All posts by lifehousetokyo

クリスマスストーリーの美しさ

メッセージノート

(マタイ 1:18-23 JCB)イエス・キリストの誕生は次のとおりです。母マリヤはヨセフと婚約していました。ところが結婚する前に、聖霊によってみごもったのです。(19)婚約者のヨセフは、神の教えを堅く守る人でしたから、婚約を破棄しようと決心しました。しかし、人前にマリヤの恥をさらしたくなかったので、ひそかに縁を切ることにしました。(20)ヨセフがこのことで悩んでいた時、天使が夢に現れて言いました。「ダビデの子孫ヨセフよ。ためらわないで、マリヤと結婚しなさい。マリヤは聖霊によってみごもったのです。(21)彼女は男の子を産みます。その子をイエス(「主は救い」の意)と名づけなさい。この方こそ、ご自分を信じる人々を罪から救ってくださるからです。(22)このことはみな、神が預言者(神に託されたことばを語る人)を通して語られた、次のことばが実現するためです。(23)『見よ。処女がみごもって、男の子を産む。その子はインマヌエル〔神が私たちと共におられる〕と呼ばれる。』(イザヤ7・14)」

1. クリスマス – 美しいストーリー
– 救世主の素晴らしい約束
– 素晴らしい人たちと家族
(詩篇 68:6 JCB)身寄りのない者に家族を与え、囚人を牢獄から解き放ち、その口に喜びの歌をわき上がらせてくださいます。しかし、神に背く者の行く手には、ききんと悩みが待っています。
– 素晴らしい目的

2. クリスマス – パワフルなストーリー
– 処女から誕生
– 天使
– 夢
– 星

3. クリスマス – 希望のストーリー
– 「イエス」という名前
– 救世主 – 救ってくれる、安全にする
– 「インマヌエル」神が共にいる

イエスはあなたを見つけ、救うために産まれた!

メッセージノート

(ルカ 2:8-14 ALIVE訳)その夜、ベツレヘムの町外れにある野原―― 羊飼いたちが羊の面倒を見ていた。(9)ピッカ―――ン! 「!!!」 夜であるにも関わらず、突然あたり一面が明るくなるではないか! 「な・・・なんだ!!!」 天の王に仕えし天使たちが現れたのだ!そして、天使のまわりを照らすのは、神の栄光であった! ヒィ――! 羊飼いは恐れのあまり硬直した。(10)「恐れなくてよい!君たちに最高な知らせを持ってきたのだから。神の民であれば喜ばない人はいない!(11)今日、おまえたちのキリストが生まれたのだ!我らの王、神より選ばれし王である・・・!!!(12)探せッ!彼は布にくるまれ、家畜の餌箱の上で寝ている!!!」(13)ヴオ゙オ゙オ゙オ゙オ゙————1人の天使がそう言うと、その天使に続いて、天から大軍が下ってくるではないか!羊飼いの目に映ったのは、そう、天使軍である!すると、すさまじい数の天使軍は愉快に神を讃え、歌いはじめた・・・! (14)「天の神を讃えよ!!!地球に下れ!!!平和よ!!!神に認められし人のもとへ!!!♪・・・♫・・・♪・・・♫」

(イザヤ 6:9 JCB) 一人の男の子が私たちのために生まれます。その肩にすべての主権が与えられ、その子は、「すばらしい助言者」「全能の神」「永遠の父」「平和の君」と呼ばれます。

1. イエスはあなたを見つけるために来た!
(ルカ 19:10 ALIVE訳) この人は、人生に迷った人を探しだし、救うために来たッ!!!」

(詩篇 68:6a ERVからの直訳)神様は孤独な人に家を与える。人々を牢屋から自由にして、幸せにする。

2. イエスはあなたを救うために来た!
(2 コリント 5:17 JCB)だれでもクリスチャンになると、内側が全く新しくされます。もはや今までと同じ人間ではありません。新しい人生が始まったのです。

恵みと力

メッセージノート

(ルカ 1:30-33 JCB)すると、天使が言いました。「こわがらなくてもいいのです、マリヤ。神様があなたにすばらしいことをしてくださるのです。(31)あなたはみごもって、男の子を産みます。その子を『イエス』と名づけなさい。(32)彼は非常に偉大な人になり、神の子と呼ばれます。神である主は、その子に先祖ダビデの王座をお与えになります。(33)彼は永遠にイスラエルを治め、その国はいつまでも続くのです。」

