2019年 8月

  • (イザヤ書 55:8-9 JCB) 「わたしの計画はあなたがたの考える計画とは違い、 わたしの思いはあなたがたの思いと同じではない。 天が地より高いように、 わたしの道はあなたがたの道より高く、 わたしの思いはあなたがたの思いより高い。」
    (Isaiah 55:8-9 NIV) "For my thoughts are not your thoughts, neither are your ways my ways," declares the Lord. (9) “As the heavens are higher than the earth, so are my ways higher than your ways and my thoughts than your thoughts.
    (ヨハネ 11:3-6,17 ALIVE訳)そこで、マリヤとマルタはイエスに使いを送った—— 「師匠、あなたが目をかけたラザロが重い病気にかかっています」(4)「この病気は、ラザロが死んで終わりとはいかない!神に栄光を返すために起きているのだから。そして、それは神の子への栄光とつながるのだ!」(5) イエスは、マルタとその妹、そしてラザロを心から愛していた。(6) イエスが滞在先を発つと思いきや、もう2日間滞在した。(17) ベタニヤ村——一行がベタニヤ村に着いてみると、もう手遅れだった。ラザロはすでに墓に葬られ、4日もたっていた。
    (John 11:3-6,17 ERV) So Mary and Martha sent someone to tell Jesus, “Lord, your dear friend Lazarus is sick.” (4) When Jesus heard this he said, “The end of this sickness will not be death. No, this sickness is for the glory of God. This has happened to bring glory to the Son of God.” (5) Jesus loved Martha and her sister and Lazarus. (6) So when he heard that Lazarus was sick, he stayed where he was two more days (17) Jesus arrived in Bethany and found that Lazarus had already been dead and in the tomb for four days.

    1.信じよう: 祈りは聞かれている Believe! He Hears Your Prayer
    (ヨハネ11:3 ALIVE訳) マルタとマリヤが、イエスのもとに使いをよこしました。「先生。あなたが心にかけてくださっているラザロが重い病気にかかり、明日をも知れない状態です。」
    (John 11:3 ERV) So Mary and Martha sent someone to tell Jesus, “Lord, your dear friend Lazarus whom you love is sick.”
    (詩篇66:19 JCB) しかし、神は身を乗り出すようにして、私の祈りを聞き届けてくださいました。
    (Psalm 66:19 NIV) but God has surely listened, and has heard my prayer.

    2.信じよう: イエスのタイミングがベストタイミングBelieve! God’s Timing is The Best Timing
    (ハバクク2:3 JCB) 「だが、わたしが計画しているこのことは、 今すぐには起こらない。 ゆっくりと、着実に、確かに、 幻が実現する時が近づいている。 遅いように思えても、失望してはならない。 これらのことは必ず起こる。 忍耐していなさい。 ただの一日も遅れることはない。」
    (Habakkuk 2:3 NLT) This vision is for a future time. It describes the end, and it will be fulfilled. If it seems slow in coming, wait patiently, for it will surely take place. It will not be delayed.
    (イザヤ書 55:8-9 JCB) 「わたしの計画はあなたがたの考える計画とは違い、 わたしの思いはあなたがたの思いと同じではない。(9) 天が地より高いように、 わたしの道はあなたがたの道より高く、 わたしの思いはあなたがたの思いより高い。」
    (Isaiah 55:8-9 NIV) "For my thoughts are not your thoughts, neither are your ways my ways," declares the Lord. (9) “As the heavens are higher than the earth, so are my ways higher than your ways and my thoughts than your thoughts.

