Category Archives: メッセージノート

主の晩餐の力

3PM メッセージノート, メッセージノート

(ルカ 22:15 JCB)まず口火を切ったのはイエスです。「苦しみの始まる前に、ぜひ、いっしょに過越の食事をしたいと思っていました。

(1 コリント 11:23-26 JCB)なぜなら、以前あなたがたに伝えたとおり、聖餐式について、主ご自身がこう言われたからです。すなわち、ユダが主イエスを裏切った日の夜、主イエスはパンを取り、(24)神に感謝の祈りをささげてから、ちぎって弟子たちに与え、こう言われました。「取って食べなさい。これは、あなたがたのために裂かれる、わたしの体です。わたしを思い出すために、このようにして食べなさい。」(25)夕食の後、同じように杯を取って言われました。「この杯は、神とあなたがたとの間の新しい契約です。この契約は、わたしの血によって立てられ、効力を発します。これを飲むたびに、わたしを思い出すため、このようにしなさい。」(26)ですから、あなたがたは、このパンを食べ、杯を飲むたびに、「主は私たちのために死んでくださった」という主の死の意味を、くり返し告白するわけです。主が再び来られる時まで続けなさい。

1.パン – 体 (外側)
(マタイ 8:1-3 JCB)イエスが山を降りると、大ぜいの群衆がついて来ました。(2)その時です。ツァラアト(皮膚が冒され、汚れているとされた当時の疾患)の人が一人、イエスに駆け寄り、足もとにひれ伏しました。「先生。お願いですから、私を治してください。お気持ちひとつで、治すことがおできになるのですから。」(3)イエスはその男にさわり、「そうしてあげましょう。さあ、よくなりなさい」と言われました。するとたちまち、ツァラアトはあとかたもなくきれいに治ってしまいました。

2.ワイン – イエスの血による新しい契約(内側)
(2 コリント 5:17 新改訳)だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。

(ローマ 8:1-2 ALIVE訳)だから、今やイエス・キリストに属する人は、死刑宣告から免れているのだ。(2)なぜなら、イエス・キリストはいのちを与える神の霊の力で、過ちと死の力から私を解放してくれたからだ。

ハッピーに心に留める

メッセージノート

(1 コリント 11:23-26 JCB)なぜなら、以前あなたがたに伝えたとおり、聖餐式について、主ご自身がこう言われたからです。すなわち、ユダが主イエスを裏切った日の夜、主イエスはパンを取り、(24)神に感謝の祈りをささげてから、ちぎって弟子たちに与え、こう言われました。「取って食べなさい。これは、あなたがたのために裂かれる、わたしの体です。わたしを思い出すために、このようにして食べなさい。」(25)夕食の後、同じように杯を取って言われました。「この杯は、神とあなたがたとの間の新しい契約です。この契約は、わたしの血によって立てられ、効力を発します。これを飲むたびに、わたしを思い出すため、このようにしなさい。」(26)ですから、あなたがたは、このパンを食べ、杯を飲むたびに、「主は私たちのために死んでくださった」という主の死の意味を、くり返し告白するわけです。主が再び来られる時まで続けなさい。

(マルコ 14:14-15 JCB)彼が入った家の主人に、『私どもの先生が、過越の食事をする部屋を見て来るようにと申しました』と言いなさい。(15)主人はすっかり用意の整った二階の広間を見せてくれるはずです。そこで食事のしたくをしなさい。」

イエスと最後の晩餐
(ルカ 22:15 JCB)まず口火を切ったのはイエスです。「苦しみの始まる前に、ぜひ、いっしょに過越の食事をしたいと思っていました。

聖餐式 – 2つのパート
1.パン – 体
(出エジプト記 15:26 JCB) 「もしもあなたがわたしに従い、正しいことを行うなら、エジプト人を悩ませた病気であなたが苦しまなくてすむようにしよう。わたしはあなたを癒やす主である。」

