2018年 3月

  • Mar 28 2018

    ヒーローの生涯 – アブラハム

    メッセンジャー:
    古賀 登牧師
    長さ:
    37:45
    -ビジョンと信仰 Vision & Faith
    -優先順位の確立 Establishing Priorities

    アブラハムと日本人 Abraham and Japanese People
    -アブラハムの親は神々に仕えていた Abraham’s parents were serving other Gods
    (ヨシュア 24:2 JCB)ヨシュアは次のように告げました。「イスラエルの神、主は、こうお語りになった。 『もともとあなたがたの先祖たち、アブラハムやナホルの父テラはユーフラテス川の東に住み、ほかの神々を礼拝していた。
    (Joshua 24:2 NIV) Joshua said to all the people, “This is what the Lord, the God of Israel, says: ‘Long ago your ancestors, including Terah the father of Abraham and Nahor, lived beyond the Euphrates River and worshiped other gods.

    アブラハムは神のビジョンを受け取った Abraham received a vision from God
    (創世記 12:1-3 JCB)父テラが死んだ時、主はアブラムに命じました。「あなたは、ここを発ちなさい。あなたの親族も住み慣れた地も捨てて出かけるのです。行く先はわたしが教えるから、ただ示されたとおりに進みなさい。(2)そうすれば、あなたを偉大な国民の父にしよう。あなたを祝福し、その名を広めて、だれ一人知らぬ者がないようにしよう。あなたによって、ほかの多くの者も祝福されます。(3)わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、あなたをのろう者をのろう。アブラムによって、全世界が祝福されるのです。」
    (Genesis 12:1-3 NIV) The Lord had said to Abram, “Go from your country, your people and your father’s household to the land I will show you. (2) “I will make you into a great nation, and I will bless you; I will make your name great, and you will be a blessing. (3) I will bless those who bless you, and whoever curses you I will curse; and all peoples on earth will be blessed through you.

    (創世記 15:5)それから主はアブラムを外へ連れ出し、満天の星空の下に立たせました。「空を見なさい。あの星を全部数えられますか?あなたの子孫はあの星のようにとても数えきれないほどの数になる。」
    (Genesis 15:5 NIV) He took him outside and said, “Look up at the sky and count the stars—if indeed you can count them.” Then he said to him, “So shall your offspring be.”

    アブラハムは神の約束と現実とで葛藤した Abraham Struggled Between Reality & God’s Promise
    (創世記 15:1-3 JCB)そののち主が幻の中でアブラムに現れ、こう語りかけました。「アブラムよ、心配することはない。わたしがあなたを守り、大いに祝福しよう。」(2-3)「ああ神様、私に息子がないのはご存じでしょう。どんなに祝福していただいても、子どもがいなければ、全財産は一族のだれかほかの者が相続することになるのです。」
    (Genesis 15:1-3 NIV) After this, the word of the Lord came to Abram in a vision: “Do not be afraid, Abram. I am your shield, your very great reward.” (2) But Abram said, “Sovereign Lord, what can you give me since I remain childless and the one who will inherit my estate is Eliezer of Damascus?” (3) And Abram said, “You have given me no children; so a servant in my household will be my heir.”

    (ヘブル 11:1 口語訳)さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである。
    (Hebrews 11:1 NIV) Now faith is confidence in what we hope for and assurance about what we do not see.


    (創世記16:1-3 JCB)主の約束にもかかわらず、サライとアブラムには、なかなか子どもができませんでした。そこでサライは、ハガルというエジプト人の女の召使を、(2-3)アブラムにそばめとして与えました。「主はいつまでたっても子どもを授けてくださらないので、あなたが私の召使を迎え入れるしかないと思います。もし子どもが生まれたら、私の子ということにしてください。」アブラムは同意しました。こうしてカナンの地に来てから十年後、
    (Genesis 16:1-3 NIV) Now Sarai, Abram’s wife, had borne him no children. But she had an Egyptian slave named Hagar; (2) so she said to Abram, “The Lord has kept me from having children. Go, sleep with my slave; perhaps I can build a family through her.” Abram agreed to what Sarai said. (3) So after Abram had been living in Canaan ten years, Sarai his wife took her Egyptian slave Hagar and gave her to her husband to be his wife.

    試練を通して教えてくれる大切なもの Important Things To Learn Through Trials
    (創世記 22:2 JCB)あなたのひとり息子を連れてモリヤへ行きなさい。そう、愛するイサクを連れて行くのだ。そして、わたしが指定する山の上で、完全に焼き尽くすいけにえとしてイサクをささげなさい。
    (Genesis 22:2 NIV) Then God said, “Take your son, your only son, whom you love—Isaac—and go to the region of Moriah. Sacrifice him there as a burnt offering on a mountain I will show you.”

