良いチームを気づき上げる方法

(マタイ20:26 JCB)だが、あなたがたの間では違います。リーダーになりたい者は、仕える者になりなさい。

(‭‭ヨハネ‬ ‭13:1, 3-5, 12-15 ‭JCB)過越の祭りの前に、イエスは、いよいよこの世を去って父のもとに帰る最後の時が来たことを知り、弟子たちに対する愛を余すところなく示されました。(3)イエスは、父がすべてのものを与えてくださったことと、自分が神のもとから来て、また神のもとに帰ろうとしていることを知り、(4)夕食の席からゆっくり立ち上がり、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰に巻かれました。(5)そしてたらいに水を入れ、弟子たち一人一人の足を洗い、腰の手ぬぐいでふき始められたのです。(12)イエスは弟子たちの足を洗い終えると、また上着を着て席に戻り、改めてお尋ねになりました。「わたしのしたことがわかりますか。(13)あなたがたはわたしを『先生』とも『主』とも呼んでいます。それはかまいません。そのとおりなのですから。(14)その、主でも先生でもあるわたしが足を洗ってあげたのですから、あなたがたも互いに足を洗い合いなさい。(15)わたしは模範を示したのです。わたしがしたとおりに、あなたがたもしなさい。

メンバーをリスペクトする : メンバーが自分はチームの一部だと感じることができるように
(1 コリント 12:12, 14, 26 JCB)人体には多くの部分がありますが、その各部分が結び合わされて、一つの体が成り立っています。キリストの体についても同じことが言えます。(14)確かに、体はただ一つの部分からではなく、多くの部分から成り立っています。(26)もし一つの部分が苦しむなら、すべての部分が共に苦しみます。そして、一つの部分が重んじられれば、すべての部分が喜ぶのです。

(エペソ 4:29 ERV直訳)あなたが話すとき、決して悪いことを言ってはいけません。しかし、人々に必要な良い言葉を語りなさい。それらの言葉は人々を強く成長させます。あなたの話す言葉が聞く人にとって祝福となるでしょう。
(Ephesians 4:29 ERV) When you talk, don’t say anything bad. But say the good things that people need—whatever will help them grow stronger. Then what you say will be a blessing to those who hear you.

喜びを持ち続ける: 温度調節をする
(詩篇100:2 JCB)喜びをもって主に仕え、 喜びの歌を歌いつつ、神の御前に進み出なさい。

模範を示す : 人がしたがらない仕事を進んでする
(ヨハネ13:13-15 JCB)あなたがたはわたしを『先生』とも『主』とも呼んでいます。それはかまいません。そのとおりなのですから。 (14)その、主でも先生でもあるわたしが足を洗ってあげたのですから、あなたがたも互いに足を洗い合いなさい。(15)わたしは模範を示したのです。わたしがしたとおりに、あなたがたもしなさい。

独りでやらない。イエスとやる。
(マタイ11:28-30 JCB)重い束縛を受けて、疲れはてている人たちよ。さあ、わたしのところに来なさい。あなたがたを休ませてあげましょう。(29)わたしはやさしく、謙遜な者ですから、負いやすいわたしのくびきを、わたしといっしょに負って、わたしの教えを受けなさい。そうすれば、あなたがたのたましいは安らかになります。(30)わたしが与えるのは軽い荷だけだからです。」