All posts by lifehousetokyo

Bezalel: 才能 – (パート1) クリエイティブな才能で溢れ出る

メッセージノート

(ヨハネ 7:37-38 JCB)祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。(38)わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」

(ローマ 12:6 ALIVE訳)神はすべての人に十人十色の、特別でユニークな能力を恵んでくれた。だから、預言することに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく預言するのだ!

恵み - 贈り物 -> 喜び(全ての言葉の原形は同じであり、一緒に見る必要がある)
才能は信仰に繋がっている - 才能を出来るだけ素早く活かし始める)

べツァルエルのストーリー
選ばれている:ヘブライ語:「名指しで呼ばれた」 べツァルエル(神様に守られている)ウリの子
(出エジプト記 35:30 JCB)モーセは彼らに言いました。「主はユダ族のウリの子で、フルの孫に当たるベツァルエルを名指しで召し出し、この仕事の総監督に任じられた。

(エペソ 1:4 ALIVE訳)神は、この世界を造る前から、キリストに属す私たちを、自分のものとして選んでくれていた。私たちを愛しているがゆえに、私たちを神の前で潔白として選んでくれた。
聖霊で完全に満たされた(溢れ出る)

(出エジプト記 35:31b 新改訳)神の霊を満たされた。
スキル、才能、理解で完全に満たされていた=知恵に関連した言葉 – 利口、輝かしい、賢い、鋭敏、学ぶのが早い、積極的など

(出エジプト記 35:31b-33 新改訳)彼に、知恵と英知と知識とあらゆる仕事において、神の霊を満たされた。(32)それは彼が金や銀や青銅の細工を巧みに設計し、(33)はめ込みの宝石を彫刻し、木を彫刻し、あらゆる設計的な仕事をさせるためである。

満たされて溢れ出る。なんで?
-計画を見る
-デザインを創る
-石を彫刻る
-気を形作る
-あらゆる設計的な仕事をする

(出エジプト記 35:34 新改訳)また、彼の心に人を教える力を授けられた。彼とダン部族のアヒサマクの子オホリアブとに、そうされた。
-聖なる働きを全て完了する=用意されている働きと才能

(出エジプト記 36:1 新改訳)ベツァルエルとオホリアブ、および、聖所の奉仕のすべての仕事をすることのできる知恵と英知を主に与えられた、心に知恵のある者はみな、主が命じられたすべてのことを成し遂げなければならない。」
-発見
-向き合う・投資する
-祈る
-信仰

あなたを通して、溢れ出す

メッセージノート

(ヨハネ 6:1-14 ALIVE訳)その後、イエスはテベリヤ湖とも呼ばれるガリラヤ湖の向こう岸に向かった――(2)あとには大ぜいの群衆がついてきた。イエスが人知を超えた力で病人を治すのを見たからだ。(3)よっこらしょっと! イエスは丘の上に登り、仲間たちとそこに腰を下ろした。(4)ユダヤ人の過越祭間近だった――(5)イエスが顔をあげると、そこには自分のもとに集まってくるたくさんの人たち――「なあピリポ、これ全員に食べさせるだけのパンをどこで買おうか?」(6)もっとも、これはピリポを試しただけで、どうするかは、もうとっくに決めていた。(7)「こ、こんなに大ぜいじゃ、俺たち全員の月給を足したとしてもパンくず1つしかあげられやしないぞッ!!」(8)すると、使徒の1人であるシモン・ペテロの弟、アンデレが口をはさんだ――(9)「この子が、大麦のパンを5つと魚を2匹持っているが、こんなに大ぜいじゃ、焼け石に水か?」(10)「みんなを座らせてきてくれ!」 「あ、ああ・・・」 群衆の数は男だけでも5000人はいた。 「さぁ、座ってください」 使徒たちの指示に従った人たちは皆、芝生の斜面にどしどし腰をおろした。 (11)ガサっ―― そこで、イエスはパンを取り、神に感謝の祈りをささげてから、みんなに配った。また魚も同様に。みんなほしいだけ食べさせた。(12)――ぷはー無理!もー食べらんない!!! 「さあ、少しもむだにしないよう、あまったパンと魚を集めてくるんだ」(13)言われた通りに余った食べ物を集める仲間たち―― 食べ始めた時には、5つのパンと2匹の魚しかなかったはずが、余った食べ物を集めると、12個のかごがいっぱいになったではないか・・・(14)「あの方こそ、この世に来ると告げられた預言者に違いない!」―― 【聖書:申命記18:15-19より引用】 イエスの行ったキセキを見た人は口々に言った!