(マタイ 8:1-3 JCB)イエスが山を降りると、大ぜいの群衆がついて来ました。(2)その時です。ツァラアト(皮膚が冒され、汚れているとされた当時の疾患)の人が一人、イエスに駆け寄り、足もとにひれ伏しました。「先生。お願いですから、私を治してください。お気持ちひとつで、治すことがおできになるのですから。」(3)イエスはその男にさわり、「そうしてあげましょう。さあ、よくなりなさい」と言われました。するとたちまち、ツァラアトはあとかたもなくきれいに治ってしまいました。

(マタイ 8:16-17 JCB) その夕方のことです。悪霊につかれた人たちが、イエスのところに連れて来られました。イエスがただひとことお命じになると、たちまち悪霊どもは逃げ出し、病人はみな治りました。(17)こうして、イエスについてイザヤが、「彼は、私たちの痛みを身に引き受け、私たちの病を負った」(イザヤ53・4)と預言したとおりになったのです。

(1 コリント 11:29-30 JCB)もしキリストの体を気にもかけず、その意味を考えもせずに、ふさわしくないままでパンを食べ、杯を飲むなら、神のさばきを招くことになります。キリストの死をもてあそんだわけですから。(30)あなたがたの中に弱い者や病人が多く、また死者も出たのはそのためです。

2.ワイン – イエスの血 – 新しい契約
(2 コリント 5:17 新改訳)だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。

(ローマ 8:1-2 JCB)こういうわけで、今は、キリスト・イエスに属する人が罪の宣告を受けることはありません。(2)なぜなら、いのちを与える御霊の力が、罪と死の悪循環から解放してくれたからです。

力と共に、最高な知らせを伝える

メッセージノート

1.神様は道を真っ直ぐにしてくれている
(マルコ1:1-5 JCB)神の子イエス・キリストの福音のはじめ。(2)預言者イザヤの書に、「見よ、わたしは使をあなたの先につかわし、あなたの道を整えさせるであろう。(3)荒野で呼ばわる者の声がする、『主の道を備えよ、その道筋をまっすぐにせよ』」と書いてあるように、(4)バプテスマのヨハネが荒野に現れて、罪のゆるしを得させる悔改めのバプテスマを宣べ伝えていた。(5)そこで、ユダヤ全土とエルサレムの全住民とが、彼のもとにぞくぞくと出て行って、自分の罪を告白し、ヨルダン川でヨハネからバプテスマを受けた。

2.最高な知らせの力
(使徒1:5, 8 ALIVE訳)洗礼者ヨハネは水で洗礼を授けたが、おまえたちはもうすぐ神の霊による洗礼を受けるからだ・・・!!!」(8)だがな、神の霊が注がれ、おまえたちが力を受ける時、ここエルサレムからユダヤ全土、そしてサマリヤ地方から地の果てまで、俺の死と復活を伝える証人となる!」

3. 最高な知らせを恥じない
(ローマ1:16-17 JCB)私は、この福音を少しも恥じてはいません。福音は、それを信じる人をだれでも天国に導く、神の力ある手段です。福音は最初、ユダヤ人だけに伝えられていました。しかし今では、すべての国の人が同じ方法で神のもとに招かれているのです。(17)この福音は、私たちがキリストを信じる時、神が私たちを天国に入るにふさわしい者、すなわち、神の目から見て正しい者としてくださることを教えています。それは、初めから終わりまで、信仰によって達成されるのです。「正しい人は信仰によって生きる」(ハバクク2・4)と、聖書に書いてあるとおりです。

イエスについて知って欲しいこと

メッセージノート

(マルコ1:29-34a JCB) このあと会堂を出た一行は、シモンとアンデレの家に行きました。 30ところがこの時、シモンのしゅうとめは高熱にうなされて、床についていました。イエスはそれを知ると、 (31)さっそく彼女のそばに行き、手を取って起こされました。するとどうでしょう。たちまち熱が下がり、すっかり元気になったしゅうとめは、みんなをもてなすために、食事の用意を始めたのです。(32)日の沈むころになると、シモンの家の庭は、イエスに治していただこうと連れて来られた病人や悪霊につかれた者たちで、いっぱいになりました。 (33)また戸口には、カペナウム中の人たちが詰めかけ、がやがや騒ぎながら中の様子をながめていました。 (34)イエスはこの時も多くの病人を治し、悪霊を追い出されました。

