Rejoice

Aug 4 2019
Speaker:
Ps Monty Plummer
Duration:
35:03
(Philippians 4:4 NLT) Always be full of joy in the Lord. I say it again—rejoice!
(ピリピ 4:4 ALIVE訳) イエス様がともにいることをいつも喜べ!もう一度言おう。喜べ!

1.Rejoice In The Hard Times 大変なときも喜ぶ
(Acts 16:22-24 NLT) A mob quickly formed against Paul and Silas, and the city officials ordered them stripped and beaten with wooden rods. (23) They were severely beaten, and then they were thrown into prison. The jailer was ordered to make sure they didn’t escape. (24) So the jailer put them into the inner dungeon and clamped their feet in the stocks.”
(使徒 16:22-24 ALIVE訳) 「!」 平凡に生活していたはずの民衆がガラッと敵になり、瞬く間にブーイングの嵐―― 「や、役人殿・・・」 「ムチ打ちだぁぁぁ!!こいつらの服をはげッ!!!」 口を開こうとするパウロたちの声をかき消すように命じた。 びりりりりりり・・・・・・ パウロたちに発言の余地なし。 (23) ベシッ!スパンッ!!バシッ!!!ぐあ゙ぁぁぁぁぁ・・・・・・ ――ドスッ! 政府の役人は、2人を岩と鉄格子で囲われた牢獄ろうごくに投げ込んだ。 「おい!厳重に見張っとけ!」 「はッ」 そして、こう看守に釘を刺した――(24)(ふぅ、念には念だ・・・) さっそく看守は、牢獄の奥深くにパウロとシラスを閉じ込め、木でできた大きな足かせをはめ、拘束した。
(Acts 16:25-26 NLT) Around midnight Paul and Silas were praying and singing hymns to God, and the other prisoners were listening. (26) Suddenly, there was a massive earthquake, and the prison was shaken to its foundations. All the doors immediately flew open, and the chains of every prisoner fell off!”
(使徒 16:25-26 ALIVE訳) あたりも静まり、時刻は真夜中になろうかというころ、パウロとシラスは祈り、神を褒ほめたたえて歌った・・・♪ 響きわたる歌声に聞き入っていたのは、他でもない牢獄にいるすべての囚人であった!(26)ガタガタガタ・・・・・・!!! 突然、牢獄の土台が激しく揺れ動くほどの強い地震があった! ガチャン、ガチャン、ガチャン、ガコン・・・・・・ なんと格子の扉という扉すべてが開き、囚人全員の手錠や足かせが解けたではないか!

2. Your Joy Influences Others 喜びは周りの人へ伝染する
(Acts 16:27-29 NLT) The jailer woke up to see the prison doors wide open. He assumed the prisoners had escaped, so he drew his sword to kill himself. (28) But Paul shouted to him, “Stop! Don’t kill yourself! We are all here!” (29) The jailer called for lights and ran to the dungeon and fell down trembling before Paul and Silas.
(使徒 16:27-29 ALIVE訳) zzZ――・・・ 「ん・・・ん゙、ほあーあ!?地震だっ!!」 看守が監視を任されていた牢獄の扉も開いてしまっていた。 「・・・・・・おっ・・・おわ・・・終わりだ・・・!!!」 彼は全囚人が逃げたと思い、絶望した。 (こ、殺される・・・ならいっそのこと、ここで・・・みんな・・・ずまん・・・) 目を固く閉じ、冷たい剣先を自分に押し当てようとしたその時・・・(28)「早まるなッ!!!誰1人逃げてはいない!」(29) 「!」 「い゙、明がり・・・あ、明かりだッ!!」 「はッ!」 部下が明かりを持ってくると、牢獄の中に駆け込んだ看守かんしゅ。その体は恐れでブルブルと震えていた―― 「ヒ、ヒィ――」 パウロとシラスを見つけるやいなや、勢いよく2人の前に土下座した。
(Acts 16:30-34 NLT) Then he brought them out and asked, “Sirs, what must I do to be saved?” (31) They replied, “Believe in the Lord Jesus and you will be saved, along with everyone in your household.” (32) And they shared the word of the Lord with him and with all who lived in his household. (33) Even at that hour of the night, the jailer cared for them and washed their wounds. Then he and everyone in his household were immediately baptized. (34) He brought them into his house and set a meal before them, and he and his entire household rejoiced because they all believed in God.
(使徒 16:30-34 ALIVE訳) 看守かんしゅは、他の囚人に聞こえないところまで2人を連れていくと―― 「頼む、何をしたら助けてくれる・・・?」―― 【囚人が逃げ出したら、首が飛ぶため、看守はパウロたちと交渉しようとした】(31)「信じろ!天地の王・イエスを。そうすれば、助かるばかりか、一家共々救われる・・・!!!」(32-34)――イツツツツっ・・・す!すまん・・・ 夜は遅かったが、看守はパウロとシラスの傷を手当した。 それから看守の自宅に招かれた。パウロとシラスは、看守のみならず、一家全員にイエスのことを語り伝えると、一家そろって洗礼を受けたのである! それから、看守は2人に食事を振る舞った。一家全員が笑い、喜び、幸せでいっぱい。神を信じきったからである。

3. Let’s Overflow 溢れ出そう
(Romans 15:13 NLT) I pray that God, the source of hope, will fill you completely with joy and peace because you trust in him. Then you will overflow with confident hope through the power of the Holy Spirit.
(ローマ 15:13 ALIVE訳)あなたがたが希望を注ぐ神に信頼を抱くとき、天の喜びと平安で満たされるように!そして神の霊の力で期待感いっぱいに溢れるように!