(ルカ 1:34-35 JCB)マリヤは尋ねました。「どうして私に子どもができましょう。まだ結婚もしておりませんのに。」(35)「聖霊があなたに下り、神の力があなたをおおうのです。ですから、生まれてくる子どもは聖なる者、神の子と呼ばれます。

(マタイ 1:20-23 JCB)ヨセフがこのことで悩んでいた時、天使が夢に現れて言いました。「ダビデの子孫ヨセフよ。ためらわないで、マリヤと結婚しなさい。マリヤは聖霊によってみごもったのです。(21)彼女は男の子を産みます。その子をイエス(「主は救い」の意)と名づけなさい。この方こそ、ご自分を信じる人々を罪から救ってくださるからです。(22)このことはみな、神が預言者(神に託されたことばを語る人)を通して語られた、次のことばが実現するためです。(23)『見よ。処女がみごもって、男の子を産む。その子はインマヌエル〔神が私たちと共におられる〕と呼ばれる。』(イザヤ7・14)」

(ルカ 2:10-12 JCB)天使は言いました。「こわがることはありません。これまで聞いたこともない、すばらしい出来事を知らせてあげましょう。すべての人への喜びの知らせです。(11)今夜、ダビデの町(ベツレヘム)で救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。(12)布にくるまれ、飼葉おけに寝かされている幼子、それが目じるしです。」

(ルカ 2:14 新改訳)「いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。」

1. 恵みのストーリー
(ルカ 1:30 JCB)すると、天使が言いました。「こわがらなくてもいいのです、マリヤ。神様があなたにすばらしいことをしてくださるのです。

(エペソ 1:6 ALIVE訳)神こそ、いっさいの賞賛を受けるべき存在だ。神の最愛の一人子と繋がった私たちに、神は驚くばかりの恵みと愛を注いでくれたのだ。

2. 力のあるストーリー
(ルカ 1:35 JCB)聖霊があなたに下り、神の力があなたをおおうのです。ですから、生まれてくる子どもは聖なる者、神の子と呼ばれます。

3. あなたのためのストーリー
(ルカ 2:10 JCB)天使は言いました。「こわがることはありません。これまで聞いたこともない、すばらしい出来事を知らせてあげましょう。すべての人への喜びの知らせです。

みんなのための出来事 – 羊飼い

メッセージノート

普通の人
(ルカ 2:8-9 JCB)その夜、町はずれの野原では、羊飼いが数人、羊の番をしていました。(9)そこへ突然、天使が現れ、主の栄光があたり一面をさっと照らしたのです。これを見た羊飼いたちは恐ろしさのあまり震え上がりました。

みんな喜びを持てる
(ルカ 2:10-12 JCB)天使は言いました。「こわがることはありません。これまで聞いたこともない、すばらしい出来事を知らせてあげましょう。すべての人への喜びの知らせです。(11)今夜、ダビデの町(ベツレヘム)で救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。(12)布にくるまれ、飼葉おけに寝かされている幼子、それが目じるしです。」

みんなウェルカム
(ルカ 2:15-16 JCB)天使の大軍が天に帰ると、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださった、すばらしい出来事を見てこようではないか」と、互いに言い合いました。(16)羊飼いたちは息せき切って町まで駆けて行き、ようやくヨセフとマリヤとを捜しあてました。飼葉おけには幼子が寝ていました。

みんな驚く
(ルカ 2:17-19 JCB)何もかも天使の言ったとおりです。羊飼いたちはこのことをほかの人に話して聞かせました。(18)それを聞いた人たちはみなひどく驚きましたが、(19)マリヤはこれらのことをすべて心に納めて思い巡らしていました。

みんなで賛美
(ルカ 2:20 JCB)羊飼いたちは、天使が語ったとおり幼子に会えたので、神を賛美しながら帰って行きました。

決して失わないで!