1.イエスはしたいと願っている – 祈り
(詩篇66:19 JCB) しかし、神は身を乗り出すようにして、私の祈りを聞き届けてくださいました。

2.イエスにはできる – 信頼する
(マタイ28:18 JCB) イエスは弟子たちに言われました。「わたしには天と地のすべての権威が与えられています。

3.イエスはしてくれる – 来て、受け取る
(ヨハネ7:37-38 JCB) 祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。(38)わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」

4.イエスは、あなたを使いたいと思っている – 他の人のために祈る
(ルカ9:1JCB) ある日、イエスは十二人の弟子を呼び集め、悪霊を追い出し、病気を治す力と権威をお授けになりました。

(ルカ 9:3 MSGからの直訳)多くの機材は詰め込まなくても良い。シンプルに保て。あなた自身が機材だからだ。

溢れ出る、影響力のある生き方

メッセージノート

(マルコ 12:41-44 JCB)それから、神殿の献金箱のそばに座り、人々がお金を投げ入れる様子をじっと見ておられました。多くの金持ちが気前よく大金をささげているところへ、(42)みすぼらしい身なりの未亡人がやって来て、そっと小額の硬貨二枚を投げ入れました。(43-44)それをごらんになったイエスは、弟子たちを呼び寄せて、こう言われました。「あの貧しい未亡人は、どの金持ちよりも、はるかに多く投げ入れたのです。金持ちはあり余る中からほんの少しばかりささげたのに、この女は、乏しい中から持っている全部をささげたのですから。

1、彼女は、本当の神を知っていた
(1 ヨハネ 4:9-10 JCB)神は、かけがえのないご自分のひとり子をこの世に遣わし、そのひとり子の死によって、私たちに永遠のいのちを与えてくださいました。そのようにして、どんなに私たちを愛しておられるかを示されたのです。(10)神に対する私たちの愛ではなく、私たちに対する神の愛によって、私たちの罪へのなだめとして、神のひとり子が遣わされました。ここに真の愛があるのです。

2、彼女は、神の国の価値観を知っていた
(マタイ 6:19-21 JCB)財産を、この地上にたくわえてはいけません。地上では、損なわれたり、盗まれたりするからです。(20)財産は天にたくわえなさい。そこでは価値を失うこともないし、盗まれる心配もありません。(21)あなたの財産が天にあるなら、あなたの心もまた天にあるのです。

3、彼女は、全ては神から来ている事を知っていた
(ヨブ 33:4 新改訳) 神の霊が私を造り、全能者の息が私にいのちを与える。

(1 コリント 6:20 JCB)神様が多額の代価を払って、あなたがたを買い取ってくださったのです。ですから、あなたがたの体のどの部分も、神の栄光を現すために用いなさい。その所有者は神だからです。

独りではなく、群れで飛ぶようになった私のストーリー

メッセージノート

(詩篇 92:12-14 JCB)しかし、神を信じて従う人は、なつめやしの木のように青々と茂り、レバノン杉のようにそびえ立ちます。(13)主の農園に移植され、神ご自身が世話をしてくださるからです。(14)その木々は、老木となっても実を結び、青々と茂ることができるのです。

(使徒 2:42-47 ALIVE訳)神殿の都エルサレム―― クリスチャンたちは使徒たちの教えを毎日聞いて過ごした。時間だけでなく、何から何までも分かち合い、パンを割き、一緒に祈る日々。(43)使徒たちを通して多くのキセキを目の当たりにし、全ての人が神の偉大さに感動するばかりだった。(44)神を信じる仲間たちは、愉快に過ごし、なんでも分かち合った。(45) 自分の土地や財産を売り払っては、必要な人たちに分け与えた。分かち合える広い心を持っていたのだ。(46)彼らは同じ志を持ち、1日のほとんどを教会で過ごした。また、家でも共に食卓を囲い、喜んでごはんを分け合った。(47)仲間たちはそろって神を讃え、確固たる信心を持っていたために、どんな人からも尊敬された。そんな彼らの姿を見て、多くの人が救われた。そう、王・イエスが次々に仲間に加えていったのだ。