    3.信じよう: イエスは想像をはるかに超えたことをする Believe! Jesus Will Do Things Beyond Our Imagination
    (ヨハネ11:20-27 ALIVE訳) イエスが訪問していることを知らされた。マルタはそれを聞くと、取る物も取らず、迎えに駆けつけた。ところが、マリヤは家の中にじっと座ったままだった。(21)「師匠!あなたさえいたなら、ラザロは死なずにすんだのに。いや、でも今からでさえあなたの願いでしたら、神様はなんでもしてくれる!」(23) 「ああ、ラザロは生き返る・・・!!!」(24) 「はい、この世が終わる日には、必ずすべての人が蘇るんだもんね」(25) 「俺が、蘇りであり、いのちだ。(26) 俺を信じる者は、たとえ死んでも、生き返る。俺を信じて生きるなら、本当の意味では死なない。マルタ、これを信じるか?」(27) 「うん!師匠こそが、この世に来ると約束された救世主であり、神の子!!!」
    (John 11:20-27 NLT) When Martha got word that Jesus was coming, she went to meet him. But Mary stayed in the house. (21) Martha said to Jesus, “Lord, if only you had been here, my brother would not have died. (22) But even now I know that God will give you whatever you ask.” (23) Jesus told her, “Your brother will rise again.” (24) “Yes,” Martha said, “he will rise when everyone else rises, at the last day.” (25) Jesus told her, “I am the resurrection and the life. Anyone who believes in me will live, even after dying. (26) Everyone who lives in me and believes in me will never ever die. Do you believe this, Martha?” (27) “Yes, Lord,” she told him. “I have always believed you are the Messiah, the Son of God, the one who has come into the world from God.”
    (ヨハネ11: 41-44 ALIVE訳) 人々は言われるままに石を取りのけた。イエスは天を見上げると——「父さんよ。願いを聞いてくれてありがとう。(42) もちろん、いつも聞いてくれることはわかっている。ただ、ここに立っているみんなにも分かるようにこう言っている。あなたが俺を遣わしてくれたと、信じてもらいたいからだ」
    (43) ——「ラザロ!!!出てこいッ!!!」イエスは大きな声で命じた。 (44) な、な、なんと!!!布でぐるぐる巻かれたミイラ状態のまま、ラザロが出て来たではないか!顔も布で包まれたまま・・・人々はあっけにとられていると——「さあ早く布をほどいて自由にしろ!」
    (John 11:41-44 NLT) So they rolled the stone aside. Then Jesus looked up to heaven and said, “Father, thank you for hearing me. (42) You always hear me, but I said it out loud for the sake of all these people standing here, so that they will believe you sent me.”(43) Then Jesus shouted, “Lazarus, come out!” (44) And the dead man came out, his hands and feet bound in graveclothes, his face wrapped in a headcloth. Jesus told them, “Unwrap him and let him go!”
    (エペソ 3:20 ALIVE訳)神の力が私たちの内に働くとき、神は私たちが求めるものや、考えることをはるかに上回ったことを行うことができる。
    (Ephesians 3:20 ERV) With God’s power working in us, He can do much, much more than anything we can ask or think of.
  • Aug 18 2019

    成長!イエスのようになる

    メッセンジャー:
    古賀 登牧師
    長さ:
    40:22
    (エペソ4:15 ALIVE訳)むしろ、誠実に語り、誠実にふるまい、誠実に生きて、常に真理に従うのを喜び、あらゆる点で、キリストのように、すなわち、教会の頭である方にますます似た者となるのだ。喜び、あらゆる点で、キリストのように、すなわち、教会の頭である
    (Ephesians 4:15 NLT) Instead, we will speak the truth in love, growing in every way more and more like Christ, who is the head of his body, the church.

    (ルカ15:20-23 JCB) 決心がつくと、彼は父親のもとに帰って行きました。ところが、家まではまだ遠く離れていたというのに、父親は息子の姿をいち早く見つけたのです。『あれが帰って来た。かわいそうに、あんなみすぼらしいなりで。』こう思うと、じっと待ってなどいられません。走り寄って抱きしめ、口づけしました。 (21) 『お父さん。すみませんでした。ぼくは、神様にもお父さんにも、罪を犯してしまいました。もう息子と呼ばれる資格はありません。』 (22) ところが父親は、使用人たちにこう言いつけたのです。『さあ、何をぼやぼやしている。一番良い服を出して、この子に着せてやりなさい。宝石のついた指輪も、くつもだ。 (23) それから肥えた子牛を料理して、盛大な祝宴の用意をしなさい。
    (Luke 15:20-23 NIV) So he got up and went to his father. “But while he was still a long way off, his father saw him and was filled with compassion for him; he ran to his son, threw his arms around him and kissed him. (21) “The son said to him, ‘Father, I have sinned against heaven and against you. I am no longer worthy to be called your son.’ (22) “But the father said to his servants, ‘Quick! Bring the best robe and put it on him. Put a ring on his finger and sandals on his feet. (23) Bring the fattened calf and kill it. Let’s have a feast and celebrate.

