口に出して

May 5 2019
メッセンジャー:
ジョン・キャメロン牧師
長さ:
45:07
Luke 8:40 - 50 NIV / ルカ8:40-50 JCB
Now when Jesus returned, a crowd welcomed him, for they were all expecting him. (41) Then a man named Jairus, a synagogue leader, came and fell at Jesus’ feet, pleading with him to come to his house (42) because his only daughter, a girl of about twelve, was dying. As Jesus was on his way, the crowds almost crushed him. (43) And a woman was there who had been subject to bleeding for twelve years, but no one could heal her. (44) She came up behind him and touched the edge of his cloak, and immediately her bleeding stopped. (45) “Who touched me?” Jesus asked. When they all denied it, Peter said, “Master, the people are crowding and pressing against you.” (46) But Jesus said, “Someone touched me; I know that power has gone out from me.” (47) Then the woman, seeing that she could not go unnoticed, came trembling and fell at his feet. In the presence of all the people, she told why she had touched him and how she had been instantly healed. (48) Then he said to her, “Daughter, your faith has healed you. Go in peace.” (49) While Jesus was still speaking, someone came from the house of Jairus, the synagogue leader. “Your daughter is dead,” he said. “Don’t bother the teacher anymore.” (50) Hearing this, Jesus said to Jairus, “Don’t be afraid; just believe, and she will be healed.”
ガリラヤに帰ると、イエスは心からの歓迎を受けました。人々はイエスを待ちわびていたのです。 (41) その時、ユダヤの会堂管理人で、ヤイロという名の人が来て、イエスの足もとにひれ伏し、家に来ていただきたいと願いました。(42) 十二歳になる一人娘が、危篤状態だったからです。熱心な頼みに、イエスは人垣をかき分けるようにして、ヤイロの家に向かわれました。(43-44) けれども途中で、一人の女が、いやされたい一心で、うしろからイエスにさわりました。十二年もの間、出血の止まらない病気に悩まされ、どんなことをしても治らなかったのです。ところが、イエスの着物のふさにさわったとたん、出血が止まりました。 (45) イエスは、「わたしにさわったのはだれですか」とお尋ねになりました。みなが自分ではないと答えたので、ペテロは言いました。「先生。わかるわけがありません。回りにはこんなにたくさんの人がひしめき合っているんですよ。」 (46) 「いや、だれかがさわりました。力が出て行くのを感じたのですから。」 (47) 女は、イエスがすべてをご存じなので、わなわなと震えだしました。とても隠しきれないと知って、イエスの前にひれ伏し、さわった訳とすっかりよくなったこととを、包み隠さず打ち明けました。 (48) イエスは女に、「あなたの信仰があなたを治したのです。さあ、安心してお帰りなさい」と言われました。 (49) まだイエスが話し終えないうちに、ヤイロの家から使いの者が駆けつけ、主人にこう言いました。「だんな様! お嬢様は、たった今お亡くなりになりました。先生にわざわざおいでいただいても、手遅れでございます。」 (50) これを聞いて、イエスはヤイロに言われました。「恐れないで、わたしを信じていなさい。娘さんは必ずよくなりますから。」

Mathew 16:13 - 20 NIV / マタイ16:13-20 JCB
When Jesus came to the region of Caesarea Philippi, he asked his disciples, “Who do people say the Son of Man is?” (14) They replied, “Some say John the Baptist; others say Elijah; and still others, Jeremiah or one of the prophets.” (15) “But what about you?” he asked. “Who do you say I am?” (16) Simon Peter answered, “You are the Messiah, the Son of the living God.” (17) Jesus replied, “Blessed are you, Simon son of Jonah, for this was not revealed to you by flesh and blood, but by my Father in heaven. (18) And I tell you that you are Peter, and on this rock I will build my church, and the gates of Hades will not overcome it. (19) I will give you the keys of the kingdom of heaven; whatever you bind on earth will be bound in heaven, and whatever you loose on earth will be[d] loosed in heaven.” (20) Then he ordered his disciples not to tell anyone that he was the Messiah.
ピリポ・カイザリヤに行った時、イエスは弟子たちに、「みんなは、わたしのことをだれだと言っていますか」とお尋ねになりました。(14) 弟子たちは答えました。「バプテスマのヨハネだと言う人もいますし、エリヤだと言う人もいます。また、エレミヤだとか、ほかの預言者の一人だとか言う人もいます。」(15)「では、あなたがたは、どうなのですか。」(16) シモン・ペテロが答えました。「あなたこそキリスト(ギリシャ語で、救い主)です。生ける神の子です。」(17) 「ヨナの息子シモンよ。神があなたを祝福してくださったのです。それを明らかにしたのは、人ではなく、天におられるわたしの父です。(18) あなたはペテロ(岩)です。わたしはこの大きな岩の上にわたしの教会を建てます。地獄のどんな恐ろしい力も、わたしの教会に打ち勝つことはできません。(19) あなたに天国のかぎをあげましょう。あなたが地上でかぎをかけるなら、天でも閉じられ、あなたが地上でかぎを開けるなら、天でも開かれるのです。」 (20) このあとイエスは、ご自分がキリストであることをほかの人に話してはいけない、と弟子たちに注意なさいました。

Romans 10:9-10 / ローマ10:9-10 JCB
If you confess with your mouth - Jesus is Lord and believe in your heart that God raised Him from the dead, you will be saved. For it is with your heart that you believe and are justified, and it is with your mouth that you confess and are saved.
なぜなら、もし自分の口で、「イエス・キリストは私の主です」と告白し、自分の心で、「神はイエス・キリストを死者の中から復活させてくださった」と信じるなら、あなたは救われるのです。人は、心で信じることによって、神の前に正しい者とされ、その信仰を口で告白することによって救われるのです。