てもても良いお父さん

Nov 11 2018
メッセンジャー:
ロド プラマー牧師
長さ:
36:51

The promise of 'The Good, Good Father's Heart’? 良い、良いお父さんの心の約束? 'Abba’ - 'papa' - word found all around the world. 「アバ」– パパ =世界中で使われる言葉 (Psalm 68:4-6 NIV) Sing to God, sing in praise of his name, extol him who rides on the clouds; rejoice before him—his name is the Lord. (5) A father to the fatherless, a defender of widows, is God in his holy dwelling. (6) God sets the lonely in families, he leads out the prisoners with singing; but the rebellious live in a sun-scorched land. (詩篇 68:4-6 JCB)神に賛美の歌をささげなさい。雲に乗って来られる方に、声高らかに歌いなさい。喜びを満面にたたえて、この方の前に出なさい。(5)きよいお方である神は、父親のいない子の父となり、未亡人の訴えを公正に取り扱ってくださいます。(6)身寄りのない者に家族を与え、囚人を牢獄から解き放ち、その口に喜びの歌をわき上がらせてくださいます。しかし、神に背く者の行く手には、ききんと悩みが待っています。

(Job 29:16a NIV) I was a father to the needy; (ヨブ 29:16a JCB)貧しい者には父親のようになり、

  • The Father of the powerless (adunatos) 力のない者のお父さん (Luke 18:27 NIV) Jesus replied, “What is impossible with man is possible with God.” (ルカ 18:27 ALIVE訳)「人間にできないことが神にはできる!」イエスは、仲間たちの疑問を断ち切った。

  • What is powerless (adunatos) with men, is powerful (dunatos) with the Good, Good Father. Q:How does Jesus reveal the Father to us? どのようにイエスはお父さんのことを明らかにするのか? A.Parables, pictures, metaphors. 例え話、写真、比喩 B.Jesus Himself 自らを通して

(John 14:8-9 NIV) Philip said, “Lord, show us the Father and that will be enough for us.” (9) Jesus answered: “Don’t you know me, Philip, even after I have been among you such a long time? Anyone who has seen me has seen the Father. How can you say, ‘Show us the Father’? (ヨハネ 14:8-9 JCB)今度はピリポが口をはさみました。「先生。あなたのお父様を見せてください。それだけで十分ですから。」(9)「ピリポ。こんなに長くいっしょにいるのに、わたしがどういう者かまだわからないのですか。わたしを見た者は、父を見たのです。それなのにどうして父を見せてくださいなどと言うのですか。

Q:What is the father like? Luke 15 tells a parable どのようなお父さん?ルカ15の例え話 A Good, Good Father had 2 sons. Both 'missed the mark’. He loved both. とっても、とっても良いお父さんは2人の息子がいた。二人とも的を外してしまった。でもお父さんは二人とも愛していた。

1.Younger Son: 年下の息子 (Luke 15:12, 18-24 NIV) he younger one said to his father, ‘Father, give me my share of the estate.’ So he divided his property between them. (18) I will set out and go back to my father and say to him: Father, I have sinned against heaven and against you. (19) I am no longer worthy to be called your son; make me like one of your hired servants.’ (20) So he got up and went to his father. “But while he was still a long way off, his father saw him and was filled with compassion for him; he ran to his son, threw his arms around him and kissed him. (21) “The son said to him, ‘Father, I have sinned against heaven and against you. I am no longer worthy to be called your son.’ (22) “But the father said to his servants, ‘Quick! Bring the best robe and put it on him. Put a ring on his finger and sandals on his feet. (23) Bring the fattened calf and kill it. Let’s have a feast and celebrate. (24) For this son of mine was dead and is alive again; he was lost and is found.’ So they began to celebrate. (ルカ 15:12, 18-24 JCB)ある日、弟のほうが出し抜けに、『お父さん。あなたが亡くなってからでなく、今すぐ財産の分け前がほしいんです』と言いだしたのです。それで父親は、二人にそれぞれ財産を分けてやりました。(18)そうだ、家に帰ろう。帰って、お父さんに頼もう。「お父さん。すみませんでした。神様にもお父さんにも、罪を犯してしまいました。(19)もう息子と呼ばれる資格はありません。どうか、雇い人として使ってください。」』(20)決心がつくと、彼は父親のもとに帰って行きました。ところが、家まではまだ遠く離れていたというのに、父親は息子の姿をいち早く見つけたのです。『あれが帰って来た。かわいそうに、あんなみすぼらしいなりで。』こう思うと、じっと待ってなどいられません。走り寄って抱きしめ、口づけしました。 (21)『お父さん。すみませんでした。ぼくは、神様にもお父さんにも、罪を犯してしまいました。もう息子と呼ばれる資格はありません。』(22)ところが父親は、使用人たちにこう言いつけたのです。『さあ、何をぼやぼやしている。一番良い服を出して、この子に着せてやりなさい。宝石のついた指輪も、くつもだ。(23)それから肥えた子牛を料理して、盛大な祝宴の用意をしなさい。(24)死んだものとあきらめていた息子が生き返り、行方の知れなかった息子が帰って来たのだから。』こうして祝宴が始まりました。