    赦す人になろう Be A Forgiver
    (エペソ4:26-27 JCB)腹を立てることがあっても、恨みをいだいて罪を犯してはなりません。いつまでも怒ったままでいないで、すぐに怒りを収めなさい。 (27) 悪魔につけ込むすきを与えないためです。
    (Ephesians 4:26-27 NLT) And “don’t sin by letting anger control you.”[a] Don’t let the sun go down while you are still angry, (27) for anger gives a foothold to the devil.

    迎え入れる人となる(寛大に生きる) Be Welcoming (Live Generously)
    (ヨハネ ‭10:16‬ ‭JCB)「このほかに、別の囲いにも羊がいます。その羊をも導かなければなりません。やがてその羊も、わたしの声に注意深く聞き従い、一人の羊飼いのもとに一つの群れとなるのです。」‬‬‬‬
    (John 10:16 NLT) I have other sheep, too, that are not in this sheepfold. I must bring them also. They will listen to my voice, and there will be one flock with one shepherd.

    救いの喜びに帰ろう Come Back To The Joy Of Salvation
    ‭‭(詩篇‬ ‭51:12 JCB)「救いの喜びを再び鮮やかにして、 心からあなたに従おうとする思いに満たしてください。」‬‬‬‬‬‬
    (Psalm 51:22 NLT) Restore to me the joy of your salvation, and make me willing to obey you.

    (ピリピ 4:14 JCB) 何事においても、不平を言ったり、疑ったりしてはいけません。
    (Philippians 2:14 NLT) Do everything without complaining and arguing,

    ‭‭(箴言17:22‬ ‭新共同訳)‬「喜びを抱く心はからだを養うが/霊が沈みこんでいると骨まで枯れる。」‬‬‬‬‬‬
    (Proverbs 17:22 NIV) A cheerful heart is good medicine, but a crushed spirit dries up the bones.
  • Aug 11 2019

    恵み(イエス)が全てを変える

    メッセンジャー:
    渋谷 将史 牧師
    長さ:
    36:39
    (ルカ 5:4-11 ALIVE訳)イエスが教え終えると―― 「シモン!もうちょい沖に出て網あみを投げてみな!魚が獲れっぞ!」(5)「先生・・・漁師である俺たちが夜通し働いて小魚一匹獲れなかったんでっせ。でもあんたが言うんなら・・・」(6)そらよっと・・・ピシャッ 網あみは勢いよく広がって沈んでゆく。シモンは慣れた手つきで網を巻き上げる・・・ 「!」 「んぐっ・・・!ふんぐぅっ!!・・・ぬぅぅぅ!!!」 網あみがはち切れんばかりの大漁だ!!!(7)「お、おい!手を貸してくれ!」 そう漁師仲間たちを呼ぶと彼らは急いで応援に来た。 ――小舟に分けて水揚げしたが、どちらも獲物の重さで沈みそうだ・・・!(8)シモン・ペテロはあわててイエスの前にひざまずいた。 「これ以上俺に近づいちゃあいけねぇッ!!!おりゃあダメなやつなんです・・・」(9)シモン・ペテロを始め、漁師たちは、度肝を抜かれたのだ。こんなにおびたただしい数の魚が一度に獲れたのは生まれて始めてだ。(10) シモンの仕事仲間であるゼベダイの息子・ヤコブとヨハネも開いた口がふさがらない。 「はは、恐れるなッ!魚はこれで終いだ。これからおまえは、人を引きあげる男に“なる”ッ!!!」 「!」(11)彼らは小舟を岸に泊めると、何もかも置いてイエスの後を追った。
    (Luke 5:4-11 NLT) When he had finished speaking, he said to Simon, “Now go out where it is deeper, and let down your nets to catch some fish.” (5) “Master,” Simon replied, “we worked hard all last night and didn’t catch a thing. But if you say so, I’ll let the nets down again.” (6) And this time their nets were so full of fish they began to tear! (7) A shout for help brought their partners in the other boat, and soon both boats were filled with fish and on the verge of sinking. (8) When Simon Peter realized what had happened, he fell to his knees before Jesus and said, “Oh, Lord, please leave me—I’m such a sinful man.” (9) For he was awestruck by the number of fish they had caught, as were the others with him. (10) His partners, James and John, the sons of Zebedee, were also amazed. Jesus replied to Simon, “Don’t be afraid! From now on you’ll be fishing for people!” (11) And as soon as they landed, they left everything and followed Jesus.

