安心・平安で溢れ出る

(ヨハネ 7:37-39 JCB) 祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。(38)わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」(39)〔イエスは聖霊のことを言われたのです。聖霊は、イエスを信じる人すべてに与えられることになっていましたが、この時はまだ与えられていませんでした。イエスが天にある栄光の座に戻っておられなかったからです。〕

イエスから弟子たちへ
(ヨハネ 14:27 ALIVE訳)おまえたちには、俺にしかない“安心”を授けよう。俺が与える安心は、世が与える“はかない安心”とは比べものにならない。だから、焦るな。恐れるな。

(ルカ 8:48 JCB)イエスは女に、「あなたの信仰があなたを治したのです。さあ、安心してお帰りなさい」と言われました。

(マタイ 10:12-13 新改訳)その家にはいるときには、平安を祈るあいさつをしなさい。(13)その家がそれにふさわしい家なら、その平安はきっとその家に来るし、もし、ふさわしい家でないなら、その平安はあなたがたのところに返って来ます。

1.「安心・平安がなくなった」というのは?
(コロサイ 3:15 JCB)キリストにある平和が、いつもあなたがたの心と生活を満たすようにしなさい。そうすることが、キリストの体の一部とされたあなたがたの責任であり、特権でもあるからです。また、いつも感謝していなさい。

(ピリピ 4:7 ALIVE訳)そうすれば、神が安心と自信を注ぎ、精神的に安定させてくれる。それは、人の考え方では実現不可能なレベルの自信と安心だ。

2.「神様からの平安を感じない」ときは?
(申命記 31:6 JCB)心を強くもち、勇敢に戦いなさい。恐れてはいけません。おじけづいてはいけません。主が味方なのです。主は絶対に、あなたを裏切ったり見捨てたりなさいません。」

(ヘブル 13:5b ALIVE訳)神は、こう約束しているからだ。「何があっても“わたしは”あなたの期待を裏切らず、見捨てはしない」

(申命記 31:6) 主は絶対に、あなたを裏切ったり見捨てたりなさいません。