イースターって何?

ブログ

4月に入り、季節はすっかり春!
するとよく耳にするのが「イースター」。
テーマパークではイースターイベントが開催されたり、スーパーなどではイースターをモチーフにしたグッズまで売られています!日本にも浸透しつつあるイースターですが、そもそもどんな意味があるのでしょうか?

実はイースターはクリスチャンにとってクリスマスと同じくらい大事なイベント!
よく知られている通り、クリスマスは「イエスの誕生を祝う日」ですが、イースターは「イエスの復活を祝う日」なのです!

「イエスの復活って何?」と思う人も多いかもしれません。

イエスには、神のひとり子として、すべての人の罪(自己中心的な性質、過去の過ちなど)を背負って十字架にかかりいのちを捧げるミッションが与えられていました。彼は一度も罪を犯さないパーフェクトな人生を歩み、見事そのミッションを十字架で達成しました。しかし!この話はそこで完結しません!十字架での死から3日後、イエスは死から復活したのです!その後、地上で弟子たちと時間を過ごし、天へ帰っていきました。つまり、イエスは今も生きていて、私たちを助けることができる存在なのです。

イースターはクリスチャンにとっての「お祭り」!しかも、このお祭りには誰でも参加することができます!クリスチャンじゃなくても全然OK。今年のイースターは教会で一緒にお祭りしませんか?
ライフハウス東京では4月21日にイースターのイベントを開催します。
お子様連れの方にはファミリーで楽しめるプログラム・ライフハウスキッズがお勧め!今年はエッグハントも開催するかも?!(みんなが楽しめるスイーツもご用意しています。)

すべてのプログラムは英語と日本語のバイリンガルです。ぜひインターナショナルなコミュニティーを体験しに来てね!

More information about Easter weekend from here!

一部となるリーダーシップ

ブログ

(エレミヤ 32:40 JLB)
わたしは、二度と彼らを見限ることはなく、恵みだけを与える約束として、彼らと永遠の契約を結ぶ。彼らの心に、わたしを礼拝しようという願いを入れるので、どんなことがあってもわたしから離れなくなる。

もう悩まなくて大丈夫!私たちには居場所があります!神様が与えてくれる自信のおかげで、私たちは自信を持って職場や教会に貢献することができます。仮に、自分のアイデアが採用されなくても、自分のアイデアが否定されたと感じることなく、自分のギフトを活用し、創造性に溢れ、素晴らしいアイデアを生み出すことに注力できるのです。

この神様から来る自信というのは、昇進の機会やリーダーの役割を得るにふさわしい人の特徴です。

一部となった私たちは:

1) さまざまな機会にしっかりと向き合うことができます。 解決策こそが、問題に対する的確な答えを見出す人のために、チャンスの扉を開いてくれます。

2) 教会に対する神様のビジョンと想いを、行動にとって表すことができます。 自分の動機について考えてみましょう。人々に仕えたいと思っていますか?私たちが人々に仕えている時は、教会あるいは職場で他の人の得意なことや提案に対して脅威を感じる必要がなくなります。

3) アイデアや話の要点を上手くまとめられるようになります。 忙しいリーダーには、長くて細かい話を聞く時間はほとんどありません。重要なポイント、アイデアの適応方法、そしてそれがもたらす組織への全体的な影響を簡潔に伝えましょう。

4) さまざまな考えを考慮することができます。 二つの対立する意見は不一致のように見えるかもしれませんが、色々な考えを聞くことはとても重要です。お互いに愛を持って接することにより、解決策を見つけることができるのです。

良いアイデアは昇進と喜びをもたらします!変化と他の人の考えに対してオープンになりましょう。

(ヨハネの福音書 15:16-17 JLB)
あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選んだのです。そして任命しました。だから、あなたがたは行って、いつまでも残るすばらしい実を結びます。また、わたしの名前によって父に求めるものは、何でもいただけるのです。もう一度言います。互いに愛し合いなさい。