    恵みは大きい人生を歩ませてくれる Grace Helps Us To Live An Expansive Life

    (ルカ 5:5-6 ALIVE訳) 「先生・・・漁師である俺たちが夜通し働いて小魚一匹獲れなかったんでっせ。でもあんたが言うんなら・・・」(6)そらよっと・・・ピシャッ 網あみは勢いよく広がって沈んでゆく。シモンは慣れた手つきで網を巻き上げる・・・ 「!」 「んぐっ・・・!ふんぐぅっ!!・・・ぬぅぅぅ!!!」 網あみがはち切れんばかりの大漁だ!!!
    (Luke 5:5-6 NLT) “Master,” Simon replied, “we worked hard all last night and didn’t catch a thing. But if you say so, I’ll let the nets down again.” (6) And this time their nets were so full of fish they began to tear!

    恵みは勇気をくれて、ポテンシャルを教えてくれる Grace Gives Us Courage And Teaches Us Of Our True Identity (Potential)

    (使徒 3:10 ALIVE訳)シモンの仕事仲間であるゼベダイの息子・ヤコブとヨハネも開いた口がふさがらない。 「はは、恐れるなッ!魚はこれで終いだ。これからおまえは、人を引きあげる男に“なる”ッ!!!」
    (Acts 3:10 NLT) His partners, James and John, the sons of Zebedee, were also amazed. Jesus replied to Simon, “Don’t be afraid! From now on you’ll be fishing for people!”

    恵みはイエスを1番に置くように掻き立ててくれる Grace Compels Us To Choose Jesus Over Everything

    (ルカ 5:11 ALIVE訳)彼らは小舟を岸に泊めると、何もかも置いてイエスの後を追った。
    (Luke 5:11 NLT) And as soon as they landed, they left everything and followed Jesus.
  • Aug 11 2019

    本当の友だちで溢れる

    メッセンジャー:
    ロド プラマー牧師
    長さ:
    30:56
    (John 21:15-17 NIV) When they had finished eating, Jesus said to Simon Peter, “Simon son of John, do you love me more than these?” “Yes, Lord,” he said, “you know that I love you.” Jesus said, “Feed my lambs.” (16) Again Jesus said, “Simon son of John, do you love me?” He answered, “Yes, Lord, you know that I love you.” Jesus said, “Take care of my sheep.” (17) The third time he said to him, “Simon son of John, do you love me?” Peter was hurt because Jesus asked him the third time, “Do you love me?” He said, “Lord, you know all things; you know that I love you.” Jesus said, “Feed my sheep.
    (ヨハネ 21:15-17 JCB)食事がすむと、イエスはシモン・ペテロを見つめておっしゃいました。「ヨハネの子シモン。ほかのだれよりもわたしを愛しますか。」「はい、主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」「それでは、わたしの小羊を養いなさい。」(16)イエスは、くり返しお尋ねになりました。「ヨハネの子シモン。ほんとうにわたしを愛していますか。」「はい、主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」「それでは、わたしの羊の世話をしなさい。」(17)イエスはもう一度言われました。「ヨハネの子シモン。ほんとうにわたしを愛していますか。」三度こんな尋ね方をされたので、ペテロは心に痛みを感じながら答えました。「主よ。いっさいをご存じなのはあなたです。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」「それでは、わたしの羊を養いなさい。

