Dec 2019

  • (1 テサロニケ 5:16-18 ALIVE訳)いつも喜びにあふれていろ!(17)絶えず祈れ!(18)何があっても、感謝の心を持て! これこそ、神が、イエス・キリストに属するみんなに、望むことだ。
    (1 Thessalonians 5:16-18 NLT) Always be joyful. (17) Never stop praying. (18) Be thankful in all circumstances, for this is God’s will for you who belong to Christ Jesus.

    2020年のビジョンを受け取る Get A Vision For 2020
    ビジョンを受け取るために心を整えよう Let’s Prepare Our Heart To Receive Fresh Vision From God
    (1 テサロニケ 5:16 ALIVE訳)いつも喜びにあふれていろ!
    (1 Thessalonians 5:16 NLT) Always be joyful.
    (マタイ 10:14 新改訳)もしだれも、あなたがたを受け入れず、あなたがたのことばに耳を傾けないなら、その家またはその町を出て行くときに、あなたがたの足のちりを払い落としなさい。
    (Matthew 10:14 NIV) If anyone will not welcome you or listen to your words, leave that home or town and shake the dust off your feet.

    イエスの一言だけで十分 One Word From Jesus Is Enough
    (ヘブル 4:12 ALIVE訳)神のことばは生きており、力がみなぎっている。 それは、どんな研ぎ澄まされた刀よりも切れ味がよく、心の奥深くに潜んでいる思いや欲望、脊髄、魂にまでメスを入れ、私たちの赤裸々な姿をさらけ出す。
    (Hebrews 4:12 NLT) For the word of God is alive and powerful. It is sharper than the sharpest two-edged sword, cutting between soul and spirit, between joint and marrow. It exposes our innermost thoughts and desires.
    (エレミヤ 20:9 JCB)ところが、私は神の使者になることをやめるわけにはいきません。二度と主のことを口にしないでおこう、これ以上、神の名によって語るのはやめようと言うと、私の心のうちにある神のことばは、まるで火のように骨の中で燃えています。そのため、苦しくてたまりません。
    (Jeremiah 20:9 NLT) But if I say I’ll never mention the Lord or speak in his name, his word burns in my heart like a fire. It’s like a fire in my bones! I am worn out trying to hold it in! I can’t do it!

    2020年さらに大きいことが起きることを期待して、口にしていこう Believe In Big Things To Happen & Speak Them Out
    (使徒 2:17 ALIVE訳) 『神は言われる。私は終わりの日、私の魂をすべての人に注ぐ。おまえたちの息子、娘は預言をし、青年は聖なる幻ビジョンを見、老人は特別な夢を見る。
    (Acts 2:17 NLT) ‘In the last days,’ God says, ‘I will pour out my Spirit upon all people. Your sons and daughters will prophesy. Your young men will see visions, and your old men will dream dreams.

    もし失敗しないとわかっていたら、2020年どんなことにチャレンジしたい?
    If you knew you couldn’t fail at something, what would you want to do in 2020?
  • (Mark 5:15-20 NIV) When they came to Jesus, they saw the man who had been possessed by the legion of demons, sitting there, dressed and in his right mind; and they were afraid. (16) Those who had seen it told the people what had happened to the demon-possessed man—and told about the pigs as well. (17) Then the people began to plead with Jesus to leave their region. (18) As Jesus was getting into the boat, the man who had been demon-possessed begged to go with him. (19) Jesus did not let him, but said, “Go home to your own people and tell them how much the Lord has done for you, and how he has had mercy on you.” (20) So the man went away and began to tell in the Decapolis how much Jesus had done for him. And all the people were amazed.
    (マルコ 5:15-20 JCB)たちまちイエスの回りは黒山の人だかりとなり、しかも、うわさの男は、服を着て、すっかり正気に戻って座っているではありませんか。人々は恐ろしくなりました。(16)初めからこの出来事を目撃していた人たちが、みんなに一部始終を説明しました。(17)それを聞くと、人々はイエスに、かかわりあいになりたくないから、どこかへ行ってほしいと願い始めたのです。(18)イエスはまた舟に乗り込みました。悪霊につかれていた男が、「ぜひお伴を」と願いましたが、(19)お許しにならず、「家族や、友人のところへお帰りなさい。神がどんなにすばらしいことをしてくださったか、また、どんなにあわれんでくださったかを話してあげなさい」と言われました。(20)男はさっそくデカポリス地方を回り、イエスがどんなにすばらしいことをしてくださったかを知らせました。その話を聞いた人々はみな驚きました。
    (Luke 8:39 NIV) “Return home and tell how much God has done for you.” So the man went away and told all over town how much Jesus had done for him.
    (ルカ 8:39 JCB)「家族のところへ帰りなさい。神がどんなにすばらしいことをしてくださったかを、話してあげるのです。」こう言われて、男は町中の人に、イエスのすばらしい奇跡を話して回りました。