    (マタイ 6:33 JCB)神を第一とし、神が望まれるとおりの生活をしなさい。そうすれば、必要なものは、神が与えてくださいます。
    (Matthew 6:33 NIV) But seek first his kingdom and his righteousness, and all these things will be given to you as well.
  • Mar 25 2018

    ぎこちないハグ

    メッセンジャー:
    佐藤カービー牧師
    長さ:
    34:10
    (ルカ 15:13-19 ALIVE訳)“もらう者をもらうと、何日もたたないうちに、次男は荷物をまとめ、そそくさと遠い国に旅立った。そこで次男は毎日豪遊に明け暮れ、(14)しばらくしてから全財産も底をついてしまった。すると、その国に大飢饉が起こり、次男は、お金どころか食べるものさえない深刻な状況に陥った。(15)仕方なく、その地方にある農夫に頼み込み、ブタの飼育の仕事を手に入れ、ブタ小屋生活が始まった。かつての豪遊生活はどこへやら。(16)空腹のあまり、泥まみれになったブタの餌でさえ食べたいほどだが・・・誰も助けてくれやしない。 (17)ここまで来て、次男は自分の過ちに気付き、こう思った。 “あーあ、親父の召使いでさえ、今頃腹いっぱい食ってるってのに俺ときたら、飢え死にしかけてる。情けねぇ。(18)そうだ、親父のもとへ帰ってこう言おう。‘俺は神様にも、父さんにも、取り返しのつかないことをしてしまった。(19)もう息子と呼ばれる資格なんてないことぐらい分かっている。だからお願いします。俺を雇ってください’”
    (Luke 15:13-19 ESV) 'Not many days later, the younger son gathered all he had and took a journey into a far country, and there he squandered his property in reckless living. (14)And when he had spent everything, a severe famine arose in that country, and he began to be in need. (15)So he went and hired himself out to one of the citizens of that country, who sent him into his fields to feed pigs. (16)And he was longing to be fed with the pods that the pigs ate, and no one gave him anything. (17)"But when he came to himself, he said, 'How many of my father's hired servants have more than enough bread, but I perish here with hunger! (18)I will arise and go to my father, and I will say to him, "Father, I have sinned against heaven and before you. (19)I am no longer worthy to be called your son. Treat me as one of your hired servants."

    (ルカ 15:20 ALIVE訳)決心がつくと、父親のもとへ帰った)「ところが、家までは、まだ遠くはなれていたというのに、父親は息子の姿を、いち早く見つけた。そして、ボロボロに弱った姿を見て、父親の心はしめつけられるような思いになった。じっとしてはいられず、走り寄ってぎゅっと抱きしめ、頬に口づけした。
    (Luke 15:20 ESV) And he arose and came to his father. But while he was still a long way off, his father saw him and felt compassion, and ran and embraced him and kissed him.

    (ルカ 15:21-24 ALIVE訳)“父さん、俺は神様にも、父さんにも取り返しのつかないことをした・・・もう息子と呼ばれる資格なんてない・・・(22)ところが父親は、使用人たちに言った。“さあさあ、何をぼやぼやしている!急いでせがれに一張羅を着せてやれ!我が一家の指輪と丈夫なくつもだ!(23)そうだ!それから最高級の黒毛和牛をありったけふるまってみんなで宴だ!!(24)死んだものだとあきらめていた息子が生き返り、行方知れずの息子が見つかったのだ!!!” こうして、宴は始まった!)
    (Luke 15:21-24 ESV) And the son said to him, 'Father, I have sinned against heaven and before you. I am no longer worthy to be called your son.' (22)But the father said to his servants, 'Bring quickly the best robe, and put it on him, and put a ring on his hand, and shoes on his feet. (23)And bring the fattened calf and kill it, and let us eat and celebrate. (24)For this my son was dead, and is alive again; he was lost, and is found.' And they began to celebrate.

    (ルカ 15:25-28 ALIVE訳)「ところで、兄のほうは、その日も真面目に畑で働いていた。家に戻ると、何やら楽しげな踊りの音楽が聞こえてくる。(26)いったい何事かと、使用人に尋ねると、(27)“弟さんが帰られたのですよ!旦那様は、たいへんお喜びで、最高級の牛肉を料理し、ご無事を祝う宴会を開いておられます!”と言うではないか! (28)怒った兄は、宴の中に入るのさえしゃくにさわった。そこで父親が出てきて、一緒に祝おうじゃないかとなだめた。
    (Luke 15:25-28 ESV) "Now his older son was in the field, and as he came and drew near to the house, he heard music and dancing. (26)And he called one of the servants and asked what these things meant. (27)And he said to him, 'Your brother has come, and your father has killed the fattened calf, because he has received him back safe and sound.' (28)But he was angry and refused to go in. His father came out and entreated him,

    ハグに居心地よさを感じて! Feel Comfort In The Hug
    (エペソ 2:8 ALIVE訳)あなたがたは、イエスを心底信じ、与えられた神の恵みのおかげで救われたのだ。そう、自分で自分を救ったのではなく、神の贈り物を受けとってだ。
    (Ephesians 2:8 ERV) I mean that you have been saved by grace because you believed. You did not save yourselves; it was a gift from God.