    1.A True Friend will tell you the truth for success in life
     本当の友だちは人生の成功のために真実を伝えてくれる
    (Proverbs 27:6 NKJV) Faithful are the wounds of a friend, But the kisses of an enemy are deceitful.
    (箴言 27:6 JCB) 敵にうわべだけ親切にされるより、友に傷つけられるほうがましです。

    (Ephesians 4:15 NIV) Instead, speaking the truth in love, we will grow to become in every respect the mature body of him who is the head, that is, Christ.
    (エペソ 4:15 ALIVE訳)むしろ、誠実に語り、誠実にふるまい、誠実に生きて、常に真理に従うのを喜び、あらゆる点で、キリストのように、すなわち、教会の頭である方にますます似た者となるのだ。

    2.A True Friend is there on the good days and on the bad days

    良い時も悪い時も本当の友だちは側にいてくれる
    (Proverbs 17:17 NIV) A friend loves at all times, and a brother is born for a time of adversity.
    (箴言 17:17 JCB)真の友は決して裏切りません。兄弟は苦しみに会ったときに助け合うためにいるのです。

    (Proverbs 18:24 NIV) One who has unreliable friends soon comes to ruin, but there is a friend who sticks closer than a brother.
    (箴言 18:24 JCB) 友人のふりをする「友人」もいれば、実の兄弟より親しい友人もいます。

    (Romans 12:15 NIV) Rejoice with those who rejoice; mourn with those who mourn.
    (ローマ 12:15 ALIVE訳)だれかが幸せな思いで喜んでいる時には、いっしょに喜んであげなさい。悲しんでいる人がいたら、いっしょに悲しんであげなさい。

    3. A True Friend would die for you 本当の友だちは命を投げたしてくれる
    (John 15:13 NIV) Greater love has no one than this: to lay down one’s life for one’s friends.
    (ヨハネ 15:13 JCB)愛は何によって測ることができるでしょう。友のためにいのちを投げ出すこと、これより大きな愛はありません。

    (John 10:10 NIV) The thief comes only to steal and kill and destroy; I have come that they may have life, and have it to the full.
    (ヨハネ 10:10 ALIVE訳)強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。しかし私が来たのは、いのちを、あふれるほど豊かに与えるためです。
  • Aug 4 2019

    喜ぶ

    メッセンジャー:
    モンティー・プラマー牧師
    長さ:
    35:03
    (Philippians 4:4 NLT) Always be full of joy in the Lord. I say it again—rejoice!
    (ピリピ 4:4 ALIVE訳) イエス様がともにいることをいつも喜べ!もう一度言おう。喜べ!

    1.Rejoice In The Hard Times 大変なときも喜ぶ
    (Acts 16:22-24 NLT) A mob quickly formed against Paul and Silas, and the city officials ordered them stripped and beaten with wooden rods. (23) They were severely beaten, and then they were thrown into prison. The jailer was ordered to make sure they didn’t escape. (24) So the jailer put them into the inner dungeon and clamped their feet in the stocks.”
    (使徒 16:22-24 ALIVE訳) 「!」 平凡に生活していたはずの民衆がガラッと敵になり、瞬く間にブーイングの嵐―― 「や、役人殿・・・」 「ムチ打ちだぁぁぁ!!こいつらの服をはげッ!!!」 口を開こうとするパウロたちの声をかき消すように命じた。 びりりりりりり・・・・・・ パウロたちに発言の余地なし。 (23) ベシッ!スパンッ!!バシッ!!!ぐあ゙ぁぁぁぁぁ・・・・・・ ――ドスッ! 政府の役人は、2人を岩と鉄格子で囲われた牢獄ろうごくに投げ込んだ。 「おい!厳重に見張っとけ!」 「はッ」 そして、こう看守に釘を刺した――(24)(ふぅ、念には念だ・・・) さっそく看守は、牢獄の奥深くにパウロとシラスを閉じ込め、木でできた大きな足かせをはめ、拘束した。
    (Acts 16:25-26 NLT) Around midnight Paul and Silas were praying and singing hymns to God, and the other prisoners were listening. (26) Suddenly, there was a massive earthquake, and the prison was shaken to its foundations. All the doors immediately flew open, and the chains of every prisoner fell off!”
    (使徒 16:25-26 ALIVE訳) あたりも静まり、時刻は真夜中になろうかというころ、パウロとシラスは祈り、神を褒ほめたたえて歌った・・・♪ 響きわたる歌声に聞き入っていたのは、他でもない牢獄にいるすべての囚人であった!(26)ガタガタガタ・・・・・・!!! 突然、牢獄の土台が激しく揺れ動くほどの強い地震があった! ガチャン、ガチャン、ガチャン、ガコン・・・・・・ なんと格子の扉という扉すべてが開き、囚人全員の手錠や足かせが解けたではないか!