2.Older Son 年上の息子 (Luke 15:25-32 NIV) “Meanwhile, the older son was in the field. When he came near the house, he heard music and dancing. (26) So he called one of the servants and asked him what was going on. (27) ‘Your brother has come,’ he replied, ‘and your father has killed the fattened calf because he has him back safe and sound.’ (28) “The older brother became angry and refused to go in. So his father went out and pleaded with him. (29) But he answered his father, ‘Look! All these years I’ve been slaving for you and never disobeyed your orders. Yet you never gave me even a young goat so I could celebrate with my friends. (30) But when this son of yours who has squandered your property with prostitutes comes home, you kill the fattened calf for him!’ (31) “‘My son,’ the father said, ‘you are always with me, and everything I have is yours. (32) But we had to celebrate and be glad, because this brother of yours was dead and is alive again; he was lost and is found.’” (ルカ 15:25-32 JCB)ところで、兄のほうはどうだったでしょう。彼は、その日も畑で働いていました。家に戻ってみると、何やら楽しげな踊りの音楽が聞こえます。(26)いったい何事かと、使用人の一人に尋ねると、(27)『弟さんが帰って来られたのです。だんな様は、たいへんなお喜びで、肥えた子牛を料理し、ご無事を祝う宴会を開いておられるのです』というのです。(28)事情を聞いて、兄は無性に腹が立ってきました。家に入ろうともしません。父親が出て来てなだめましたが、(29)兄は父に食ってかかりました。『私はこれまで、お父さんのために汗水流して働いてきました。お父さんの言いつけに、ただの一度もそむいたことはありません。なのに、友達と宴会を開けと言って、子やぎ一匹くれたことがありますか。(30)ところが、遊女におぼれてあなたのお金を使い果たした弟のためには、最上の子牛を料理して、お祭り騒ぎをするのですか。』 (31)すると、父親は言いました。『いいか、よく聞きなさい。おまえはいつだって、私のそばにいたではないか。私のものは全部おまえのものだ。(32)考えてもみなさい。あれはおまえの弟なのだよ。死んだと思ってあきらめていたのが、無事に帰って来たのだ。いなくなっていたのが見つかったのだから、お祝いするのはあたりまえではないか。』」

The Good, Good Father’s message to the Younger Son とっても、とっても良いお父さんから年下の息子へのメッセージ “All is forgiven. Now come and live like a son” 「全部赦されてる、戻ってきて息子のように生きろ

The Good, Good Father’s message to the Older Son とっても、とっても良いお父さんから年上の息子へのメッセージ “You’ll always be my son. Now go, and love others not like you”. 「いつでも息子だぞ、あなたとは違うタイプの人も愛していきなさい」

We are ‘sons’ and ‘daughters’ of the Good, Good Father. 俺たちは良い、良いお父さんの「息子」と「娘」 (Galatians 4:4-7 NIV) But when the set time had fully come, God sent his Son, born of a woman, born under the law, (5) to redeem those under the law, that we might receive adoption to sonship. (6) Because you are his sons, God sent the Spirit of his Son into our hearts, the Spirit who calls out, “Abba, Father.” (7) So you are no longer a slave, but God’s child; and since you are his child, God has made you also an heir. (ガラテヤ 4:4-7 ALIVE訳)しかし、時が熟すと、神が女を通して一人子を遣わした。そして彼は完全に掟の下にあった。(5)それは、掟の奴隷になっていた私たちを買い戻し、自由の身とするためであり、神の子どもとして迎えてくれるためなのだ。(6)このように、父である神は、子である私たちの心に、神の霊を送ってくれた。そのおかげで、今では恐れ多くも神を“父さん”と呼ぶことができるのだ!(7)私たちは、もはや奴隷ではない。神の子ども。子どもであるからには、神の持っているものはすべて、私たちのもの。これが神の計画だ!

Come and know the Good, Good Father. 良い、良いお父さんを知ろう (Romans 5:8 NIV) But God demonstrates his own love for us in this: While we were still sinners, Christ died for us. (ローマ 5:8 ALIVE訳)しかし、神の偉大な愛は違った。私たちがまだ、自己中だったとき、つまり神の敵だったときに、救世主は私たちのために死んでくれたのだ。