1.神様は、裁く人ではなく、救世主を送った
(ヨハネ 3:16-17 ALIVE訳)実に神は、一人子をさえ惜しまず与えるほどに、世の人間を愛してくれた。つまり、神の一人子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠の命を得るためだ!!!(17)神が一人子を遣わしたのは、この世を裁くためではなく、救うためだ!!!

2.イエスの十字架を通してこの救いがある
(ローマ 3:20-24 JCB)おわかりでしょうか。律法の命じることを行って、神に正しい者と認められようとしてもむだです。私たちは律法を深く知れば知るほど、自分が従っていないことが明らかになるのです。律法は私たちに、自分が罪人であることを自覚させるのです。(21-22)しかし今、神は、別の救いの道を示してくださいました。その新しい道は、「善人になる」とか、律法を守ろうと努力するような道ではありません。神は今、「もしあなたがたがイエス・キリストを信じるなら、あなたがたを受け入れ、罪のない者と宣言する」と言われます。どんな人間であろうと、私たちはみな、キリストを信じるという、この方法によって救われるのです。(23)すべての人は罪を犯したので、神の標準にはほど遠い存在です。 (24)けれども、もし私たちがキリスト・イエスを信じるなら、このキリスト・イエスが、恵みにより、無償で私たちの罪を帳消しにしてくださるのです。

3.クリスチャンの人たち – 天国へ直行
(1 コリント 15:51-52 JCB)ここであなたがたに、驚くべき神の奥義を告げましょう。私たちはみな、新しい栄光の体をいただくのです。(52)終わりのラッパが鳴り渡る時、一瞬のうちにそうなるのです。天からラッパの音が響くと、死んでいたすべてのクリスチャンは、たちまち朽ちない新しい体に復活します。次に、まだ生き残っている者もまた、一瞬にして新しい体に変わるのです。

4.その後 – いのちの本は全ての人の行いを裁く…正しくフェアである判決
(黙示録 20:11-15 JCB)また私は、大きな白い王座と、そこに座っておられる方とを見ました。地も空も、その方の顔を避けて逃げ出し、影も形もなくなってしまいました。(12)私はすべての死者が、大きい者も小さい者も、神の前に立つのを見ました。いのちの書をはじめ、さまざまな書物が開かれました。死者は、これらの書物の規定に従い、それぞれの行いに応じてさばかれました。(13)海も、死と地獄も、その中の死者を吐き出しました。そして各自が、その行いに応じてさばかれました。(14)それから死と地獄は、火の池に投げ込まれました。これが、第二の死です。(15)いのちの書に名前の記されていない者はみな、火の池に投げ込まれたのです。

(詩篇 98:9 新改訳)確かに、主は地をさばくために来られる。主は義をもって世界をさばき、公正をもって国々の民を、さばかれる。

(ハバクク 3:18 新改訳)しかし、私は主にあって喜び勇み、私の救いの神にあって喜ぼう。