    2. Your Joy Influences Others 喜びは周りの人へ伝染する
    (Acts 16:27-29 NLT) The jailer woke up to see the prison doors wide open. He assumed the prisoners had escaped, so he drew his sword to kill himself. (28) But Paul shouted to him, “Stop! Don’t kill yourself! We are all here!” (29) The jailer called for lights and ran to the dungeon and fell down trembling before Paul and Silas.
    (使徒 16:27-29 ALIVE訳) zzZ――・・・ 「ん・・・ん゙、ほあーあ!?地震だっ!!」 看守が監視を任されていた牢獄の扉も開いてしまっていた。 「・・・・・・おっ・・・おわ・・・終わりだ・・・!!!」 彼は全囚人が逃げたと思い、絶望した。 (こ、殺される・・・ならいっそのこと、ここで・・・みんな・・・ずまん・・・) 目を固く閉じ、冷たい剣先を自分に押し当てようとしたその時・・・(28)「早まるなッ!!!誰1人逃げてはいない!」(29) 「!」 「い゙、明がり・・・あ、明かりだッ!!」 「はッ!」 部下が明かりを持ってくると、牢獄の中に駆け込んだ看守かんしゅ。その体は恐れでブルブルと震えていた―― 「ヒ、ヒィ――」 パウロとシラスを見つけるやいなや、勢いよく2人の前に土下座した。
    (Acts 16:30-34 NLT) Then he brought them out and asked, “Sirs, what must I do to be saved?” (31) They replied, “Believe in the Lord Jesus and you will be saved, along with everyone in your household.” (32) And they shared the word of the Lord with him and with all who lived in his household. (33) Even at that hour of the night, the jailer cared for them and washed their wounds. Then he and everyone in his household were immediately baptized. (34) He brought them into his house and set a meal before them, and he and his entire household rejoiced because they all believed in God.
    (使徒 16:30-34 ALIVE訳) 看守かんしゅは、他の囚人に聞こえないところまで2人を連れていくと―― 「頼む、何をしたら助けてくれる・・・?」―― 【囚人が逃げ出したら、首が飛ぶため、看守はパウロたちと交渉しようとした】(31)「信じろ!天地の王・イエスを。そうすれば、助かるばかりか、一家共々救われる・・・!!!」(32-34)――イツツツツっ・・・す!すまん・・・ 夜は遅かったが、看守はパウロとシラスの傷を手当した。 それから看守の自宅に招かれた。パウロとシラスは、看守のみならず、一家全員にイエスのことを語り伝えると、一家そろって洗礼を受けたのである! それから、看守は2人に食事を振る舞った。一家全員が笑い、喜び、幸せでいっぱい。神を信じきったからである。

    3. Let’s Overflow 溢れ出そう
    (Romans 15:13 NLT) I pray that God, the source of hope, will fill you completely with joy and peace because you trust in him. Then you will overflow with confident hope through the power of the Holy Spirit.
    (ローマ 15:13 ALIVE訳)あなたがたが希望を注ぐ神に信頼を抱くとき、天の喜びと平安で満たされるように!そして神の霊の力で期待感いっぱいに溢れるように!
  • (Psalm 122:1 NIV) I rejoiced with those who said to me, “Let us go to the house of the Lord.”
    (詩篇 122:1 JCB) エルサレムの主の宮に行こうと誘われた時のうれしさは忘れられません。