    1.Focus on the Jesus change and be thankfulイエスが変えてくれたことにフォーカスをおき、感謝する
    -Changed life gave him his platform to speak.
    (2 Corinthians 5:17 NIV) Therefore, if anyone is in Christ, the new creation has come: The old has gone, the new is here!
    (2 コリント 5:17 JCB)だれでもクリスチャンになると、内側が全く新しくされます。もはや今までと同じ人間ではありません。新しい人生が始まったのです。

    2.Focus on what I am now (not on what I once did) (過去の自分ではなく)今の自分にフォーカスを置く
    -Changed and now no condemnation 変えられた、罪の宣告は受けない
    (1 Corinthians 15:10a NIV) But by the grace of God I am what I am, and his grace to me was not without effect.
    (1 コリント 15:10a JCB)今の私があるのは、あふれるほどに注がれた神の恵みとあわれみによるのです。この恵みとあわれみは、むだではありませんでした。
    (Romans 8:1 NIV) Therefore, there is now no condemnation for those who are in Christ Jesus,
    (ローマ 8:1 JCB)こういうわけで、今は、キリスト・イエスに属する人が罪の宣告を受けることはありません。

    3.Focus on the future and be full of vision 将来にフォーカスをおき、ビジョンで満たされる
    -Changed and thankful. Ready for the next thing 変えられ感謝する。次の準備をする
    (Proverbs 29:18 KJV) Where there is no vision, the people perish: but he that keepeth the law, happy is he.
    (箴言 29:18 JCB)神を知らない民は好き勝手に振る舞い、手がつけられませんが、国中の人が神の教えを守ろうとする国は幸いです。
  • Dec 15 2019

    Christmas Story

    Speaker:
    Ps Rod Plummer
    Duration:
    28:23
    (Matthew 1:18-25 NIV) This is how the birth of Jesus the Messiah came about: His mother Mary was pledged to be married to Joseph, but before they came together, she was found to be pregnant through the Holy Spirit. (19) Because Joseph her husband was faithful to the law, and yet did not want to expose her to public disgrace, he had in mind to divorce her quietly. (20) But after he had considered this, an angel of the Lord appeared to him in a dream and said, “Joseph son of David, do not be afraid to take Mary home as your wife, because what is conceived in her is from the Holy Spirit. (21) She will give birth to a son, and you are to give him the name Jesus, because he will save his people from their sins.” (22) All this took place to fulfill what the Lord had said through the prophet: (23) “The virgin will conceive and give birth to a son, and they will call him Immanuel” (which means “God with us”). (24) When Joseph woke up, he did what the angel of the Lord had commanded him and took Mary home as his wife. (25) But he did not consummate their marriage until she gave birth to a son. And he gave him the name Jesus.
    (マタイ 1:18-25 JCB) イエス・キリストの誕生は次のとおりです。母マリヤはヨセフと婚約していました。ところが結婚する前に、聖霊によってみごもったのです。(19)婚約者のヨセフは、神の教えを堅く守る人でしたから、婚約を破棄しようと決心しました。しかし、人前にマリヤの恥をさらしたくなかったので、ひそかに縁を切ることにしました。(20)ヨセフがこのことで悩んでいた時、天使が夢に現れて言いました。「ダビデの子孫ヨセフよ。ためらわないで、マリヤと結婚しなさい。マリヤは聖霊によってみごもったのです。(21)彼女は男の子を産みます。その子をイエス(「主は救い」の意)と名づけなさい。この方こそ、ご自分を信じる人々を罪から救ってくださるからです。(22)このことはみな、神が預言者(神に託されたことばを語る人)を通して語られた、次のことばが実現するためです。(23)『見よ。処女がみごもって、男の子を産む。その子はインマヌエル〔神が私たちと共におられる〕と呼ばれる。』(イザヤ7・14)」(24)目が覚めるとヨセフは、天使の命じたとおり、マリヤと結婚しました。(25)しかし、その子が生まれるまでは、マリヤに触れませんでした。そして、生まれた子をイエスと名づけました。