1. 一緒にいる方が良い
(ローマ 12:4-8 ALIVE訳)なぜなら、1つのからだにたくさんのユニークな器官があり、それらの肢体がみな同じ働きをしてはいないように、(5)私たちも数は多いが、キリストにあって1つのからだであり、各部分を担いながら、形は違えど、同じ体なのだから、比べても意味がない。(6)神はすべての人に十人十色の、特別でユニークな能力を恵んでくれた。 だから、預言することに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく預言するのだ!(7)仕えることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく快く仕えるのだ! 教えることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく分かりやすく教えるのだ!(8)鼓舞することに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく鼓舞するのだ!必要を満たすことに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく与えるのだ! 人を率いることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく模範になって率いるのだ!慈善をすることに恵まれているなら、他人と比べず、自分らしく喜んで慈善に励むのだ!

2. 癒しの場所
(使徒 2:43 ALIVE訳)使徒たちを通して多くのキセキを目の当たりにし、全ての人が神の偉大さに感動するばかりだった。

3. 励ましの場所
(ヘブル 10:24-25 ALIVE訳)神が成し遂げてくれた、すべてのことにこたえて、私たちも互いに助け合い、親切にし合い、善行に励もうではないか!(25)教会を離れる人に習わず、教会に集い続けるのだ!この世の終わりが近づけば近づくほど、互いの励ましが必要となるからだ!

(1 テサロニケ 5:11 ALIVE訳)だから、これから何があろうと、今までどおりにお互いを励まし合い、助け合い、確信を強めていくのだ!

勝利の態度

メッセージノート

(使徒 16:25-26 JCB)真夜中ごろ、パウロとシラスは、主に祈ったり、賛美歌をうたったりしていました。ほかの囚人たちもじっと聞き入っています。その時です。(26)突然、大地震が起こりました。牢獄は土台からぐらぐら揺れ動き、戸という戸は開き、囚人たちの鎖もはずれてしまいました。

1.態度は選ぶもの

2.態度には影響力がある
(使徒 16:27-31 JCB)看守が目を覚ますと、戸が全部開いています。看守は、てっきり囚人がみな脱走したものと思い、もうだめだとばかり、剣を抜いて自殺しようとしました。(28)その瞬間、パウロが叫びました。「早まるな! 全員ここにいる!」(29)看守はあかりを取って中に駆け込み、恐ろしさのあまりわなわな震えながら、パウロとシラスの前にひれ伏しました。(30)そして二人を外に連れ出し、「先生方。救われるには、どうすればよろしいのでしょう」と尋ねました。(31)二人は答えました。「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの全家族も救われます。」

貧しい人生からオーバーフローへの私の道のり

メッセージノート

(ヨハネ 7:37-39 JCB)祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。(38)わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」(39)〔イエスは聖霊のことを言われたのです。聖霊は、イエスを信じる人すべてに与えられることになっていましたが、この時はまだ与えられていませんでした。イエスが天にある栄光の座に戻っておられなかったからです。〕

(ヨハネ 5:2-7 JCB)エルサレム市内には、羊の門の近くにベテスダという池がありました。池の回りには、屋根つきの五つの廊下があります。(3)そこに、足の不自由な人、盲人、手足のまひした人など、大ぜいの病人が横たわっていました。この人たちは、水面が揺れ動くのを待っていたのです。(4)というのは、時たま天使が降りて来て水をかき回すことがあり、そのとき最初に池に入った人は、病気が治ったからです。 (5)その中に、三十八年間も病気で苦しんでいる男がいました。(6)イエスはこの男をごらんになり、彼が長い間どんなに苦しんできたかを知って、「よくなりたいですか」とお尋ねになりました。(7)「もう、あきらめているんです。せっかく水が動いても、だれも池に入れてはくれないんだから。何とかして行こうとしている間に、いつでもほかの人が先に入ってしまうのです。」

1.イエスのオーバーフロー
(ヨハネ 10:10 ALIVE訳)強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。しかし私が来たのは、生命を、あふれるほど豊かに与えるためです。