    1.Sometihg of value is lost 価値のあるものがなくなった
    2.There is a search and rescue mission 探し出し救助するミッション
    3.There is a heart-felt and lasting celebration 心からのお祝いがある

    Parable 1 たとえ話1 - 1 sheep 羊1匹
    (Luke 15:4-7 NIV) “Suppose one of you has a hundred sheep and loses one of them. Doesn’t he leave the ninety-nine in the open country and go after the lost sheep until he finds it? (5) And when he finds it, he joyfully puts it on his shoulders (6) and goes home. Then he calls his friends and neighbors together and says, ‘Rejoice with me; I have found my lost sheep.’ (7) I tell you that in the same way there will be more rejoicing in heaven over one sinner who repents than over ninety-nine righteous persons who do not need to repent.
    (ルカ 15:4-7 JCB) 「羊を百匹持っているとします。そのうちの一匹が迷い出て、荒野で行方がわからなくなったらどうしますか。ほかの九十九匹は放っておいて、いなくなった一匹が見つかるまで捜し歩くでしょう。 (5)そして、見つかったら、大喜びで羊を肩にかつぎ上げ、(6)家に帰ると、さっそく友達や近所の人たちを呼び集めて、いっしょに喜んでもらうでしょう。(7)それと同じことです。迷い出た一人の罪人が神のもとに帰った時は、迷ったことのない九十九人を合わせたよりも大きな喜びが、天にあふれるのです。

    Parable 2 たとえ話2 - 1 coin 銀貨1枚
    (Luke 15:8-10 NIV) “Or suppose a woman has ten silver coins and loses one. Doesn’t she light a lamp, sweep the house and search carefully until she finds it? (9) And when she finds it, she calls her friends and neighbors together and says, ‘Rejoice with me; I have found my lost coin.’ (10) In the same way, I tell you, there is rejoicing in the presence of the angels of God over one sinner who repents.”
    (ルカ 15:8-10 JCB) 別のたとえで話してみましょう。女が銀貨を十枚持っていて、もし一枚なくしてしまったら、女はランプをつけ、家の中をすみからすみまで掃除して、その一枚を見つけるまで、必死で捜し回るでしょう。(9)そして見つけ出したら、友達や近所の人を呼び、いっしょに喜んでもらうでしょう。(10)同じように、一人の罪人が罪を悔いて神のもとに帰った時、天使たちはたいへんな喜びにわくのです。」

    Parable 3 たとえ話3
    (Luke 15:22-24 NIV) “But the father said to his servants, ‘Quick! Bring the best robe and put it on him. Put a ring on his finger and sandals on his feet. (23) Bring the fattened calf and kill it. Let’s have a feast and celebrate. (24) For this son of mine was dead and is alive again; he was lost and is found.’ So they began to celebrate.
    (ルカ 15:22-24 JCB)ところが父親は、使用人たちにこう言いつけたのです。『さあ、何をぼやぼやしている。一番良い服を出して、この子に着せてやりなさい。宝石のついた指輪も、くつもだ。(23)それから肥えた子牛を料理して、盛大な祝宴の用意をしなさい。(24)死んだものとあきらめていた息子が生き返り、行方の知れなかった息子が帰って来たのだから。』こうして祝宴が始まりました。

    (Luke 15:32 NIV) But we had to celebrate and be glad, because this brother of yours was dead and is alive again; he was lost and is found.’”
    (ルカ 15:32 JCB) 考えてもみなさい。あれはおまえの弟なのだよ。死んだと思ってあきらめていたのが、無事に帰って来たのだ。いなくなっていたのが見つかったのだから、お祝いするのはあたりまえではないか。

    (Psalm 100:2 NKJV) Serve the Lord with gladness; Come before His presence with singing.
    (詩篇 100:2 JCB) 喜びをもって主に仕え、喜びの歌を歌いつつ、神の御前に進み出なさい。