    (2コリント 5:18-19 ALIVE訳)この新しい出来事はすべて神から出ている。神は、イエス・救世主の働きによって、私たちを自分のもとに連れ戻してくれた。そして、この恵みによる神との和解を、すべての人に勧める特権をも、私たちに与えてくれた。つまり、神は救世主をとおして、世の人間と平和を結んだ。神に反した過ちを犯したすべての人間に“赦し”をオファーした。そしてこの平和の最高な知らせを広めるようにと、伝言が託された。
    (2 Corinthians 5:18-19 ERV) All this is from God. Through Christ, God made peace between himself and us. And God gave us the work of bringing people into peace with him. (19) I mean that God was in Christ, making peace between the world and himself. In Christ, God did not hold people guilty for their sins. And he gave us this message of peace to tell people.
  • (John 3:16 NKJV) For God so loved the world that He gave His only begotten Son, that whoever believes in Him should not perish but have everlasting life.
    (ヨハネ 3:16 ALIVE訳)実に神は、一人子をさえ惜しまず与えるほどに、世の人間を愛してくれた。つまり、神の一人子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠の命を得るためだ!!!

    -Japanese kanji for sin. (parts ‘net’ covering ‘brokenness’ = hopelessness)
    -In English sin is also a difficult word to understand
    -Ancient Greek: ‘To miss the mark’, ‘always fall short of the target’ (picture of target and missed arrows)
    -日本語の漢字「罪」(網で背き(そむき)を覆う=希望がない)
    -英語でも罪って言葉は理解が難しい
    -古来のギリシャ語: 「的を外す」。ターゲットにいつも届かない。(的と外した矢)
    (Romans 3:23 NKJV) for all have sinned and fall short of the glory of God,
    (ローマ 3:23 新改訳) すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、
    (Romans 6:23 NKJV) For the wages of sin is death, but the gift of God is eternal life in Christ Jesus our Lord.
    (ローマ 6:23 新改訳) 罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。
    犠牲
    -Japanese kanji for sacrifice (gisei) includes animal sacrifice. This is also true for ‘religion' (shuukyou) kanji.
    「犠牲」という漢字は、動物の犠牲を含む「宗教」という漢字も同じ。
    (Hebrews 10:3-4 NKJV) But in those sacrifices there is a reminder of sins every year. For it is not possible that the blood of bulls and goats could take away sins.
    (ヘブル 10:3-4 新改訳) ところがかえって、これらのささげ物によって、罪が年ごとに思い出されるのです。(4) 雄牛とやぎの血は、罪を除くことができません。
    1.The only way to get free forever of sin and its effect is the once-for-all perfect sacrifice Jesus = Easter!
    罪と罪の影響から永遠に自由になる唯一の道は、最初で最期の完璧な犠牲、イエスを通して=イースター!

    -Righteousness (Japanese kanji = lamb covering me) 「義」 (日本の漢字では、我の上に羊)
    (John 1:36 NKJV) And looking at Jesus as He walked, he said, “Behold the Lamb of God!”
    (ヨハネ 1:36 ALIVE訳) すると、ヨハネの目にイエスが横切った。「見よ!あの方こそ、神さんの子羊!!!」
    (Mark 10:45 NKJV) For even the Son of Man did not come to be served, but to serve, and to give His life a ransom for many.
    (マルコ 10:45 新改訳) 人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです。
    (Hebrews 9:28 NKJV) so Christ was offered once to bear the sins of many. To those who eagerly wait for Him He will appear a second time, apart from sin, for salvation.
    (ヘブル 9:28 新改訳) キリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身をささげられましたが、二度目は、罪を負うためではなく、彼を待ち望んでいる人々の救いのために来られるのです。