    (Isaiah 7:14 NIV) Therefore the Lord himself will give you a sign: The virgin will conceive and give birth to a son, and will call him Immanuel.
    (イザヤ 7:14 JCB)それならそれでいいでしょう。しるしは主が決めます。見ていなさい。処女が男の子を産みます。彼女は生まれた子にインマヌエル(「神が私たちとともにいる」の意)という名前をつけます。

    (Isaiah 9:6 NIV) For to us a child is born, to us a son is given, and the government will be on his shoulders. And he will be called Wonderful Counselor, Mighty God, Everlasting Father, Prince of Peace.
    (イザヤ 9:6 JCB) 一人の男の子が私たちのために生まれます。その肩にすべての主権が与えられ、その子は、「すばらしい助言者」「全能の神」「永遠の父」「平和の君」と呼ばれます。

    (John 3:16 NIV) For God so loved the world that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life.
    (ヨハネ 3:16 JCB)実に神は、ひとり子をさえ惜しまず与えるほどに、この世界を愛してくださいました。それは、神の御子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠のいのちを得るためです。
  • (ルカ 2:8-10 JCB)その夜、町はずれの野原では、羊飼いが数人、羊の番をしていました。(9)そこへ突然、天使が現れ、主の栄光があたり一面をさっと照らしたのです。これを見た羊飼いたちは恐ろしさのあまり震え上がりました。(10)天使は言いました。「こわがることはありません。これまで聞いたこともない、すばらしい出来事を知らせてあげましょう。すべての人への喜びの知らせです。
    (Luke 2:8-10 TPT) That night, in a field near Bethlehem, there were shepherds watching over their flocks. (9) Suddenly, an angel of the Lord appeared in radiant splendor before them, lighting up the field with the blazing glory of God, and the shepherds were terrified! (10) But the angel reassured them, saying, “Don’t be afraid. For I have come to bring you good news, the most joyous news the world has ever heard! And it is for everyone everywhere!

    イエスはあなたに希望を与えるために来た Jesus Came To Give You Hope
    (マタイ 12:21 JCB) 彼の名こそ、全世界の希望となる。
    (Matthew 12:21 NLT) And his name will be the hope of all the world.

    あなたは独りぼっちじゃない! You’re Not Alone!
    (マタイ 1:23 ALIVE訳)「処女が身ごもり、男児を生む。 人はその子を神が共にいる(インマヌエル)と呼ぶ」―― 【聖書:イザヤ書7:14より引用】
    (Matthew 1:23 NLT) “Look! The virgin will conceive a child! She will give birth to a son, and they will call him Immanuel, which means ‘God is with us.’”
    (詩篇 68:6 JCB)身寄りのない者に家族を与え、囚人を牢獄から解き放ち、その口に喜びの歌をわき上がらせてくださいます。しかし、神に背く者の行く手には、ききんと悩みが待っています。
    (Psalm 68:6 NIV) God sets the lonely in families, he leads out the prisoners with singing; but the rebellious live in a sun-scorched land.

    クリスマスは感謝してお祝いするとき!Christmas Is Time To Celebrate And Be Thankful!
    (2 コリント 9:15 ALIVE訳)神が恵んでくれた一人子という、言い表わせないほどすばらしい贈り物を感謝しよう!
    (2 Corinthians 9:15 NLT) Thank God for this gift too wonderful for words!
  • (Matthew 1:18-23 NIV) This is how the birth of Jesus the Messiah came about: His mother Mary was pledged to be married to Joseph, but before they came together, she was found to be pregnant through the Holy Spirit. (19) Because Joseph her husband was faithful to the law, and yet did not want to expose her to public disgrace, he had in mind to divorce her quietly. (20) But after he had considered this, an angel of the Lord appeared to him in a dream and said, “Joseph son of David, do not be afraid to take Mary home as your wife, because what is conceived in her is from the Holy Spirit. (21) She will give birth to a son, and you are to give him the name Jesus, because he will save his people from their sins.” (22) All this took place to fulfill what the Lord had said through the prophet: (23) “The virgin will conceive and give birth to a son, and they will call him Immanuel” (which means “God with us”).
    (マタイ 1:18-23 JCB)イエス・キリストの誕生は次のとおりです。母マリヤはヨセフと婚約していました。ところが結婚する前に、聖霊によってみごもったのです。(19)婚約者のヨセフは、神の教えを堅く守る人でしたから、婚約を破棄しようと決心しました。しかし、人前にマリヤの恥をさらしたくなかったので、ひそかに縁を切ることにしました。(20)ヨセフがこのことで悩んでいた時、天使が夢に現れて言いました。「ダビデの子孫ヨセフよ。ためらわないで、マリヤと結婚しなさい。マリヤは聖霊によってみごもったのです。(21)彼女は男の子を産みます。その子をイエス(「主は救い」の意)と名づけなさい。この方こそ、ご自分を信じる人々を罪から救ってくださるからです。(22)このことはみな、神が預言者(神に託されたことばを語る人)を通して語られた、次のことばが実現するためです。(23)『見よ。処女がみごもって、男の子を産む。その子はインマヌエル〔神が私たちと共におられる〕と呼ばれる。』(イザヤ7・14)」