メッセージノート

(ルカ10:38-42 JCB)エルサレムへの旅の途中で、イエスはある村に立ち寄られました。マルタという女が、喜んで一行を家に迎えました。(39)マルタにはマリヤという妹がいました。マリヤはイエスのそばに座り込んで、その話にじっと聞き入っていました。 (40)一方マルタはというと、てんてこ舞いの忙しさで、「どんなおもてなしをしようかしら。あれがいいかしら、それとも……」と、気が落ち着きません。とうとう彼女は、イエスのところへ来て、文句を言いました。「先生。私が目が回るほど忙しい思いをしているのに、妹ときたら、何もしないで座っているだけなんです。少しは手伝いをするように、おっしゃってください。」 (41)しかし主は、マルタに言われました。「マルタ。あなたは、あまりにも多くのことに気を遣いすぎているようです。 (42)でも、どうしても必要なことはただ一つだけです。マリヤはそれを見つけたのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。」

1. 最初の喜びを失わないで!
(詩篇100:2 JCB) 喜びをもって主に仕え、 喜びの歌を歌いつつ、神の御前に進み出なさい。

2. 平安を失わないで!
(エペソ6:16 ) どんな戦いにも、守りの盾として必要なのは信仰です。これがあれば、サタンが射かけて来る火矢を消し止めることができます。

3. どうしても必要なことはただ一つ
(ローマ14:17-18 JCB)私たちクリスチャンにとって大切なのは、何を食べるか、何を飲むかではなく、義と平安と聖霊から来る喜びとに満ちあふれているかどうかだからです。(18)このようにキリストに仕えてこそ、神に喜ばれ、また、人々にも喜ばれるのです。

たった1人でもその人のために来てくれる!

メッセージノート

1. 1/10しか戻ってこなかった。でもその一人のためだけでも来ただろう
(ルカ 17:11 ALIVE訳)イエスはガリラヤ地方を去り、サマリヤ地方との境界線に沿って90㎞南方にある神殿の都エルサレムを目指して旅を続けた――

(ルカ 17:15-19 JCB)(15-16)その中の一人が、イエスのところに引き返し、足もとにひれ伏して、「ありがとうございます。おっしゃるとおり、すっかりよくなりました。神様に栄光がありますように」と言いました。実はこの人は、ユダヤ人から軽蔑されていたサマリヤ人でした。(17)「はて、十人全部がいやされたはずだが、ほかの九人はどうしたのですか。(18)神を賛美するために帰って来たのは、この外国人のほかにはいないのですか。」(19)こう言ってから、イエスはその男に、「さあ、立って帰りなさい。あなたの信仰があなたを治したのです」と言われました。

– 10人みんな癒された、でも感謝して賛美したのは1人。日本の1/10=1300万人の新しい人たち!

2. 神様は賛美する者たちを探してる(一人一人…あなたと自分も含めて)
(ヨハネ 4:23 ALIVE訳)父さんを真心から讃えるときは目前だ!いや、今がその時であり、これこそが神の求める者だ!

(エペソ 1:4-5 ALIVE訳) 神は、この世界を造る前から、キリストに属す私たちを、自分のものとして選んでくれていた。私たちを愛しているがゆえに、私たちを神の前で潔白として選んでくれた。(5)初めからイエス・キリストをとおして私たちを養子にし、家族に迎えると決めていた。これは神の望みだったからこそ喜んで行動に移してくれた。

(ヨハネ 6:65 JCB)イエスは先をお続けになりました。「『父が引き寄せてくださらない限り、だれもわたしのところへは来られません』と言ったのは、そういう意味なのです。」

3. じゃあ… 招待することについて知るべきこと
1.誰が応答するかはわからない – 「今もこれからもわからない」
– ランダムのよう

2.ホコリを振り落とす – 招待し続ける

3.神様が呼んでくれていることに感謝する

シェアラブ

メッセージノート

(ヨハネ 1:40-42 JCB)二人のうち一人は、シモン・ペテロの兄弟アンデレでした。(41)それからアンデレはシモンを捜し出し、「とうとうメシヤ(ヘブル語で、救い主)にお会いしたよ」と言いました。(42)そして、彼をイエスのところへ連れて行きました。イエスはシモンをじっと見つめ、「あなたはヨハネの子シモンですね。これからは、ペテロ(岩)と呼びましょう」と言われました。