(2 コリント 8:9 ALIVE訳)あなたがたは我らの王なるイエス・キリストが、どんなに愛と恵みに満ちていたかを知っている。あれほど裕福だった王が、みんなを助けるために、あれほど貧しくなった。貧しくなることで、みんなを富ませるために。

2.新しい心
(エゼキエル 36:26-27 JCB)わたしはあなたがたに新しい心を与える。それで、あなたがたは正しい願いを抱くようになる。また、あなたがたに新しい霊を授ける。それで、石のように堅い罪の心が取り除かれて、愛に満ちた新しい心が生じる。(27)わたしの御霊を授けるので、あなたがたはわたしのおきてを守り、わたしの命令に何でも従うようになる。

3.新しい形を見る – 新しい決断 – 新しい結果 「神様はあなたを愛してる、私もだ」
(ローマ 12:1-3 ALIVE訳)そういうわけで教会のみなさんにお願いしたい。 神の喜ぶいきいきとした供え物として自分の体を神に捧げるんだ! 自分の体を神にささげるんだ。それを、神に喜ぶいきいきとした供え物として。 神がしてくれたことを思えば、これは、決してむりな注文ではないはずだ。(2)世間の人たちの生活態度や習慣をまねてはいけない。 むしろ、すること考えることすべての面で、生き生きとした、全く新しい別人となるのだ。 そうすれば、神の道がどんなに自分を満足させてくれるか、わかるようになる。(3)私は、神に特別な力を授かったからこそ、みなさん1人1人に警告しよう。 自分を過大評価するのではない。 ユニークに創られたありのままの自分を受け入れるのだ。 すべての人がユニークなら、誰が上も下もない。つまり、比べる意味がないのだ。 だから、自分がどんな人間か、まわりと比べることで計るのではなく、自分は神になにを与えられたのか、を見て計るのだ。

(箴言 11:24-25 MSGからの直訳)寛大な人の世界はどんどん広がって行く:ケチな人の世界はどんどん小さくなっていく。他の人を祝福する人は溢れるほど祝福される。他の人を助ける人は助けられる。

-「考えを変えれば、あなたが信じているもの、態度、行動、人生が変わる」ジョン・マクスウェル

自由で溢れ出る – 鎖を砕く

メッセージノート

(ヨハネ 8:1-11 JCB)さて、イエスはオリーブ山に戻りましたが、(2)翌朝早く、また宮にお出かけになりました。たちまち人々が集まって来て、黒山の人だかりです。イエスは腰をおろし、話し始められました。(3)その最中に、ユダヤ人の指導者やパリサイ人が、寄ってたかって一人の女を引っぱって来ました。彼らは、あっけにとられて見ている人々の前に女を突き出しました。(4)「先生。この女を見てください。不倫の現場でつかまったのです。(5)モーセの律法では、こういう不届き者は石で打ち殺すことになっていますが、どうしたものでしょう。」(6)こう言ったのは、何かイエスのことばじりをとらえて、訴えてやろうという魂胆があったからです。ところがイエスは、体をかがめ、指で地面に何か書いておられるだけでした。(7)けれども、彼らは引き下がりません。あくまで質問を続けてやめなかったので、イエスはゆっくり体を起こし、「わかりました。この女を石で打ち殺しなさい。ただし、最初に石を投げるのは、今まで一度も罪を犯したことのない者ですよ」と言われました。(8)そして、すぐにまた体をかがめ、地面に何か書いておられました。(9)すると、ユダヤ人の指導者もパリサイ人も、ばつが悪そうに、年長者から順に一人去り二人去りして、とうとうイエスと女だけが、群衆の前に取り残されました。(10)イエスは体を起こし、女に言われました。「あなたを訴えた人たちはどこにいますか。罰する者は一人もいなかったのですか。」(11)「はい、先生。」「そうですか。わたしもあなたを罰しません。さあ、行きなさい。もう二度と罪を犯してはいけませんよ。」

