希望に満ち溢れるベストはまだこれから

Jun 9 2019
メッセンジャー:
ロド プラマー牧師
長さ:
39:32
Hope is linked to waiting on God 希望は神様を待ち望むことに繋がっている
(Psalm 39:7 NIV) But now, Lord, what do I look for? My hope is in you.
(詩篇 39:7 JCB)神よ。私はあなたにだけ望みをかけているのです。

Hope leads to faith 希望は信仰に繋がる
(Hebrews 11:1 NIV) Now faith is confidence in what we hope for and assurance about what we do not see.
(ヘブル 11:1 ALIVE訳)信仰とは、願い事が必ずかなえられるという、不動の確信のことだ。 また、どうやって起こるかわからない行く手にも、望みどおりのことが必ず待ち受けていると信じて、疑わないことである。

Some things will happen after our lives 私たちの人生の後に起こることもある
(Hebrews 11:39-40 NIV) These were all commended for their faith, yet none of them received what had been promised, (40) since God had planned something better for us so that only together with us would they be made perfect.
(ヘブル 11:39-40 ALIVE訳)彼らの信仰のゆえに、神は彼らを認めていた。しかし、誰1人として、神の約束の財宝は、まだ受け取っていない。(40) 彼らが待ち望んでいた報いは、最高峰の財宝であり、神も、やがては、それを与えるつもりだった。それは、神が今、私たちのために差し出しているイエスという名の財宝だ。

Examples:
Simeon (hears from God) シメオン(神様から聞く者)
(Luke 2:25-26 NIV) Now there was a man in Jerusalem called Simeon, who was
righteous and devout. He was waiting for the consolation of Israel, and the Holy Spirit was on him. (26) It had been revealed to him by the Holy Spirit that he would not die before he had seen the Lord’s Messiah.
(ルカ 2:25-26 JCB)その日、神殿には、エルサレムに住むシメオンという人がいました。信仰のあつい正しい人で、聖霊に満たされ、イスラエルにメシヤ(救い主)の来るのを待ち望んでいました。(26)神が遣わされるその方を見るまでは絶対に死なない、と聖霊のお告げを受けていたのです。

Anna (gracious, blessing) アンナ(恵み深い、祝福)
(Luke 2:36-38 NIV) There was also a prophet, Anna, the daughter of Penuel, of the tribe of Asher. She was very old; she had lived with her husband seven years after her marriage, (37) and then was a widow until she was eighty-four. She never left the temple but worshiped night and day, fasting and praying. (38) Coming up to them at that very moment, she gave thanks to God and spoke about the child to all who were
(ルカ 2:36-38 JCB)その日、女預言者アンナも神殿にいました。彼女はアセル族のパヌエルの娘で、非常に年をとっていました。七年の結婚生活の後、未亡人で通し、もう八十四歳にもなっていたのです。彼女は神殿を一歩も離れず、祈りと断食に明け暮れ、神に仕える毎日を送っていました。 (38)この時、そこにいたアンナも神に感謝をささげ、救い主の来るのを待ちわびていたエルサレムのすべての人に、メシヤがおいでになったことを語りました。
- looking forward to the redemption of Jerusalem.

Bartimaues (son of honor) バルテマイ(敬意のある息子)
(Mark 10:46-52 NIV) Then they came to Jericho. As Jesus and his disciples, together with a large crowd, were leaving the city, a blind man, Bartimaeus (which means “son of Timaeus”), was sitting by the roadside begging. (47) When he heard that it was Jesus of Nazareth, he began to shout, “Jesus, Son of David, have mercy on me!” (48) Many rebuked him and told him to be quiet, but he shouted all the more, “Son of David, have mercy on me!” (49) Jesus stopped and said, “Call him.” So they called to the blind man, “Cheer up! On your feet! He’s calling you.” (50) Throwing his cloak aside, he jumped to his feet and came to Jesus. (51) “What do you want me to do for you?” Jesus asked him. The blind man said, “Rabbi, I want to see.” (52) “Go,” said Jesus, “your faith has healed you.” Immediately he received his sight and followed Jesus along the road.
(マルコ 10:46-52 JCB)一行はエリコに着きました。やがてその町を出ようとすると、大ぜいの群衆がついて来ます。その時、テマイの子でバルテマイという名の盲目の物ごいが、道ばたに座っていました。(47)ナザレのイエスのお通りだと聞いて、バルテマイは大声を張り上げました。「イエス様、ダビデ王の子よ!どうぞお助けを!」(48)「うるさい。黙れ!」と、だれかがどなりました。それでも、バルテマイはますます声を張り上げ、「ああ、ダビデ王の子よ。お助けください」と、くり返し叫びました。(49)その声を聞きつけて、イエスは立ち止まり、「あの男を連れて来なさい」と言われました。そこで、人々はその盲人に、「運のいいやつだ。おい、イエス様がお呼びだぞ」と告げました。(50)バルテマイは、はおっていた上着をぱっと脱ぎ捨てると、喜び勇んでイエスのそばに飛んで来ました。(51)「わたしに、どうしてほしいのですか」と、イエスがお尋ねになると、彼はもどかしげに、「先生。見えるように、見えるようになりたいんです」と答えました。(52)「わかりました。さあ、もうあなたの目は治りました。あなたの信仰があなたを治したのです。」イエスがこう言われた瞬間、彼の目は見えるようになり、イエスについて行きました。