“来て、飲む“ようにあなたを招待したいと思います。もしあなたが喜びを、平安を、愛を、力を、ビジョンを、目的を、またはシンプルに、新しいアイデアをもっと欲しいと飢え渇いているなら、“来て、飲み“ましょう。神様があなたの必要を満たすだけではなく、あなたにOVERFLOW(溢れ出す)を起こすことで、あなたの周りの他の人たちも祝福することができます。生まれたばかりの赤ちゃんから一番年上の人たちまで、みんなで一緒に神様のOVERFLOW(溢れ出す)を受け取ることに期待していきましょう!

OVERFLOWに関するロド牧師のメッセージはこのリンクをチェック!

あなたの内側にある才能を発掘しよう!

ブログ

神様はあなたに才能を与えてくれています!他の人たちに仕えていくことができるように、あなたがその才能を最大限に成長させることを神様は願っています。

‭‭(Romans‬ ‭12:5-8‬ ‭NLT‬‬)
“人の体には多くの器官があるのと同じように、キリストの体である教会にも、多くの器官があります。私たちはみな、キリストの体の各器官です。その体が形造られるには、私たちが必要です。というのは、それぞれが異なった役割を果たすからです。ですから、私たちは互いに依存し合っており、だれもがほかのすべての人を必要としているのです。 神は一人一人に、何かすぐれた賜物を授けてくださっています。ですから、預言する(神に託されたことばを語る)賜物を授かっているなら、預言しなさい。 他の人々に仕える賜物を授かっているなら、快く仕えなさい。教える立場にあるなら、よく教えなさい。 説教をする人であれば、人の助けとなるように説教しなさい。多くのものを与えられているなら、惜しみなく分け与えなさい。管理者としての賜物を与えられ、人々を監督する立場にあるなら、その責任を誠実に果たしなさい。悲しんでいる者を慰める賜物のある人は、喜んでそうしなさい。”

(コリント人への手紙Ⅰ 12:12-14 JLB)
“人体には多くの部分がありますが、その各部分が結び合わされて、一つの体が成り立っています。キリストの体についても同じことが言えます。私たちはそれぞれ、キリストの体の一部です。ある者はユダヤ人、ある者は外国人、ある者は奴隷、ある者は自由人です。しかし聖霊は、私たちをみな結び合わせて、一体としてくださいました。私たちは、ただひとりの聖霊によって、キリストの体に結び合わされるバプテスマ(洗礼)を受け、みな同じ神の霊を与えられているのです。 確かに、体はただ一つの部分からではなく、多くの部分から成り立っています。”

自分の強みの磨き方:
1) あなたは強みがあって雇用されている!
-出勤する時、最初の仕事に取りかかる準備をしておこう!

2) 自分の強みと弱みを把握しよう
-強みを伸ばすことに集中しよう!

3) 自分がしていることに情熱を持とう
-あなたは何から活力を得る? その答えが、あなたが情熱を持っていることへの手がかりかもしれない。スキルがあっても、それに情熱が無い人もいる。

4) 自分の学習スタイルを把握しよう
-アイデアは大事! 忘れないうちに鍵となる考えを書き留められるメモやノートを用意しておこう。

5) 自分の強みにコミットしよう
-時間
-エネルギー
-祈り

6) 自分の弱みを補ってくれる人に任せよう。そして任せた分野をしっかりと見ててあげよう。
-自分の強みの分野では妥協しない。自分の強みに集中できるように、他の人たちに任せよう。

7) 自分と似た強みを持った人と自分を比べない
-あなたの人生の今までの歩みが、あなたの個性的な強みを成長させてきた。

8) エクセレンス
-積極性 + 行動力(「自分の仕事じゃない」と思わない)
-祈り(イエスに打ち明ける、神様に導いてもらう)

自分に問いかけてみよう:
どのように自分の強みを磨けるか? (小さなリストは達成しやすい。目の前のゴールを達成するごとにリストに新たに追加していく)