1.全てを自分でやろうとしない。イエスと一緒にやろう!
(ローマ 12:6a ALIVE訳)神はすべての人に十人十色の、特別でユニークな能力を恵んでくれた。

(ローマ 12:3 ALIVE訳)私は、神に特別な力を授かったからこそ、みなさん1人1人に警告しよう。自分を過大評価するのではない。ユニークに創られたありのままの自分を受け入れるのだ。すべての人がユニークなら、上も下もない。つまり、比べる意味がないのだ。 だから、自分がどんな人間か、まわりと比べえることで計るのではなく、自分は神になにを与えられたのか、を見て計るのだ。

2.自分に与えられたものを差し出せば…!
(エペソ 4:12-13 ALIVE訳)なぜこのように、最善を尽くせる能力がそれぞれに与えられたのだろうか。それは、神の民となった人たちが、神のためにより良く働けるよう整え、キリストの体である教会を、完成した状態へと建て上げるためである。(13)そしてついに、私たちはみな、救世主である神の一人子について、同じ確信を持つに至り、完璧なキリストのように成熟した者を目指して生きるのだ。

(1 テサロニケ 2:20 ALIVE訳)そう、あなたがたこそが私たちの勝利の証であり、誇りであり、喜びなのだ。

神様はあなたを目的のある人生へと呼んでいる!

メッセージノート

(出エジプト記 3:2-4, 8-10 JCB) と、突然、柴の燃える炎の中に、主の使いが現れました。よく見ると、柴には火がついているのに、いつまでも燃え尽きません。(3-4)「いったい、どういうことだろう。」不思議に思いながら、そばに近寄りました。その時です。神が燃える柴の中からモーセに呼びかけました。「モーセ、モーセ。」 「は、はい。どなたでしょう。」 (8)わたしは彼らをエジプト人の手から救い出す。エジプトから助け出し、乳とみつの流れる国、広々とした美しい国へ連れて行こう。今は、カナン人、ヘテ人、エモリ人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人が住んでいる地である。(9)今こそイスラエル人の嘆きがよくわかった。苦役に明け暮れ、エジプト人に酷使されている。(10)そこで、あなたをエジプトの王ファラオのもとへ遣わそう。わたしの民をエジプトから助け出すのだ。」

神様はあなたを呼んでいる!(名前で)
(出エジプト記 3:4 JCB)その時です。神が燃える柴の中からモーセに呼びかけました。「モーセ、モーセ。」 「は、はい。どなたでしょう。」

神様があなたを選んだ
(ヨハネ 15:16 ALIVE訳)おまえたちが俺を選んだのではない。俺が、おまえたちを選んだのだ!そして任命した。だから、おまえたちは行って、いつまでも残る、すばらしい実を結ぶ。また、俺の名を使って父さん神に求めるものは、何でも叶えられる。

言い訳したくなるけどイエスを見よう!

神様からの炎で心を燃やそう

VISION SUNDAY 2019

ブログ

ヨハネの福音書 7:37-39 JLB
祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。 わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」 〔イエスは聖霊のことを言われたのです。聖霊は、イエスを信じる人すべてに与えられることになっていましたが、この時はまだ与えられていませんでした。イエスが天にある栄光の座に戻っておられなかったからです。〕

信じて、受け取って、飢え渇こう!
2019年はOVERFLOW(溢れ出す)の年です。私とヴィヴは、神様の生きる水を“来て、飲む“ようにあなたを招待したいと思います。もしあなたが喜びを、平安を、愛を、力を、ビジョンを、目的を、またはシンプルに、新しいアイデアをもっと欲しいと飢え渇いているなら、“来て、飲み“ましょう。神様があなたの必要を満たすだけではなく、あなたにOVERFLOW(溢れ出す)を起こすことで、あなたの周りの他の人たちも祝福することができます。生まれたばかりの赤ちゃんから一番年上の人たちまで、みんなで一緒に神様のOVERFLOW(溢れ出す)を受け取ることに期待していきましょう!

OVERFLOWに関するロド牧師のメッセージはこのリンクをチェック!