(ヨハネ 1:43-47 JCB)その翌日、イエスはガリラヤへ出発されました。途中、ピリポを見つけ、「さあ、ついて来なさい」と言われました。(44)ピリポはアンデレやペテロと同郷で、ベツサイダの出身でした。(45)ピリポはナタナエルを捜しに行き、会うなり言いました。「私たちはメシヤにお会いした。モーセや預言者たちが言った、あのお方のことだよ。ナザレ出身のイエスという方で、ヨセフという人の息子さんだそうだ。」(46)「ナザレだって!」ナタナエルはびっくりしました。「あんな所から、すぐれた人物など出るはずがない。」しかしピリポは、「とにかく来て、自分の目で確かめたらいいだろう」と言いました。(47)ナタナエルも行ってみる気になりました。イエスは歩いて来るナタナエルの姿に目をとめておっしゃいました。「この人こそ生粋のイスラエル人です。正直で、うそがありません。」

良い知らせ(救世主)
(詩篇 51:12 JCB)救いの喜びを再び鮮やかにして、心からあなたに従おうとする思いに満たしてください。

一言・一歩先に

イエスは内側を見てくれる
(ヨハネ 1:42b JCB)イエスはシモンをじっと見つめ、「あなたはヨハネの子シモンですね。これからは、ペテロ(岩)と呼びましょう」と言われました。

(ヨハネ 1:47 JCB)ナタナエルも行ってみる気になりました。イエスは歩いて来るナタナエルの姿に目をとめておっしゃいました。「この人こそ生粋のイスラエル人です。正直で、うそがありません。」

神様の炎は触れて変えてくれる

メッセージノート

イエスが炎で満たされたとき
(マタイ 3:11 新改訳)私は、あなたがたが悔い改めるために、水のバプテスマを授けていますが、私のあとから来られる方は、私よりもさらに力のある方です。私はその方のはきものを脱がせてあげる値うちもありません。その方は、あなたがたに聖霊と火とのバプテスマをお授けになります。

モーセが神様の炎に出会う
(出エジプト記 3:2-5, 10 JCB)と、突然、柴の燃える炎の中に、主の使いが現れました。よく見ると、柴には火がついているのに、いつまでも燃え尽きません。(3-4)「いったい、どういうことだろう。」不思議に思いながら、そばに近寄りました。その時です。神が燃える柴の中からモーセに呼びかけました。「モーセ、モーセ。」「は、はい。どなたでしょう。」(5)「それ以上近寄ってはならない。くつを脱ぎなさい。あなたが立っている場所は聖なる地だ。(10)そこで、あなたをエジプトの王ファラオのもとへ遣わそう。わたしの民をエジプトから助け出すのだ。」

– 失望とビジョンのなさを乗り越えた
– アイデンティティの混乱を乗り越えた
– ビジョンとミッションへ改めて明確に呼ばれた

今の人生に満足を感じないなら・・・

メッセージノート

サマリア人の女性のストーリを通して、満たされた人生を得よう!
– 何が足りない? 何が問題?
– 何をすべき?
– 何ができる?

(ヨハネ4: 10-14 新改訳)イエスは答えて言われた。「もしあなたが神の賜物を知り、また、あなたに水を飲ませてくれと言う者がだれであるかを知っていたなら、あなたのほうでその人に求めたことでしょう。そしてその人はあなたに生ける水を与えたことでしょう。」彼女は言った。「先生。あなたはくむ物を持っておいでにならず、この井戸は深いのです。その生ける水をどこから手にお入れになるのですか。あなたは、私たちの先祖ヤコブよりも偉いのでしょうか。ヤコブは私たちにこの井戸を与え、彼自身も、彼の子たちも家畜も、この井戸から飲んだのです。」イエスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」

何が足りない?何が問題? − 心を神の霊で満たす −

-この女性は、5回結婚をし、外側だけの満しを求めていた。
(エゼキエル36:26 新改訳)あなたがたに新しい心を与え、あなたがたのうちに新しい霊を授ける。わたしはあなたがたのからだから石の心を取り除き、あなたがたに肉の心を与える。

何すべき? − 霊を元気にし続ける−ワーシップ、祈り、ジャーナルで –
(ヨハネ4:21-24 新改訳)イエスは彼女に言われた。「わたしの言うことを信じなさい。あなたがたが父を礼拝するのは、この山でもなく、エルサレムでもない、そういう時が来ます。救いはユダヤ人から出るのですから、わたしたちは知って礼拝していますが、あなたがたは知らないで礼拝しています。しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。」