イエスには力がある(一言)
(ヨハネ 8:10-11 JCB))イエスは体を起こし、女に言われました。「あなたを訴えた人たちはどこにいますか。罰する者は一人もいなかったのですか。」(11)「はい、先生。」「そうですか。わたしもあなたを罰しません。さあ、行きなさい。もう二度と罪を犯してはいけませんよ。」

過去・恥・罪悪感から自由になる
(ローマ 8:1-2 ALIVE訳)だから、今やイエス・キリストに属する人は、死刑宣告から免れているのだ。(2) なぜなら、イエス・キリストは生命(いのち)を与える神の霊の力で、過ちと死の力から私を解放してくれたからだ。

自由の中で歩み続ける
(詩篇 119:45 口語訳)わたしはあなたのさとしを求めたので、自由に歩むことができます。

正しいものに時間を割く・注力する
(2 コリント 3:17 ALIVE訳)そしてその神様とは神の霊であり、それがいるところには自由がある―― 【自由:混乱からの自由。神からの計画を理解する自由。そして良い方向に変わり始める自由】 それは、神の掟を守って救われようとすることからの解放だ。

聖霊の力のバプテスマ

メッセージノート

(ヨハネ 7:37-39 JCB)祭りの最後の一番大切な日に、イエスは大声で群衆に語りかけました。「だれでも、渇いているなら、わたしのところへ来て飲みなさい。(38)わたしを信じれば、心の奥底からいのちの水の川が流れ出ると、聖書に語られているとおりです。」(39)〔イエスは聖霊のことを言われたのです。聖霊は、イエスを信じる人すべてに与えられることになっていましたが、この時はまだ与えられていませんでした。イエスが天にある栄光の座に戻っておられなかったからです。〕

1.聖霊って誰?
(創世記 1:1-3 JCB) まだ何もなかった時、神は天と地を造りました。(2)地は形も定まらず、闇に包まれた水の上を、さらに神の霊が覆っていました。(3)「光よ、輝き出よ。」神が言われると、光がさっとさしてきました。

2.旧約聖書 – 聖霊はリーダーだけのものであった。でも、聖霊の約束は預言されていた
(エゼキエル 36:26-27 JCB)わたしはあなたがたに新しい心を与える。それで、あなたがたは正しい願いを抱くようになる。また、あなたがたに新しい霊を授ける。それで、石のように堅い罪の心が取り除かれて、愛に満ちた新しい心が生じる。(27)わたしの御霊を授けるので、あなたがたはわたしのおきてを守り、わたしの命令に何でも従うようになる。

(ヨエル 2:28 JCB)わたしは再び雨を注いだあと、わたしはあなたがたすべてにわたしの霊を注ぐ。その時、あなたがたの息子、娘は預言し、老人は夢を見、若者は幻を見る。

3.使徒 1 & 2 章、聖霊のバプテスマ(満たされる)使徒1章のイエスの約束
(使徒 1:5, 8 ALIVE訳)洗礼者ヨハネは水で洗礼を授けたが、おまえたちはもうすぐ神の霊による洗礼を受けるからだ・・・!!!
(8)だがな、神の霊が注がれ、おまえたちが力を受ける時、ここエルサレムからユダヤ全土、そしてサマリヤ地方から地の果てまで、俺の死と復活を伝える証人となる!

今は全ての人のために聖霊の力があると使徒2章に書かれている
(使徒 2:1-4 JCB)さて、イエスの死と復活から、七週間が過ぎました。五旬節(ユダヤ教の祭りの一つ)の日のことです。信者たちが一堂に集まっていると、(2)突然、天からものすごい音がしました。まるで、激しい風が吹きつけるような音です。それが、家全体にごうごうと響き渡ったのです。(3)そして、めらめら燃える炎の舌のようなものが現れ、みなの頭上にとどまりました。(4)するとどうでしょう。その場にいた人たちは、みな聖霊に満たされ、知りもしない外国語で話し始めたではありませんか。聖霊が、それだけの力を与えてくださったのです。

(使徒 2:25 JCB)ダビデ王は、イエス様のことをこう言っています。『主はいつも私と共におられる。主が私を助け、神の大きな力が私を支える。