考え方を変える=神様の助けと共に考えを変えよう

メッセージノート

「考え方を変える」ってどういう意味?
A:新約聖書:「考えを変える」
A:旧約聖書「人生(いのち)の道に戻る決断をする」

Q:神様の力と共に考えを変えたらどうなるの?
A:罪が完全に赦される、魂がリフレッシュされる
(使徒 3:19 新改訳)そういうわけですから、あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて、神に立ち返りなさい。

Q:どうやったら、変わったってわかるの?
A:良い実
(マタイ 7:17-20 JCB)実を食べてみれば、どんな木かすぐにわかります。(18)おいしい実をつける木が、まずい実をつけるはずはないし、まずい実をつける木が、おいしい実をつけるはずもありません。(19)まずい実しかつけない木は、結局は切り倒され、焼き捨てられてしまいます。(20)木でも人でも、それを見分けるには、どんな実を結ぶかを見ればよいのです。

間違った悔い改めの例
(マタイ 27:3-5 JCB)ところで、裏切り者のユダはどうなったでしょう。イエスに死刑の判決が下されると聞いてはじめて、彼は自分のしたことがどんなに大それたことだったか気づき、深く後悔しました。それで祭司長やユダヤ人の指導者たちのところに銀貨三十枚を返しに行き、(4)「私はとんでもない罪を犯してしまった。罪のない人の血を売ったりして」と言いました。しかし祭司長たちは、「今さらわれわれの知ったことか。かってにしろ」と言って、取り合おうとしませんでした。(5)それでユダは、銀貨を神殿に投げ込み、出て行って首をくくって死んでしまいました。

本当の悔い改めの良い例
(ルカ 15:17-24 JCB)こんな毎日を送るうち、彼もやっと目が覚めました。『お父さんの家なら雇い人にだって、あり余るほど食べ物があるだろうに。なのに自分は、なんてみじめなんだ。こんな所で飢え死にしかけている。(18)そうだ、家に帰ろう。帰って、お父さんに頼もう。「お父さん。すみませんでした。神様にもお父さんにも、罪を犯してしまいました。(19)もう息子と呼ばれる資格はありません。どうか、雇い人として使ってください。」』(20)決心がつくと、彼は父親のもとに帰って行きました。ところが、家まではまだ遠く離れていたというのに、父親は息子の姿をいち早く見つけたのです。『あれが帰って来た。かわいそうに、あんなみすぼらしいなりで。』こう思うと、じっと待ってなどいられません。走り寄って抱きしめ、口づけしました。(21)『お父さん。すみませんでした。ぼくは、神様にもお父さんにも、罪を犯してしまいました。もう息子と呼ばれる資格はありません。』(22)ところが父親は、使用人たちにこう言いつけたのです。『さあ、何をぼやぼやしている。一番良い服を出して、この子に着せてやりなさい。宝石のついた指輪も、くつもだ。(23)それから肥えた子牛を料理して、盛大な祝宴の用意をしなさい。(24)死んだものとあきらめていた息子が生き返り、行方の知れなかった息子が帰って来たのだから。』こうして祝宴が始まりました。

あなたの内側にある才能を発掘しよう!

ブログ

神様はあなたに才能を与えてくれています!他の人たちに仕えていくことができるように、あなたがその才能を最大限に成長させることを神様は願っています。

‭‭(Romans‬ ‭12:5-8‬ ‭NLT‬‬)
“人の体には多くの器官があるのと同じように、キリストの体である教会にも、多くの器官があります。私たちはみな、キリストの体の各器官です。その体が形造られるには、私たちが必要です。というのは、それぞれが異なった役割を果たすからです。ですから、私たちは互いに依存し合っており、だれもがほかのすべての人を必要としているのです。 神は一人一人に、何かすぐれた賜物を授けてくださっています。ですから、預言する(神に託されたことばを語る)賜物を授かっているなら、預言しなさい。 他の人々に仕える賜物を授かっているなら、快く仕えなさい。教える立場にあるなら、よく教えなさい。 説教をする人であれば、人の助けとなるように説教しなさい。多くのものを与えられているなら、惜しみなく分け与えなさい。管理者としての賜物を与えられ、人々を監督する立場にあるなら、その責任を誠実に果たしなさい。悲しんでいる者を慰める賜物のある人は、喜んでそうしなさい。”

(コリント人への手紙Ⅰ 12:12-14 JLB)
“人体には多くの部分がありますが、その各部分が結び合わされて、一つの体が成り立っています。キリストの体についても同じことが言えます。私たちはそれぞれ、キリストの体の一部です。ある者はユダヤ人、ある者は外国人、ある者は奴隷、ある者は自由人です。しかし聖霊は、私たちをみな結び合わせて、一体としてくださいました。私たちは、ただひとりの聖霊によって、キリストの体に結び合わされるバプテスマ(洗礼)を受け、みな同じ神の霊を与えられているのです。 確かに、体はただ一つの部分からではなく、多くの部分から成り立っています。”

自分の強みの磨き方:
1) あなたは強みがあって雇用されている!
-出勤する時、最初の仕事に取りかかる準備をしておこう!