– ワーシップ (神のブレイクスルー)
– ジャーナル (神の霊によって生きる)
– 祈り (力をもらう)

(マタイ4:4 新改訳)イエスは答えて言われた。「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる。』と書いてある。」

何ができる? – 今こそ、招き入れよう! –
(ヨハネ4:28-30 新改訳)女は、自分の水がめを置いて町へ行き、人々に言った。「来て、見てください。私のしたこと全部を私に言った人がいるのです。この方がキリストなのでしょうか。」そこで、彼らは町を出て、イエスのほうへやって来た。

(詩篇34:8新改訳)主のすばらしさを味わい、これを見つめよ。幸いなことよ。彼に身を避ける者は。

あなたの人生を活かそう

メッセージノート

(ヨハネ 13:1, 3-5 JCB)過越の祭りの前に、イエスは、いよいよこの世を去って父のもとに帰る最後の時が来たことを知り、弟子たちに対する愛を余すところなく示されました。(3)イエスは、父がすべてのものを与えてくださったことと、自分が神のもとから来て、また神のもとに帰ろうとしていることを知り、(4)夕食の席からゆっくり立ち上がり、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰に巻かれました。(5)そしてたらいに水を入れ、弟子たち一人一人の足を洗い、腰の手ぬぐいでふき始められたのです。

1. イエスは自分が誰かわかっていた
(ヨハネ 13:3 JCB)イエスは、父がすべてのものを与えてくださったことと、自分が神のもとから来て、また神のもとに帰ろうとしていることを知り

2. イエスは自分の人生をテコの力として使った
(ヨハネ 13:4-5 JCB)夕食の席からゆっくり立ち上がり、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰に巻かれました。(5)そしてたらいに水を入れ、弟子たち一人一人の足を洗い、腰の手ぬぐいでふき始められたのです。

(マタイ 20:28 JCB)メシヤのわたしでさえ、人々に仕えられるためではなく、みなに仕えるためにこの世に来たのです。そればかりか、多くの人の罪の代償として自分のいのちを与えるために来たのです。だからあなたがたも、わたしを見ならいなさい。」

3. 自分のことを知ろう
(ヨハネ 13:12-17 JCB)イエスは弟子たちの足を洗い終えると、また上着を着て席に戻り、改めてお尋ねになりました。「わたしのしたことがわかりますか。(13)あなたがたはわたしを『先生』とも『主』とも呼んでいます。それはかまいません。そのとおりなのですから。(14)その、主でも先生でもあるわたしが足を洗ってあげたのですから、あなたがたも互いに足を洗い合いなさい。(15)わたしは模範を示したのです。わたしがしたとおりに、あなたがたもしなさい。 (16)使用人はその主人にまさらず、遣わした人より使者のほうがまさるということもありません。(17)このことがわかったら、すぐ実行しなさい。そうすれば祝福されるのです。

(ヨハネ 1:12 ALIVE訳)しかし、中には“彼”を受け入れ、信じる人もいた。そんな人に“彼”は、神の子どもとなる権利を与えた。

4. あなたの人生をテコの力として使おう
(ピリピ 2:5-7 JCB)私たちに対するキリスト・イエスの態度を見ならいなさい。(6)キリストは神であられるのに、神としての権利を要求したり、それに執着したりはなさいませんでした。 (7)かえって、その偉大な力と栄光を捨てて奴隷の姿をとり、人間と同じになられました。

(ローマ 12:5-8 ALIVE訳)私たちも数は多いが、救世主キリストにあって1つのからだであり、各部分を担いながら、形は違えど、同じ体なのだから、比べても意味がない。(6)神はすべての人に十人十色の、特別でユニークな能力を恵んでくれた。 だから、預言することに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく預言するのだ!(7) 仕えることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく快く仕えるのだ! 教えることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく分かりやすく教えるのだ!(8) 鼓舞することに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく鼓舞するのだ! 必要を満たすことに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく与えるのだ! 人を率いることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく模範になって率いるのだ! 慈善をすることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく喜んで慈善に励むのだ!