    2. Jesus: The way of the cross イエス: 十字架への道
    (Luke 23:32-47 NKJV) There were also two others, criminals, led with Him to be put to death. (33) And when they had come to the place called Calvary, there they crucified Him, and the criminals, one on the right hand and the other on the left. (34) Then Jesus said, “Father, forgive them, for they do not know what they do.” And they divided His garments and cast lots. (35) And the people stood looking on. But even the rulers with them sneered, saying, “He saved others; let Him save Himself if He is the Christ, the chosen of God.” (36) The soldiers also mocked Him, coming and offering Him sour wine, (37) and saying, “If You are the King of the Jews, save Yourself.” (38) And an inscription also was written over Him in letters of Greek, Latin, and Hebrew: THIS IS THE KING OF THE JEWS. (39) Then one of the criminals who were hanged blasphemed Him, saying, “If You are the Christ, save Yourself and us.” (40) But the other, answering, rebuked him, saying, “Do you not even fear God, seeing you are under the same condemnation? (41) And we indeed justly, for we receive the due reward of our deeds; but this Man has done nothing wrong.” (42) Then he said to Jesus, “Lord, remember me when You come into Your kingdom.” (43) And Jesus said to him, “Assuredly, I say to you, today you will be with Me in Paradise.” (44) Now it was about the sixth hour, and there was darkness over all the earth until the ninth hour. (45) Then the sun was darkened, and the veil of the temple was torn in two. (46) And when Jesus had cried out with a loud voice, He said, “Father, ‘into Your hands I commit My spirit.’ ”Having said this, He breathed His last. (47) So when the centurion saw what had happened, he glorified God, saying, “Certainly this was a righteous Man!”
    (ルカ 23:32-47 新改訳)ほかにもふたりの犯罪人が、イエスとともに死刑にされるために、引かれて行った。(33)「どくろ」と呼ばれている所に来ると、そこで彼らは、イエスと犯罪人とを十字架につけた。犯罪人のひとりは右に、ひとりは左に。(34)そのとき、イエスはこう言われた。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」彼らは、くじを引いて、イエスの着物を分けた。(35)民衆はそばに立ってながめていた。指導者たちもあざ笑って言った。「あれは他人を救った。もし、神のキリストで、選ばれた者なら、自分を救ってみろ。」(36)兵士たちもイエスをあざけり、そばに寄って来て、酸いぶどう酒を差し出し、(37)「ユダヤ人の王なら、自分を救え。」と言った。(38)「これはユダヤ人の王。」と書いた札もイエスの頭上に掲げてあった。(39)十字架にかけられていた犯罪人のひとりはイエスに悪口を言い、「あなたはキリストではないか。自分と私たちを救え。」と言った。(40)ところが、もうひとりのほうが答えて、彼をたしなめて言った。「おまえは神をも恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受けているではないか。(41)われわれは、自分のしたことの報いを受けているのだからあたりまえだ。だがこの方は、悪いことは何もしなかったのだ。」(42)そして言った。「イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください。」(43)イエスは、彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」(44)そのときすでに十二時ごろになっていたが、全地が暗くなって、三時まで続いた。(45)太陽は光を失っていた。また、神殿の幕は真二つに裂けた。(46)イエスは大声で叫んで、言われた。「父よ。わが霊を御手にゆだねます。」こう言って、息を引き取られた。(47)この出来事を見た百人隊長は、神をほめたたえ、「ほんとうに、この人は正しい方であった。」と言った。
    (John 19:28-30 NKJV) After this, Jesus, knowing that all things were now accomplished, that the Scripture might be fulfilled, said, “I thirst!” (29) Now a vessel full of sour wine was sitting there; and they filled a sponge with sour wine, put it on hyssop, and put it to His mouth. (30) So when Jesus had received the sour wine, He said, “It is finished!” And bowing His head, He gave up His spirit.
    (ヨハネ 19:28-30 新改訳)この後、イエスは、すべてのことが完了したのを知って、聖書が成就するために、「わたしは渇く。」と言われた。(29)そこには酸いぶどう酒のいっぱいはいった入れ物が置いてあった。そこで彼らは、酸いぶどう酒を含んだ海綿をヒソプの枝につけて、それをイエスの口もとに差し出した。(30)イエスは、酸いぶどう酒を受けられると、「完了した。」と言われた。そして、頭を垂れて、霊をお渡しになった。

    3. Now I’m free 今では私は自由になった
    (Roman 7:24-25 NKJV) O wretched man that I am! Who will deliver me from this body of death? (25)I thank God—through Jesus Christ our Lord! So then, with the mind I myself serve the law of God, but with the flesh the law of sin.
    (ローマ 7:24-25 新改訳) 私は、ほんとうにみじめな人間です。だれがこの死の、からだから、私を救い出してくれるのでしょうか。(25)私たちの主イエス・キリストのゆえに、ただ神に感謝します。ですから、この私は、心では神の律法に仕え、肉では罪の律法に仕えているのです。
    (Romans 8:1-2 NKJV) There is therefore now no condemnation to those who are in Christ Jesus, who do not walk according to the flesh, but according to the Spirit. (2) For the law of the Spirit of life in Christ Jesus has made me free from the law of sin and death.
    (ローマ 8:1-2 新改訳) こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。(2)なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。
    (Romans 5:8-9 NKJV) But God demonstrates His own love toward us, in that while we were still sinners, Christ died for us. (9) Much more then, having now been justified by His blood, we shall be saved from wrath through Him.
    (ローマ5:8-9 新改訳)しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。(9)ですから、今すでにキリストの血によって義と認められた私たちが、彼によって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。