God’s Love Is HUUUUGE! Does He Really Know All That?

Aug 26 2018
Speaker:
Ps Noboru Koga
Duration:
41:08
(マタイ9:12-13) イエスはこれを聞いて言われた。「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。 『わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない』とはどういう意味か、行って学びなさい。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(Matthew 9:12-13 NLT) When Jesus heard this, he said, “Healthy people don’t need a doctor—sick people do.” (13) Then he added, “Now go and learn the meaning of this Scripture: ‘I want you to show mercy, not offer sacrifices.’ For I have come to call not those who think they are righteous, but those who know they are sinners.”
- 罪とは What Is Sin?
(創世記 2:15-17)神である主は、人を取り、エデンの園に置き、そこを耕させ、またそこを守らせた。神である主は、人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ。」
(Genesis 2:15-17 NLT) The Lord God placed the man in the Garden of Eden to tend and watch over it. (16) But the Lord God warned him, “You may freely eat the fruit of every tree in the garden— (17) except the tree of the knowledge of good and evil. If you eat its fruit, you are sure to die.”

放蕩息子の話 Story Of Prodigal Son
(ルカ15:11-12) イエスはもっとよく説明しようと、また別のたとえも話されました。「ある人に息子が二人いました。 ある日、弟のほうが出し抜けに、『お父さん。あなたが亡くなってからでなく、今すぐ財産の分け前がほしいんです』と言いだしたのです。それで父親は、二人にそれぞれ財産を分けてやりました。
(Luke 15:11-12 NLT) To illustrate the point further, Jesus told them this story: “A man had two sons. (12) The younger son told his father, ‘I want my share of your estate now before you die.’ So his father agreed to divide his wealth between his sons.
(ルカ15:13-14)もらう物をもらうと、何日もたたないうちに、弟は荷物をまとめ、遠い国に旅立ちました。そこで放蕩に明け暮れ、財産を使い果たしてしまいました。 14一文なしになった時、その国に大ききんが起こり、食べる物にも事欠くようになりました。
(Luke 15:13-14 NLT) A few days later this younger son packed all his belongings and moved to a distant land, and there he wasted all his money in wild living. (14) About the time his money ran out, a great famine swept over the land, and he began to starve.
(ルカ15:20-23) 決心がつくと、彼は父親のもとに帰って行きました。ところが、家まではまだ遠く離れていたというのに、父親は息子の姿をいち早く見つけたのです。『あれが帰って来た。かわいそうに、あんなみすぼらしいなりで。』こう思うと、じっと待ってなどいられません。走り寄って抱きしめ、口づけしました。 21『お父さん。すみませんでした。ぼくは、神様にもお父さんにも、罪を犯してしまいました。もう息子と呼ばれる資格はありません。』 22ところが父親は、使用人たちにこう言いつけたのです。『さあ、何をぼやぼやしている。一番良い服を出して、この子に着せてやりなさい。宝石のついた指輪も、くつもだ。 23それから肥えた子牛を料理して、盛大な祝宴の用意をしなさい。 24死んだものとあきらめていた息子が生き返り、行方の知れなかった息子が帰って来たのだから。』こうして祝宴が始まりました。
(Luke 15:20-23 NLT) So he returned home to his father. And while he was still a long way off, his father saw him coming. Filled with love and compassion, he ran to his son, embraced him, and kissed him. (21) His son said to him, ‘Father, I have sinned against both heaven and you, and I am no longer worthy of being called your son.’ (22) “But his father said to the servants, ‘Quick! Bring the finest robe in the house and put it on him. Get a ring for his finger and sandals for his feet. (23) And kill the calf we have been fattening. We must celebrate with a feast,

父親である神は全てを受け入れてくれる God, Our Heavenly Father Embraces Everything For us
(ヨハネ3:16-17) 実に神は、ひとり子をさえ惜しまず与えるほどに、この世界を愛してくださいました。それは、神の御子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠のいのちを得るためです。 17神がご自分の御子を世にお遣わしになったのは、世をさばくためではなく、世を救うためです。
(John 3:16-17 NLT) For this is how God loved the world: He gave[a] his one and only Son, so that everyone who believes in him will not perish but have eternal life. (17) God sent his Son into the world not to judge the world, but to save the world through him.


イエスは十字架で全てを完成させた Jesus Finished Everything On The Cross
(ヨハネ 19:30) それをお受けになると、最後に、「すべて成し遂げた」とひとこと叫び、頭を垂れて息を引きとられたのです。
(John 19:30 NLT) When Jesus had tasted it, he said, “It is finished!” Then he bowed his head and gave up his spirit.
(1 テサロニケ 5:10)主イエス・キリストの死は、私たちを永遠に主と共に生かすためでした。
(1 Thessalonians 5:10 NLT) Christ died for us so that, whether we are dead or alive when he returns, we can live with him forever.