    1.Christmas - A beautiful story クリスマス – 美しいストーリー

    2.Christmas - a family story クリスマス – 家族のストーリー
    (Psalm 68:6 NIV) God sets the lonely in families, he leads out the prisoners with singing; but the rebellious live in a sun-scorched land.
    (詩篇 68:6 JCB)身寄りのない者に家族を与え、囚人を牢獄から解き放ち、その口に喜びの歌をわき上がらせてくださいます。しかし、神に背く者の行く手には、ききんと悩みが待っています。
    {nativity scene}

    3.Christmas - A life-changing story クリスマス – 人生を変えるストーリー

    4. Christmas - A story of Immanuel - “God is with us’ クリスマス – インマヌエルのストーリー 神が共にいる
    (John 3:16 NIV) For God so loved the world that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life.
    (ヨハネ 3:16 ALIVE訳)実に神は、一人子をさえ惜しまず与えるほどに、世の人間を愛してくれた。つまり、神の一人子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠の命を得るためだ!!!
  • Dec 1 2019

    The Good News Has Saved You!!!!

    Speaker:
    Ps Kirby Sato
    Duration:
    29:52
    (2コリント 4:15b ALIVE訳)イエスに導かれる人が増えれば増えるほど、その大きな恵みに対する感謝と称賛が神に集まるのだ。
    (2 Corinthians 4:15b NLT) And as God’s grace reaches more and more people, there will be great thanksgiving, and God will receive more and more glory.
    (2コリント 4:2-3,6 ALIVE訳)信じさせるために、あれこれたくらむようなまねはしない。だましたりはしたくないのだ。イエスについての最高の知らせの純粋な教えを都合よく解釈することも決してしない。そのような恥ずかしい方法は、絶対に用いない。語る時には、神の前に立って真実を語る。私たちを知っている人はみな、このことを認めてくれるはずだ。(3)私たちが宣べ伝える最高な知らせは隠されていないが、人生の目的を知らない迷子な人には、これが真理だということが見えていない。(6)“闇より光よ輝け”と言った神が、私たちの心より光を輝かすことで、神の栄光は、イエス・キリストの顔に見られることを悟らせてくれた。
    (2 Corinthians 4:2-3, 6 NLT) We reject all shameful deeds and underhanded methods. We don’t try to trick anyone or distort the word of God. We tell the truth before God, and all who are honest know this. (3) If the Good News we preach is hidden behind a veil, it is hidden only from people who are perishing. (6) For God, who said, “Let there be light in the darkness,” has made this light shine in our hearts so we could know the glory of God that is seen in the face of Jesus Christ.

    1, イエスはあなたを愛してるからこそ、やって来た!!! Jesus Came Because He Loves You!!!
    (ヨハネ 3:16 ALIVE訳)実に神は、一人子をさえ惜しまず与えるほどに、世の人間を愛してくれた。つまり、神の一人子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠の命を得るためだ!!!
    (John 3:16 NIV) For God so loved the world that he gave his one and only Son, that whoever believes in him shall not perish but have eternal life.

