自由で溢れ出る – 鎖を砕く

3PM メッセージノート, メッセージノート

(ヨハネ 8:1-11 JCB)さて、イエスはオリーブ山に戻りましたが、(2)翌朝早く、また宮にお出かけになりました。たちまち人々が集まって来て、黒山の人だかりです。イエスは腰をおろし、話し始められました。(3)その最中に、ユダヤ人の指導者やパリサイ人が、寄ってたかって一人の女を引っぱって来ました。彼らは、あっけにとられて見ている人々の前に女を突き出しました。(4)「先生。この女を見てください。不倫の現場でつかまったのです。(5)モーセの律法では、こういう不届き者は石で打ち殺すことになっていますが、どうしたものでしょう。」(6)こう言ったのは、何かイエスのことばじりをとらえて、訴えてやろうという魂胆があったからです。ところがイエスは、体をかがめ、指で地面に何か書いておられるだけでした。(7)けれども、彼らは引き下がりません。あくまで質問を続けてやめなかったので、イエスはゆっくり体を起こし、「わかりました。この女を石で打ち殺しなさい。ただし、最初に石を投げるのは、今まで一度も罪を犯したことのない者ですよ」と言われました。(8)そして、すぐにまた体をかがめ、地面に何か書いておられました。(9)すると、ユダヤ人の指導者もパリサイ人も、ばつが悪そうに、年長者から順に一人去り二人去りして、とうとうイエスと女だけが、群衆の前に取り残されました。(10)イエスは体を起こし、女に言われました。「あなたを訴えた人たちはどこにいますか。罰する者は一人もいなかったのですか。」(11)「はい、先生。」「そうですか。わたしもあなたを罰しません。さあ、行きなさい。もう二度と罪を犯してはいけませんよ。」

イエスには力がある(一言)
(ヨハネ 8:10-11 JCB))イエスは体を起こし、女に言われました。「あなたを訴えた人たちはどこにいますか。罰する者は一人もいなかったのですか。」(11)「はい、先生。」「そうですか。わたしもあなたを罰しません。さあ、行きなさい。もう二度と罪を犯してはいけませんよ。」

過去・恥・罪悪感から自由になる
(ローマ 8:1-2 ALIVE訳)だから、今やイエス・キリストに属する人は、死刑宣告から免れているのだ。(2) なぜなら、イエス・キリストは生命(いのち)を与える神の霊の力で、過ちと死の力から私を解放してくれたからだ。

自由の中で歩み続ける
(詩篇 119:45 口語訳)わたしはあなたのさとしを求めたので、自由に歩むことができます。

正しいものに時間を割く・注力する
(2 コリント 3:17 ALIVE訳)そしてその神様とは神の霊であり、それがいるところには自由がある―― 【自由:混乱からの自由。神からの計画を理解する自由。そして良い方向に変わり始める自由】 それは、神の掟を守って救われようとすることからの解放だ。

オンラインメッセージ

メッセージのビデオや録音、ノートは以下のリンクから。

オンラインメッセージ