2) 自分の強みと弱みを把握しよう
-強みを伸ばすことに集中しよう!

3) 自分がしていることに情熱を持とう
-あなたは何から活力を得る? その答えが、あなたが情熱を持っていることへの手がかりかもしれない。スキルがあっても、それに情熱が無い人もいる。

4) 自分の学習スタイルを把握しよう
-アイデアは大事! 忘れないうちに鍵となる考えを書き留められるメモやノートを用意しておこう。

5) 自分の強みにコミットしよう
-時間
-エネルギー
-祈り

6) 自分の弱みを補ってくれる人に任せよう。そして任せた分野をしっかりと見ててあげよう。
-自分の強みの分野では妥協しない。自分の強みに集中できるように、他の人たちに任せよう。

7) 自分と似た強みを持った人と自分を比べない
-あなたの人生の今までの歩みが、あなたの個性的な強みを成長させてきた。

8) エクセレンス
-積極性 + 行動力(「自分の仕事じゃない」と思わない)
-祈り(イエスに打ち明ける、神様に導いてもらう)

自分に問いかけてみよう:
どのように自分の強みを磨けるか? (小さなリストは達成しやすい。目の前のゴールを達成するごとにリストに新たに追加していく)

愛で溢れる

メッセージノート

(ヨハネ 7:37-38 JCB)祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。(38)わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」

(ヨハネ 13:4-5, 12-15 JCB)夕食の席からゆっくり立ち上がり、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰に巻かれました。(5)そしてたらいに水を入れ、弟子たち一人一人の足を洗い、腰の手ぬぐいでふき始められたのです。(12)イエスは弟子たちの足を洗い終えると、また上着を着て席に戻り、改めてお尋ねになりました。「わたしのしたことがわかりますか。(13)あなたがたはわたしを『先生』とも『主』とも呼んでいます。それはかまいません。そのとおりなのですから。(14)その、主でも先生でもあるわたしが足を洗ってあげたのですから、あなたがたも互いに足を洗い合いなさい。 (15)わたしは模範を示したのです。わたしがしたとおりに、あなたがたもしなさい。

ストーリー:今の時代にどんな関係が?
-文化的には普通の行動であった- でもリーダーがするのは珍しかった
-一度きりの体験 – 儀式的な週1のイベントではなく、良き思い出、ついて行く模範であった

1.愛は色々な形で示される
5つの愛情表現 – ゲーリー・チャップマン
-肯定的な言葉を使う
-スキンシップ
-プレゼントを受け取る
-良質な時間を過ごす
-奉仕

2.愛は汚れを洗い流す(汚すことはない)
(1 コリント 13:4-5 ALIVE訳)愛はきわめて辛抱強く、親切。 愛は決してねたまず、自慢をせず、見下さない。(5)愛はうぬぼれず、自分の利益を求めず、短気にならない。 愛は自分のやり方を押し通そうとはせず、いらいらすることも無ければ、腹を立てることも無い。 人に恨みをいだかず、被害者意識をもたない。

3.愛は変わらない
(1 コリント 13:6-7 ALIVE訳)過ちを喜ばず、真理を喜ぶ。(7)愛は人に見切りをつけることがない。 愛はどんな時も希望を捨てず、あきらめず、最善を信じる。

4.愛は最初に動く – 神様が最初に私たちを愛してくれた
愛はリアクションを起こし、ムーブメントを起こす
(ローマ 5:5 JCB)この希望は失望に終わることはありません。それは、神が聖霊を与えてくださり、その聖霊が私たちの心に神の愛を満たしてくださっているからです。

(ヨハネ 3:16 ALIVE訳)実に神は、一人子をさえ惜しまず与えるほどに、世の人間を愛してくれた。 つまり、神の一人子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠の命を得るためだ!!!