    2, 信じる者を救ってくれる!!! He Saves Those Who Believe In Him!!!
    (ローマ 10:8-9 JCB)というのは、キリストを信じることによって与えられる救いは、自分の心の中や口、まさに私たちのすぐ手の届くところにあるからです。(9)なぜなら、もし自分の口で、「イエス・キリストは私の主です」と告白し、自分の心で、「神はイエス・キリストを死者の中から復活させてくださった」と信じるなら、あなたは救われるのです。
    (Romans 10:8-9 NLT) In fact, it says, “The message is very close at hand; it is on your lips and in your heart.” And that message is the very message about faith that we preach: (9) If you openly declare that Jesus is Lord and believe in your heart that God raised him from the dead, you will be saved.
    (ルカ 2:10 ALIVE訳) 「恐れなくてよい!君たちに最高な知らせを持ってきたのだから。神の民であれば喜ばない人はいない!
    (Luke 2:10 NIV) But the angel said to them, “Do not be afraid. I bring you good news that will cause great joy for all the people.
  • (1 Thessalonians 5:18 NIV) give thanks in all circumstances; for this is God’s will for you in Christ Jesus.
    (1 テサロニケ 5:18 ALIVE訳)何があっても、感謝の心を持て!これこそ、神が、イエス・キリストに属するみんなに、望むことだ。
    (Habakkuk 3:17-18 NIV) Though the fig tree does not bud and there are no grapes on the vines, though the olive crop fails and the fields produce no food, though there are no sheep in the pen and no cattle in the stalls, (18) yet I will rejoice in the Lord, I will be joyful in God my Savior.
    (ハバクク 3:17-18 JCB)いちじくの木が全滅して花も実もつけず、オリーブの木も実りがなく、畑が荒れたままであっても、羊の群れが野で死に、牛小屋がからっぽでも、(18)私は主を喜びます。私を救ってくださる神のおかげで幸せです。

    1.So thankful, he invited 感謝の気持ちがいっぱいで、招待した
    (Luke 5:27-32 NIV) After this, Jesus went out and saw a tax collector by the name of Levi sitting at his tax booth. “Follow me,” Jesus said to him, (28) and Levi got up, left everything and followed him. (29) Then Levi held a great banquet for Jesus at his house, and a large crowd of tax collectors and others were eating with them. (30) But the Pharisees and the teachers of the law who belonged to their sect complained to his disciples, “Why do you eat and drink with tax collectors and sinners?” (31) Jesus answered them, “It is not the healthy who need a doctor, but the sick. (32) I have not come to call the righteous, but sinners to repentance.”
    (ルカ 5:27-32 JCB)このあと、イエスが町を出ようとされた時、一人の取税人が税金取立所に座っているのが見えました。その男の名はレビ(マタイ)と言いました。「さあ、ついて来て、わたしの弟子になりなさい。」(28)イエスの誘いに、レビは何もかも捨てて立ち上がり、あとに従いました。(29)まもなくレビは、家で、イエスのために盛大な歓迎会を催しました。取税人仲間をはじめ、大ぜいの人が招かれました。(30)ところが、パリサイ人や律法の専門家たちはこの光景を見て、弟子たちに激しい非難をあびせました。「あなたたちは、どうしてこんなくずのような連中といっしょに食事をするのか。」(31)イエスは、お答えになりました。「医者が必要なのは病人で、健康な人ではありません。(32)わたしは、自分を正しいと思う人を招くためではなく、罪人を招いて、罪を悔い改めさせるために来たのです。」

    2.So thankful he told his family 感謝の気持ちがいっぱいで家族に伝えた
    (Luke 8:38-39 NIV) The man from whom the demons had gone out begged to go with him, but Jesus sent him away, saying, (39) “Return home and tell how much God has done for you.” So the man went away and told all over town how much Jesus had done for him.
    (ルカ 8:38-39 JCB) 悪霊の去った男がお伴を願い出ましたが、イエスはお許しになりませんでした。(39)「家族のところへ帰りなさい。神がどんなにすばらしいことをしてくださったかを、話してあげるのです。」こう言われて、男は町中の人に、イエスのすばらしい奇跡を話して回りました。

    3.So thankful she changed her lifestyle感謝の気持ちがいっぱいで、ライフスタイルを変えた
    (John 8:9-11 NIV) At this, those who heard began to go away one at a time, the older ones first, until only Jesus was left, with the woman still standing there. (10) Jesus straightened up and asked her, “Woman, where are they? Has no one condemned you?” (11) “No one, sir,” she said. “Then neither do I condemn you,” Jesus declared. “Go now and leave your life of sin.”
    (ヨハネ 8:9-11 JCB)そして、すぐにまた体をかがめ、地面に何か書いておられました。(9)すると、ユダヤ人の指導者もパリサイ人も、ばつが悪そうに、年長者から順に一人去り二人去りして、とうとうイエスと女だけが、群衆の前に取り残されました。(10)イエスは体を起こし、女に言われました。「あなたを訴えた人たちはどこにいますか。罰する者は一人もいなかったのですか。」(11)「はい、先生。」「そうですか。わたしもあなたを罰しません。さあ、行きなさい。もう二度と罪を犯してはいけませんよ。」