-聖書には、条件と約束が書かれている
(ローマ 12:2 新改訳)この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。

自由を得たけりゃ…
-自分の感情のままに生きる??
(ヨハネ 8:32 新改訳)そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。

a)人生の目的があなたを自由にする
(ヨハネ 15:4 )そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。ですから、わたしのうちに生きるよう心がけなさい。またわたしが、あなたがたのうちに生きられるようにしなさい。枝は幹につながっていなければ、実を結べないでしょう。同じようにあなたがたも、わたしから離れたら、実を結ぶことはできません。
-自由を得るとは、自分の本来の目的の戻ること
b) 健康な霊があなたを自由にする
(2 コリント 3:17) 主は霊である。そして、主の霊のあるところには、自由がある

2. 豊かになりたけりゃ…
-豊かになりたければ貯めるのが一番??

(創世記 12:1-4a JCB)父テラが死んだ時、主はアブラムに命じました。「あなたは、ここを発ちなさい。あなたの親族も住み慣れた地も捨てて出かけるのです。行く先はわたしが教えるから、ただ示されたとおりに進みなさい。(2)そうすれば、あなたを偉大な国民の父にしよう。あなたを祝福し、その名を広めて、だれ一人知らぬ者がないようにしよう。あなたによって、ほかの多くの者も祝福されます。(3)わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、あなたをのろう者をのろう。アブラムによって、全世界が祝福されるのです。」(4)アブラムは主のことばに従って出発しました。

(ルカ 6:38 新改訳)与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。あなたがたは、人を量る量りで、自分も量り返してもらうからです。」

(マタイ 6:19-21 JCB)財産を、この地上にたくわえてはいけません。地上では、損なわれたり、盗まれたりするからです。(20)財産は天にたくわえなさい。そこでは価値を失うこともないし、盗まれる心配もありません。(21)あなたの財産が天にあるなら、あなたの心もまた天にあるのです。

3. やられたら…
-やられたら、やり返せ?
(マタイ 5:43-46 JCB)『隣人を愛し、敵を憎め』とは、よく言われることです。(44)しかし、わたしは言います。敵を愛し、迫害する人のために祈りなさい。(45)それこそ、天の父の子どもであるあなたがたに、ふさわしいことです。天の父は、悪人にも善人にも太陽の光を注ぎ、正しい人にも正しくない人にも分け隔てなく雨を降らせてくださいます。(46)自分を愛してくれる人だけを愛したからといって、取り立てて自慢できるでしょうか。悪人でも、そのくらいのことはしています。

(ローマ 12:17 新改訳)だれに対しても悪に悪を返さず、すべての人の前で善を行うように心がけなさい。