溢れ出る愛

メッセージノート

(ヨハネ 13:4-5, 12-15 JCB)夕食の席からゆっくり立ち上がり、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰に巻かれました。(5)そしてたらいに水を入れ、弟子たち一人一人の足を洗い、腰の手ぬぐいでふき始められたのです。(12)イエスは弟子たちの足を洗い終えると、また上着を着て席に戻り、改めてお尋ねになりました。「わたしのしたことがわかりますか。(13)あなたがたはわたしを『先生』とも『主』とも呼んでいます。それはかまいません。そのとおりなのですから。(14)その、主でも先生でもあるわたしが足を洗ってあげたのですから、あなたがたも互いに足を洗い合いなさい。 (15)わたしは模範を示したのです。わたしがしたとおりに、あなたがたもしなさい。

1.愛は、汚れを落とす=赦し
(ヨハネ13:4-5 JCB)夕食の席からゆっくり立ち上がり、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰に巻かれました。(5)そしてたらいに水を入れ、弟子たち一人一人の足を洗い、腰の手ぬぐいでふき始められたのです。

(1コリント 13:4-7 ALIVE訳)愛はきわめて辛抱強く、親切。 愛は決してねたまず、自慢をせず、見下さない。 愛はうぬぼれず、自分の利益を求めず、短気にならない。 愛は自分のやり方を押し通そうとはせず、いらいらすることも無ければ、腹を立てることも無い。 人に恨みをいだかず、被害者意識をもたない。過ちを喜ばず、真理を喜ぶ。 愛は人に見切りをつけることがない。 愛はどんな時も希望を捨てず、あきらめず、最善を信じる。

(1ペテロ4:8 ALIVE訳)何よりも互いへの深い愛を持て。この愛によって多くの欠点や過ちを赦す心の豊かさを与えられるからだ。

2.愛は、内側から流れ出る
(ヨハネ13:14-15 JCB)その、主でも先生でもあるわたしが足を洗ってあげたのですから、あなたがたも互いに足を洗い合いなさい。(15)わたしは模範を示したのです。わたしがしたとおりに、あなたがたもしなさい。

(ヨハネ 7:37-38 JCB)祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。(38)わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」

(ヨハネ3:16-17 ALIVE訳)実に神は、一人子さえ惜しまず与えるほどに、世の人間を愛してくれた。 つまり、神の一人子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠の命を得るためだ。 神が一人子を遣わしたのは、この世を裁くためではなく、救うためだ。

愛が全て!

メッセージノート

(マタイ 19:4-6 JCB)聖書を読んだことがないのですか。聖書には、神が初めに男と女を造られたので、人は両親から離れて永遠に妻と結ばれ、二人の者は一体となる、と書いてあるではないですか。彼らはもう二人ではなく、一人なのです。ですから、神が結び合わせたものを、だれも離すことはできません。

一番大事なこと!
(マタイ 22:37-40 ALIVE訳)心、魂、思い、ちからを尽くしてあなたの王である神を愛すんだ―― (38)これこそ、最も重要な掟だ!(39)次に!周りの人間を自分の事のように愛すんだ!!!――これも同じく重要だ!(40)全ての掟、そして預言者の言葉も、すべてはこの2つの掟から来ている

愛とは…
(1 コリント 13:4-8a ALIVE訳)愛はきわめて辛抱強く、親切。 愛は決してねたまず、自慢をせず、見下さない。(5)愛はうぬぼれず、自分の利益を求めず、短気にならない。愛は自分のやり方を押し通そうとはせず、いらいらすることも無ければ、腹を立てることも無い。人に恨みをいだかず、被害者意識をもたない。 6 過ちを喜ばず、真理を喜ぶ。(7)愛は人に見切りをつけることがない。愛はどんな時も希望を捨てず、あきらめず、最善を信じる。(8)才能や力はいつか尽きるが、愛に終わりはない。

(1 テモテ 4:12 JCB) 年が若いからといって、軽く見られてはいけません。かえって人々の模範になりなさい。あなたが、ことばと態度によって教えていることを、人々にも実行させなさい。愛、信仰、純潔の良い模範を示しなさい

イエスと新しいスタート
(2 コリント 5:17 JCB)だれでもクリスチャンになると、内側が全く新しくされます。もはや今までと同じ人間ではありません。新しい人生が始まったのです。

OPEN HOUSE

メッセージノート

(ヨハネ 7:37b-38 JCB)「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。(38)わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」

溢れ出る1年
(マタイ21:21-22 JCB) イエスはお答えになりました。「よく聞きなさい。あなたがたも、信仰を持ち、疑いさえしなければ、もっと大きなことができるのです。たとえば、このオリーブ山に、『動いて、海に入れ』と言っても、そのとおりになります。(22)ほんとうに信じて祈り求めるなら、何でも与えられるのです。」